fc2ブログ

All archives    Admin

01月≪ 2024年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829

2023'08.13 (Sun)

骨密度の検査で思ったこと

寒い日は関節痛に悪いですね。いつも指が痛いと書いているので、レバー付きプラグが100円ショップでも買えますよと教えていただきました。ご心配いただきありがとうございます。先日のクロスステッチ、枠を使わないですくい刺しで、やっぱり自分に合わない、と書きました。その理由の一つが、指の痛みとしびれです。スタンドタイプのものなら、枠は持たなくて済むし、布もつかまなくて済みます。そして、針をつまんで引くときも、...
CM関節症 治らないならどう対処するか


親指の付け根と手首が痛いのと小指以外の指がしびれる、っていう話を書きました。
台風や雨の前は、やっぱり指が痛いです。
先日書いたように食器洗浄機よりエアコン優先になっていて、食器洗うのつらいし、こぼして汚した床の掃除もトイレ掃除も洗濯も、もう、ほんと苦行です。

20代でCM関節症とは早いらしく、そのとき、親指を固定する装具を作ったのですが、「たくさんの人の装具を作ってるけど、その中でも手首が細い」と言われました。

その後何年かして、簡単ではあったものの骨密度を測ってもらったら、60代、と言われました。
つくづく、私は骨が弱いのかと、それからというもの骨を丈夫にすることをすこしばかりではありましたが、心がけてきました。

で、50代になってから、また(40代は四十肩で)肩が痛くてたまらなくて病院に行ったとき、・・・
この時は肩にカルシウムが溜まり始めていたとかで石灰沈着性腱板炎(せっかいちんちゃくせいけんばんえん)というようなんですが・・・
病院の待合室に骨密度はときどきしっかり方がいいと書いてありましたので、肩が治ってから測ってもらいました。

どこか痛いとかではないので保険はきかないからそれなりのお値段します。
でも、20代でそんなだったので骨密度は心配だったのですよ。

で、結果は前にも書いたかもしれませんが、若い時、つまり人生で一番あった時よりは数値は低いものの、年齢の平均以上ではあるということでした。

なにがよかったのかなと考えておりました。

20代のころはやせていて、痩せていると骨に負荷がかからないから骨が丈夫にならないと言われ、重い物をわざわざしょってみたりしてたくらいでした。

ま、その後、ぜい肉のおかげで(筋肉ではない)標準体重まで行き、重みはつきました。

それから、毎日飲む朝のお味噌汁の出汁は、「食べる煮干し」と「COOPの顆粒だし」や「とろろ昆布」など入れてます。


粉末になっている煮干しなら簡単と変えてみた時期もあるのですが、酸化が気になるので冷凍庫で保存したり、なんとなく面倒で小さい煮干しに戻っています。

大きい煮干しは、裂いてはらわたを出す作業自体、指にとってつらいこと。
小さい煮干しなら、具として食べてしまえるし、冷蔵庫でお味噌の隣に保管するくらいで風味も変わらないうちに使いきれます。

普通の煮干しに比べると出汁の味は少ないので、「COOPの顆粒だし」を足したりしています。

あと、キノコは買ってきたら、お日様に軽く干してから使っています。
ビタミンDが増えるんでしたっけ?

それから、背伸びしてかかとを落とす、っていう、かかとに体重がかかる動作も忘れないようにやっていました。
ま、それと体重の増加で、骨は丈夫になったのではと思っています。

計測して骨密度は意外と丈夫とわかったら、かかとを落とすのとかやるの忘れてました。
継続しないと下がってしまいますね。

他に、梅干しも骨が丈夫になる効果が期待できるとか聞いたことがあります。
梅ジャムでもいいのかもと、梅ジャムを作ったり買ったりしました。

そんなことがよかったのかなあと思いました。


ところで、今年は天気予報を見つつ、の、梅干しの天日干し3~4日を3回やって、瓶に詰めました。
暑い日が続いたので、ほどよく干せました。

暑すぎる夏の日差しでしたが、去年、おととしと、干す機会を失ったので、ちょっとだけありがたかったです。
そうでも思わなきゃ、この暑さは耐えられませんでした。

梅干しづくりの先輩によると、三日三晩、夜の間は夜露に当てながら干すので、天気予報を見て三日晴れの続く日を選ぶのだそう。

こんなふうに8月の暑さを待っていたのに台風が来てしまうということもあるので、やはり土用を待たずに干し始めたのはよかったです。

(瓶に詰めた梅干しの写真を撮ろうと思うと自分が写っちゃうので、梅干しの写真はなしですが、けっこういっぱいできました)

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

14:59  |  手指の痛み  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2023'03.24 (Fri)

ラバーメイド(Rubbermaid) ディッシュドレーナー

TVで、布巾をしいて洗ったお皿を並べれば、水切り籠は必要ない、というのをやっていました。
雑誌などでもすっきり暮らす方法としてよく紹介されていますよね。

でも、手指が痛い関節症の人には向いてないだろうなとか、家族が多いとか、食器を多く使うのが好きな家庭では、並べきれないな、と思いながら見ていました。

親指の関節症ですと、食器を洗うのにつかんでるつもりでも落としてしまうし、つかむと痛く、拭く、さらにそれが30個、40個、スプーンお箸・・・となると、ほんとにつらいわけです。

片手鍋などの取っ手があるものより、お皿やお椀をつかむほうが親指によくない気がしてます。
親指と人差し指をCの形にして持つようにはしてます。
それでも、やはり取っ手のないものは指によくない気がします。

自分の分のご飯茶碗、お椀、湯呑代わりのカップ、すべて取っ手付きにしています。
家族のは普通の食器だからつかまないといけないです。
いっそのこと家族全員の食器が取っ手付きの形で、軽くて、食器洗浄機対応だったらそれほど痛くないんじゃないかと思ってます。


そんなわけで食器の数が多くて手が痛いときは、食器洗浄機を使います。
少ないときは2回分をまとめて洗うようにしたりしてます。
それでも下洗いしてから入れるので、やっぱり、つかむ作業は発生するし、食器洗浄機対応でない食器も多いです。

食器洗浄機に入れられないものは、手洗いして水切りかごに立てて水を切っておき、手の様子と相談しながら布巾で拭いたり、そのまま乾かしたりしてます。

乾かすという目的もあるので、水切りかごは大きめのものを使ってます。

これ、同じものを買うのがこれで4回目。
最初はSで2回、Lに替えて2回くらいだったとおもいます。
SL

傷ができてそこから錆びたりしてくるので、7~8年くらいで買い替えてると記憶してます。

ステンレスだともっと長持ちすると思うんです。
でも金属に当たる音が苦手で、結局、ラバーメイドのになりました。

かごは7~8年ですけど、セットで使う、下に敷くディッシュドレーナー用 トレーはさびたりはしないので、こちらは長持ちです。
SL

いろんなものが売られているし、お店に見に行ったりもしたんだけど、結局これになりました。

毎回、脚のところから錆が始まるのでいろいろ対策はしていましたが、樹脂を充填してもやっぱり錆が出てきます。
今回は、水の入りそうな隙間を埋めてからさらに、ホースを短く切ってカバーにして、水が入らないようにしてみました。

    【追記】今回はこの方法で1年近く経ってますがまだ全然平気です2024年1月末

手前の白い板みたいのはPP発砲シートで、小さいものが手前に転げ落ちないようにしています。
ラバーメイド Rubbermaid ディッシュドレーナー

箸立ての水切りはいま一つ水切りがうまくいかないので、全く別に買ったステンレスのを付けて使ってます。
もったいないので、別のところで小物入れにしました。

手が壊れちゃってる人にとって、ストレスの少ない皿洗いは大事なんですよね。
介護だけでもかなり手を使わなくてはいけないのだから、少しでも手を使わないで済むよう考え続けてます。


10:02  |  手指の痛み  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2023'01.25 (Wed)

CM関節症 治らないならどう対処するか

寒い日は関節痛に悪いですね。
いつも指が痛いと書いているので、レバー付きプラグが100円ショップでも買えますよと教えていただきました。
ご心配いただきありがとうございます。


先日のクロスステッチ、枠を使わないですくい刺しで、やっぱり自分に合わない、と書きました。
その理由の一つが、指の痛みとしびれです。

スタンドタイプのものなら、枠は持たなくて済むし、布もつかまなくて済みます。
そして、針をつまんで引くときも、ほとんど力がいりません。
編み物 マフラー 手袋 帽子 Veronique Enginge
今回のような細かいリネンですくい刺しだと、穴二つを糸の通った針を通すわけで、力が少し余計に要ります。
それくらいの違いが何?と思われる方がほとんどでしょうが、手が痛くなってみないとこういうのはわからないとおもいます。


CM関節症は担当の医師が洋裁を仕事にしてたのでは?と当てたくらいですから、洋裁、和裁の鋏を使う方に多いそうですよ。
その先生からは、他には「一生、繭を紡いできたおばあさん」がなるのだそうだと、当時20代だった私は言われました。
あれ、つまんで引っ張るの繰り返しですからね。

拇指CM関節症というのは力を入れてつまんでぴっぱるような動作で痛みを感じる、骨がすり減ってしまう病気です。
治るわけではなく、とにかく手は使わないようにして、だまし、だまし、使っていくしかないと言われました。

腱鞘炎は休めれば治るようですけど、使いすぎてすり減ってしまった骨は復活しません。
20代ですでに手の親指の骨がすり減ってしまっていた私は、とにかくこれ以上痛くならないようにと気を付けていました。

ですからこの秋から冬にかけては針仕事はあまりしてないのに、義母の世話で手を酷使していたら関節がぐらぐらして腫れて、とにかく休ませないといけない状態になりました。

義母からは主婦は家事をしなくてはいけないものだから病院で痛みを取ってもらってからするように言われましたが、私は薬で痛みを取って家事をするより、とにもかくにも、手を休ませてあげたいです。

「鋏を使って切る」「力を入れてつまんで引っ張る」ような動作が拇指CM関節にはよくないそうです。
ステンレスや銅の鍋磨きでも痛くなりますしね、家事をさぼるのが治療なわけです。
でも誰も代わりにやってくれませんから、やり方の工夫をかんがえるしかありません。

鋏だけなら、右手だけがなるものでしょうが、使い過ぎは左手にも及び、両手ともだめなのですよ。
20代からとにかく関節に負担をかけないことを考えてきました。


それに更年期になってからはその年代の女性がなりやすい手根管症候群にも。
朝起きたときが特に、それ以外でも手の小指以外の4本の指がしびれます。
チェックする方法もあり、やってみるとまさにそれです。

これも血行を良くしたり、やはり手を使わないようにするのがよいそうです。

この記事、ときどき思いついたときにどう対処しているか、書き足していました。
だいぶ増えてきましたが、気が付いたらまた書き足していこうと思っています。

①洋裁なら鋏を使わずロータリーカッターを使う   と 
②編み物ならかぎ針編みはあきらめて棒針編みにする
③ラッキョウを漬けるとき皮は自分でむかない
④草むしりは手でやらずに道具を使う  ↓これもなるべくつままないようにつかう

⑤硬いトングを使ったり、軽いトングでも重いものをつかまない
⑥PCのキーボードも親指は使わない
⑦親指はできるだけ使わないで、つまむときはチョキのかたちか、両手で挟むようにして持ち上げる
⑧本棚の本をつかんで引き抜く動作を避け、斜めに引き出してから親指以外か両手で挟む
⑨広口瓶のふたは親指を使わず4本の指とたなごころで挟んで開ける
⑩レトルトなどの口をつまんで裂いてあけない。はさみで痛い場合はナイフを使う。
⑪キッチンバサミで硬いものを切るのは避ける。できるだけナイフを使用。
⑫箱を開けるとき、親指をかけたり、親指を広げてつかもうとしない。両手で挟んで持ち上げるなどする
⑬⑫と同じく、太い大根など指を広げてつかまないようにする。(皮をむくのにも持つと痛いので、置いて縦に切るように剥く)
⑭画鋲を刺したり抜くとき、ホッチキスの針を取るときもつままない、親指は使わない(道具をつかう)
⑮刺しゅうをする際には布をつかまない、刺しゅう枠を持たない。スタンドタイプの刺しゅう枠で両手刺し。
⑯ごはん茶碗、お椀は持ち手付きのものを使う→
⑰スプーンは介護用の手の形に合わせられるものと使う→
⑱コンセントへのプラグの抜き差しはレバー付きプラグで→ つまむのではなく、両手で挟むようにして使う
⑲つまみ洗いのような動作は代わりに馬の毛のブラシでたたいたり、つけ置きして手を使わない(とにかく汚れものや染み抜きとかあるので)
⑳洗濯ばさみを力のいらないものに取り換える、引っ張るだけで外れるように工夫する→

㉑牛乳パックを開くときも、もちろん手でなく、はさみでもなく、包丁で切る
㉒ジッパー付き袋はスライダーつきのものを使い、食品のパッケージなどついてない場合は人差し指と中指で挟んで閉める
㉓歯ブラシは親指を立てて持たない。
㉔歯磨きペーストのチューブは親指以外で開け、ふたも台に当てる(ぶつけて)閉める
㉕食器は基本、食器洗浄機で洗えるものを選ぶ。重い物は片手で持たない。
㉖ダブルクリップはエアかるに替えて指の負担を減らす 

㉗親指がぐらついてきたらサポーターで押さえる、危ないと思ったら早めにサポーターをしたり、休ませる

㉘野菜を切ったりしたものを指でつままず、トレーのようなものに移して移動させる

㉙職業用ミシンのアタッチメント替えはフットクランプを使い、ドライバー作業を減らすのも一つの手。親指を使わずに押せる道具も使う。 

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

16:00  |  手指の痛み  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2020'09.20 (Sun)

ユニバーサルスプーンを自分で使う

これ、高齢の義母用ではなく、わたし用です。

このブログを長く読んでらっしゃる方はご存じかと思いますが、近年は指先に力を入れてつまむ、といった作業はブログに出てきてないです。
関節症で、手の使い過ぎが原因で、親指のつけ根の骨がすり減って神経が当たって痛いのです。

近頃は手首も痛いです。
食器を洗うときもときどき落として割ります。
両手で持つようにしてはいるのですけど、片手で持ったとき、つかんでいる感覚がなかったり、痛くて離してしまうからです。

家事などサボって手を使わないでいれば痛みは治まります。
病院でも使わないでください、といわれました。

親指を固定する装具も作りました。
何をするのにもなるべく親指以外の4本の指でするよう考えます。

でも、超高齢の義母がいれば、トイレの掃除をはじめ、こぼしたものの掃除、洗濯、入れ歯でも食べられる食事の準備(骨を取ったり小さくキッチンばさみで切る)など、何かと手を使うのです。
こぼしたものをスリッパで踏んで点々と床に付いてしまった汚れは雑巾がけしないととれません。

洗濯も、食べこぼしくらいならまだしも、白い七分袖のブラウスの、カフスの裏にファウンデーションがしっかりついてしまっているのを洗濯するように言われます。
腕のシミが気になると言って、出掛けるときは腕にファウンデーションを塗るからです。

介護保険の聞き取り調査で、お嫁さんにやってもらてるなら丈夫ですね、と言われますけど、そういう積み重ねで、私の手は常に痛みがあったり、しっかりものがつかめなかったりという状態になりました。

もともと、洋裁ではさみを使う作業などがいけないといわれてました。
そういうのはロータリーカッターを使うなど道具でカバーして、なんとか、痛みが出始めてから25年ほどは手を休めながら使ってきました。
サポーターも着けて指を固定したりもしてました。

数年前までは秋になると痛いといっていたのが、ここ何年かは夏でさえも痛くて、それは、夏になるとかぶれちゃうからシリコーン製のサポーターがはめられないからなんですよね。

今は特に調理で力を入れてつまむ作業があったりすると、食事の用意ができた頃には手が痛くてご飯を食べるのもやっとです。

それで、買ったのがウィルワンユニバーサルスプーン。



私のはブラウンです。
届いた時はこんな形です。
ユニバーサルスプーン
持ち手の形状記憶ポリマーを70℃のお湯に3~5分つけてやわらかくして、持ちやすい形に変えます。

私は手首も痛いので、スプーン部分を少し手前側に曲げています。
娘の離乳食の頃使ったスプーンで、外国製で曲がったのがあったのを思い出し、あれはよかったと同じように曲げてみたのです。
ユニバーサルスプーン

おわんもうまく持てませんから、こんなかんじのを使っています。

どちらもしっかり掴めない手でも、引っかけることで持ち上げられます。

針と糸はつまんで力を入れるというものでもなく、そんなに親指に負担はかかりませんし、実際、そんなに痛くはならないです。
が、私がそれを仕事にしているため、縫い物はやめればと言われます。

炊事や磨くような掃除を立て続けにしなければ痛くならないので、なるべく少しずつ、できれば家事をサボって暮らしたいです。

でも、実際にはあれもこれもやらなきゃいけないときもあるし、このような介護用品を用意しておいて使うのが手っ取り早く、有効な気がします。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

11:45  |  手指の痛み  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |