All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'01.26 (Thu)

ご質問:リボン刺しゅうのリボン、素材の違い

つぎの「手づくり手帖」、発売予定が2月17日。
早春号は「お馴染みの材料付録は樋口さんによるアップリケと刺しゅうのモダンフラワーカードケース」ということなので、ファンといたしましては、きっとこの号は人気があるんじゃないかと予測しております。

楽天ブックス→手づくり手帖 VOL.12 2017年早春号

さて・・・

奈緒さんから、こちらの記事()にご質問いただきました。
「木馬のアクリル100%にくらべて、正絹刺しゅう リボンの張りは同じくらいですか?」
刺しゅう用リボン シルク アクリル

「張り」というのをどう表現していいかわからないので、素材それぞれについて私の個人的な感想を書きます。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Ribbon work  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'12.15 (Thu)

ツンツンしたところは切り落とす

2009年に写真なしで書きかけの記事がありました。
ちょうどそんな生地がありましたので、あらためて撮った写真も合わせてアップしたいと思います。
--------
フリーステッチの時のリネンもそうだし、クロスステッチ用のリネン生地でもそうなんだけど、ちょっと手抜きすると失敗、ということがあります。
見落としがちっていうか、めんどくさいから、まあ、いっか~みたいな感じで進めると、しっぺ返しがあります。

リネンの生地では、糊付けはバリバリ、生地の耳はツンツンした毛羽が出ているものがあります。
リネン生地のツンツンした毛羽
糊付けされているから、端の始末をしないでこのまま使うと、刺繍している最中に糸が引っかかります。
引っかかるだけなら効率が悪いというだけで済まされますが、糸が傷むと作品の出来上がりに影響してきます。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  刺しゅう  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'12.05 (Mon)

イニシャルの刺しゅうを入れます

何に刺しゅうするのかと言いますと・・・
ニッティングベルトパッドと編み針ケース

ニッティングベルトパッドのリネン袋
ニッティングベルトパッドを入れる袋です。

今回は、クロスステッチ向きの生地ではないので、ネームタグを縫い付けたのですが、やっぱり手刺しゅうがないとちょっと寂しい。
これは、ある意味、職業病なのか、忙しくても、それが利益につながらなくても、そうしたほうがいいならやるべきだと思ってしまうのですね。

今日はスケッチブックにデザインを書かなくてはいけないのに、ついつい、針を動かしてしまいました。

私のイニシャルはY.Y.で絵面として面白くないので、友人Rのイニシャルで練習。

羊のニッティングベルトパッドをお買い上げの方のもステッチしました。
リネンの袋も編み針ケースも仕立ててからの刺しゅうなので、ちょっと難しかったです。
とくに、編み針ケースはしっかり芯を貼って仕立ててあるので、工夫が必要でした。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Colored embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'10.03 (Mon)

本日よりNHK朝ドラ「べっぴんさん」

NHKの朝ドラ、2016年度後期は大阪放送局制作の「べっぴんさん」()です。
今日の第1回目からさっそく、刺しゅうの場面が出てきます。

その前のタイトル映像やポスターなどは清川あさみさん。(
刺しゅうというより糸を使ったアーティストとして大活躍ですよね。

「女性4人で娘時代に習った洋裁、手芸、編物を生かして」とのことでしたので、ドラマの中では今後もそんな家族のための手仕事がたくさん出てくるのを楽しみにしています。

戦前の刺しゅうはどんなだったんでしょうね。
画面を見る限りいまのフリーステッチのようですね。

とにもかくにもちょっと刺繍やってみたいわ、と思う方が増えるといいですね。

そんな時にちょうど来週ですが発売される、ステッチイデーVOL.24。
刺しゅうを始める方の手助けになるでしょう。

ちなみに表紙の作品は私の刺しゅう教室の生徒さんが習っているステッチをいろいろ入れてつくっています。
持ち運べる刺しゅう向きのソーイングケースで、ステッチの見本にもなるようにいろいろ入れたんですよ。

アマゾン→ステッチイデー VOL.24
紀伊国屋書店→ステッチイデー vol.24

楽天ブックス↓



「べっぴんさん」のホームページにはかわいいミシンの刺繍のモチーフ()が使われていまして

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  刺しゅう  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'08.05 (Fri)

文化学園服飾博物館 「世界の刺繍」(2)

文化学園服飾博物館 「世界の刺繍」(1)の続きです。

1Fは日本刺繍や日本の刺しゅうの展示です。
昔々の古裂から帷子、小袖、打掛など、そして、西洋から影響を受けた明治以降の技法のものなどもありました。

着物の展示は何回か見たことあるように思うのですが、今回はテーマが刺しゅうで、刺しゅうの布であったり、着物であったりということです。

着物でも刺しゅうはめちゃくちゃ手がかかりますから、どれも宮家、大名家くらいのレベルの高いお着物です。
ほんの少し前に見てきた庭園美術館、つまり朝香宮邸は久邇宮朝彦親王の第8王子鳩彦王が自邸として建てられたものです。
そして、久邇宮家から寄贈された帷子(だったとおもうのですが)など素晴らしい刺繍の着物が展示されていました。

ずいぶん昔、着物をメインにした展示でも大名家の打掛、能の衣装ななどたくさん展示してあったと思うのですけど、とにかく、刺しゅうの着物がテーマの時に展示される着物はどれも桁違いに手の込んだ素晴らしいデザイン・技法のものばかりです。
一つ一つ見ていて実際に刺してみたらと考えるとくらくらしそうになります。
着物自体が絹でこれだけの絹の刺しゅうがしてあるともう宝石以上ではないでしょうか。

1Fも入口に日本刺繍のパネルの基礎が書かれていて、西洋の刺しゅうとの比較・共通点などわかりやすく紹介されています。
2Fもそうでしたが、刺しゅうに見間違えることの多い織物についても書かれていて親切です。
フレンチノットと日本刺繍の相良縫いは似ているのですが違います。
そんなところも展示物を見比べて確認するのも面白いですね。
日本刺繍をする方、西洋の刺しゅうをする方、着物に興味がある方、それぞれに見どころ満載です。

個人的には松の刺繍の打掛が圧巻でした。
日本刺繍は糸の本数や撚りや刺し方、糸の色の合わせ方も無限にあるので、松葉1本1本を変えて刺しているのか、ダイナミックな構図と相まってもはや衣類ではなく芸術品でした。

現代は蚕の種類も生産性重視になってこのような糸を作れなくなってしまったと本で読みましたが、まさにその生産性なんか度外視の時代の贅をつくした絹糸の刺しゅう、実際にどうちがうか見ることができるので、じっくりゆっくり見ていただきたいと思います。

小袖のところで、ふと、思い出しました。
学生を連れて展示を見に行ったときでしたか、ちょうど着物を展示していた時期だったのですが、江戸時代のお姫様の着物はびっくりするほど小さかったです。

たぶん、その時は着付けた展示を見たからだと思いますが、今回は刺繍がメインで、平らな状態の展示なので、着付けちゃったらわからない部分までほんとによく見えます。
前だけでなく後ろもしっかり見られてよい展示のしかただと思いました。

お盆休みもありますが、9月までやっているので、ぜひ足を運んでいただきたいと思います。


テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  刺しゅう  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'08.04 (Thu)

文化学園服飾博物館 「世界の刺繍」(1)

梅雨が明けて、3日以上晴天が続きそうな日は梅を干すし、ちょっと厚手の梅雨の間には洗えなかったようなものも洗うし、気温が高くて油汚れの落ちやすくなっているキッチンも掃除するしで、やることがいっぱい。
雨の日にゆっくり博物館・美術館、というのは、そういう意味もあります。

先日()の続きになりますが、目黒から山手線で新宿に移動し、次は文化学園服飾博物館 「世界の刺繍」の展示を見ました。

学生、教員時代からたくさん見てきました。
歴史も古いのでたくさん所蔵品があり、展示品を借りなくてもいい分、ほかの展覧会に比べ入館料も控えめなのですよね。
たしか、なるべく安く、でも維持するお金がかかるのでその分くらいはいただくみたいな話を職員会議かなにかで聞いた記憶があります。
所蔵されている衣服中心に展示が行われているので、学生、職員、卒業生でなくても興味がある方には見ていただきたいですね。

文化学園服飾博物館() 世界の刺繍
2016年6月14日(火)~9月8日(木)

6月からの展示。
この6月、7月は例年以上に忙しく、こういうのはやっぱりゆっくり見たいという気持ちもあり、やっと時間ができたので行けました。

1Fの日本刺繍と2Fの海外の刺しゅうに分かれています。
順路は2Fから。
入ってすぐにフリーステッチの説明のパネルがあり、フリーステッチのお教室でも教えているステッチがいろいろ書かれています。
ちょうど今の時期、まったく初めてではなく興味がわいてきた頃なので、生徒さんがご覧になるといい勉強になると思います。

刺しゅうはしないけど刺しゅうしたものがお好きという方であれば、世界の刺しゅう、アジアの刺しゅう、ヨーロッパの刺しゅうの本を予習されてからご覧になると、さらに楽しめるかと思います。

世界のかわいい刺繍(記事はこちら
アジアのかわいい刺繍(
ヨーロッパのかわいい刺繍(
メキシコの刺繍(
東欧で見つけた可愛い刺繍()などなど。


世界にはいろんな刺繍があります。
今回の展示では、気が遠くなるような時間をかけた手仕事がたくさん見られます。

日本と日本以外の刺しゅうは別の部屋の展示ですが、こぎん刺しと同じ部類のダーニングステッチのような刺しゅうも世界のあちこちにあるようで面白いですね。
本などでもなかなか見ることのないウクライナのニジンカもありました。

クロスステッチも同じようでいてアジアのほうとヨーロッパでは違うんですけど、そのあたりも実物で見られるのはいいですよね。
そういうのはやはり大きく見たいですね。(

裏も見られたり、触っていい展示もあります。
サテンステッチの大きなものはこれは普通のサテンステッチでは重くなるから、サーフェイスサテンステッチだろうなと思いながら見て、裏に回って、あ、やっぱりね、とか、どんだけ細かく刺すの~、みたいな見方、楽しみ方ができる展示です。

かぎ針を使うチェーンステッチの刺しゅうもあちらの国、こちらの国といろいろあり、国も民族も違うけど同じ技法が使われています。
地球は一つで人類はいっしょなんだなと思います。
そういえば、「人類みな兄弟」というフレーズがありましたものね。

紛争地域の伝統の刺しゅうも展示されています。
平和であるなら自分の国でこのような針仕事をし、そうしたものを身に着けて暮らし、踊ったり、お祭りもあったりと伝統文化も継承されていたのでしょう。
人と人との争いはそのようなことをすべて奪ってしまうのだと、手間暇かけて刺しゅうされている民族衣装などを見て感じました。

単に刺しゅうを眺めるのもよいですが、そういったことにもたくさんの方が思いをはせて、展示を見ていただくとさらによいなと思いました。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  刺しゅう  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'06.28 (Tue)

歳を重ねても

いよいよ追い込みです。
制作真っ最中なので、ブログの記事はお姑さんに登場してもらいましょう。

以前、義母がステッチした、刺し子やフリーステッチをご紹介したことがあります。
記事はこちら
あれからさらに歳を重ねています。

よく見えないと言いながら眼鏡なしで、縫い物ができるそうです。
すごいです。
そして、その縫おうという意欲もすごいです。
次はどんな図案にしようなどと話していてたら、こんどは私の刺しゅう教室の生徒さんと同じのをやってみたいそうです。

いつも、鉛筆で書いたり、チャコペーパーで写したりしていたそうです。
いろ~んな写し方はありますが、白のリネンでしたので、光に透かして写す方法でやってもらいました。

LEDトレーサー(記事は)で、フリクションペン(記事は)で図案を写しているところです。
すてきな手

本人曰く、指も曲がっちゃって、というけど、写真を撮らせてもらいましたよ。
長い間、子どもを育て、家族のためにご飯を作り、たくさん働いた手を、私は素敵な手だと思います。

できあがると、こちら(記事は)のようなデザインになります。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Colored embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'05.29 (Sun)

ドビー織り

お教室でご質問いただいたので、6年くらい前にステッチイデーにも書いたことなんですが、また書いてみたいと思います。
詳しくはこちら()に書いてありますので、読んでいただければと思います。
あまり糸のドビー織りのふきん

刺しゅう糸が余っちゃった、毛羽立ってしまったといった場合、布巾で刺し子みたいにすると糸を無駄にしなくてすみますよ、という話もお教室でします。
刺しなおしたりして、糸が毛羽立っているのに使うと、そこだけ糸がやせたり、つやがなくなっていたりして、出来上がったとききれいではありません。
そのときはあきらめて新しい糸で刺すことをおすすめしています。

でも、糸がもったいないと思われたら、何かに使えばいいのです。
それが、布巾ということ。

で、私がその布巾をとり出すと、必ず、肌触りいいですね、と言われます。

何の生地かというと、よくおむつ用に売られている生地です。



おむつ向きというだけで、おむつ以外に使えないわけではありません。
おむつ向きの生地だから吸水もよいですし、早く乾きます。
34センチくらいの幅です。

作り方は前に書いている()ので省略します。

先のとがっている針なら、さらしでもタオルでも縫えますけど、クロスステッチ針の先はとがっていません。
クロスステッチをしているときにわざわざとがった先の針に糸を通しなおしてから刺すなんてことはしたくないので、ドビー織りに刺しています。

それに、刺しゅうに使う針は縫い針と穴のほうの形が違うため、運針のようなものには向いていません。
ですから、刺しゅうしている針でそのまま縫うためには、ドビー織りが適していると思ってます。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Cross stitch  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'05.16 (Mon)

オートクチュール展

やっと本の仕事が終わったので安心して出掛けました。
フランスとのやりとりをしてもらいながらだとどうしてもぎりぎりになってしまう原稿の直しなどもあって、朝来ていたメールに夕方までに返事しなくてはいけない日があったりするので。

せっかく、朝いちばんでと思っていたら電車が止まってしまって、しょうがないので駅を出て予定外のお買い物。
動き出したばかりで混雑しているのを少し避けて、と言ってたらだいぶ遅くなってしまいました。

オートクチュール展()はあと6日で終わりです。
だから、月曜だけどやっていたんだと思います。

おもしろいパターンあり、すばらしい縫製技術あり、すてきな生地あり、手の込んだ刺しゅうあり・・・と、洋裁と服飾手芸と西洋服装史を勉強してあるとすごくおもしろい展示だと思います。
服だけでなく、刺しゅうだけでなく、服飾の歴史もあってのオートクチュール。

西洋服装史を勉強してない場合はちょっと予習しておくとさらにおもしろく見られると思います。
洋裁に興味のある方はパターンを考えながらだとさらに楽しく見られると思いますよ。

グレの服も何点かありました。
グレの世界 ()という本、まだ紹介してなかったですけど。
グレのデザインは立体裁断の試験にも出たこともあって、そういう点でちょっと懐かしくも思ったり。

ディオールの近年の作品もありました。
ディオールのDVD(記事はこちら)見ておいてよかったと思いました。

絹の服が多いため、あれ以上照明は明るくできないのでしょうね。
よく見えない細かい部分は単眼鏡(記事はこちら)で見ると、チェーンステッチもサテンステッチの絹糸もビーズ一粒一粒までしっかり見えました。





テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Beads&spangle work  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'05.10 (Tue)

キッチンクロスは練習布

フリーステッチのお教室のテキストを書くのに、コツとか注意点とか、すぐには思い出せないから、ちょっと復習がてら、リネンのキッチンクロスに線の刺しゅうをしました。
練習布は練習布にしかならないけど、キッチンクロスに刺せば使えますからね。

いちばん簡単な刺し方だと思うのはランニングステッチ、ホルベインステッチ、バックステッチだから、それ以外の線のステッチで5種類。
やっぱり、赤の方がかわいいかなと思いつつ、いつもの青で。
リネンのキッチンクロス

思い出したところで、本番をステッチしようとおもいます。
本番のステッチの見本にはいったいいくつのステッチを盛り込めるでしょうか。

やっと、フランスの手芸書を日本語版で発行する本の監修の仕事、終わりました。
今回も長かったですが、ビスコーニュ(記事はこちら)の時ほどではありませんでした。

あちらもなかなか評判いいですが、今回もフランスの方の本のチャートに間違いをいろいろ見つけました。
間違いでなくても、見にくいものについては見やすい表示に変えてもらったりして、手間と時間がかかりました。
フランス語の単語や豆知識もいろいろ載ってて勉強になりますよ。

6月の発売予定ですから、たぶん、近々、発売のお知らせをさせていただけそうです。
データとしてはすでに手元にあるけど、この本が形になるのが、私自身、とても楽しみでわくわくしています。




テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Colored embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.24 (Sun)

バリオン ブリオン ビューリオン

今年もゴールデンウィークは原稿とにらめっこかと・・・。

出版物の仕事がほんの少しですが休みに入ったので、いろいろすることがあります。
色見本帳キットはほんの少しですが、準備できました。
レザークラフトのリクエストも来ています。
ワンピースも着物の作り帯も替え袖も作らないと。
あと、せっかくオーブンが新しくなったのにフランスパンも焼いていなかったし。

それより、まずは刺しゅうのお教室の準備ですね。

あらためて刺しゅうの勉強というか、この辺で長い刺しゅう人生のまとめというか、を、しようと思いました。

なわけで、書きかけのテキストというかまとめているんですけど、ステッチの名称は人によって違うので、どうしようかと考えているところです。
「バリオン ブリオン ビューリオン」
おまじないじゃないですよ。

昔、「タッチングレース」と言ってたものが、いまはきちんと「タティングレース」と言われるようになりました。
「フランス刺しゅう」と言われていたのも今は「フリーステッチ」や「自由刺しゅう」などと言われるようになりました。

刺しゅうのステッチの名称はコスモの針が「ビューリオン針」から「バリオンステッチ針」に変わったように、周りに合わせる形で変わったようです。(
ビューリオン針

「bullion」の発音は電子辞書に発音させると「ビューリアン」というか「ビューリオン」というか、アとオの中間くらいの音です。
たしかに、たくさんの刺しゅうの本が「バリオン」、あるいは、「ブリオン」を採用にしていますね。

フレンチ・ノットも昔はフレンチ・ナッツだったり、発音はたしかに「ノ」というより「ナ」と聞こえますから、ついそう言ってしまうんだけど、でもそこはノットがいいかなと思ったり。

そして、せっかく「バリオンステッチ針」に名称を変えたそうだけど、「バリオンノット針」にした方がよかったようにも思えます。
私のテキストにはいったい何と書こうかと考えるのです。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Colored embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.07 (Mon)

スタンプワークの本いろいろ

スタンプワーク(Stumpwork Embroidery)の本についても、ブログ内検索がしにくいので、書き出しておきたいと思います。
ほかにもスタンプワークの本はあるかとおもいますが、これらは私の本棚のなかの参考にしている本です。

スタンプワークのバッグ記事はこちら
ふっくらかわいい立体刺しゅう  

iPhone5ケースにスタンプワーク 

スタンプワークブック―イギリスからの贈り物 

しあわせの刺しゅう時間 

ちいさい刺しゅうのブローチとマカロンポーチ 

Exquisite Floral EMBROIDERY 

かんたんカルトナージュに刺繍をアレンジ 

大塚あや子のスタンプワーク―素敵な立体刺しゅう はじめてのスタンプワークレッスンつき 

Fleurs brodées de A - Z 

スタンプワークでパリのお菓子 

ちいさな刺しゅう 

スタンプワークでハーブと花を描く―イギリスの立体刺しゅう  

毛糸の刺しゅう 

刺しゅうこものとアクセサリー 

大塚あや子の刺繍の本 スタンプワークStumpwork Embroidery

The Complete Book Of Stumpwork Embroidery 

Broderie au Ruban et en Relief 

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Stumpwork Embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.05 (Sat)

アトリエFilさんの作品展 15日から

今年もアトリエFilさんの作品展が開かれるそうです。

詳しくはこちら (
もうすぐですね。

出版社のパーティーでお会いしたときにいただいた(記事はこちら)のをまねて作ってみました。
シンブルと比べると大きさがわかるかと思います。
スタンプワークのバッグ

刺し方は↓の本を参考に、バッグのデザインは私が適当に考えたもので、手持ちの糸で作りました。
修行が足りず、へたっぴです。

糸の引き加減が均一でないからだと思われます。
並べて写真を撮ることができません。

本にはもっとすてきな作品が載っています。

紀伊國屋書店→ふっくらかわいい立体刺しゅう - 詰め物や、浮かせるテクニックでふくらみを出すアトリエFil

楽天ブックス→ふっくらかわいい立体刺しゅう [ アトリエFil ]

数あるスタンプワークの本の中で、今回のこの本はかなり細かく写真を撮って説明されている!と、前の記事(本の記事はこちら)でも書きましたけど、実際に刺してみるとどれだけ丁寧に書かれていたのか、よくわかりますよ。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Stumpwork Embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.04 (Fri)

カットワークの本いろいろ

いまは、初夏のころ発売の本の販促のための作品作りをしています。
クロスステッチです。
クロスステッチをしていると、尖った針でする刺しゅうがしたくなります。
とがった針でする刺しゅうをしていると、カウントステッチがしたくなります。

というわけで、クロスステッチをしていた反動でちょっとカットワークがしたくなり、まあ、やっていられないので、本だけでもと自分の蔵書データをブログ内で検索をかけてみます。
すると、「カット」と「ワーク」が入ってる記事がみんな出てきちゃいます。
この本にはカットワークは載っていませんでした、と書いた記事までヒットしちゃいます。

「Cutwork」で検索してもその言葉を入れて書かなかったので、ヒットしません。
今度からは気がついたら、いくつか後で役にたちそうなのを入れておこうと思います。
一度ユーザータグも使ってみたんですが、使いこなせませんでした。


このブログも9年近くなり、自分でも書いたことを忘れてますから、読み返してそれなりにおもしろかったからいいんだけど、急いで探すのにはちょっと不便、ということで、テーマを決めて書きだしておくのもいいなと思いました。

やり方でなく、デザインを見たかったので、全くそれというわけでなくても、それに近い本を探してみました。
カットワークは楽しいですよね。
やはり服飾手芸として、テーブルセンターみたいにインテリア向けのじゃないのをやりたいです。
Cutwork
★はブログ内の手持ちの本について書いた記事にリンクしています。

白い刺しゅう 花のカットワーク 

清楚な白い刺しゅう 

Contemporary Whitework 

La Broderie Blanche 

La Broderie Richelieu  

Points de broderie blanche 

La Broderie Richelieu 大判図案着き 

biancheria da letto 14 

BIANCHERIA da tavola10 

BIANCHERIA da tavola11  

Monograms 英語版とフランス語版 

ラ・フォンテーヌ寓話とペローの昔ばなし 

White work 

A~Z OF Whitework 

Waverly Honor: A Workbook of Embroidery Design 

Traditional Stencil Designs 

フローラ 

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Cutwork  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.03 (Thu)

ひなまつり

お雛様って、春らしくていいですよね。
遅くなりましたが、先週になって、やっと天袋からおろしてきました。
ひなまつり

近年、つけまつげしてるとかブーケを持った、あるいはゴスロリ風とか、ヘアスタイルも和風でない雛人形が話題になっていますけど、それなら、なにも十二単は着てなくても、正座してなくてもよいのではとおもいました。
何が好きかきらいかは人それぞれ。
私は伝統的なひな人形が好きです。

段飾りを買ってもらったけど、家では飾れず、祖父母の家に飾ることにし、でも最初の年から何年かは飾って、その後はしまいっぱなし、というのを聞きます。

我が家は、場所を取らないものにして、毎年、成長を祝って飾りたいと思っていたので小さいのを私が選びました。
場所さえ許せば、段飾りはあこがれです。
でも、これでよかったと思っています。
三人官女や五人囃子は控えてないけど、毎年出してもらえてたほうが、お人形さんとしてもしあわせだったかと。

まあ、人形がかわいそうとか、心が宿るとか、何とも古くからの日本人の考え方が今の時代にはそぐわないのかもしれないですけどね。

お雛様関連の刺しゅうや手作りはあまりした覚えがありません。
自分のお雛様もそうだけど、人形がどーんとあるから、他は必要なかったのかもしれないです。

唯一、木目込み人形でお雛様を作って、英会語のアメリカ人の先生が帰国されるときプレゼントにしたことがあるけど(私が好きだと言ったら英語のお菓子やお料理本などをよく貸してくださっていたので)、それは、自分や娘のためというわけではなく作ったもの…

お雛様を刺しゅうでというのは立体ではないから、しまっておきやすいし、ちょっといいかなと思っています。
ちなみに義母は、2月後半は自分で描いた日本画のお雛様を部屋に飾ってます。
これもまた、しまっておきやすくて、飾ってもいい感じだと思います。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  クロスステッチ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'02.19 (Fri)

手づくり手帖Vol.8~春の庭のドイリー

夜に撮ったのでちょっと暗いですから、また後日撮り直すことにしましょう。
手づくり手帖から春の庭のドイリー
         手づくり手帖Vol.8から縁のかがりを替えて

付録の布ではなく、手持ちの、真っ白じゃない、ちょっとクリームががった色の麻に刺しました。
縁の仕上げも本とは違う方法で、ヘムステッチをして仕上げました。
ヘムステッチは楽しいけど、これはカウントステッチに使うような布ではないので、糸を抜く作業がいちばんたいへんでしょうか。
カウントステッチに使う布なら、粗いからすぐに抜けますけどね。

手づくり手帖Vol.8では、もっと簡単に早く、でもきれいに縁を仕上げる方法が提案されています。
早く仕上げたい場合には、とてもおすすめの方法です。

春らしいデザインですね。
とても楽しくステッチすることができました。

針の太さなどから、あるいは図案の表示のしかたから気がつかれた方もいらっしゃると思いますが、こちらを読んでから始めることをおすすめします。
※手づくり手帖Vol.8 お詫びと訂正 (だそうです。

手づくり手帖Vol.8についてはこちらに書いています。(


紀伊國屋書店→手づくり手帖   8 早春号
楽天ブックス→手づくり手帖Vol.8 早春号

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Colored embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'10.14 (Wed)

本金メッキビーズ

「はりねずみ」の回に参加される方に業務連絡です。
ご心配をおかけしていましたが、材料も揃い、テキストも準備できました。
はりねずみが刺せたらブローチにしようかと思ってます。
久しぶりのお教室、楽しみにしております。

さて・・・

今年も本の仕事が忙しくて、お教室で教えることはほとんどできないでいます。
そんなですが、↑の刺しゅうレッスンのご要望がありましたので、洋裁の本の仕事の合間に準備をしました。

洋裁の方の仕事で使う材料を買うついでに買えるかなとお店に行ってみたものの、ビーズって種類が多いので、めざすものは揃いませんでした。
専門のお店まで行くとせっかくだからと、つい、買っておこう、みたいな感じで不要なものまで買ってしまいます。
それがまた在庫を増やす原因となります。

今回は時間もなく、まだ痛みもあったので、ネットで買うことにしました。

探していたのは、外側が金色のビーズ。

外側がガラスで、糸を通す穴が金色のものはよく使うので持ってるんですが、今回は外が金色のものがよさそうでした。
となると、やっぱり本金というビーズの外側が金色にコーティングされているプレシャスビーズとも呼ばれているタイプがきれいです。

お値段も普通のビーズより、ちょっとお高く、高級ビーズと言われます。
でも、こういうビーズやラインストーンなど光るものって、お値段の差が輝きの差にもなります。
そういう点では、実際に見て選ぶのがいちばんいいんですけどね。

特小ビーズ

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Beads&spangle work  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'08.18 (Tue)

マガジンマートさんでの予約

近頃は仕事のクロスステッチばかりで、刺したいと思って買ったキットなど、キットのままで飾り物になっちゃってます。
Gerda Bengtssonさんのキットは、わざわざ、海外のお店に注文してまで買ったというのに。

そんなGerda Bengtssonさんのキット、2年ぶり(?)にマガジンマートさんでまた買えるようになったそうです。
写真を見てるだけでワクワクしちゃいますね。
やっぱり、デザインがシンプルなんだけどすてきなのがいちばんの魅力でしょうか。
予約は10%引きのようです。

マガジンマートさんのGerda Bengtssonキット ひとこま

     Gerda Bengtssonキットひとこま - 17-5139

     Gerda Bengtssonキットひとこま - 17-5142

     Gerda Bengtssonキットひとこま - 17-5138,09

Gerda Bengtssonキット 植物

     Gerda Bengtssonキット植物 - 20-6835

     Gerda Bengtssonキット植物 - 20-0352

イングリット・プラムさんデザインの本も糸とセットでお得になってるようですよ。
日本語版の本を買ったときの記事はこちら 

マガジンマートさんの本&花糸セット

     本&花糸セット -BRODEREDE BLOMSTER, BLADE OG B

     本&花糸セット -KORSSTING TIL JUL

     本&花糸セット -KORSSTING TIL JUL OGADVENT

     本&花糸セット -<NATUREN I KORSSTING(小)


毎年買っているMANGO社のAGENDAも予約が始まっています。
今年のテーマは「souvenirs」だそうですよ。
20日までの予約で10%引き。

AGENDA - ハードカバー書籍 2016

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Fremme花糸  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'12.18 (Thu)

パーティーに行ってきました(3)ビーズ刺しゅうのブローチ

出版社のパーティーには何かしら手作りしたものを身につけてきてください…ということで、毎年、作ったワンピースやコートなど着ていったのですけど、今年はパーティーに何を手作りしていくか…

今年はとくに、年中、仕事での手作りに追われて、ちっとも自分や家族のものが作れない一年でした。
しょうがないから、去年作ったワンピースになにかをとおもって、2日くらいで作れそうなものとおもって考えてみました。

今回は紙にデザインしてから刺すというわけでもなく、何となくお花の線を描いてから思いつくままに刺しました。
大きすぎず、小さすぎず、自分の体型や顔のバランスにあった大きさにするのも大事なところ。
それができるのが手作りの良さです。

パーツはビーズ刺しゅう用の箱にあるものから、ワンピース、バッグやバレッタ、イヤリングなど当日身につけるであろうものを頭に入れてそれに合うような雰囲気のを選んでいます。

ビーズ刺しゅうのブローチ  ビーズ刺しゅうのブローチ
(同じものですが、光や写真の加減で色が違って見えてます。)


テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Beads&spangle work  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.14 (Fri)

日焼け

こちら()の額の中のリネンに茶色のシミを発見。
気になるので洗うことに。

何かわからないものをうっかり付けてしまったのでしょうね。
額に入れるときになくても何ヶ月か、何年かすると出てくることがあるようです。
シミは簡単に落ちました、というか、わからなくなりました。
真っ白の生地だったら残ってたかもしれませんけど。

アイロンをかけようとすると、日に当たっていた部分と裏に折れていた部分でずいぶんと色が違ってしまってました。
(前にも書きましたようにこのキット裏に折り返す部分がほとんどなくて、こんなに細いのです)
日焼け

南側の二部屋は紫外線カットのフィルムが貼ってあるので、本も変色しなくて済んでいるのですが、リビングはフィルムが貼ってありません。
レースのカーテンは一応紫外線をカットするということでそれにしたのですけど、リビングにかけておいたこれはしっかり焼けてしまってます。

直射日光でなくても紫外線はしっかり届いています。
時間の積み重ねとは怖いものです。
人のお肌もね…。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Cross stitch  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.06 (Mon)

今週のすてきにハンドメイド

今週のすてきにハンドメイド(NHK木曜21:30)はクロスステッチだそうですよ。
すてきにハンドメイド

買ってないし、中身も見てないんですけど、こちら↓の著者がご出演のようですよ。
このブログでは本の紹介は買った本、譲っていただいた本だけにしています。


紀伊國屋書店→クロスステッチで楽しむ和の模様―市松、千鳥、格子、花菱など可愛くて美しい伝統文様76

楽天ブックス→クロスステッチで楽しむ和の模様 [ 遠藤佐絵子 ]

台風が来ています。
風が強まってきました。
午前中はおとなしく、パンツのパターンを作っていようと思います。

金曜、土曜にしまうものは、しまって、家の中が緑であふれちゃってます。
ベランダは植木鉢を片付ければシャワーで洗われるみたいになるので、台風が去ったあとでデッキブラシを掛けます。
汚れが浮いているついでに窓ふきもします。

今年はこれで3回目かな?
1回目は雨台風でそうでもなかったけど、2回目はちょっと油断して全部入れなかったら、その時は風が強くてみかんの木の植木鉢がベランダでころんでました。
土も少しだけこぼれちゃいました。

上の方の階の人も片付けなかったんでしょうね。
台風のあと、ガーデニング用のシート(1.5m角)が降ってきたり、かすみ草の種が開けてないない袋のまま降ってきたり、これは舞い上げられたのかもしれないけどレジ袋やたくさんの葉っぱが降ってきたりしたこともあります。

強い風が吹き始めてからでは窓も開けられませんから、やはり前日のうちに準備はしておかないといけないのに、こう、台風が多いとちょっと慣れっこになってしまう気もします。

災害に対して慣れは禁物。
自然災害の多い日本。
人間は常に自然に対して謙虚で畏怖の念を持ち続けるべきだと思います。



テーマ : ハンドメイド - ジャンル : 趣味・実用

 |  Cross stitch  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.01 (Wed)

刺しゅうのパネル仕立てにつかう木製パネル

以前、パネル仕立てのワークショップのようなものをしたのですけど、別の方から、またご要望がありました。
この前はパネルの大きさが決まっていてこちらで用意できたのですが、今回は刺しゅうのサイズのこともありますし、パネルも各自ご用意いただくことでご了解いただきました。

この木のパネル、お店や商品をを探すとき名前をなんて打ち込んで検索するか迷いますよね。

だいたい、ウッドパネル、木製パネル、ファブリックボード、ファブリックパネルなどという名前で売られているようですよ。

ネットで、サイズなどいろいろ選べるお店はこちらのCORTINAさん。

いちばん既製の小さいサイズでこのくらいからです。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Cross stitch  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.15 (Fri)

はり替えた缶の補足と布団の丸洗いのお話

一昨日の記事、刺しなおしたのは外さないで刺しなおしたの?と聞かれました。
全体にうっすら汚れたので洗いたくて、ついでにしみも落としたかったのですけど、落ちなかったので、3目ずつ二か所ステッチしたのですよ。
缶から外して、洗って、漂泊して、だめで、糊付けして、アイロンかけて×(クロスステッチの目)を6個だけ足して、また缶に貼りました。

缶ならドボンと水につけても大丈夫なのでボンドがふやけて取れます。
これで、すっかり新しく刺したみたいになりました。

外さないで刺したの?って聞かれたので、これまた、このブログを始める以前のもの()をちょっと紹介しましょう。
麻のスリッパにイニシャル1

無印良品のスリッパに裏には出さないですくい刺しで刺しました。
だから、缶も今回ははずしましたが、6目くらいなら外さないでも刺せると思います。

ところで、今日は天気がいいのとこの天気も続くだろうということで、羊毛布団の丸洗いをしました。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Cross stitch  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.13 (Wed)

缶に貼った刺しゅうが汚れたので

このブログを始めたころに作った作品。
クロスステッチのオーガナイザーっていうのかな?使いかけの糸を通した針を仕分けたものを入れて普段使いしているので、よく触りますからね、そこそこ汚れます。
7,8年使えば、飾っておくだけのと違ってうっすら汚れた感が…。

ステッチするときはできるかぎり布に触らないよう、汚さないように刺しゅうしてます。
それでも汚れたら、仕立てる前に洗ってそれから仕立てます。
洗わないと数年してシミができることも。

ほんとに汚れないように工夫をして作ったものだと洗わなくても大丈夫じゃないかと思ってます。
枠を使わないで刺したものは布を思いっきりさわってるのでやっぱり洗った方がいいかな。

作り上げたものの中で、普通に洗えるものはよいのですが、缶ではまるごと洗えませんから汚れたらまた布の状態に戻して洗って仕立て直してたりもします。
というわけで、今回はふたの刺しゅうをはずして、洗ってみました。
缶に貼った刺しゅう
デザインはDMCのキットのアレンジで、ステッチイデーVol.11に載せていただいた缶です。

うっすら汚れた感はとれても、シミはなかなかとれませんでした。
時間が経ったシミは取りにくいです。
だから茶色い点になってるシミの部分はステッチしてしまいましたよ。
それにあわせて、別の部分にも足しました。
チャートが取ってあって色番がわかったので、よかったです。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Cross stitch  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014'06.19 (Thu)

ウール糸の刺しゅう

検索しててたどり着きましたという方から、ときどき質問をいただくことがあるのですが、3割くらいの方は、お返事書いても記事にしたとしても、コメントも反応さえも無く、それっきり梨のつぶてというのはあまりいい気分はしないものです。
ブログなんてそんなものとわかってはいるのですけど。
ま、そんなで、その時は次に質問来ても、返事しない!という気分なんですが、今日はそれでも、書いてみようと思うわけで… 
質問される方は、わからなかった!でも、役に立たなかった!でもなんでもよいので、コメントいただきたいと思います。
    →さっそく、コメントいただきました。
     いただけると次に書く元気も出てきます。ありがとうございます。


…と、今日のご質問は毛糸の刺しゅうについて。

毛糸でする刺しゅう、その方の作りたい本の作品の写真を見たところ、提案されている糸が手に入らなければタピストリーウールがいいかなと思いました。
使われている糸は特に指定もないですが、刺しゅうにも編みものにも織物にもなる糸もあります。

越前屋さんのオリジナル極細毛糸も刺しゅうの他、織物、編みものに使えるそうです。


全く同じ糸で全く同じものを作る必要は無いと思いますし、試してみてよければそれでよいと思います。
使えそうな糸を列記します。

私もたくさんは持ってないのですけどA.F.E.のウール刺しゅう糸

吉祥寺のお店に行くと買いたくなっちゃうのもあります。
AVRIL

ちょうど土ヰ手芸さんがリニューアルになって閲覧可能になっていました。

アンカータピセリーウールアップルトンのクルーエルウールもおすすめです。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  刺しゅう  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2014'06.18 (Wed)

ボタンホール・ステッチ

少し前のことですが、ブランケット・ステッチについて生徒さんじゃなくて知り合いの方から質問があり、確認がてら調べました。

ブランケットステッチの図って、あっち向き、こっち向きといろいろあるのですね。
海外も含めて、ひとまずわかりやすい図が載ってる12冊を選びました。
和書は出版社も著者も違うのを選んで比較しました。

まず、図として、針の向きが下向きが7、上向きが3、横向きが1、そして両方一緒に載ってるのが1。

つぎに針を下向きに刺したとして、左から刺して行くか、右から行くか、だと、
左から進んでいくのが10、右からのが2。
いろんな図があります。

ブランケットステッチはオープン・ボタンホール・ステッチとも呼ばれ、間隔が狭いものはボタンホール・ステッチと呼ばれたりもします。
テーラーズ・ボタンホール・ステッチとも呼ばれるものもありますが、洋裁のボタンホールのかがりとこれはまたちょっと違うものになると思います。
鳩目つきボタン穴かがり
以前作ったコートの鳩目付き穴かがりです。(
もちろんボタンホール・ステッチではありませんよ。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Colored embroidery  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'06.06 (Fri)

刺しゅうを缶に貼って仕立てる

クロスステッチ図案帖()に続き、出版物の仕事がまた始まります。
他にも同時進行の仕事があるので、準備に時間のかかる種類のお教室はまた長いお休みに入ります。

先週は、刺しゅう作品を缶に貼って仕立てる、というのをお教室でやってみました。
とても遠いところからいらっしゃる方もいらして、めずらしく午後からのお教室でした。
何しろ少人数ですので、なるべくみなさんのご都合に合わせるようにしております。
今回、都合が合わなかった方も、また、little Stitchのオーナーさまと相談してご都合のよいときにどうぞ。

そんな遠かった方と用事で急いでいらした方が帰られたあと、写真を撮るのを忘れていたことに気づき…

しょうがないので、過去のステッチイデーVol.13に掲載の缶も動員しての撮影です。
Tin缶

かわいいボタンが付いた缶は、刺しゅうが間に合わなかったので、ひとまずボタンをつけたものを準備したそうです。
またクロスステッチのほうができあがったら作られるそうですよ。

丸い小さな缶のほうはイデーに載ってた図案だそうです。
女の子好みの色や柄で、きっと、お嬢さんがほしがるだろうとおっしゃってましたよ。

…と、お二人のは缶と図案がとてもいいバランスでよかったのですが、わたしのったら、缶が少し小さくて、図案が苦しがってる感じでした。

図案にぴったりの缶を見つけるのがいちばんむずかしいかもしれませんね。

私がステッチした図案が載ってる本はこちら(
 |  Cross stitch  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'05.23 (Fri)

HIGHTIDE ハイタイド メタルブックレスト

悲しいことに、あれがない、これがない、と探すことが今まで以上に多くなっています。
ものの定位置を決めればいいといわれるけど、あれにもこれにも使えるもの、っていうのは、戻す暇もなく次のことにつかわれたりして、終わったその時そこに戻さなかったばかりに行方不明ということが多いです。
そんなで、2個目を買うことになるものもあったりして、また、ものが増えていくのです。反省。

フルートの練習にも編みものにもクロスステッチにもたまにはお料理やお菓子やパンを作るときにも使う、こちら、ブックレスト。
小学生のときから使っていた(なんて物持ちいいんだ)しっかりした金属製のピンク色のが行方不明。
折りたためるのでどこかに挟まっているのでしょうね。
ないと、不便で、同じようなのを文房具屋さんに行って買いました。
このシリーズのは色がいろいろあります。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Cross stitch  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.18 (Fri)

アトリエFilさんの作品展

今日はお教室の生徒さんといっしょにアトリエFilさんの作品展に行ってきました。
小雨そして4月にしては寒い日でしたが、にぎわってました。
アトリエFilさんの作品展
アトリエFilさんの作品の実物はパーティーでお会いしたときイヤリングにされてるのなどを見せていただいたことはあるのですが、こういうたくさんの作品は見たことがありませんでした。
TVで見たときや、すてきにハンドメイドのテキスト()や本()で写真を見たときもすてきだと思いましたけど、やっぱり実物はいいですねえ、すごいですね、圧巻です。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Colored embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.07 (Mon)

フリーステッチの基礎講座

出版物のデザイン、だんだんまとまってきて今日はPCにむかっての仕事です。

一方、4月10日からお教室再開で、まずこの日はフリーステッチの基礎講座です。
この日はお席に余裕があります。
お問い合わせ・お申し込みはlittle Stitchさんまでお電話でおねがいします。

で、できればいろんな本もお見せしたいと棚を探すと集めていた資料もでてきたり。
最初はアウトラインステッチなどから始めます。
が、まずは、道具の工夫やずっと試しを繰り返してる、いろんな図案の写し方とか、新アイデアも今回初めてご紹介したりするのでそのあたりが長くなると思います。
年齢によっては老眼鏡とレンズの使い分けなども、刺しゅうの先にある仕立てに向けてどう準備していくかなど、いろんなことをひっくるめての講座となります。

きっとしゃべりまくるので、のど飴()を持っていこうと思います。
カーボン紙で記事はこちら

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Colored embroidery  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
free counters