fc2ブログ

All archives    Admin

01月≪ 2024年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829

2023'02.06 (Mon)

Fine Whitework: Techniques, Projects & Pure Inspiration

元旦から頭痛というタイトルで、義母がおせちをたくさん食べたと書きましたが、そのことで、そのあと、頭痛以上にヘビーなことなどあり、私にぐぐぐっと負担が来たりして、諸々ひっくるめて今年は厄年か?という始まりでした。まあ、そんなこともあって、年の初めからネットの買い物に走ってしまいましたよ。やっぱり癒してくれるのは手芸の本です。で、洋書を1冊。Goldwork: Techniques, Projects & Pure Inspiration (Royal Scho...
Goldwork: Techniques, Projects & Pure Inspiration


こちらの本をまだ紹介してなかったということで、書きます。

Fine Whitework: Techniques, Projects & Pure Inspiration (Royal School of Needlework Guides)

紀伊国屋書店→RSN: Fine Whitework : Techniques, projects and pure inspiration

192ページ:オールカラー
Search Pr Ltd 2022年10月18日:発行
Jenny Adin-christie :著
英語

以前のRoyal School of Needlework Essential Stitch Guidesシリーズの本が小さかったので、こちらのRoyal School of Needlework Guidesシリーズは大きく思えます。
ステッチイデーくらいの大きさの本で、厚みもけっこうあり、1.5cmくらいの厚さで192ページあります。

Fine Whitework:と銘打っているのは、ホワイトワークの中でもある程度の太い糸でカウントしながらかがるようなものではなく、細い糸を使ってする繊細な刺しゅうってことでないかと、内容を見ていて思いました。
「fine needle」と言うようにここで使われているfine は細いという意味かなと。

そんなわけで、内容としてはほとんど(芯にする糸は太いなどの例外あり)細い糸を使っていろんな技法を合わせて使い、表紙のような繊細な作品を作る工程が説明されています。

表紙の作品に使われている技法は
立体刺しゅう
ふっくらした芯入りサテンステッチ(本来のフランス刺しゅう)
芯入りサテンステッチ
サテンステッチ
シーディング
トレイリング
中にかがりを入れたアイレット
プルドスレッド
ドロンワーク他などで
それらを一つずつ、どんなふうに芯を入れて、どんな順序で表面を覆っていくか、みたいな細かい手順を写真や図をはさみながら説明しています。

チュールのようなのはめ込んで、そこに規則的な刺しゅうを施すというのもありますし、小さな作品とそのの作り方も載っています。
手の込んだ参考作品も15くらい載ってます。
枠への張り方、額装の仕方、実物大図案などの載っています。

表紙の作品は、なんとも手間のかかっている作品とは思ったものの、こんなにいろいろな技法が一つの作品に入っているとは、本を買ってみるまでわかりませんでした。
一般的には、こういう手の込んだのは参考作品てことで写真だけ見せて終わり、簡単なモチーフを提示してそちらの方のやり方を説明するものです。

この本を作るにはとても手間と時間がかかったことと思います。
こういう本は日本では作られないでしょうし、なるべく簡単ですぐできて安いのが好まれる傾向の昨今なので売れるとも思えません。

そんな貴重な本ですから、私の本棚の中でもよい位置に置かれることと思います。

今日見たら、私が買った時よりお安くなっているのでそういう点でもおすすめですよ。

【追記】
枠の貼り方や額装の仕方などは、わりといろんな本に載っています。
この本では、針を刺す角度を出来上がりによって変えることについて、のような細かいことも載っています。

針の角度などは出来上がりによって変えていくのですが、そういうのは刺しているうちに気が付きます。
でも、気が付かないで何気なくやっている場合には、この本によって気が付かされるので、そういう細かい事が書いてあるのってありがたいですね。

私の本は基礎の本なのですが、針の角度など、きっと慣れてきてから気が付く疑問についても載せています。

逆に、この時期だと、入園入学用のグッズに刺しゅうしたいなと思ってらっしゃる方におすすめしたいです。
慣れてしまった方には何でもないことでもほんとに最初の最初みたいなと準備のところから書いています。

初心者から、だいぶ慣れてきたけどなぜという疑問が出てきた方まで対応できるようにまとめてあります。

刺しゅうの基礎
紙書籍版と電子書籍版

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
          はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

Amazon→刺しゅうの基礎

紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
         電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

セブンネットショッピングはじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎 

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

10:36  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2020'11.03 (Tue)

イタリアの伝統刺繍 プント・アンティーコ  

ステッチイデーでも毎回のように掲載されている、いがらし郁子先生のイタリアの伝統刺繍 プント・アンティーコ 。新刊が予約はじまってました。9月28日発売予定です。→予約しましたが、2020年11月04日頃になったと連絡が来ました。 80ページ日本ヴォーグ社 先月のステッチイデーの撮影で出版社に行ったときも、講習をされていて、元気そうなお姿をお見か...
イタリアの伝統刺繍 プント・アンティーコ  予約始まってます





紀伊國屋書店→イタリアの伝統刺繍プント・アンティーコ - ドロンワーク、ハーダンガー刺繍の礎を築いた手仕事

楽天ブックス→イタリアの伝統刺繍 プント・アンティーコ [ いがらし 郁子 ]

80ページ
日本ヴォーグ社 2020年11月4日:発売
いがらし郁子:著
日本語

待っていた本が届きました。

今年買った本の中でも5本の指に入る満足度の本と言えます。
表紙もわからないのに予約したけどやっぱりよかった!

8月に予約しました。
9月発売の予定だったのが、11月の発売になりました。

7月に仕事の撮影があったとき、お見かけしたのは同じ場所でお教室の指導があったようです。
すてきな先生なので、遠くからでも、マスクをされてても気がつきます!

作品は小さいものから大きいものまで、いつぞや、イタリア文化会館で見せていただいた作品がまだ頭に残ってて、ああいうのいいな~、日本語の本が出るといいな~って思ってたので、ほんとによかったです。

写真がたくさんで、糸の進み方などがわかりやすいです。

小さい作品で基本を習うのはいいですね。
先生から以前生地をいただいたので、形にしたいと思います。

生地はグラツィアーノ社のもので、掲載の通販でも買えますし、リトルスティッチさんでもクロスステッチの生地としておいてあったと思います。
やはりいい生地だと思うので、このメーカーをたくさんの方に知っていただけるといいですね。



テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

14:54  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020'08.31 (Mon)

デンマークのちいさな刺繍 予約しました

今朝はちょっと涼しくなりました。
昨日まではそうもいきませんでしたけど、今日ならちょっと手間のかかる掃除をする気になれます。

いつものように換気扇の掃除は2か月に1回。
粉石けんをお湯に溶かして洗うだけできれいに落ちます。
汚れをためすぎないのが楽に掃除するコツ。

年末にはしなくて済むように大掃除はこのくらいの時期にやっておくと、脂の混じった汚れも楽に落とせますね。

さて・・・

こちらの本は、8月の中頃に予約を済ませております。

デンマークのちいさな刺繍
エクスナレッジ 、80ページ、9月8日発売予定


紀伊國屋書店→デンマークのちいさな刺繍

楽天ブックス→デンマークのちいさな刺繍

セブンネットショッピング→デンマークのちいさな刺繍

HEDEBOといえば、

HEDEBO―デンマークのホワイトワーク(2003/10)ユキ パリス:カラー・説明等モノクロユキ パリス:著文化出版局 2003年10月今日、明日とNHKおしゃれ工房に出演のユキ・パリスさんの本。この本についての記事を書いたつもりがまだ書いてなかったようでいい機会ですから書いてみようと思います。...
HEDEBO―デンマークのホワイトワーク



こちらの本の作品に感動したものの、ページ数も限られているせいか、詳しい作り方説明というわけではなくて、もう少し基本からの本は
ないかなと思っていました。

80ページ:オールカラー(ソフトカバー)Les Editions de Saxe 2010年6月10日:発行Françoise Fittante:著フランス語 フランス語でははっきり、ヘデボなんでしょうか?eのうえに「エ」のような発音をするためのアクサンテギュ(’)がついていますよ。だから、「ヘデボ」と発音するんだと思うんですけどいろいろ検索してみると「ヒーダボー」とも、また併記して書かれていることも多いですね。ここでは「ヘデボ」のような...
La broderie Hédébo : Esprit nature


ちょうど10年前に書いた記事のフランスの本↑も基本の記述より作品が興味深い本でした。

だから、【使うのは数種類のステッチだけ、イラスト&写真の解説つきではじめてでも簡単に刺せる、デンマーク刺繍 初の入門版】と銘打つ、こんな本が欲しかったので、予約しました。

円玉陽子さん、鈴木史恵さん、平石秀子さん、nål og tråd (針と糸)さんの共著。

この中のお一人の方のブログを昔から拝見していたので、これまた、中身は確認できてないのですが、予約しました。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

11:46  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012'09.29 (Sat)

ヘムかがり

ヘムかがりしてました。

ヘムかがりと一口に言ってもいろいろあるようで…

「ヘムステッチとアンティークヘムステッチ」といういい方もあったり、
それらをどちらも、「へムステッチ」といったり、
ヘムかがりというと「三つ折りした縁をかがるものだけ」載せていたりと
本を調べてもいろいろですね。

いつもやるのとはちがうヘムかがりもやってみました。
HEM STITCH
上の茶のラインのは、いつもの、裏を見ながら左から
下の白いラインのは、裏を見ながら右から




テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

16:50  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012'08.31 (Fri)

Antique Lace: Identifying Types and Techniques

近頃あまり更新しなかったのは、
旅行に行ってたというわけでも
エアコンもつけずに暮らしてたから暑さでどうかなった…
というわけでもなく、
ここのところはずっと
花糸の作品のデザインとステッチにかかりきりだったのと
材料・本の整理などしてたもので…。

まだ紹介してなかった本もありました。

そんな中から今日は…

↑アマゾン

紀伊國屋書店→Antique Lace : Identifying Types and Techniques

248ページ:オールカラー(ハードカバー)
Schiffer Pub Ltd; illustrated edition版 2001年11月:発行
Heather Toomer:著
英語

Heather Toomerさんのレースの本()、3冊持ってますが
最初に買ったのがこちらで
金額的にも内容としても一番すごいのが今日ご紹介のこの本でしょう。




テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

11:53  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.03 (Wed)

キッチンクロス

麻の生地を3m買って、
シーツに2.5mほど使い、
残りを縦に4等分しました。

キッチンクロスR

夏の大掃除の合間に、
たとえば「つけ置き」している間とか
ちょっと一休みしてチクチクしてました。

一気にする掃除はちょっと疲れるので
休みながら、です。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

08:41  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010'08.26 (Thu)

La broderie Hédébo : Esprit nature


80ページ:オールカラー(ソフトカバー)
Les Editions de Saxe 2010年6月10日:発行
Françoise Fittante:著
フランス語

フランス語でははっきり、ヘデボなんでしょうか?

eのうえに「エ」のような発音をするための
アクサンテギュ(’)がついていますよ。

だから、「ヘデボ」と発音するんだと思うんですけど
いろいろ検索してみると
「ヒーダボー」とも、
また併記して書かれていることも多いですね。

ここでは「ヘデボ」のようなのでそう呼ぶことにしましょう。

そのヘデボのこの本、
ちょっとよく見る白いヘデボとは
かなり違った印象でしたので買ってみた本です。




テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

06:55  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010'08.23 (Mon)

ドロンワークの練習で

ドロンワークの練習で「目隠し用ののれんみたいなの」を作ってます。

適度に風通しよく、適度に光りも入るといいと思いました。

最初はのれんみたいなものを作っていただけでしたが、
風通し&光りの通る穴を開けたくなり、
ドロンワークに至ったわけです。

サンプラーなんだからと下から順に
数種類のかがりをしていく予定です。

いまのところ、行き当たりばったりでどうなることやら…
ドロンワークのサンプラー

生地の名前はリネンハードガーゼというんだそうです。

刺繍にも良さそうかと思ったんですが、
売る方としてはざっくりしすぎる生地なので
刺繍によいとは表記せず、
ラッピング素材などとして売っているようですよ。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

10:58  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010'06.11 (Fri)

Les dentelles à l'aiguille

あの時、買っておけばよかったと思った本があります。

サイトの買い物かごに入れておいて、いつか、買おうと思っていたら
いつのまにか、もう扱わないとの表示とか、
私の技術じゃ、まだまだ、もう少しうまくできるようになったら買おう…
と思っているうちに、もう、入荷してきません、とか。

この本は、今買わなくちゃ、あとできっと「あの本…」と思うだろうと
買っておいた本です。


60ページ:モノクロ(ソフトカバー)
L'Inédite  2007年5月29日:発行
フランス語

刺しゅう針でかがって作るレース、
根気が要る作業ですが、
出来上がりの美しさは、それだけの手間や技術からきているとおもいます。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

12:50  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010'06.02 (Wed)

ぷっくりアルファベット&モノグラムのための本を選ぶとしたら

以前、ぷっくり刺す方法が載っている本という記事を書きましたが、
今度は日本語での本で基礎的なものが載っている本だと何が?
というご質問をいただきました。

書いてから、1年経っているので、その後何か新しいのは?と
探してみましたが、
特になく、
それでもということで、基本から学べる本も探してみました。


結果、やはり、これぞというのは洋書でしょうか。

日本語ではないですが、
まずはこれぞ!の洋書から順番に書いていきます。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

15:19  |  White embroidery  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009'07.29 (Wed)

ぷっくり刺す方法が載っている本

モノグラムなどぷっくりさす方法が載っている本は?
という質問をいただきました。

私が持っている本の中から探してみました。

…が、意外とないのですね。

写真はいっぱいあってもやり方の説明があまりない、
図案ばかりでやり方のコツのようなことはまったくない
というのがほとんどです。

もちろん、写真付きでビッチリ載っている
こちら、Monogramsが一番のおすすめなのですが…

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

05:51  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'06.04 (Thu)

芯入りサテンステッチ

芯入りサテンステッチの芯の部分の記事のその後です。
芯入りサテンステッチ

ちょっと横から厚みがあるところを撮ってみました。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

16:31  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.30 (Sat)

芯入りサテンステッチの芯の部分

また白糸刺しゅうを始めました。
芯入りサテンステッチ
ふっくらさせたいけど、けっこう大きいので
芯をてんこ盛りにするタイプではなく
こんなふうにしてみました。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

14:27  |  White embroidery  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.09 (Mon)

ミレシュカ習作

先日のウクライナのドロンワーク、ミレシュカですが、
本の記事にはどなたからも反応がなかったので
ちょっとさびしかったんですけどね。

私はこの技法、好きなんですよ。

そんなで、今日もMerezhkaのことを書きます。

どこがいいかというと、
針を進めるルールさえ覚えれば、
クロスステッチのようにカウントしながら進めばよく、
でも、図案と終始見比べながら、というようなことはなく、
細かいながらもどんどん進められるのが気に入ってます。
ミレシュカ習作

ハーダンガーのドイリーの残り布です。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

10:01  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2008'05.29 (Thu)

アイリッシュリネンで(1)

やっぱり、お手軽に、普通のピンタックにしておけば
こんなに時間かからなかったかな?

リネンのブラウスはいま、せっせとかがっているところです。

でも、ただ、ただ、糸を4本ずつすくっていく作業は
TVを見ながらでもやれるので、好きですよ!

最初、麻のブラウスに麻の刺繍糸を使うか、
コットンアブローダーを使うか迷ったのですが、
麻の刺繍糸は前回クロスステッチで苦労したので、
ひとまず、コットンアブローダーを使うことにしました。

以前書きましたが、
生地は真っ白でないのに、思い込みで真っ白だと思っていて、
アンカーのアブローダーが1では合わず、2(色番)がぴったりでした。

その糸が届いて、
ブラウスに少し手仕事を加えました。
リネン・チュニック

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

06:31  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.06 (Sun)

ふっくらサテンステッチ?

この前買った本
Monograms (Sewing) Monograms (Sewing)
Susan O'Conner (2007/05)
Country Bumpkin Publications
この商品の詳細を見る
に触発されて、ふっくらしたサテンステッチにするべく…
娘の制服のブラウスのポケットにまたステッチしてみました。

Monograms M_01


下手でもっと修行が必要なことがおわかりかと思いますが、
どんなふうにサテンステッチの下に糸をこんもり盛るか、
記録として残したかったのと、
どなたか見てなにかアドバイスいただければ幸いと思いました。

恥をしのんで、かなりの接写です。
肉眼では生地のブロードの織り糸とか、
こんなにまで見えないですね。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

10:38  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2007'12.24 (Mon)

アブローダーと刺繍糸の違い

ときどき、質問とかいただくことがあります。

もっと専門的なことをご存知の方もいらっしゃるので
そんな方にはこちらこそ教えていただきたいのですが、
私の知っている限りで…ということで、
そんな中から一つ。

アブローダーとよくある刺繍糸の違いについて、と
言葉について書いてみます。

さて、どこが違うか…のほうは、
写真を見れば一目瞭然。

coton a broder

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

05:04  |  White embroidery  |  TB(2)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2007'10.25 (Thu)

ポケットにイニシャル(2)

4枚作った娘の中学の制服のブラウスですが、
早くもぴったりになってきたとかで、
次の準備が必要です。

でも、なんとなく忙しいし、
今度は買ってしまうことにしました。

防汚加工とか施されているのにそんなに高くもなくて、
ありがたいような、
縫う技術がこんなお値段なのかと悲しくもあったり。

それでもポケットに刺しゅうを入れたいなと思って
ポケットをはずしました。

ポケットにイニシャルM


アブロ-ダーでサテンステッチと思っているので
刺しゅう枠に張るのが妥当だと思います。

となると、足りない。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

12:52  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'05.24 (Thu)

やっと出来ました。モノグラムJM完成

白糸刺しゅうのモノグラムが完成しました。
モノグラムJM01

JMでもTMでも通用しそうな文字です。

完成しましたので、まずは青いチャコの跡を消します。

たいてい霧吹きで消えます。
いきなり石鹸などで洗うと青が残ることのあるので、
水で消してから洗うなら洗うほうがいいそうですよ。

チャコペーパーの使用説明書に書いてありました。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

18:39  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2007'05.22 (Tue)

ここまで進みました

先日の白糸刺しゅうは用事続きで集中できず、
今日少し進んでここまできました。
モノグラムMJ01

アップに耐えられるか?
モノグラムMJ02

Jの字に3針足してつながりをよくしましょう。
この3針が大事。

明日は何とか形にしたいです。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

17:52  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'05.19 (Sat)

進まない!

遅々として進まず…。

お出かけとかしなくてはいけないと思うと、
家事の合間にステッチするのと違って、
なかなか進みません。

段取りが悪いのかな?

この前書いた、40番のアブローダー、9番の針のこの白糸刺しゅう、
自分で本を参考にデザインを書くまでも悩んでたので時間がかかり、
さらに刺すのにも時間がかかって、
今日になってもまだこんなものです。
JMのイニシャル01

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

16:21  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2007'04.25 (Wed)

ホワイトワークのイニシャル完成

4枚縫った制服のブラウスのうちの1枚分の刺しゅうができました。
ポケットにイニシャル#40_2

やっていくうちにこつがだんだんわかってきて、
やった順に少しは上手にできてきた気がします。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

11:20  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2007'04.24 (Tue)

ブラウスのポケットにイニシャル

やっと、こちらに手が回るようになって来ました。

娘の制服のブラウスのポケットです。
ポケットにイニシャル#40_1


図案はこちらの本を参考にしました。

ひとつ練習にやってみました。
洋服を飾る手芸は学校で習ったのです。

でもあの時は…

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

05:55  |  White embroidery  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |