fc2ブログ

All archives    Admin

01月≪ 2024年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829

2023'08.24 (Thu)

布用シャープペンシル

今日はちょっと気持ちいい風と澄んだ日差しを感じ、これだけ暑くても秋がちょっとだけ近づいたと思いました。
ずっと猛暑日で、雨は少ししか降らず、節水も呼びかけられています。

つい先日も、洗面所のドアを閉めたので気づかなかったのですが、また、義母が水道の水を出したまま洗面所から出てしまい、10分後くらいに私が行ったら、水がジャージャーと出ていました。

そして、この35℃、36℃という予想最高気温の日の午後1時半くらいに、2時になったら散歩に行くとか言い出しまして、止めました。
暑さの感覚は人それぞれかもしれませんけど、本人、あまり暑いという感覚がないようなので、熱中症にならないよう、周りが気を付けていないといけませんね。

いまはそうでもないけど、散歩に行った先で、携帯から、どこかわからないから迎えに来てという電話があったこともあります。
電話をかけられるから警察やご近所のお世話にならなくて済んだんだけど、やはり、いつもだれか近くにいないといけないわけですよ。

そんなわけで、デイサービスのある6時間以外は私は家にいないといけません。
唯一の夏のお出かけになるかと思われた〇〇展の予約が取れたのに、誰か家にいなきゃいけないということになり、キャンセルも変更もできず、あきらめるしかありませんでした。

ずっと、車にも電車にも載ってなくて、夏の着物も着てない、今年もまた、つまらない夏だったのですが、まあ、好きな縫い物はなんとかできているのでよしとしましょう。

今日は布用シャープペンシルの話です。

洋裁ではほとんど印付けはノッチなどで済んでしまうので、印付けするペンなどの出番は少ないです。
白のチャコナー、それに短くなった色鉛筆でもあればたいていのはなんとかなってしまいます。
フリクションペンなども便利だけど、それすら出番がないくらい、縫い代付き型紙ではノッチという情報で済んでいます。

白のチャコナーはすぐ消えて便利、色鉛筆などは縫い代の見えなくなってしまうところに使うくらいです。

が、ちょっとこのごろ整理しておりまして、まあ、いろんな印付け道具があるなあと時代ごとに振り返ってみることにしました。
ロングセラーもあれば、消えてしまったものも。

小学生のお裁縫箱に入っていたのは、えんぴつ型のチャコ。
チャコペンシル。

少し後の時代になって、シャープペンシルタイプというより、このえんぴつ型に近いノック式チャコペルというのも出ましたね。
クロバー(Clover) チャコペル水溶性3本セット 24-065
チャコペンシル古い写真から

水で消えるペン「チャコパー」も使っていました。
最初に使っていたシンプルな形のは、いまはもうなくて、新しいデザインのになっているようです。
チャコパー

洋裁の学校の学用品としては、三角の形のチャコ。
テイラーの基本ですかね。
色付きは使わないで、とにかく白だけ。
のちに自分で持っていた色付きのチャコを使ったとき、落ちなくて、だから教材には白しか入ってなかったのだと納得。
Clover 三角チャコ 白 24-002
チャコ削りとセットで使っていましたが、先生はチャコナーを使っていたので、私もすぐにチャコナーにしてしまいましたよ。
チャコナーのカリカリって音も細く描ける線も気に入ってます。

河口 今までの常識をやぶったまったく新しい折れない「チャコナー」 白
チャコ削り

そしてこのチャコナー、三角のチャコに近い三角で小さい黒いものでしたが、そのあと、別メーカーからちょっと大きい三角っぽいのが出て、替えの粉も売られるようになりました。
その大きいのはいつの間にか見かけなくなり、ペン型になっていました。
クロバー(Clover) Clover F-チャコライナーペン型 ホワイト
学生の頃はほぼ毎日新宿のオカダヤに寄ってから帰っていた時期があって、ロウチャコというのもたしかオカダヤで買ったように思います。
新しい道具は楽しいですから。

でも、縫い代付きのパターンで勉強していたので、出番はほとんどありませんでした。
ロウチャコ

で、ロウチャコのような使い方のがのちにペンタイプになってアイロンで溶けて消えてしまう、というのが現在も売っていて、黒い生地に刺しゅうするときなどにも使っています。
クロバー(Clover) アイロンチャコペン 40×185×11mm 白 24-421

刺繍やアップリケでは熱転写ペンシルというものもあります。
アメリカ製の赤いのを見つけて買ったのが最初。
こんな面白いのがあるんだ~って思った記憶が。
いまは、クロバーの青も持っています。
クロバー(Clover) Clover 熱転写ペンシル 長さ16cm 青 24-067

そして、いちばん進化したと思うのは、シャーペンタイプのチャコ。
やわらかいけど折れにくいという難題を克服したのですね。

今はこちらのを使ってます。
Sewline ソーライン トリオカラーズ 3色シャープペンシル SEW50030


持ってないけど、ドイツ製のもあるようです。
プリム(Prym) 布用水性シャープチャコ 全長140mm 1セット ホワイト/.本体ミントグリーン 芯直径0.9mm

写真のように以前0.5だったか、クロバーさんから出ていたと思うのですが、いまはもうないみたいですね。
青い本体に黄色が入ってるのを使ってました。
細いだけあって書き心地がちょっと硬いような気もします。
シャーペン

いまだと、芯は0,9と1.3のがあるみたいです。
Sewline ソーライン 布用 シャープペンシル 専用 3色 替芯 各3本 計9本 0.9mm 白・黒・ピンク FAB50033

1.3だったら、本体も白いのがありますが、芯だけの販売はないようです。
使い終わったら1.3の黒のシャーペンの芯を入れて文房具として使えるといいなとおもいますがどうなんでしょう。
Sewline ソーライン テイラーズ 布用 チョーク ペンシル 太さ1.3mm 3色セット FAB50075

私のように文房具マニアですと、白い缶ペンケースが欲しくて全部使いもしないのにいろんな太さのシャーペンを持っていたりします。その中の白い本体のを使うのもよいかなとおもっています。
コクヨ シャープペン 鉛筆シャープ リサーレ 缶ペンケース 限定セット 白 PS-PE100-L4

こちらは芯を入れやすいというのが売りの商品です。
字を書くとき、製図するときは、しっかりしたシャーペンを使ってますけど、お裁縫箱に入れておくなら、このくらいの軽いプラスチックのもいいと思います。

とまあ、ちょっとまえにこの記事を書こうとしたのですが、並べて写真を撮ろうと思っているうちに仕事に使ってしまったりして、なかなか全員集合しません。
また、いずれ。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

21:42  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2023'02.01 (Wed)

望遠レンズのカメラ型チョコレート缶をクロスステッチ用道具ケースに

ステッチイデーは年3回発行になりましたので、VOL.34は、2021年9月8日発売です。そして、その次VOL.35が12月発売予定なので、もう、そちらを作っておりまして、気分はもう12月です。...ステッチイデー VOL.34 本日発売ですステッチイデー インスタグラム ★ 紀伊国屋書店→ステッチイデー vol.34ピンクッションはステッチイデーVOL.11だったでしょうか、私の手作り刺しゅう道具の紹介みたいなページを載せていただ...
ステッチイデー34~針がさびにくい綿(わた)でピンクッション



どんだけピンクッション作るんだい!って突っ込みが入りそうです。
カメラ チョコレート 缶 ピンクッション

このカメラの形なら、はさみも入るし、針もしっかり刺せるし、いいなと思ってたんですよ。

望遠レンズの形じゃないのを買ったとき、ふたの仕様がどうかわからなくて、実際には浅い円柱のレンズ部分で針は入りませんでした。
望遠なら深さもあるしと、買って正解でした。

安全な針刺しと、はさみも入る本体部分、目打ちもピンセットも入りましたよ。

ひとまず、今やっているVeronique Engingeさんのクロスステッチ専用お針箱としましょう。
十数色の糸を使いますが使っている針は1本。
1本なら管理も楽です。

カメラはオレンジも売ってましたよ。


下の工具箱は、スチールの白で、裁縫箱に使っています。
木のお裁縫箱は和裁みたいなことをするときの手縫い関係のが絹糸などと一緒に入れてあって、スチールの方はロータリーカッターやはさみなどを入れています。


こちらを買って、クリーム色のフェルトを中に貼りました。

外が赤やピンクのもいいなあと思ってずいぶん悩んでいたのですが、家の中で置いといて目立つといろいろ言われるので、白なら目立たないかなと。

工具入れは大きいのもあり、実際いろんな道具を入れると重くなるので、移動が前提の時は小さい方でいいかもしれません。

2段は仕分けしやすくていいですね。
洋裁で使ってる先生も多かったですよ。

ただ、授業の準備をするのにそれを運ぶのは重かった記憶があります。
工具入れだから、裁ちばさみやロータリーカッター、文鎮など入れても丈夫でしたよ。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

21:20  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2022'11.27 (Sun)

お相撲テレビ観戦しながらしてたこと

世の中の話題はサッカーワールドカップで埋め尽くされているようですが、個人的にはお相撲がいちばんです。
本日、千秋楽、阿炎の幕内最高優勝で今年の締めくくりである九州場所を終えました。

このブログでも2015年9月に「三段目優勝の時から応援している堀切君が・・・」と書いたように長い間応援しているのですが、途中いろいろあったものの、戻ってきてからはとてもがんばっているようでしたし、応援し続けてよかったと思いました。
とくに今場所は休場明けでしたから、心配していたのでほっとした上に優勝までついてきてほんとによかったです。

願わくば、サッカーの試合のある日と重ならなければ、もっと大きく報じられたのにと思いました。

その幕内もいいけど幕下以下を見るのが楽しみなので、午後はミシンの仕事はお休み。

やらなくてはいけないのに、やれないでいた針仕事をするにも、お相撲の期間中、BSの放送が始まったら、手縫い、手工程、書く仕事など、TVの前でもできることをしていました。

気が向いたら色見本帳の続きなどもするのですが、指に穴が開くので、シンブルをします。
指先にはめるタイプより、こちらに書いたように本革がいちばん。

2009年4月10日 もしかしたら、同じような経験をされている方がいらっしゃるかと思い記事にしてみることにしました。それは、刺繍をしていて右手の中指に穴が開くということ。もともと、刺繍枠を使ってステッチすることが多かったのでそういうことはあまりなかったのですが、今やっている色見本:番号順は枠なしで刺していて、なんとなく、右手中指で針を押すことが多かったのか、中指に穴が開いてしまいました。それでつくったのがこちら…この時...
くっつけるシンブル試作


TVの前で作ってました。
写真よりもっとたくさん作りましたよ。
これでしばらく困らないでしょう。

レザークラフトで残ったり、端切れとして買った革(写真左)です。
ただシールをくっつけただけ(真ん中)では端に段差があってめくれやすいので、端は斜めにカットしています。(写真右)
はるシンブル 本革

上にも書いたようにくっつけるシンブルはキルト用に買ったのですが、けっこう高いので、いつも自分で作ってます。
薄い革を調達するのが難しいかもしれません。

そして、皮膚に貼って大丈夫な両面テープのようなシールも商品によって厚さがあったり、はがれやすかったり、いろいろで、良いと思ったシールを買い直しました。

が、クロバーさんからも発売されました。


上の記事を書いたのは2009年4月だったのですが、まだこちらも売ってますね。

シンブルシリーズ シンブルパッド/96-714

上の写真のフェルトも切ってました。
こちらの本みたいのやってみたいと。
ルナちゃんでフェルトもいろいろ買って余りを無駄にしないで使えるのではと思っています。


はさみを買ったので面白くていろいろ切りました。



テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

22:39  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2022'10.31 (Mon)

キングジムの小さい箱を裁縫箱にしてみた

文房具好きということで、キングジムさんのインスタもチェックしております。
たまたまキングジムのファイルを模した小箱が当たる!というのをやっていたので、応募してみたところ、当たりました。
キングジム kingjim  キングファイル ミニBOX

当選しました、なんて私にとってはめずらしい言葉なので、通知が届いたときは詐欺かと疑ってしまいましたよ。
本当に当たったということでよかったですが、日々いろんな怪しげなメールが届くので、冷静によく読んでみることは必要ですね。

これ、丈夫な箱で軽いから、ちょっと刺しゅう教室に行くときに、刺しゅう道具を入れるのにどうかと思ったのです。
ふたがマグネットでぴたっと気持ちよくくっつきます。

刺しゅう教室は仕立ても含めてなので、ソーイング中心のことを教えに行く日は見本になるものや道具など肩が抜けるんじゃないかと思うほどの荷物を持っていくことが多いのです。
が、刺しゅうだけのときは、資料や材料は多いものの、道具としては、それほどじゃないです。

キングジムと言えば、黒い四角にビビッドなブルー、レッド、イエロー。
グリーンもあるみたいですね。


外側の背表紙部分のマークが赤だったので、ここは王道?の青にしてみようかと思ったものの、ちょうどいい青のウールが見つかりませんでした。
空を見上げたら秋の空はとても青く、こういう青のウールだったらなあとおもったのですが、結局見つかりませんでした。

針刺しと言えば、以前つくりらのコラムでも書いたように、黄色だと針穴がよく見えるということで、黄色にしました。
キングジム kingjim  キングファイル ミニBOX

ちょっと山吹色がかった黄色を探したのですが、ほんとに山吹色のはあったけど、それとの中間くらいのは無くて、この黄色にしました。
フェルトを手でかがって作っています。

いつもは、中の詰め物はウール100%の毛糸にしてます。
やはり針を守ってくれるのは毛。(という話はこちら

今回は、ステッチイデーの作品としてこれ↓を作った時残った綿を入れました。
ガラス瓶 ピンクッション ビン 針刺し ジャム瓶

周りの黒いところは本革。
つやっつやの黒より裏の方がいいかなと、あえて牛床革つまり、牛革の床面を表にしました。
ミシンで縫ってます。

革を縫うときは革用のミシン針で。(それぞれ家庭用と工業用のミシン針)
 

針刺しは裏に突き抜けるものを使うとけがをすることがあるので、厚みのあるプラスチックの器の再利用でも、ガラスの瓶でも、瀬戸物の容器でも、木の器でも、あるいは缶の蓋のようなものでもいいので、けがをしないものにしたいですね。
キングジム kingjim  キングファイル ミニBOX

裁縫箱も目的によって入れるものが変わります。
洋裁なら、工具箱などを使ってる教員は私を含めてけっこう多かったですね。

おうちのソーイングだったら、もう少し小さくても、小学校で揃えるお裁縫箱でも間に合っちゃいますかね。
小ばさみ、目打ち、指ぬき、メジャーとボタン付け糸などいれておくでしょうか。

フリーステッチだったら、刺しゅうばさみなど。
針刺しにはフランス刺しゅう針のサイズ3,4,5,6,7,8,9,10って入ってると間違わなくていいです。
ステッチイデーVol.20と34  で紹介しました。

クロスステッチだったら、針は先の丸いのだけ1本と刺しゅうばさみ、1色刺しの刺しゅう糸を一束くらい入れておきましょうか。

ひとまず、ルナちゃんの服など作ってるので、そのあたりの道具で、黄色、黒、赤の道具を集めてみました。
キングジム kingjim  キングファイル ミニBOX

さて、秋の夜長の刺しゅうのおともにいかがでしょう。
ルナちゃんの本もお勧めしたいですが、私の本もしばらくぶりでまたここで宣伝しておきたいとおもいます。

刺しゅうの基礎
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

セブンネットショッピングはじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎 



テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

17:53  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2022'10.16 (Sun)

縮緬の風呂敷の桐箱を脚付き刺しゅう枠に改造

久しぶりに刺しゅうの道具のお話。

絹の風呂敷は入っていた桐の箱に保管するのもよいですが、普段から使っている場合は毎回箱にしまったりしません。
空き箱は糸(フィラガン)を入れたり、針を入れたりしています。

箱にもいいものと安物?とがあるようで、桐のうっす~い板をボール紙に貼って箱になってるものもあります。
つまり、見た目は桐なんだけど、じつは枠部分だけ桐で板部分はボール紙の箱ということ。

試しにそれで枠を作ったら、硬くて画鋲も刺せなくて、せっかくのアイデアもボツ。
それでもあきらめず、全体が画鋲が刺せそうな桐の箱を使って、こんどこそ使えそうなものを作ってみました。

まず必要なのが脚。4本。
去年の冬に買いました。


これを丸枠などにはめて使うようなのです(3本でもよいらしい)が、基本的に丸枠より四角の方が好きなので、四角の枠に使いたいなあと思っていました。
画材の角枠はステッチイデーの作品作りや色見本帳などの長いものなどに便利に使っているのですが、残念ながらこの脚をはめることはできません。(じゃあどうするという話はこちら

金具の向きが決まっていますから。
金具を外して方向を変えてつけ直すことも可能かとはおもいますが。

ちょうど風呂敷の箱くらいの角枠で脚がついていたらなあということで作りました。

まずは風呂敷の桐箱を切っていきます。
これは、ボール紙+うっす~い板ではなく、全部が桐材。
桐ということで、割と楽に切れます。
縦はらくに切れて、横はちょっと切りにくかったです。

切るのは一般的なのよりちょっとだけ大きいカッター。
滑らない方眼定規があると便利です。(お気に入りで30cmは2本持っています)
あとはカッターボードね。
  

まず、中をくりぬいて・・・
縦には切りやすいけど、横はちょっと手間がかかりました。
風呂敷 桐 箱 刺しゅう枠 角枠 脚付き

くりぬいた板から箱の内側の厚みを測って細長い板を切り出します。
この板を短い方の辺の内側の長さに合わせて切ります。

《追記》
長い方の辺にも貼ります。
切り出した板では長さが足りないので、つぎ足します。
そうしないと枠の板に厚みが出なくて、画鋲を横向きに刺した時、針の先が飛び出してしまいますし、裏から表の方に向けて刺すこともできません。

風呂敷 桐 箱 刺しゅう枠 角枠 脚付き

ボンドで貼り付けます。
↑の脚もねじ式なので押さえとして使います。
中心あたりはミニクランプをつかって、当て木をしてから挟みます。

↑の写真のよりこういった形の方が締めやすいです。

写真でわかるように、↑の脚の裏にはフェルトも貼ります。(使用時に置いたところを傷つけないのとがたつき防止)
風呂敷 桐 箱 刺しゅう枠 角枠 脚付き
切るのに手間取ってここまで1時間かかりました。

ボンドが乾くのを待って、やすりをかけてキレイにしたら、完成。
風呂敷 桐 箱 刺しゅう枠 角枠 脚付き
やすりをかけるのは内側なのでこちらが便利。


《追記》
手でしめただけでは意外とねじが緩むので、手で絞めた後ペンチで少ししめました。
それでも緩むようなら、また別の方法考えます。


《さらに追記》
ねじを締めてもへこんでいくのでゆるくなります。
そこでさらにもう1枚今度はちょっと硬い板を当てました。


布は革でカバーした画鋲で止めます。
画鋲の話はこちら
木枠 画鋲

近頃本屋さんにおいてもらえてないこちらの本ですが、出版から5年になります。
いろんな刺しゅうをするときの工夫も書いてありますので、よろしかったら参考にしてみてください。

刺しゅうの基礎
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

セブンネットショッピングはじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎 



テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

10:16  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2022'04.17 (Sun)

クロスクック 水溶性不織布

ガラス瓶 ピンクッション ビン 針刺し ジャム瓶
ステッチイデーVOL.34でフェルトに刺しゅうするのに使ったのはこちら。

キルターズシークレット。75×100cm。
 

フリーステッチで一番嫌がられるのは布に図案を写すこと。

さらに、フェルトとなると細い線は写しにくいので、こちらのシートに図案を写してフェルトに載せて一緒に刺しゅうします。
刺しゅうし終わったら、水で溶かします。

同じ水で溶けるシートでも、シールで貼るタイプのは、針がべたついて苦手なので、いまはこちらを使っています。

貼れないシートでも、シールで貼るタイプのように使うには、水で溶けてなくなるスティック糊↓を塗って、浮かないようにして使っています。
  

洋裁でちょっと仮止めするときはこちら↓のメーカーの太いタイプ()を使っていたのですが、メーカーは違っても、だいたい同じだとおもいます。


で、その溶ける不織布ですが、もうちょっと安いとバンバン使えるかなとおもって、ロールになっているものがお得だったのを見つけて、そのうち買おうと思ってました。
そんなとき、スマホで同じような名前で、今なら10%OFF!とかいうのを見てしまって、買ったのは・・・。

水で溶けない、ミシン刺しゅうがきれいにできる接着芯でした。
きっと、これは溶けるものなのだという思い込み、それにあと1点かぎりとか見てしまって焦ってぽちっとしてしまったんだと思います。
細かく確認しないといけないですね。


ま、目的と違うものだけどそのうち使うので、よしとして、しっかり覚えてるうちにほんとに買おうとしていたものを手に入れておこうと思いまして、買いました。
25×10mと50×10mの2種ありますよ。
ミシン刺しゅう用ですが、キルターズシークレットと近い素材で、見た感じはほぼ同じように思います。


この商品、お店によっても、また、買うタイミングでも値段に違いがあるのと、幅が狭いとはいえ、10mもあるので、使わないで無駄にしてしまうことのないように、よく考えて選びましょう。
(勢いあまって買いすぎた気がします・・・)

もちろん、水で濡らしても大丈夫な素材用なので、絹には向いてません。
薄くて透けているけど丈夫な不織布なので、紙のように破り取ることはできないです。

昔、教員として勤めていたとき、服飾手芸の先生方と一緒の研究会で、この水で溶ける不織布を使ってミシンで縫う、手のモデルやったことを思い出しました。(記事はこちら
その頃のは、ちょっと水色で、厚くて、かなり幅の広いものだったんですが、たぶん同じようなものだと思います。

ラベルに書いてあるように、タオルやTシャツなどにミシンで刺しゅうするのにもよいということで、タオルに手で刺しゅうするときにもやりやすくてちょっといいなと思いました。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

16:15  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'06.04 (Fri)

角枠には文鎮載せてます

雨の日、気圧が低い日は嫌ですね。

現在健康と思える指は残すところあと3本。
つまり7本に痛みがあります。

そんな手ですから、刺しゅうするときも枠は持ちません。
布は触ると汚れるので、基本、枠なしで布を持つこともあまりしません。
針は左手で下から、右手で上からと、両手を使って刺しています。

丸枠も台にとめる仕様にして使ってます
角枠()はどうするかというと、前はテーブルとおなかで挟んでちょうどいいと思ってたんですけど、ちょっと姿勢が悪くなるのが気になってました。
それで、いまは枠の向こう側の端におもりを載せて使っています。

高さ調節には箱を置いてその上に枠を載せています。

洋裁のためにいろんな文鎮()を持っているので、試しました。

文鎮いろいろ
角に曲がっているのを載せるのが一番安定してました。



重さは1個が300gですので、桐でできた木枠ならこのぐらいで十分です。

ちなみにBUNKAの文鎮は360gですが、丸い形のため、角枠にのせるのには棒状が良いです。
かといって、お習字用だとちょっと軽すぎます。

2個セットですけど、刺しゅうだけされる方なら1個あれば事は足りるかと思います。
2個を重ねて使うこともできます。

BUNKAの丸い文鎮も重ねられますが、自作や本来ほかの目的のを重しにしているのは重ねられないのが難点です。
私は洋裁が本業なので、上の写真のようなものと一緒にクロバーのを2セット、4個使っています。

というわけで、いま、そのファブリックウェイトを載せて、がんばって刺しているところです。
かわいいのができあがってきて、ちょっとうれしいです。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

17:50  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2021'03.08 (Mon)

風呂敷の桐箱で刺しゅう枠

正絹の風呂敷が入っている箱って桐が多いようです。
ステッチイデーでもいつか紹介したように、糸が湿気や紫外線で傷まないように桐の箱を活用するとよいとおもってます。

ただ、風呂敷の箱はちょっと小さいとか浅いとかなので、そうめんの箱の方が私には何かと都合よく、風呂敷の箱はリュネビルの針など入れて使っています。

近頃買ったリサイクルの縮緬の風呂敷。
やはり桐の箱に入っていたのですが、よく見ると、表面は桐なんだけど蓋の裏は木目が印刷された紙でした。

貼り合わせ、とか、中はあまりきれいでない木目の桐を使ってあるのでしょうか?

→とおもったら、まさかのボール紙に薄い板が張ってありました。

たしかに入っていた風呂敷も正絹の縮緬ではあるけど縮緬のしぼがはっきりある部分とない部分がくっきり分かれているような、あまり上等ではないものでした。
買ってはみたものの、ちょっとがっかり。
それでも、結んでしまえばわからず、使う分には問題ないと思いますが。

というわけで、この箱、全部が桐ではないので、どうしようかと思っていました。
枠部分はたしかに全部桐でできているので、刺しゅう枠なんかどうかな?と作ってみました。

いつもの台に付けられるように工作して使います。
スタンドフレーム 風呂敷の箱
フリクションペンで印を付けて、四角の穴を開けて・・・
スタンドフレーム 風呂敷の箱
ドライバーセットのねじねじので穴を開けて
(ちょっと端に寄りすぎたのであらためて別の場所に開けました)

スタンドフレーム 風呂敷の箱
やすりで穴を広げてねじが通るまでにします。
やっぱり補強しようということで、内側に板をボンドでくっつけて厚く丈夫に。

スタンドフレーム 風呂敷の箱

丸枠をはずしたスタンドに取り付けました。

このような面がカーブしたやすりや丸いのは、ウッドビーズの穴を広げるとかにもよく使います。
あると何かと便利、というより、ないと、思いついたときに作業が始められないので持っていたい道具の一つです。

道具があるおかげで、工夫も思いつくものですね。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

22:36  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'03.05 (Fri)

パイロット 消せるカラーサインぺン フリクションカラーズ

たくさんある洋書の中でも好きな本、ていうのを前に書いたことがあります。
いまでもあんまり変わってなくて、この本好きです。
LES BELLES LETTRES D'ALEXANDRE

絶版になったあとで、他の本と組合わせて新刊として売り出されてもいました。
今回はこの中のAlexandre225を刺しています。

だいぶ仕事で鍛えられて、クロスステッチではリネンでも10目とかの線を引かなくても間違えずに済むようになってきました。

最初の頃は水で消えるペンで10目ごとに線を引いていたものです。
糸印をつけていたときもありました。

水で消せるペンで書いてもなにかのときに線が浮き出てしまうこともありますし、糸印、なんてこともめんどくさいです。
全部刺して線が見えなくなるなら線を引きますが、生地が見える部分がある場合は、いまは中心の十字も印付けません。

たったひとつ、図案の中心になる点だけ、消せるペンで書くことはあります。
その時は、ほとんどわからないように近い色のフリクションペンなど使ってます。

Alexandre225、図案は一色刺しの図案なんですが、葉と茎、お花に色を付けたくて、さて、どうしようかと。

いつもだったらPCでチャートにするところなんですが、PCの画面を見てると疲れるので、塗るだけで済ませようと。

黒に塗るので、不透明なペンがいいです。
しかも、考えながら色を決めるので、消せるペンがいいです。

去年買った消せるカラーサインぺン フリクションカラーズ はこういうときにはなかなかよいです。
12色あるので、かなり便利に使えます。

 

磁石を付けて、いつもはカレンダーの上にくっつけておきます。
色別に家族の予定をカレンダーに書き込んでます。
消せるカラーサインぺン フリクションカラーズ

今日はペン先が下向いてますけど、いつもはできるだけペンが水平になるようにくっつけています。
消せるカラーサインぺン フリクションカラーズ

図案を塗るときは、サインペンぽくて水っぽいというか、不透明ではない感じなんだけど、乾くと写真みたいになります。
だから、、黒の上でもわかりやすいし、間違えても消せるのがいいです。
消せるカラーサインぺン フリクションカラーズ

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

14:46  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020'10.25 (Sun)

チューリップさんのビーズ針(シャープ)#11(Short)

家を空けられない私にとって、ビーズなどをながめるのはそれだけで癒しになるようです。

大きめビーズだと、さほどワクワクしません。
ネックレスなどは肩が凝るし、指輪の石などは興味がなく、アクセサリーを作るビーズよりどうも刺しゅうのビーズが気になるのです。

一方、ビーズ刺しゅうに使う15/0のような小さいものにはなぜかとてもワクワクします。

去年の秋には、刺しゅう感謝祭というのがありましたね。
そのときすごく小さいビーズも買ったんですよね。

春になったらまたなんとか都合を付けて、手仕事のイベントにいけるかなと思っていたんですが、新型コロナウィルスの流行で多くのものが中止になりました。

例年、冬にも針仕事のイベントはあるものの、インフルエンザの流行時期と重なったりするので、行くことはもともとありませんでした。
だけど、季候がよくなっても、そういうのに参加できないのって、さすがにさびしいものです。

今年発売されるはずだった新商品は、ネットで確認するくらいです。

ところで、その刺しゅう感謝祭でチューリップさんに、翌春(つまり今年の春)発売の針を教えてもらいました。
お聞きしたところ、去年の10月はまだ、海外向けのパッケージしかなかったようでした。
これ↓
ビーズステッチ針

今年は日本向けのパッケージになって発売されてます。

チューリップクラフトカフェでは、私にとって必要な和裁用、洋裁用、刺しゅう用と、いろんな種類の針や、編みもの用品も一度に揃います。
 
ビーズ針・ビーズステッチ針

楽天で探したら1件だけヒット。
まだ、新商品だからでしょうか。
日本向けのパッケージ。 


このぐらい細いことで、丸小ビーズより小さいビーズでも糸が通ります。
ビーズステッチ針は先が丸いですけど、こちらは先がシャープで布への針の通りがいいです。

長さも長すぎないので扱いやすいです。
細かいビーズがお好きな方におすすめします。

針でするビーズ刺しゅう・スパングル刺しゅうの基礎も、載せておきました。
どうぞ参考になさってください。

実際に刺したビーズもビーズ刺しゅうらしくわりと細かめになっています。
いろんな種類のビーズ(六角とか3cutなども)使っています。
光り方の違いなどがあって、刺していて楽しかったです。

刺しゅうの基礎
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

セブンネットショッピングはじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎 

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

22:13  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'12.12 (Thu)

「刃物産地で作られた 日本製爪やすり 」は爪に優しい



気に入ってるので、刺しゅうの道具のカテゴリに入れてます。
おすすめのカテゴリでもよかったんですけど。

洋裁をやる人にとって、あるいは刺しゅうをやる人にとって、爪の先って、きれいになっててほしいもの。
すごく爪を長くしてる方に、それで、ビーズとかつまめるんですか?って聞いちゃったことありますけど、私は、料理・お菓子作りでも清潔でいられる程度に切っておく方。
あくまでも個人的な意見でいわせていただくと、パンなんかこねてる人の爪が長かったら、あんまり食べたくはないです。

爪の間だって、ただのブラシじゃなくて、毛先の細いので洗うし、パストリーゼは必需品で、清潔であること最優先。
だから、週1回パンを焼くのが金曜だったときは、木曜のお風呂の後に爪を切ると決めていました。

年齢が行くと、こづめというものも出てきたり、はがれたり、ちょっと長いと割れたり。
いろいろたいへんです。
義母が、こづめって知らないといってました。
胃腸だけでなく、皮膚も丈夫なんですね。
検索すると「爪甲縦裂症」という名称が、ヒットしました。

ところで、以前から使ってる爪切りはSUWADAのもので、もう12年くらいは使っています。


一般的な爪切りというもので切ると、断面がざらざらでやすりをかけないといけないですが、SUWADAはすぱっと切れてる感じで、やすりもいらないです。

ただ、すぱっと切れてるので、断面が平ら、角ばっているわけです。
一日もすれば、丸くなりますけど、切った直後は直角な部分が気になります。
これを丸くしたいと思っていました。

それで、この刃物産地で作られた日本製爪やすりというのものを使っているんです。

糸や絹を扱う方、爪が薄くなったり、はがれやすくなったと思う方におすすめしたいですね。
見ないでもほどほどに削れていくので、老眼だったり、目を酷使して疲れている方にもいいのではないでしょうか。

TVを見ながら動かしているだけでも、いいので、楽ですよ。
刃物産地で作られた日本製爪やすり 指抜き

指抜きと並べると区別がつかないくらい似てると思いませんか?
立派なケースに入ってます。
布ケースも付いてます。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

22:17  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'11.08 (Fri)

刺しゅう枠の選び方

インスタグラムの方で、いくつか質問をいただいております。
インスタに書き込むのって、私にとってパソコンのキーボードを打つのより、時間がかかります。

それに老眼が進んでますし、インスタの文字よく見えてません。
書いたことが残っていって後で読み返しやすいのでこちらに記事として書かせていただきます。

先日木枠に張る話を書きました。
刺しゅう枠というと、このブログでもさんざん書いたと思ってたんですが、検索しても引っかからないこともあるので、あらためて書いてみます。

つくりらでも書いてはいるので、そちらもご覧になってくださいね。

私はスタンド式の丸枠か、ただの四角い木の枠に画鋲、あるいはアポロンの木枠を使っています。
丸枠を手で持ってすることは少ないです。

その理由の一つが、手の痛みで、親指がイケナイ状態なので、長時間持っているのはちょっと無理です。
秋は季節の変わり目のせいか、特にイケナイ状態なので、しっかり持てないというか、持つと痛い、つかめていないからというのもあります。
そんなで、この2週間のうちに食器を3個割りました。

あと、肩こり予防。
持たないことで、肩こりを予防できます。
これは、フェアアイルを編むときも同じで、長時間持って編んでいるより、ニッティングベルトでベルトに重みがかかっていた方が方が凝らなくて良いです。

そんなですから、スクロールフレーム(記事はこちら)も含めて自立してくれてるものを選んで使っています。
卓上型スクロールフレーム(2)
(ご質問の一つ、この卓上タイプのスクロールフレーム、ノーブランドで、韓国製だったと思います。)

とはいえ、最初は丸枠が手軽ですぐ始められていいですね。
枠の跡が付くという問題ですが、刺しゅうをしていないときもはめておられるのではないでしょうか。
はめるのが面倒だからと付けっぱなしはよくないです。
刺しゅうしない時間ははずしておくだけで、ずいぶん違いますよ。
きれいにはめる方法は本にも書いておきました。
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

刺しゅう教室の生徒さんで最初にどの大きさがいいでしょう、と聞かれたら、ひとまず、15㎝をおすすめすることにしています。

私が習ったのが服飾手芸としての刺しゅうでしたので、10㎝では、服に仕上げていく刺しゅうとしては小さめですからね。
だからといって枠が大きいと、小さい面積のとき、使いにくいです。

そして、刺していってみるとわかるとおもうのですが、中指で布を押し上げるとうまくいくような場面が出てきます。
そのとき、15㎝なら枠を持っている手の中指が円の中心まで届きます。
そんなわけで、15㎝をおすすめしています。

小さいものも小物やワンポイント刺しゅうに、大きいものは大きい面積に楽に刺せるので、目的に応じて持っていると便利です。

さて、この枠、幅が広いものと細いものとあります。

幅が広いものは布をしっかり押さえることができます。
ある程度大きい丸枠が幅が広いと思います。
小さい径の枠で幅が広いと裏の始末で針が当たってやりにくくなります。

幅が狭いものは、裏で糸始末をするのに楽です。
布をしっかり挟むために、洋晒のような少しクッション性のある布をバイアスに切ったものを巻いておくと、作業してる間、刺しゅう布が安定して挟まっています。
洋晒をおすすめする理由は、布の厚みとすべりにくさ、白いことで摩擦で刺しゅう布に色移りすることがないためです。

すべり止めとして最初からゴムがはまっているものもあります。
ゴムの経年劣化はそれほどないようで、何年経ってもゴムは劣化せずに使えています。
金具もしっかりしていて、ねじの長さもしっかりあるのでいいですよ。

材質としては、軽いことで肩こり予防にもなりますので、小さいものでしたらプラスチックでもいいですが、できれば木製のほうがよろしいかとおもいます。
枠だけは軽く感じたとしても、布をはめて、長時間つかんでいると重く感じるものです。

フランスの本に付いてきた刺しゅう枠は竹製でしたが、日本製のヒノキのものに比べて重い気がしました。

ステッチショーで展示されたような、飾ってもすてきなクロバーさんのようなものもあるので、これも目的に応じて選ぶといいですね。
ステッチショーに展示していただいたものはこちらを使っています。

それから、金具は外に付いているよくあるタイプのねじ式のほかに、内側に付いているねじ式のものや、金属の板のようなもので反発する力で内側から枠を押さえるものもあります。

ねじ式の場合は、あまり短いねじがはまっているものには注意が必要です。
すこしばかり厚い布をはめたり、内枠にバイアステープなどを巻いて布をはめたとき、届くか届かないかぎりぎりになってしまうものもあります。

楕円や、角が丸い四角のものもあります。



で、近頃いちばん使うのはただの木枠です。
これは、仕事用の作品は写真を撮られるために丸枠の線など付いてほしくないからです。
とくに接着芯を張った場合は、残りやすくなるので、最初から角枠を使っています。

文化刺しゅう枠を使うという手もありますが、手に入りやすい画材用です。

どうやって使うかと聞かれたのですが、椅子の肘掛けとテーブルと渡して載せるようにして使ったりしています。
座ってばかりだといけないので、適当な家具のところとおなかで支えて、なんてこともありますよ。

おなじ四角のフレームでもプラスチックのは苦手なので使いません。

クロステッチかフリーステッチかでも選び方など変わりますし、飾っておきたいとかもあるでしょうから、よく考えて合ったものがよいと思います。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

09:53  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'10.25 (Fri)

チューリップさんの針を追加購入

先日のキルト&ステッチショーではチューリップさんのブースでお買い物させていただきました。

仕事として使っていても、かなり長持ちするよい針ですから、さらに、なんて、買わなくてもいいようなものです。

が、そこは、ガンガン使ってますし、気持ちよく使える道具は、ストックがないと不安になるので、余分かもしれないけど買っておく必要があります。
一般的なものは、近所の手芸屋さんでも買えないことはないですけどね、仕事に使っている針は、置いてないものもあります。

ステッチショーでは、フランス刺しゅう針12番やクロスステッチ針25番、シェニール針(リボン刺しゅう針)アソートなどが手に入りましたが、これらはネットでもあまり見かけなかったりします。

ステッチショーやホビーショーに行かれないわ、という方にはメーカーのネットショップがおすすめです。

TULIP CRAFT CAFE では、やっぱり、メーカーだけあって、なかなか手に入らない種類もちゃんと買えます。


フランス刺しゅう針の一般的なサイズなら扱っているところも多いです。
はじめての方はこちらの8種類入ったものが私としてはおすすめです。

やっぱり、太さはこのくらいの種類があったほうが、あとあと、いいと思うんですね。
各1本というのもあるようです。各2本4種で、太番手と細番手と分かれているものを買ってます。
各1本各2本

できれば、ホビーショーやステッチショーに行ったときに、買うと、便利です。
かならず、針の見本が置いてありますので、さわって確認して買うことができます。

バリオンステッチ針なども置いてないショップも多いです。
バリオンノットだけでなく、キャストオン・ステッチにも使いやすいので、1本あれば便利です。


チューリップさんのシリーズって、かわいいパッケージじゃないですか!
台風対策の養生テープを貼っている間、あとでパッケージの写真を撮りたくて、ちょっとだからいいだろうとリビングに置いておいたら、義母がおいしそうなお菓子だと思って手にとったそうです。

やっぱり針というものは、使う人以外の手に届かないところ、特に我が家などは視界に入らないところに置いておかなくてはいけませんね。

写真の左の4箱は金ピカな文字で高級研磨仕上げって書いてあります。
12番の針だと4本入りで1本220円てことになります。
Tulip チューリップ needle 針 刺しゅう 刺繍針
今年は針を拭くクロスをおまけにいただきました。
いままでは100円ショップのメガネ拭きで拭いてたんですが、同じようなミクロの繊維のクロスだそうです。
ほほ~、私もまんざらでたらめなことしてたわけじゃないんだと思いました。

この前のバシラーのブック缶の針刺しでも書いたように、一度使った針は、やっぱり、手の汚れなどが付きます。
全く新しい針の入れ物に戻すのは気が引けます。

それって、たとえば袋に入ってる食パンを1枚取り出して、食べなかったから同じ袋に戻すということはしないのと同じように思います。
外の空気にたっぷり触れたものは、何かしら付いているじゃないですか。

手をつけてないパンはそのまま、取りだしてしまった方は新しいポリ袋に入れて先に使い切る、みたいな。
そんなわけで、針は拭いて、ニードルブックに行き、手をつけなかった針は、パッケージのまましまう・・・

わたしは気にするタイプなんで、そんな感じです。


リトルスティッチさんでは、チューリップの針がいつも置いてあるというわけではありませんけど、取り寄せをお願いすることができるので、お近くの方は、オーナーにご相談するといいですよ。


ところで、アトリエFilさんもチューリップの針を使われてますから、この前のステッチショーでも、デモンストレーションされてました。
あの日は思いがけなくお会いできたのでとてもうれしかったです。


紀伊國屋書店→立体刺?がきらめく、花々の小物とアクセサリー

楽天ブックス→花々と小物であやなす立体刺? [ アトリエFil ]

日本文芸社 2019年9月19日:発売
アトリエFil:著
日本語

同じ日本文芸社の本で、こちらも引き続きよろしくおねがいします。

 『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

21:29  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'10.08 (Tue)

バシラーティーのブック缶を使ったニードルブック:フェルトの縫い方

刺しゅうの針をニードルブックと呼ばれるものに入れてる方は多いと思います。そういうものが売っているというわけではなく、カルトナージュなどで紙の土台に表に刺しゅうした布を貼ったもの、針を刺す部分はフェルトなどで作ってある写真をよく見かけます。私は心配性で、針、とか、はさみ、とか、目打ちもそうですし、尖っているものに対して、付属してなればそれぞれに本革など丈夫なものでカバーやケースを作ります。針もなんと...
バシラーティー ミニチュアラブストーリーの缶がニードルブック


もしかしたら、ニードルブックを作るより、この缶を買った方が安全で安心で簡単ではないか?と、ソニープラザの売り場の前で考え込んだのが始まりです。
バシラーティー ミニチュアラブストーリー 缶 ニードルブック basilur tea book
basilur tea book volume 1~3


3種類買っても紅茶は30g。
缶を買うようなものなのかなと、乗り気でなく、1つだけ買いました。
でも、どれもかわいい缶。

フェルトをどう縫うか、作り方、ってほどではないけど、アップしたいと思います。

こんなにたくさんのページが必要なのは、洋裁の針、和裁の針、フランス刺しゅう針、クロスステッチ針、キルト針、アップリケ針、各種待ち針を入れたかったからです。
日本刺繍の針、レザークラフトの針、ミシン針などはまた別の針刺しや桐箱などでの保存です。

材料は40㎝角のフェルト。
20㎝角だったら2~3枚。(つまみ部分をどうするかで決まります)
日本は湿気が多いので、ウール100%のフェルトで作ることを私としてはおすすめしています。

裁断です。
ニードルブック 作り方 縫い方 フェルト needlebook

切らないでおくという選択もあります。
じゃばらにするにはまた、縫い合わせるのが面倒でしたら、そのように。

一応ブックっぽく、横から見て紙が重なるように。
そして、ただの山折りと裁ち端の重なりというのも何かな~と思いまして、こんな裁断になりました。



ミシンのステッチは1センチ間隔で。
熱で消えるフリクションペンなどで端にだけ印を付けてから、ステッチ定規を使って、1㎝の等間隔に。
地縫いというより、ステッチを目立たせるのと、毛糸針を通すために目は粗くしています。
ニードルブック 作り方 縫い方 フェルト needlebook

あとは、こんな感じに縫い合わせますが、風合いをそこなわない布用のボンドで貼ってもいいですね。
バシラーティー ミニチュアラブストーリー 缶 ニードルブック basilur tea book
10㎝角のフェルトを一番上に留め付けて折り返すと、取り出すときのつまみになります。
バシラーティー ミニチュアラブストーリー 缶 ニードルブック basilur tea book


刺しゅうに使う針についてはこちらの本にも表を作って載せてあります。
一つ一つ説明されるより、表になっている方がわかりやすいかなと思って書いてみました。
ココにあるように分けておくといいですね。

 『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

バシラーティー ミニチュアラブストーリー 缶 ニードルブックbasilur tea book

つくりらでも書きましたように、黄色をバックにして針の穴を見ると見やすくなる()ので、黄色っぽく、缶に合うレモン色にしてありますが、どうぞお好きな色でお作りください。

Vol.2はラベンダーのような色もきっとすてきですよね。
Vol.3だったら、オフホワイトかな~

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

12:29  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'10.07 (Mon)

台付き刺しゅう枠のサイズ

スタンド式 刺しゅう枠 シッティングフレーム
以前書いたこのフレームですが、バナナスタンドの上だけと丸棒と木の板を、電動ドリルを使って穴を開けたりして作ったものでした。
ほんとは、こういう↓格好のいいのを使いたいものです。


いまは、いろんなのが売られてて、どんなのを選んだらいいか、刺しゅう枠のサイズはどうか、というのがあるとおもいます。

ひとまず、台の方は、
①刺しゅう枠がとりはずしできるもの
②刺しゅう枠は取り外しできないもの
があると思います。

とりはずしできると、刺しゅう枠、好きな大きさに交換できます。
布や図案のサイズに合わせられますね。

取り外しできない方は、だいたい取り付けのしっかりした棒が内側の枠に固定されていて、しかも刺しゅう枠の幅が結構幅広なんじゃないでしょうか。
こうなると、小さい枠のを選んでしまうと、端の方は刺しにくかったり、裏の始末で枠に針が当たって邪魔になることでしょう。
そういう場合は大きめの方がよく、布が小さい場合は、布を足して枠にはめるのが大事です。

以前そんな記事を書いたはずですが、私なんかはもったいながりなので、ぎりぎり必要なぐらいにして、縫い代1㎝くらいを粗ミシンで縫い足してます。
10cm幅くらいの白い生地を用意してあります。
それで、写真は小さいのを付けているときですが、どちらかというと大きめの枠を使うことが多いかもしれません。

小さいものしかやらないとおっしゃる方は小さくて結構で、こればかりはどんなものを丸い刺しゅう枠で作るかにもよりますね。
大きいものなら、スクロールフレームとか、木枠に張って刺す方が、私は楽です。

それから、スタンド式のものと、テーブルに固定するものがあり、挟めないくらい厚いテーブルだったら、自立するものがよいと思います。


インスタでご質問いただいたのに、お返事、長くは文章が書けないので、こちらで補足しました。
どうぞよろしくお願いします。


テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

17:49  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'09.30 (Mon)

バシラーティー ミニチュアラブストーリーの缶がニードルブック

刺しゅうの針をニードルブックと呼ばれるものに入れてる方は多いと思います。
そういうものが売っているというわけではなく、カルトナージュなどで紙の土台に表に刺しゅうした布を貼ったもの、針を刺す部分はフェルトなどで作ってある写真をよく見かけます。

私は心配性で、針、とか、はさみ、とか、目打ちもそうですし、尖っているものに対して、付属してなればそれぞれに本革など丈夫なものでカバーやケースを作ります。

針もなんとなく、フェルトに刺して挟んだだけでは何かの拍子に落ちてしまうのが心配で、缶やケース、箱に入れて、絶対無くさない対策をしないと気になってしまいます。

いろんなメーカーがあるので、パッケージは捨てずに別に取ってあるものもあります。
使うものはパッケージから出して、ウールの針刺しに。

ウールの針刺しは蓋のできるビンや缶に入れて、新品の針とそのパッケージは桐箱に入れて保管。
一度使って商品のパッケージに戻さないもの、でも針刺しに入れておく必要がないものをニードルブックに刺しています。


刺しゅうでも、1本どりやビーズの刺しゅうなどでは刺しゅう針ではなく、縫い針やキルト針も使いますから、ニードルブックには垣根を越えて、この各分野の針を揃えています。

ニードルブックにはメリケン針、和裁用の針、フランス刺しゅう針、クロスステッチ針、毛糸針、などが常備されている感じです。

結構どれも頻繁に使うので、こんなふうにみんないっしょ。
バシラーティー ミニチュアラブストーリー 缶 ニードルブック basilur tea book

フェルトは今回はちょっと混紡ではありますが、ほぼウール。
ときどき書いていますが、表面が綿やリネンの場合、日本の湿気の多い気候では当たっている部分だけ錆びることがあるからです。

理想はウール100%。
何かのついでの時に黄色を買っておこうと思っています。

針の長さを合わせて刺しておきたいので、ミシンで目安の線を縫ってあります。
太さがわからなくても長さを比較してみれば、だいたいわかります。

長さを測って、メーカーの表を見てもわかりますけどね。

同じガラスの頭の待ち針でも長いものはキルト用、洋裁用は短いです。(詳しくはつくりらで書いています
さらにアップリケ用は短く、シルク用の待ち針は細いです。

細さは見てもわかりませんけど、つまんでみるとわかります。

和針とメリケン針は針の先の形状が違うので、区別がつきます。
どうしてもわからない場合は、塩瀬などの目の詰んだ絹に刺してみるとわかりますよ。
和針なら縫えますが、メリケン針はいちどにスッとは入っていきません。

和針はいろんな種類があるので、わからなくなったら長さで確認してます。

フランス刺しゅう針はメーカーごとにちょっとずつ違うので、針刺しにはセットで刺しておいて、それ以外をニードルブックに刺しています。
バシラーティー ミニチュアラブストーリー 缶 ニードルブック basilur tea book

刺しゅうに使う針についてはこちらの本にも表を作って載せました。
一つ一つ説明されるより、表になっている方がわかりやすいかなと思って書いてみました。

刺しゅうの基礎本なら 『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』お勧めします。
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]


クロスステッチ針は、「みすや針」か「チューリップ」のどちらかが普段出ているので、区別は付けやすいです。

そんなわけで、この缶に入っているもの、桐の箱に入っているもの、お裁縫箱などに入ってるものとに分かれています。

basilur tea book volume 1~3

バシラーティー ミニチュアラブストーリー 缶 ニードルブックbasilur tea book

ニードルブックに使ったフェルトの色はレモン色です。
ほんとは黄色にしようとしたのだけど、強すぎて、レモン色にしました。
バシラーティー ミニチュアラブストーリー 缶 ニードルブック basilur tea book
つくりらでも書きましたように、黄色をバックにして針の穴を見ると見やすくなるからです。

それから、先の丸い針で太いものはフェルトには刺しにくいです。
そこで、ミシン目を利用して針を止めておくと楽です。
そんなところも工夫の一つです。

ちなみにこのカラーバリエーションのミシン糸は学生の時手芸屋さんで買ったものです。
ポリエステル糸って、何年持つのか知りませんが、さすがにもう使い切ってあげないとと思って使いました。

缶利用、ウールのレモン色のフェルト、ミシンの罫線、刺しやすさ、土台のフェルトの取り出しやすさ、といろいろ考えて作ったニードルブックです。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

15:16  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019'08.26 (Mon)

ハズキルーペ 3代目

ハズキルーペ、取り寄せしてもらってたのを受け取って来ました。
一つ目が黒だったので2つ目は赤でした。
それで周りの人がわりと赤を持ってらしたものですから、また違う色がいいなと思ったので、近所の眼鏡屋さんでブラウンを取り寄せてもらいました。


(ん~、このお値段の違いは何でしょう?)

鼻パッドの交換はたぶん起きそうだし、それはネットでもできそうだけど、近所の眼鏡屋さんならすぐ交換してもらえるというので買うことにしました。
ブラウンね!

前のは赤。
鼻パッドがゆるゆるになってはずれちゃって、前にも2度交換したのだけど、3年の保証期間も過ぎてたので、鼻パッドの交換は問い合わせるしかないなと思いました。

でも、ネットでサイズがよさげなノーズパッドというのを見つけて試してみたくなりました。
こんな↓感じのものでぴったりはまって、使えました。



ちょっと鼻に当たった感じは違いますが、使えます。
ノーズパッド 鼻パッド 

こんなことを言ってはどうかと思いますけど、意外でした。

安いので、どのくらいもつかはわかりません。
でも、ひとまず使えてます。
洗いましたけど、プラスチック臭がまだ抜けません。

1代目(フレーム黒)のは製造中止でサポートは終わっていて直しようがありません。
フレームが折れ、鼻の部分も何度くっつけてもとれます。
レンズは全然問題ないんですけどね。
もう使えません。
でもあきらめずに、何とか使いたいとフレームはまたボンドでくっつけました。

2代目も3代目もレンズは同じものです。
どちらも1.6倍です。
ブラウンは刺しゅうの時に、赤はミシンのところに常に置いて使っています。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

18:42  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.24 (Wed)

こんな針があったらいいなってありますか?

「こんな針があったらいいなっていうのありますか?」
needle 手縫い 針 糸Dejan Dodic

メーカーさんからではないんですが、こちらのブログにご質問いただきました。
ブログに質問をいただくのはいいんですが、一部、その後、梨のつぶての方がいらっしゃいます。
できれば、投げかけただけでなく、コメントいただけるとうれしいです。

で、その質問では、洋裁の針のことか、刺しゅうの針ことか、特に言及はされてませんでした。

どちらにしても、いまは、特に困ってないです。

過去にバリオンステッチ用の針などあるといいなと思っていたのが、チューリップさんが開発されて出回るようになりまして、足りているという感じです。

あと、先の丸い細い針もほしいと思っていたのですが、これもチューリップさんがかなり細いのまで作ってくださって、手に入るようになりました。


強いていえば、和裁というほどではないのですが、正絹の駒絽の生地に針が通らなくて、うまく「くけ縫い」ができないのが困っています。
目が細かく撚りもしっかりしているせいなんでしょうか、細いのは折れちゃいます。
でも、和裁士の方は縫われているわけですから、単に私の腕が悪いのでしょう。



あと、針の邪道な使い方はありますか?という質問なんですが、前後の文章からして裏技的ななにかよい使い方は?ということでしょうか。

邪道な使い方というと、本来の目的と違う、よくない使い方のこと、裏技的な使い方といえば、本来の目的とは違うけどいい使い方、ということになるとおもいます。

しばらく考えましたが、やっぱり思い浮かびませんでした。

もし、どなたか、なにかありましたら、コメント欄にお願いします。


ご質問された方には申し訳ないのですが、株式会社チューリップさんのおかげで、困ることなくやっていますという答えで、よろしいでしょうか。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

09:30  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.15 (Mon)

クロスステッチをほどくときの道具・着物をほどくときの道具

「つくりら」で、ほどくときのことについて書きました。

まあ、解いてしまうということは、ある意味、どんなやり方だっていいんで、余計なお世話といわれるでしょうか。
でも、効率よく、とか、生地を傷めないようにとかあると思うんですね。

それに私のように手を傷めていて治らないけどやらなきゃという場合など、普通ににぎりばさみで長時間、ちょんちょんと切っていたら、症状は悪化する一方です。
なんとか、楽して、ほどく、道具選びも大事。

そんなで、いろいろ試したわけです。
ミシンの場合と、手縫いの場合、フリーステッチの場合、クロスステッチの場合、絹糸の場合と木綿糸の場合、ポリエステル糸の場合、など、それぞれ道具や使い方が変わってきますね。


近頃やっていた刺しゅう作品はクロスステッチで、×の中に入ってしまう、薄くて細くて先が尖っているはさみがやっぱりいちばん使いやすいと思いました。
とても切れ味がいいので、ステッチの目に刃を差し込むとさくさく切れます。
ゲーゾル左モノポール中ツヴィリング右ゲーゾル

以前、クロスステッチにおすすめのはさみについて書きました。

一つのものを使い続けているわけではありませんけど、それぞれ10年近く、あるいは10年以上仕事としての刺しゅうで使って、まだよく切れますよ。

ツヴィリング キューティクルシザー  この型番の商品はいまは製造中止のようですね。
今、同じ会社の同じ商品名を探すと違う形のが見つかります。

ゲーゾル GOSOL(独)キューティクルシザー(甘皮ハサミ) 先反、極尖 



外国製で名の通った産地のもので別のメーカーのも買って使ってみましたが、刃が薄すぎるのか、つくりが華奢なのか、いつの間にか切れなくなっていました。
反り刃で、先尖の小さいはさみでは、紙が切れるわけでもないので、使い道がなくなってしまいます。

以前にもいくつか紹介していますが、すぐに切れなくなっちゃったものなどもあり、しっかり使えているのは、お値段もそれなりのものです。




さて、着物をほどく場合は、手縫いですから、
古い糸、表面に出ていて擦れて細くなっている縫い糸で、布が丈夫な場合は、引っぱるだけでほろほろととれてしまうものもあります。

いま、また、リメイクでもと思って、袷の着物をほどいています。
ほどくと、どう縫われているかわかって、勉強になります。
だからといって縫えるようになるわけではありませんが、ほどいてみると、いい仕立て、いい縫い目などわかるようになってきますね。

ここで使う道具は、やっぱり黒羽先生のオリジナルリッパー。
着物をほどくのには、なかなかいいです。
洋裁用のリッパーとは形が違うので、楽です。
黒羽先生のオリジナルリッパーに革の持ち手

着物のしつけをとるのに握りばさみ(小ばさみ)では生地を傷つけるので、手でとりましょうと書かれているのを読んだことがありますが、しつけのようなものを取るとき小ばさみで傷めることあるのかなあとおもいました。
着物をほどくにしても、小ばさみだったら、べつに危なくはないように思います。

どんな道具でも危ないのは、袖付けの止まりの部分や身八ツ口などしっかりつけてある部分ではないでしょうか。
無理をすると穴が開いてしまいますよ、きっと。
ここは丁寧に、裏でしっかり止めてある糸を小ばさみで切った方がいいと思います。

このリッパーだと、もしかして、先がちょっと当たっただけでも切れちゃうので、ちょっと注意が必要ですが、慣れれば、かなり早いです。
そんなで、ほとんどをこのリッパーで、他はにぎりばさみでほどいています。


テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

11:20  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'06.05 (Wed)

近頃は立って刺しゅうしてます

澄み切った青空、乾いた涼しい風・・・。
こんな天気が1年中だったら気持ちよく暮らせるのに、って思うような時期に、風邪を引きました。

疲れやストレスがたまっているのか、少し前から口内炎やものもらいが繰り返していて、これは何か起きるなと。
免疫力が下がっているとは感じていたのですが、5月なのにやたらと暑くて、体が慣れてなかったりして、やっぱりという感じで引いてしまいました。

しばらくぶりの38.5℃。
総合感冒薬にはのどの痛み、発熱、悪寒、頭痛、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、たん、関節の痛み、筋肉の痛み、なんて書いてあるじゃないですか。
その全部ですよ。
ときには、喉が痛いだけで終わっちゃったという風邪もあるけど、今回は全部ね。

せきなんかは咳止めの薬を飲んだけどあまり効かず・・・。
1時間半くらい止まらないものだから、翌日は腹筋の筋肉痛でした。
咳をしながら、もしかしてシックスパッドってこんな感じ?で腹筋が無理矢理動かされ続けるのかしらなんて思ったりしてました。

風邪で病院はまず行きません。
すぐそこの病院でも、一人で行かれるくらいならまだ大丈夫だってこと。
ほんとにつらいと、歩いても行けないわけで。

で、いったん、4日目くらいに回復するように思うのですが、できれば、ここで、無理をせず、養生しているとあとはまあ治ってしまうのが常。
ここで無理をすると、こじらせるというほどではないけど、長引く感じ。

で、咳なんかつらくなるから、じゃあ、やっぱりお医者さんに行こうか、と行ってみたら、なんで治りかけの今頃来るんですかと言われたことがあります。
それからはよほどでない限り、風邪では行かないことにしています。

今回はやっぱりちょっとよくなったからって無理をしたら、長引きました。
案の定というか、覚悟の上というか。

摂取する栄養は足りていたと思うんですけど、みなさまも睡眠不足とストレスにはどうぞお気をつけくださいね。

6月になったら、もう、湿度が高くてムシムシする感じ。
5月の一番いい時季を無駄にしてしまいました。
ああ、もったいない。

長くなりましたが、そんなで、ブログもお休みでした。


それでも熱さえなければ、ひとまず仕事の方、進めねばなりません。
ぼちぼちと進めておりました。

いまは小さいものをステッチしているので、小さい枠に付け替えています。
枠に巻いてあるのは、洋晒(手ぬぐいの生地の幅の広いものと思ってください)をバイアスに切って巻いています。
決して刺しゅう布に色が移ったりすることのないよう、汚れたらすぐわかるように白にしています。

反対に使うこともあるので内枠にも外枠にも巻いています。(記事はこちら
スタンド式 刺しゅう枠 シッティングフレームスタンド式 刺しゅう枠 シッティングフレーム



ブログによるとスタンドの枠を最初に作ったのは12年以上前で、このくねっとした首のも10年は経っているようすね。

私の周りには針仕事のことに興味を持って質問とかしてくれる人があまりいない…ほとんどいない…ん~、まったくいない…のでどなたか知りたい方のお役に少しでも立てればと願ってせっせとブログに書いています。でも、近頃はほんとに読んでいただけてるのか、これから何を書いていこうか、続けていて意味があるのか…と、ちょっと考えてます…。それでも、以前、「コメント書くことできないけど、読んでます、役に立ってます」ってお名...
シッティングフレーム3台め



シッティングフレームと書いてはみたものの、軸を真ん中に据えてしまったので、パンツスタイルでしか使えませんでした。
本(こちらの本)の中のもののように端に据え付ければ、太ももの下で押さえるから、まさにLe tambour sous cuisse、スカートでも着物でも使えます。

そこで、テーブル置きも、太ももの下で押さえても使える高さのを作りました。(記事はこちら

この記事のときからさらにジョイント部分を増やして、どんな角度でも刺しやすいように改良しました。
(でも、増やした分、ゆがみが出てしまったので、改良とは言えないところもあります。)

で、名前はシッティングフレームでしたが、今は私自身が立った状態で刺しています。

座りっぱなしはよくないから立って刺しゅうをされていると青木和子先生から教えていただいて、私も先生のようなテーブルの高さの上下する机が欲しかったけど・・・。

無理そうなので、厚手の洋書と大量に買ってある冊子状のプロジェクトペーパーを積み重ねて高さを調節。
フレーム台の高さは本さえ替えれば、㎜単位で調節できますから。
スタンド式 刺しゅう枠 シッティングフレーム

洋書も出しておくと見ますし、奥にしまっておくよりいいです。
あまりお金のかからないテーブルですよ。
大きなスクロールフレームの時はさらに本を並べればいいでしょうか。

たぶん、上下するテーブルってこういう机のことだと思うんです。
 

いつかほしいなとは思うけど、いまはこのお値段だとちょっと私には・・・。
だったら、私はやっぱりその分で本を買って、安物テーブルの上に積み重ねちゃいます。


こちらの本↓では、さすがにDIYで道具を作ろう、とまでは書けませんでしたが、専用の道具にこだわらなくても柔軟に考えて工夫しようというのも載せてあります。
参考にしていただけたらうれしいですね。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

11:02  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019'05.24 (Fri)

DMC自作色見本帳対応カラーチップ 追加

クロスステッチに限らず、フリーステッチでも使うので、カテゴリは刺しゅう道具に入れました。DMCの刺しゅう糸で作る色見本のチップです。このブログ内に写真があるはずなのですが、昔過ぎていまのところ探し出せてませんので、インスタをご覧ください。★昔は透明ケースに立てて入れてたのですが、倒れて困るので、無印良品の浅い引き出しに並べています。3段で500色近くがすべて収まります。自分でデザインするときにはこちらをリ...
DMC自作色見本帳対応カラーチップ



当時の色見本帳に対応したカラーチップ、だったはずですが、35色の新しい色が入ったため、追加しました。
35色を加えるとちょうど500色になります。

色見本帳対応カラーチップ 新色 35色 厚紙

色チップはデザインを考えるときに使います。
糸を一束ずつ並べて見てもいいんですが、お店じゃないので、500色が、売られている状態でストックされてるわけではありません。

ほとんどは切って三つ編みにしてありますし、売られている状態のものは必要な数しか買ってありません。
ですから、一束8mの12分の1、66㎝ほどを厚紙に巻き付けてチップを作っているのです。

それに500束持っていたとしても、さわったり、しまったりしていると、糸も摩擦で毛羽立ったりしますし、気づかないような手の汚れも付きますから、それは作品づくりでなく、あくまでも色選び専用の束にするとおもいます。


今日は新色の35色を作って追加しただけです。

500色全部を並べ直して分けるのは、次の仕事が続いているので、ちょっと後回しです。
それより、糸の色見本帳が早くできないと、何かと不便で、ちょっとずつですが、進めています。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

21:38  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'05.10 (Fri)

木枠に画鋲(2)

の続きです。

以前は桐材の木枠によくある金属の画鋲を、革を当てた状態で留め付けて使っていました。
このやり方は、革をフェルトに換えて「刺しゅうの基礎」の原稿に書いたのですが、掲載はされなかったやり方です。

丸枠でなく四角い木の枠も便利だよというのをどこかで紹介したいとは思っていました。
ちょうどつくりらで、枠の話などが書けたのでよかったです。

このときに、木枠だけは撮りました。
どうやって使うか、までは話が膨らみすぎということで、せっかく、銀色の画鋲も用意したのですが、使わずじまい。
にぶい金色の画鋲より、銀色の方がいいかなと文具売り場で見つけて買っておいたものです。

画鋲の他には「丸い頭の鋲」も引っかからなくていいですよ。
脚は長すぎるのはちょっと困るので、こちらを使ってました。


この鋲は仕上げ馬の張り替え(記事はこちら)にも使えます。

そして、いまは普通の画鋲は革にくるんで使っています。

木枠 画鋲
木枠 画鋲

この革は、はぎれとして買ったもので、端でいびつだったり、穴があいていたりする、ほんとに無駄になっちゃうようなところを使っています。
ちょうどこんな感じの↓革が残っていたので使いました。


これで、革のざらざらした面がリネンとの間でクッション&すべり止めにもなります。
画鋲の面の部分がカバーされることでテーブルに当たっても平気で傷防止になりますし、ちょうどいい、すべり止めにもなります。

先日も書きましたが、あくまでの好みの問題なのですけど、プラスチックの枠で刺しゅうするより、木と革とでなんとなくしっくりきてます。

右手で上から左手で下から針を刺すので、ほとんどの場合に枠を使っています。
だから、画鋲でさえもそのままでなく使いやすくしてから使ってますよ。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

20:19  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'05.07 (Tue)

木枠に画鋲(1)

Les samplers d'Anna Fieldsから作りかけですが

の続きのお話です。

このサンプラー、以前はスクロールフレームに入れてやってました。
何年ぶりかの再開、木枠に画鋲でもいいなとおもいまして、変えました。

枠を使う理由もそれぞれですし、丸枠を使う理由、角枠を使う理由、スクロールフレームを使う理由もそれぞれ。
また、それらを使わない理由もそれぞれあります。

ご存じのように丸枠ですと、小さいものには向きますが、いろいろと都合のよくないこともあります。
①掲載作品など布に枠のあとを少しもつけたくないなあとか
②長期にわたってステッチするとか、
③フリーステッチなどで先に裏に接着芯を貼るときとか、
④リボン刺しゅうやビーズのように図案が大きい場合には枠がはめられなくなるとか・・・

①は本に掲載する作品では、とにかく跡が付かないように注意してます。
②は、丸枠は刺してないときは跡が付くのではずしておくほうがいいわけですから、大きい作品だとちょっと面倒だったりするわけです。

だからといって、キルト用のプラスチックのフレームは重かったり冷たく感じるので苦手です。
お好みの方もいらっしゃるわけですから、これは好みの問題ですが。

桐材で、大きくても軽くて、ひんやりしない、また、熱がこもらない天然素材のが好みです。

どうして、プラスチックが苦手なのかと思ったら、答えは着物にありました。

絹に対して化学繊維のものを纏うことを指した言葉だと思ったのですが、体に毒なものを着るという表現を聞いたとき、ああ、そういうことなのかと思いました。
持つだけだから、体を冷やすというようなことはないし、自然のものがすぐれていてそうじゃないものは頭から否定する、などといったこともないけど、やっぱり、自分にとってしっくりくるかそうでないかというのはあるのかもしれません。


既製の枠ということで、目的の図案にぴったりでなかったり、枠自体があまり大きいとステッチするときやりにくくて困ります。
画材としての木枠はしっかりしているので木の幅も広めです。
布を足したり調節して、ちょうどよく張れる時に使います。


細い幅の木の枠でしたら、昔、手芸屋さんというとよく飾ってあった「文化刺繍」に使う木枠がよいとおもいます。
縁が狭いです。


比較的どんなサイズにも対応できるということでは、やはりスクロールフレームが便利かもしれませんね。

長くなりそうなので、続きはまたにします。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

18:00  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'04.19 (Fri)

抜きキャンバスの話

抜きキャンバスについてご質問をいただきました。

「もったいない」が口癖の私も再利用は、考えたことがありませんでした。
せいぜい、余白を大きくしすぎないで、無駄なく使うことをめざすくらいです。
たしかになにかにつかえたらいいかもしれませんね。

さて、その抜きキャンバス。

最初に使ったときは、あまり考えずに少し大きなデザインを始めてしまい、さらに紺色でちょっと見やすくはなかったのですね。
全くといっていいほどよい出来ではありませんでした。
鹿の親子
記事はこちら
Chart :Point de croix No.48
Thread:DMC

「刺しゅうの基礎」では、真っ黒な麻に抜きキャンバスでクロスステッチをしなくてはいけませんでした。
目が悪いので、真っ黒な生地は絶対にいやだったし、別の本の時はデザインだけはして、別の方を探していただいて刺すのをお願いしたほどでした。
それくらいいやで、いやだとも言ったんですが、結局はやりました。

そして、刺す時間もありませんでした。

時間がなくてもきれいに刺すのがプロ。
その点、私はプロではありません。

毎日睡眠時間5時間で1日も休まず1ヶ月半、お風呂、ごはんの時間まで削って制作。
常に睡眠不足で疲れた状態のまま、私などがあわてて作っても、いい作品になるはずがありません。

できあがってみて特に気に入らなかったのが抜きキャンバスのところです。
期限までに提出はしたものの、自分でも許せない出来だったので、別の撮影の日までにもう一枚作り直して持っていって、撮り直してもらいました。

動かないようにしっかり止めるなどしないとずれやすいですね。

それから、抜きキャンバスの糸を抜くときは、毛抜き・糸抜きを使うと楽です。
指先に力を入れて引き抜くのには、織り糸が短いときなどとてもやりにくいものです。

洋裁で切りじつけを抜くのに使いますが、魚の骨抜きでもいいですし、お料理用の銀の爪も便利です。
ピンセットはその形状からしてやさしくつまむものであって、抜きキャンバスの織り糸を引き抜くのには向いていません。


抜きキャンバスと同じような役割をする商品はいろいろ出ています。
シールタイプだとずれないですし、針を刺す穴が小さいとめざすところにさせるのでゆがみが少ないですね。

水で溶かすものは水に耐えられる生地や糸も色落ちするような糸だと水でシートを溶かすときに困るので、素材や用途に合わせて選ぶのがいいです。
個人的には、ソルブルキャンバスが使いやすいように思っていて、高いので節約しながら使っています。


普通の布に刺すので、先の尖ったフランス刺しゅう針を使います。

過去の出版物で、抜きキャンバスについて2冊に書いてプロセス撮影もしています。

2014年のこちらの本 クロスステッチ図案帖  記事はこちら 

2017年のこちらの本でも説明しています。
『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]


テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

09:08  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'04.13 (Sat)

刺しゅうで肩が凝る、というご質問

ご質問いただきました。

肩こり対策についてです。
じつは今日も首が凝っていて、これは刺しゅうのせいではなく、重い荷物を持って歩いたからだと思うんです。
ちょっとは体操というか、ほぐして治りました。

締め切りが迫っているときなど、休んでもいられませんから、肩も首もこります。
そして凝っていてもステッチしないと間に合いません。
そこが、仕事としての刺しゅうでして、そうまですることはないと思いながらも、締め切り前はがんばってしまいます。
仕事でないなら、休むのが賢明です。


ですから、予防と、回復させること、両方大事ですね。

まず、凝ってしまったら、体もそして、目も休めることですね。

あとは、体操というか、凝りをほぐすことで、目からきていることも多いので、目のツボ押しや遠くを見ることもいいかとおもいます。
これは以前にも書いています。記事はこちら

近頃ではガッテンでやっていたこちらが効くような気がします。
今日はほんとに首の内側が凝っているのがわかったんです。
この運動でだいぶよくなりました。


さて、予防です。

まず、目からくることが多いように思いますから、無理に近くにピントを合わせて苦しむことのないように、合った眼鏡を掛けることでしょうか。

知人が言うには、老眼鏡もきちんと調整したもの、100円ショップのなどはほんのちょっと見るためのもので、長い時間使うのは眼鏡屋さんで作ってもらったもの、とのこと。
これは納得の話で、私など、右と左が全然違うので、困るのです。

ハズキルーペをよく使っています。
これは、合う人、合わない人がいますが、私は合っているみたい。
ただし、ちょこちょこ休んではずすようにはしています。

のぞき込むレンズより、好きな体勢で刺せるので、スタンドの枠を使う場合はメガネかかけるタイプのレンズです。

目という点では、クロスステッチの場合、チャートは拡大コピーして使うのも、よいとおもいます。

近頃は若い方でもスマホ老眼と言われるものになっているそうです。
近くを見続けるからのようですよ。
細かいものをずっと、は、いけないですね。



それから、姿勢。
手に持つ枠は、丸枠でもフレームでも軽いものを選びます。
小さいならいいのですが、プラスチックのものは重いですから、大きい布だったりするとなおさらです。

持ったときに軽くても、長時間持ち続けるのとは別物なので、枠を使わず、大きな布を持ってステッチする方も、少しでも軽くする工夫をするといいと思います。

私は、だいたいどんなものでも枠に頼ります。
それはほんとに力なしなのと、長時間になってしまうからです。
丸枠でもスクロールタイプでもスタンドタイプ、あるいは桐の木枠など、重さを感じないようなものを使っています。
これは、布にさわらないでステッチできるので、布に手の汚れなどを付けることもなく、私にとっては大事なことなのですね。


それから、お茶を飲みながらはやりません。
もし、汚したりしたら困る、というのもありますが、お茶は立ち上がって、キッチンに歩いて行って、ゆっくりでもなくてもいいから、とにかく、立ち上がったり、手を止める機会を作るようにしています。

お洗濯しながらだったり、じっくり、そればかりしたいところを、ぐっと我慢して、わざと用事を作って、体を動かすようにしています。
洋裁だと、アイロンやミシンなどじっとしているわけではないので、凝るのは編みものや刺しゅう、ですね。

人によってまちまちかと思いますが、時間を決めたりするのもよいですね。
集中しすぎないのが、肩こり予防には大事かと思います。

青木和子先生にお会いしたときは机を高くして、立って刺しゅうされてるとおっしゃってました。
TV番組の中でも紹介されてましたね。
他の刺しゅう作家の方もやはり、座りっぱなしはよくないとおっしゃってました。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

20:49  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.21 (Wed)

新しい並びのファイル

DMCの刺しゅう糸25番に新色35色が加わって500色となって、その色を含めた並びで新しいファイルを作っていて、カードも作り終わったところです。

糸を整理しているファイルは、新しい糸が加わったとしても前のでもまったく困らないうえに、他にやることもあって後回しにしていましたが、重い腰を上げて、まずはPCで新しいチャートを作りました。

それから、そのチャートに合わせて、ファイルのカードを作りました。
刺しゅう糸整理用カードって名前にしておこうか、刺しゅう糸ファイル用カードにしようか、なんと呼べばいいんでしょうね。

新しいのからはすべて超特厚の紙を使っているんですけど、仕様が変わったらしく、0.335mmになりました。
まえの規格では、0.35㎜でした。

前の「超特厚」に比べると薄くなったようですが、私がそれまで使っていた「特厚」に比べれば、相当厚くなりました。
お値段としては、超特厚の方が厚いのにお得かと思います。
とはいえ、一枚40円ですから、整理ファイル1セット分作るとなると、材料費も結構かかります。

超特厚特厚

印刷はプリンタでも、ほかは手づくりですから、切るのにも裁断機が使えず、カッターで切っています。
微妙な1㎜、2㎜の差で、文字の部分に穴がかかってしまったりするので、よく見ながら、手で切っていくのです。

また、穴を開けることが自体たいへんなのに、糸500色に500コの穴を一つずつ手で開けていかなくてはいけません。
紙も厚いので、2枚が限度。
糸を掛ける穴は1セット分1000コだから、パンチするのは500回。

パンチ

夏から悲鳴を上げている親指の関節が、さらにいけなくなっているので、こちら↓をはめて、亜脱臼でぐらぐらしている関節をサポーターで押さえながら穴を開けています。
2個穴のパンチなら、親指は痛くならないんですけど、ここでは、1個ずつ開けられるパンチじゃないと、糸を通す穴には使えないのです。

このサポーター↓は夏は暑くて使えませんが、涼しい時期なら水仕事でも使えて便利です。

似たようなこちらは安すぎて警戒してたのですが、予備として必要と思ってこちらを買ってみたら問題なく使えています。
手首/親指サポーター 【2枚入り】O.M.C TOKYO


ただ、このパンチで1コずつ開ける作業を続けると手がほんとに壊れるので、ある程度やったら、PCで文章を書く方の作業に移動。

また数日後、手の痛みが取れたら、はめて作業。
ということで、あまり進まないのですね。

困ったことに、プリンターが古くなっていくと高くなってくるのか、年賀状のシーズンだからなのか、インクが以前より高くなりました。

仕様の改良とか、変更とか、軽く言うけど、ものを作るということは、けっこう見えないところでいろんな苦労がありますね。

たった一つ楽しいのは、こちら↓は、効率のいい道具を買ったので、問題なく、むしろ、いっぱいやりたいくらいです。
ワンパッチスタンプとレフィル

このバインダーを使用する刺しゅう糸の整理のしかたは、このブログ、つくりら、ステッチイデー、そして自著↓でちょこっとずつ紹介しています。
バインダーを使うタイプの整理のしかたは何回か改良を加えてきたので、最初の頃に比べて使いやすくなってきました。



『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

18:47  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'09.18 (Tue)

セロファンて・・・

週末は畑から野菜をとってくるので、家の中に虫が出没。
野菜と一緒に連れ帰った本人は捕まえたりはしません。

私がひとり、退治しています。

もしかしたら野菜は濡れ衣で、洗濯物とかに付いてきたのかもしれないけど、とにかく、昨日と今日で、アリ、よく知らない甲虫と、赤い虫と、そしていつもの2倍の大きさのカメムシ。
畑を歩き回っていたら野菜と一緒に運ばれてしまったわけですから、かわいそうなのは虫の方で、外に逃がせる虫なら逃がすのですが、どうにもならないのもいて・・・

も~、いや!

いつも用意してあるはずのスプレーが終わりかけだったのがいけなかった・・・


あれは一気にかけないと悲惨なことになるのです。
明日はぜひ買いに行かなくては!です。

さて、なぜ赤い? でも書きましたように、フリーステッチをするのにチャコペーパーを使うことが多く、図案や複写紙を保護するために上に載せるのが、「セロファン」と書かれているものが多いです。
でも、よく考えたら、セロファンを使うことはあまりないです。

セロファンはセロハンテープでもおなじみの植物原料の透明なシートです。
私が子どもの頃とかはよく工作なんかでも使っていたけど、今はどうなんでしょうね。
色つきは子ども向けのものであったりしますけど。

今の時代、代わりに使うのは衣料品などの入っている袋や花束を包んであるOPPフィルム。

袋になっている、よく、OPP袋と呼ばれるものだと、引っぱったり重いものを入れるととじ目が裂けやすいのがOPPフィルム。
文房具などで重みのあるものが店頭で吊されていたりするけど、裂けて落ちているのをみたことがあります。
そういうのって、接合部分が裂けるOPPのほうじゃないかなと思います。

透明な袋で、引っぱっても裂けないで少し伸びるようなものはCPPです。
伸びる方のCPPフィルムは図案を写すのには使いにくいけど、OPPの方は硬くて書きやすいですね。

透明フィルムだったらなんでもよいというのも変だし、セロファンではないのにセロファンと書くのもおかしいし、伝わりにくいかなと思ったけど、説明もつけて透明なOPPフィルムと書きました。

他の本にそう書いてあるからと言って、そのまま鵜呑みにはせず、まずは疑って、おかしいと思ったら、調べたり、検証したりして、原稿を書きました。
「セロファン」でも通用するとは思うけど、違うものに対してそうだと言えない性格なので、説明も加えて書いておきました。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

21:56  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'08.05 (Sun)

DMC自作色見本帳対応カラーチップ

クロスステッチに限らず、フリーステッチでも使うので、カテゴリは刺しゅう道具に入れました。
DMCの刺しゅう糸で作る色見本のチップです。

このブログ内に写真があるはずなのですが、昔過ぎていまのところ探し出せてませんので、インスタをご覧ください。

昔は透明ケースに立てて入れてたのですが、倒れて困るので、無印良品の浅い引き出しに並べています。
3段で500色近くがすべて収まります。

自分でデザインするときにはこちらをリネンの上に出して並べて考えます。
私はステッチイデーのレッスンページで、通販で売る白以外のクロスステッチ用リネンで作るように依頼されます。

白の上ではよくても、色の付いた生地の上では違う色に見えるので、色見本帳だけではどうも・・・というときもあるのです。

そんなわけで、これを作ったのは一昔前ですが、日に焼けないよう、大事に保管しながら使っています。

チップの大きさについて質問がありました。

まず、私の本でも書いていますが、だいたい刺しゅう糸は12等分して半分に折って三つ折りにしてバインダーで保管しています。
ですから、6本どりの1本が66㎝で、これを巻いて色がわかりやすい大きさをめざしました。
全部1mとれる方なら1mでもいいですし、短いなら短いなりに、それぞれ長さを揃えるといいと思います。

私のは66㎝をぐるぐる巻いて正方形にしたかったので、紙の大きさはだいたい、1.5×7㎝センチくらいです。

作り方というほどのことはないですが、ぐるぐる巻いたあと糸の端は裏でぐるぐるの中にくぐらせて、はみ出た糸の部分を、色番号を書いたシールでとめています。
くぐらせるのが面倒でしたら、ボンドでも、結ぶでも。
この辺はお好きなようにとめていただけばよいかと思います。


最後にケースに入れるとき、色見本帳と同じように並べたいので、端に色見本帳の枠と同じ色をコピックで塗っています。
一つの色群の中では順番はばらばらになってしまいますが、色見本帳もあることですし、大まかに分ければいいと考えているのでこのようにしています。

私の色見本帳はステッチイデーVOL.9に載っています。

 

こちらの本もよろしくお願いします。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

22:17  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'03.27 (Tue)

タンブール刺繍 ニードル

つくりらでビーズ刺しゅうについて書きました。
ビーズ刺繍 前編 
ビーズ刺繍 後編 

この春、ビーズ刺しゅうの本も出るようです。

楽天ブックス→ぬい針で楽しむ はじめてのオートクチュール刺しゅう

この、「ぬい針で楽しむ」というのは、かぎ針を使うタンブール刺しゅうではないということだと思います。

↓こちらの本では縫い針のビーズ&スパングルの刺しゅうのやり方を書きました。
でも、つくりらの方でビーズ刺しゅうの話を書くとき、かぎ針を使うビーズ刺しゅうの話を抜きにしてしまうのもどうかと思い、かぎ針についても触れました。

わりと手に入りにくかったタンブールフックですが、品質が違うかもしれませんけど、アメリカ製のものは針も3種類セットで、私が昔買ったものの3分の1くらいのお値段で買って始められるので、気軽に挑戦できてよいかもしれないですね。


つくりらではこの白木の柄のタンブールフックのほうは撮影しませんでした。
濃い色の方がちょっとかっこいいかな?と。

家具などは白木の方が木目が見えてしまうので、いい木を使わないといけないと聞いたことがあります。
濃い色の塗料を塗ってあるものは多少木目が悪くてもわかりにくいとのことらしいのですが、こういう道具の持ち手・柄のようなものって、どうなんでしょう?

刺繍枠も撮影の時は、小さくて濃い色のすでに廃番のクロバーの枠を、ちょっとかっこいいかな?という理由で使ってますけどね。


かぎ針のビーズ刺しゅうについては、洋書がありますが、すごく詳しく書いてあるわけではなく、こういうのって、やっぱりお教室で、ということでしょうかね?

Broderie Haute couture 

Ecole Lesage chez vous 

ちなみに、こちらの予約が始まっていますので、こちらの本に期待しています。


縫い針のビーズ刺しゅうの基本はこちら↓を参考にしてくださいね。

書評 つくりらの書棚から 

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

20:19  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'02.05 (Mon)

この針は何がいけないのか

忙しすぎて困っていた頃の書きかけの記事です。
前にアップしたかな?と、たどってみたけど、アップしてないようなので、今日アップしますが、写真とか内容とか、以前書いた記事とかぶってたらごめんなさい。


本やウェブのコラムのため、私物を撮影することが多いです。
メーカーに提供していただいての撮影もありますが、あらゆる刺しゅう道具や材料を引っぱり出してきてはあちらに送り、こちらに送りなどしています。

おもしろいのは同じテーマで別の出版社に同時に送らなければならず、二つあるものは一つずつ、そして、うまく分けて無事終わったということも。


荷物が戻ってきても解いている時間もなく、別の本の作品など作ったり、撮影の準備などしているとき、クロスステッチ針が1本必要になりました。

たまたま、フランスの雑誌のセットになっていたアイーダと針がちょうどよかったので、使うことに。

すると、何か針の通りがよくなくて、いらっとしてしまいました。
新しい針なのですが、さわるとざらざらしています。

見てもわかるわけではなく、じゃあ、写真で拡大して見ようと・・・
ざらっとしてるクロスステッチ針
やっぱり写真でもよくわからないけど、先の方のなんとなく、光が均一でない部分がざらっとする部分です。
布に針を通すとき、引っかかるというほどではないけど抵抗を感じます。

国内外のいろいろなメーカーの針を使ったことがあるけど、いままで、こんなのなかったです。
きちんとしたメーカーのキットについている針は大丈夫だと思うんですけど、これは雑誌の付録の針だから、もしかしたら安いものが付いていたのでしょうか。

安さというのはこういうことなのですね。



ちなみにメーカーのでない何束100円みたいな刺しゅう糸で刺しゅうしてうまくいかないと嘆く方がおられますが、それってどういうものかわからずにいました。

引っかかったり、切れたりするそうです。

で、参考に1本いただきました。
100円ショップの刺しゅう糸 粒つぶ 太 細 切れやすい

太いところあり、細いところあり、粒になっているところも。
毛羽立ちもハンパなく・・・

刺しているとよく切れるそうです。

たしかに日本製のしつけ糸の方がよほど丁寧に作られている感じ。


先日のはさみ()の場合もそうなんですけどね、これから少し刺しゅうをやりたいという人にはさみや針などで、不必要に高い道具を進める人もどうかと思います。

だけど、こういう大事な道具や材料を100円ショップとかで手に入る安いので十分ですよって人に勧めている場合は、本質をわかってないのかなあと思ってしまいますね。

料理でもそうですけど、手抜きできるところは手抜きしても、押さえるところは押さえる、その時と場合によった判断ができないといけないと思うんですね。


そんな、刺しゅう糸や道具の選び方についても、便利道具についても、いろいろ書いております。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]



テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

14:31  |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT