All archives    Admin

02月≪ 2017年03月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'02.24 (Fri)

カタン糸の話

今週は同時に進んでいる3冊の仕事を、3人の編集者さんと電話だったり、メールだったりやりとりさせていただいて、頭の中が、どの本のことだっけ?みたいになりながらもがんばりました。
好きなことが仕事というのは本当にありがたいことです。

お洋服のデザイン、パターン、縫製、刺しゅうではクロスステッチ、フリーステッチ、ビーズ刺しゅう、こものの仕立てではバッグやがま口など、フランスの手芸本を日本語版にする監修など、本の仕事では近年いろいろやってます。

今回はそれぞれ刺しゅうの仕事ではあるんだけど、やってることは3冊ともだいぶ違う内容で、資料の山も別々です。
今日もいっぱい調べ物をしました。

さて、そんな中で出てきた言葉の一つ。

カタン糸

昔、足踏みミシンだったころは、ミシンの引き出しにはこれがありました。
シャッペスパンもあったけど、綿のミシン糸も手芸屋さんには普通に売ってました。

母はいつもこのかぎのマークのミシン糸を買っているようで、いつもミシンにセットされてるから、たいていのものはこれで縫っちゃってるみたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金鍵カタン糸1000/50
価格:675円(税込、送料別) (2017/2/24時点)



テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Sewing ソーイング  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.15 (Wed)

誌上・パターン塾 Vol.3 パンツ編

誌上・パターン塾 Vol.3 パンツ編 (文化出版局MOOKシリーズ)

紀伊國屋書店→誌上・パターン塾 〈vol.3〉 - パンツ編

楽天ブックス→誌上・パターン塾 Vol.3 パンツ編 [ 文化出版局 ]

180ページ
文化出版局 2017年2月13日:発売
文化出版局 編 , まるやま はるみ :監修
日本語

ミセスのスタイルブックのなかの特集記事「誌上・パターン塾」をまとめて、デザインやパターンも補足して、さらに便利な部分縫いなどもひとまとめにした本。
ミセスのスタイルブックを毎回買っていた方でもパンツをパターンから作ろうと思うのであれば、まとまっていて便利かと思います。

パンツはスカートよりも厄介かもしれませんね。
でも、理屈がわかると断然作りたくなると思います。

パターンて、伸びてフィットしてしまう生地なら何とかなっても、そうでない場合は特に大事ですよね。
デザインも素材も縫製も大事だけど、とにかく、パターンは大事。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books洋裁実用書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.08 (Wed)

ロックミシンについてのご質問

昨日発売のこちらの本もとてもよかったです。
後日また、改めてご紹介しますね。

紀伊國屋書店→一年中楽しめる透かし編みの模様82―繊細で軽やかなショールやソックスも作れるシェットランドレース模様パターン集

楽天ブックス→一年中楽しめる透かし編みの模様82 [ エリザベス・ロヴィック ]

さて、めめさんからご質問をいただきました。

こういうご質問を受けて、上から目線でこれがいいですよ!って書かれているのを読んだこともありますが、こればっかりは、人によって何がいいかはわからないですし、片寄った考え方もありますからね、私だったらこうする、こう思う、という、個人的な意見を書かせていただきたいと思います。

>家庭用コンピュータミシンとロックミシンとの仕上りや目的の違いを教えて頂けると嬉しいです。

※カバーステッチについてへんな文章になっていました。直しました。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'12.28 (Wed)

白い絹にフリクションペンは

お正月にも着物を着ようということで、正絹の下着を縫おうと思いまして、刺しゅうの仕事の合間にちょっと縫ったりしています。
絹は水で消えるペンが使えないので、熱で消えるペンはありがたいです。
昔はヘラとかヘラ台とか使いましたものね。

フリクションペンは、いまや、文房具としてだけでなく、手芸の道具として当たり前のようにお裁縫箱に入ってます。
刺しゅうの図案写しにだったり、小物のソーイング、洋裁や和裁の印付けに使えて、何かと便利です。

だいぶ前()から使っていますが、今のところ問題はありません。
ただ、用途に応じて、また、布端で試してみてというのが大事だと思います。

60℃で消えてしまうので、ほぼどんな時でも使えますし、熱で消さなくても洗ったら消えました。
試しに冷凍庫に入れたら色が復活したことがありますが、洗ってなくなるなら問題はないですね。

で、いままで、唯一、これはいけないかなと思ったのは、白い絹です。
白い絹にフリクションペン白い絹にフリクションペン

つやがあるので、消えてもそこにはインクの影が残るのですね。
絹ですから、水洗いもできません。

ですから、白い絹の場合だけは、目立つところに使わないことですね。

フリーステッチ等の図案写しは、隠れてしまう場所ならOK。
洋裁や和裁の場合、縫い目の中に入ってしまう場合なら、OK。

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'12.20 (Tue)

指ぬき

土曜日、朝ドラ「べっぴんさん」の4人が土曜スタジオパークに出てらっしゃいました。
そのなかで、洋裁の指導をされてる方がインタビューを受けていて、こんなところに気を付けて指導をしているという話をされていました。
俳優のみなさんの手が上手な動きをしていて、違和感がないのは、この方のおかげ、それと俳優さんの練習なんですね。

映画やTVドラマで、素人でなく、洋裁をお仕事としてする人が指貫も使わないでまつり縫いとかしているのを見かけたことがありますが、おかしいでしょ!って突っ込みたくなります。
洋裁をお仕事にしてない人の設定なら、この人は指ぬきを知らない人なのね、しょうがないかな、って思えますけど。
中指にはめた指ぬきに針を当てて上手に使うのは基本ですし、これができれば、それだけで8割くらいは上手に見えるのではないでしょうか。

娘が小学生のとき、家庭科の授業で指ぬきは使わないって教わったと聞き、それじゃあ、だれも縫い物というものを好きになれないなと思いました。
効率よい仕事をするとき、針で指が傷つかないようにするためのものですから、するべきだと思いますが。


ヨーロッパの、あるいは、キルトの指にはめるのはシンプルであり、指貫とはまたちょっと違うと思うんですね。
日本の指貫は、幅の広い指輪の形で利き手中指の中節骨にはめます。
一方、シンブルは中指の先にカポッとはめます。

細いリング状の指ぬきをシンブルと同じように末節骨にはめて縫う方もいらっしゃいますから、(そうなるとサイズは00などになるでしょうか)指の使い方で、やりやすいものを選ぶのがいいでしょうね。


その指貫、母が指の節が引っかかって、こちらがいいといいます。
まあ、長年よく働いた手ですからね、リング状のは通らないそうです。

なくしてしまって不便(のちに洗濯機ふたのくぼみから見つかった)、といってたので、買ってあげました。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'12.13 (Tue)

パタンナー金子俊雄の本格メンズ服



紀伊国屋書店→パタンナー金子俊雄の本格メンズ服―シャツ/ジャケット/パンツ/コート/小物 S・M・L・LL・3Lサイズ実物大型紙つき

楽天ブックス→パタンナー金子俊雄の本格メンズ服 [ 金子俊雄 ]

104ページ
日本ヴォーグ社:2016年11月26日:発売
金子俊雄:著
日本語

パターンの業務もされているということで、今年は「ファスナーの本」で私のワンピースのパターンをグレーディングしていただきました。
つまり、私がデザインしてMサイズでパターンを起こしたものを、本に載せるためにそのSサイズやLサイズのパターンも作っていただいたというわけです。

そして、出版社のパーティーでは今年もお会いできました。
今年は会社のみなさんともミシンやアイロン、本づくりのお話もできて、よかったです。
くじ引きもすごいのが当たりましたね、おめでとうございます!

紀伊国屋書店の「著者名をお気に入りに登録する」というのがありますが、私は、登録しておきました。
前の本がとても良いと思ったからです。

私の仕事の担当の編集者さんが同じでしたから、少し前からこの本が出ることがわかってましたし、ネットの本屋さんでも出る前からも出た後も洋裁部門1位でしたし、とても期待してました。
そして、やっぱり期待通りの本でした。

私が洋裁を勉強したころの「男子服」の教科書は、それより前の古いものやそれより後の新しいものに比べ、詳しく書かれてませんでした。
だから古いほうの本を、先輩の先生に借りて勉強したり、新しい教科書が出たときは早速買って勉強したりしました。

この本は教科書よりわかりやすいと思います。
写真も多用されていますし、慣れてない人でも作れるように書かれていて、手に入りやすい材料で作れるような工夫もされています。

でもって、パターンもよくて、かっこよいです。
パーティーの会場の隣のスペースには実物も展示されてましたけど、縫製と仕上げアイロンがばっちり。
プロのお仕事です。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books洋裁実用書  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'12.01 (Thu)

昔のミシンの道具入れ

母の足踏みミシンの付属品が入っていた蓋つきの缶。
足踏みミシンの道具入れ

ミシンを処分してもまだとってあって、母はちょっとしたものを入れるために使っていました。
いい色だし、「味があっていいね。」と言ったら、もらえました。
足踏みミシンの道具入れ

足踏みミシンは、私がコンピューターミシンを買ってもらって、それから職業用ミシンを買ったので、実家にコンピューターミシンを送って使ってもらっていたので、不要となり、処分されてしまいました。

台は、ミシンの入る部分に蓋をして私の職業用ミシンの台として使っています。
足踏みミシンの台

台も缶も古いものですが、すごくしっかりしたつくりで、まだまだ使えそうです。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'11.02 (Wed)

ロータリーコンパスカッター

ステッチイデーVOL.24の表紙の作品の内側にはメルトンというウールの生地を使っています。
ステッチイデーVOL.24 表紙作品 ソーイングケース フラワーバスケット

ダブル幅のウールで必要な長さを買ったところで、余り過ぎて困る方もいらっしゃるでしょうから、その場合はフェルトでもよいと思います。

今回は、きれいに切りたかったのと、ちょっと試したくて、コンパスになっているロータリーカッターを使って切りました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OLFA(オルファ)ロータリーコンパスカッター186B
価格:1080円(税込、送料別) (2016/11/2時点)



普通のロータリーカッターと同じですけど、きれいに切れるのが使っていて楽しいです。
たまたま持っていて、ちょっと使ってみたかっただけで、これがなくても、普通のロータリーカッターでも十分きれいに丸く切れますので、ご安心を。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'10.04 (Tue)

ユアサアイロンの使い方と注意

・・・このブログに繰り返し登場している30年近く前に買ったアイロン、ユアサスチームアイロンについてご質問をいただきました。・・・
ユアサアイロンの特長


ユアサスチームアイロン

せっかくなので、使い方の注意点もまとめておきましょう。
世の中に製品が残っているのに説明書などのないまま使われていることもあるのですから、わからないと困っている方のお役に立てればいいなと思います。

説明書にそって、私の補足を入れて説明します。
①水を100mlゆっくり入れる。(これ以上入れると蒸気でなく、水滴やお湯がどーっと出ます)
②ツマミ(ふた)を付ける。締めすぎると外すのが大変な時も。ゆるすぎないで締めすぎない。
③プラグを差し込み、スイッチを「入」にする。
④お湯が沸騰した音がしたら使い始めることができます。
⑤アイロンは軽くかける。
⑥使い終わったらツマミを外して水を捨てる。(お湯が熱いうちに)
⑦乾かす。
⑧冷ます。
⑨乾いた布でふく。
⑩保管。コードなどは本体が冷めてから巻くようにする。

蒸気の調節はツマミを緩めて蒸気を逃がして調節。(って、あんまりしたことないけど)

アイロンをかけない時は立てておく。

蒸気の量が少なくなったら、スイッチを「切」にしてツマミを外して水を少しずつ注ぎ入れる。

注意点
かける面を常に水平にしておく。
前後左右に傾けないようにする。

一番大事なのは空だきしないことじゃないかと、長年使っていて思います。

もちろん、普通のアイロンと同じようにアイロンから離れるときはスイッチを切りましょう。


ステッチイデーVOL.24の発売まであと1週間となりました。

この表紙の作品は刺しゅう枠も入るソーイングケースです。
ピンクッションなどを含めてやっぱりウールがいいと思って生地を選びましたが、ウールということもあって、このユアサアイロンも使いましたよ。

アマゾン→ステッチイデー VOL.24

紀伊国屋書店→ステッチイデー vol.24

楽天ブックス↓


特別付録に270周年を迎えるDMCの25番糸色見本帳と図案付録2種類つき

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.30 (Fri)

ユアサアイロンの特長

やっと涼しくなってきましたし、長雨も一休み。
自転車で25km走ってきましたよ。
どの道を走ってもきんもくせいの香りがしました。
待っていた、「自転車の秋」がやってきました。

さて、このブログに繰り返し登場している30年近く前に買ったアイロン、ユアサスチームアイロンについてご質問をいただきました。
ユアサスチームアイロン

せっかくのよい製品なのに手づくりしない時代になって使う人がいなくなったり、壊れないものだから新しく買う人がいなくなったりして、製造されなくなっちゃったんでしょうか?
以前、記事にしたとき調べたら、メーカーがみつけられなかったのです。
オークションなどで購入した方で説明書がついてなかったら大変だろうと思っておりました。

というわけで、そんな方のためにも説明書を保管していた者として、特長と使い方を書いておこうと思います。
長くなります。
ご質問は使える生地についてでしたね。
ですから、まず、特長から。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.26 (Mon)

アイロンマットカバーをお洗濯

学生の時から使っているアイロンマット()はちょっとペタンコになってしまいました。
で、3年前にまた同じのを買って2枚になったけど、古いほうもまだ使っています。
アイロンマット
カバーの布は、ハイポランというかなり熱に強いのを別に買って()袋状に縫って使っています。
二枚並べれば、地直しも楽だったりします。

どうしても汚れてくるので、取り換えます。
学校では袋状ではなく、表側だけに新しい洋晒をかけて、くるむ感じでマットに縫い付けていました。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'08.08 (Mon)

クロバー 仮止めクリップ<ロング>

説明書には和裁にもとは書いてなかったように思いますが、洋裁用具でもあり、和裁用具でもあります。

小さい仮止めクリップはだいぶ前からあったと思いますが、それからしばらくして出てきたのがロングタイプ。
バッグを作る時など、指で奥の部分をつかんでるような感じで便利です。
キルトにもいいとのこと。

浴衣の時期ですが、着物クリップは便利ですが、このクリップでも代用できます。
着物クリップも指に力がなくなってくると、小さくて硬いものなどは使いにくかったりしますからね。

作り帯を作る時にも洗濯バサミなどで留めて縫ったりもしたんですが、洗濯バサミはばねを見てもわかるようにちょっと弱いのが多いです。
着物クリップで留めて縫うのもいいですけどね。
やっぱりこういったしっかりした縫い物にも使えるのがあるとあれこれ使えて便利です。

しっかりしてて、長くて、でもばねがちょうどいい硬さでつかんでくれて、でも指でつまむときは硬すぎないところがいいです。


テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.06 (Wed)

実物大パターンの紙はたたみなおして

フリーステッチの図案を原稿として提出するのに、どう書けばわかりやすいか、いろんな本の図案の書き方を参考に、実物大の型紙や図案の大きな紙を広げたり畳んだりしているところです。

刺しゅうの本でも、洋裁実用書やバッグの本もそうなんだけど、実物大パターンがついていることは多いです。
屏風だたみの後、山折り谷折りしたのをくるむようにたたんで本に挟まれているのが多いように思います。

このパターン、買ってみて、やっぱり、ん~という本はパターンを広げることも切り離すこともなくそのままにしていることが多いです。
逆に気に入って何回も開くのもあります。

とじ込みでも、挟んであるだけのでもそうですけど、閉じるのに手間取ることが多く、気に入った本に関しては、買って早いうちに、たたみなおしてから、しまっておきます。

どのようにたたみ直すのかといえば、地図のようなたたみ方です。

山折りは山折り、谷折りは谷折りのままなので、紙が傷まないらしいです。
山折り、谷折りを繰り返せば、確かに傷みますから、図書館で借りた本に挟まっているものなどは、いろんな人がいろんな方向に折ったのか、薄くなっていたり、破れかけているのもありますよね。

地図の折り方といえば、ミウラ折りが有名ですが、ミウラ折りは、ただ直角に折っただけではなく、わずかな傾斜がついています。
だから、端と端を持って広げれば一気に広がり、畳むのも一瞬なわけです。

そこまでの難しい折り方ではなく、屏風畳みにして、また屏風だたみ。
これだけで、パターンの書かれたあの大きい紙は長持ちしてる気がします。
実物大パターン

十数年、いやもっと昔から、開いたり閉じたりしている本の実物大パターンもまだ大丈夫。
切れた図案やパターンの線は、ゆがみの原因ともなってよくないですね。

もし、これからもずっと使いそうで実物大パターンがついている本があったらお試しください。
そして、いつも同じ方にだけ、折るように気を付けるとよいと思います。

私の持ってる手芸書の中でも、下田直子さんの本()についてるパターンはいろいろ参考になるので、開いたり閉じたりが多いです。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books洋裁実用書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.04 (Mon)

Clover ソーイング用品 ぬいしろガイド 位置決め プレート付

まだ、忙しく縫っていたり、原稿書きをしていたので、過去に書いておいた記事のアップです。
-----------
お教室では必ずと言ってよいほど縫い代付きパターンを使います。
だから、ミシンをかけるときにはステッチ定規やマグネット定規(↓参照)を使います。
これはもう、30年前から使っていて、家庭用のミシンでも使っていました。


また、端にステッチをかける場合はそれに合わせた押さえ金に替えることもあります。


ただし、これは工業用・職業用のミシンの押さえ金なのですね。
教室でミシンを使う場合は、私はステッチ定規などは複数個持っているのでお貸ししているのですが、お家でされる場合は家庭用ミシンだったりする場合もありますし、ご自分のミシンでされる場合、どうしたらいいかなと思っていました。

刺しゅうの道具も作ってみる()もったいないかあさんですから、当然、作ってみようと試行錯誤したのですが、いま一つでした。
厚紙を重ねたり、プラスチックの薄い透明な箱などでも試しました。
サイズ、素材、くっつき具合、縫った時の感じ、どれをとってもどこかに不満が残りました。

そしたら、売ってたんですよね。
「Clover ソーイング用品 ぬいしろガイド 位置決め プレート付」です。



ステッチイデーに連載していただいているレッスンページでも、ほとんどの場合、縫い代付きのパターンを提案します。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'06.05 (Sun)

接着芯の余りをテープに

先日の続きです。

平織りの接着テープは白の15mmが一巻きあれば、割といろいろな場面で使えます。
伸び止めとして、補強として洋裁だとポケットなどに、また小物でも伸ばしたくないところ、しっかりさせたいところによく使います。

これさえあれば何でもよいというわけではなく、平織り布をハーフバイアスにカットしてあるテープなどもジャケットなどに使います。
これは自分でカットするのはたいへんなので、やはり巻きのテープを買うのがいいです。

平織りを離れると、ニット地、あるいは編地と織り地の複合の接着芯をテープにしたものもあり、これはソフトなので、薄地のものや平織だと「あたり」(貼ったとき表から見てここに貼ってあるよ~ってわかっちゃうこと)の出るものなどはそういうのがいいと思います。

ただ、目的に合わせては長く使うことも多いので、用途に合わせて細く切って使うなんてことはしないですから、必要な時に応じた幅、色のを買います。

あとは、余った接着芯を上手に切って取っておくこともあります。
切るときはやっぱり、ロータリーカッターとカッターボードで、正確に切っておくとあとですぐに使えます。(すべらないカッティング定規の記事はこちら
切ったら、使い終わった糸巻きに巻いています。
接着テープ

こういうもったいないと思った時の工夫は出版物では紹介できないことが多いです。
今まで何度も、もっとこっちのやりかた、あるいは別の会社の商品のほうがいいのに、と思っても紹介できないことがありました。
本に広告が入るということは、そこの会社の商品を売るためですから、しょうがないのです。

残ったものを上手に使うとか、作ってしまうとか、なんとか買わなくてすむ方法を紹介できるのはブログのいいところかと思います。
そして、作れなくてもこんなのがありますよとスポンサーに関係なく、よいと思ったものだけ同時に紹介できるのもよいと思います。

こちら、たぶん、自分で監修してなかったとしてもきっといい本だと紹介していると思います。

来週火曜日発売予定でしたが、楽天ブックスではすでに販売が開始されたようです。
「在庫あり」になってます。
ということは、明日にも店頭にも並ぶかも?
本屋さんにお立ち寄りの際は探してみてくださいませ。

いろんなところ、頑張って直して正しく、見やすくしているつもりです。
どうぞよろしくお願いします。

↑アマゾン 

紀伊国屋書店→パリのアトリエで綴るクロスステッチ - 260点のモチーフで楽しむ季節の移ろい

楽天ブックス→パリのアトリエで綴るクロスステッチ [ ヴェロニク・アンジャンジェ ]

120ページ
グラフィック社 2016年6月7日:発売予定
ヴェロニク・アンジャンジェ :著
日本語

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Sewing ソーイング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'06.02 (Thu)

伸び止めテープ

来週発売です。
よろしくお願いします。

↑アマゾン 

紀伊国屋書店→パリのアトリエで綴るクロスステッチ - 260点のモチーフで楽しむ季節の移ろい

楽天ブックス→パリのアトリエで綴るクロスステッチ [ ヴェロニク・アンジャンジェ ]

120ページ
グラフィック社 2016年6月7日:発売予定
ヴェロニク・アンジャンジェ :著
日本語

さて・・・

ミシンで作る小物や刺しゅうの仕事で7つを並行して進めています。
いろんな分野というか、素材というか、技法というか、資料の山も別々になってます。
それぞれに縫うことと、テキストを書くことがあって、いつもこんがらがってる頭の中がさらにこんがらがっています。

7つのうち一つは試行錯誤の末、成功。
あと6つ。

いつも、縫い物その他の資料の本の山が出ているのに、今日はさらに用があって革の道具が出しっぱなしで、向こうでは着物と帯に風を通したりなんかしてて、梅を漬けるというよくいう「梅仕事」なんかもしています。
優先順位を決めて書き出しておかないとわかんなくなっちゃいます。

で、先日は小物を縫うとき、洋裁の時、何かにつけて使う「伸び止めテープ」を棚から出してきました。
すぐ巻きがほどけてくるのでできるだけ止めておくのですが、止めてないものがいくつかあって、出したときぐずぐずになったりしてしまいました。
忙しい時こそ、すっと出して、すっとしまいたいものです。

で、そのぐずぐずには付けてなかったのですけど、ほかはパンの袋の口を止めるようなラッピングタイ(ワイヤータイ・ビニールタイ)でちょっと止めておくようにしています。
アサヒ 接着テープ

セロテープや輪ゴムなどを使うと、しっかり止まるのですが、しばらく使わなかったときにべたべたが残ったりすることがあるので、使わないです。
いくつもある接着テープは白とか黒とか、ニットタイプとか、幅もいろいろあるので、こんなふうに止めて、かごに立ててしまっています。
ほかにもなにかいい止め方があるといいなと考えてはいるのですが、いまのところこれで。

以前は同じ素材のものでも幅を何種類か持っていましたけど、15ミリなら12ミリや10ミリに切って使ったりもできるので、今は平織のタイプのは15ミリを一巻きにしています。
たくさん使うわけではないので白があれば、ひとまずいろんなものに使えると思います。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Sewing ソーイング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'05.18 (Wed)

カッターの黒刃と白刃

冬物の手洗いと、着物の虫干しなどしながら、ワンピースのパターンを作っておりました。
心地よい風に自転車で出掛けたくなるところですが、紫外線も怖いし、熱中症にもなりそうだし、ちょっと曇った日に走ることにしてます。
とくに、雨の次の日は空気中のちりなどがすっかりなくなっていて、紫外線が直に届くのだとか。
その空気中の小さなほこりのようなものがあれば紫外線を乱反射してくれるらしいんですが。

さて、気持ちいい風に吹かれながら、気持ちよくカッターでパターンを切るわけですが、パターンを切るときは直線もカーブも定規を当ててカッターで切っています。
鋏より正確に切れます。

カッターの刃は文具マニアの義父から譲られたものがたくさんあって、自分で買わなくてもいいくらいまだあるのです。
自分では銀色(白色)の刃しか買ったことがなかったのですけど、その譲り受けた中の黒いカッターの刃がよく切れるので使っています。

OLFA(オルファ)特専黒刃替刃(小) 10枚BB10K
価格:148円(税込、送料別)



黒い方がよく切れるのは、鋭く研磨しているからだそうです。
詳しくはこちら オルファ よくある質問  通常の刃(白刃)と特専黒刃(黒刃)の違い

三徳包丁も鋭角に研ぐと刺身包丁がなくてもお刺身などもよく切れますからね、同じです。
ただ、そのように研ぐと切るものによっては刃こぼれしやすくなったりするのも同じ。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.20 (Wed)

誌上・パターン塾 Vol.2 スカート編



紀伊國屋書店→文化出版局mookシリーズ誌上・パターン塾 〈vol.2(スカート編)〉 自分サイズのスカートが自由自在に作れます

楽天ブックス→誌上・パターン塾(vol.2(スカート編)) [ まるやまはるみ ]

177ページ
文化出版局 2016年2月9日:発行
文化出版局編 , まるやま はるみ (監修)
日本語

トップスのパターンは胸の膨らみやウェストのくびれなどもあってすぐに理解するのもむずかしいかと思います。
それに比べ、ボトムス、といってもパンツはむずかしいけど、スカートの方はわりと理解しやすいほうだとおもうので、トップスで洋裁がきらいになりかけてしまった方がいらしたら、スカート編を試してみるとよいかと思います。

この本もミセスのスタイルブックで特集していたものをまとめたものに加筆してあり、わかりやすいものになっていると思いました。

パターンはいろんな形を網羅しており、昔からある形も、いまどきの形もあり便利かと思います。
というのも、近頃のソーイング本ですと型紙を起こす本はほとんど見かけません。
かといって、昔の本では求めている形は載っていなかったりします。

ウェスト始末の種類なども多く載っててわかりやすいです。
きれいに仕上げるテクニックなども載っています。

スペシャル付録として、「スカート作りに役だつ あきの作り方と裏布のつけ方」が24ページあります。
私がワンピースを担当した「ファスナーの本」(記事はこちら)でもコンシールファスナーつけは同じやり方です。

ファスナーの会社のサイトでも載せているつけ方や、早く縫えるやり方もあります。
それですと、スカートの後ろ中心のファスナーや、縫うのに慣れている方にはよくても、慣れない方は、傾斜やカーブ、あるいは長い距離、デリケートな生地となると上手に付けられないことも多いです。
私自身、しつけ縫いというものはほとんどしないで縫いますが、今日のこの本も、私が提案したやり方も、粗ミシンや、しつけあるいは仮止めという一手間で誰でも上手に付ける方法を紹介しています。

基本パターンの実物大パターンが付いていて、それも便利ですね。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books洋裁実用書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.05 (Tue)

ザ・ワンピース 篠原ともえのソーイングBOOK



紀伊國屋書店→ザ・ワンピース―篠原ともえのソーイングBOOK

楽天ブックス→ザ・ワンピース [ 篠原ともえ ]

87ページ
文化出版局 2015年4月24日:発行 2016年2月10日6刷
篠原 ともえ:著
日本語

ゆとりたっぷり、お気軽ソーイング本ばかりが本屋さんに並んでいる、昨今。
そのなかで、いわゆる「きちんとした洋服、きちんとしたシルエット」の本が、なかなか人気のようです。
中でも、この本のレビューは近頃まれに見る、レビューの数と高評価。

ゆとりも適度でベーシックなワンピースをアレンジといったところでしょうか。
シルエットは似た感じでも衿や袖で変化を付けていくという、よく考えられたデザイン。

レビューにもいっぱい書いてあったように、「衿も袖付けもない、かぶるだけの仕立てで、きちんとしてたとしてもルーズなシルエットの本」はたくさん出てても、こういう本はしばらく姿を消していたから、レビューの評価が高いんでしょうね。
しかも、個性があって楽しい。

真っ赤な表紙の縫い物の本というのは、何十年も縫い物関係の本を見てきたけど記憶にないくらいだから、その表紙に負けない服と篠原ともえさんの笑顔はかなりのパワーを持っているってことでしょう。

私は、娘のワンピースを作ろうと思ったとき、原型からパターンを作る時間がなく、手っ取り早く作ってしまいたかったことと、ソーイング本ではレビューが多いだけでなく高評価でしたので、買いました。
そんなに評判がいいって、本を作る側として気になりますし。

6刷りというとこの分野の本ではヒット作でしょう。
それに6刷りまでになれば、まず、間違いなどが初版にあったとしてもすっかり訂正されて、安心して買えるかなというのもありました。

若い方向けで半袖ばかりではあるものの、あれこれ選んで組み合わせ、さらに生地を替えることによって、さまざまな表情のワンピースができあがります。

作品のそれぞれがポップに感じられたとしても、生地の選び方で、印象は変わるので、大丈夫。
20代のお嬢さんに縫ってあげたい方、もちろん、ご自分のを縫いたい方におすすめしたい本です。

襟付けもファスナー付けもあるのでむずかしいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。
作り方はきちっと、しかもとても丁寧にカラーの写真も付いて説明されています。

コンシールファスナー付けも私が「ファスナーの本」()でご紹介した方法と同じやり方が載っています。
このようなワンピースの場合、「急がば回れ」な、一手間かけた付け方のほうが確実です。
前にも書きましたが、長く、傾斜やカーブがあったり、縫いにくい生地だったり、慣れていない方にはおすすめのやり方です。


20代はこの本として、上の世代向けはどうなのでしょう。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books洋裁実用書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'02.26 (Fri)

SNOOPYはじめての刺繍

いつもは買った本を紹介してますが、今日のはまだ、買ってはいないです。
全く気がつかないでいたけどアマゾンの刺しゅう部門で1位だったので、ご紹介。

かわいい~。


紀伊國屋書店→SNOOPYはじめての刺繍

楽天ブックス↓


95ページ
KADOKAWA 2016年2月26日:発売
チャールズ・M.シュルツ:著
日本語

図案としては↓のような本などから写してもできるけど、どんなステッチでどんなふうに刺しゅうしてるのか、気になります。





テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'02.04 (Thu)

ごめんなさい、パターン塾VOL.2の話ですが…

業務連絡といいますか・・・

文化出版局から「パターン塾Vol.2」が近々発売されますよ~って、今日お伝えした方に訂正が。

Vol.2は「スカート編」でした。
私の頭の中はVol.1がトップスでしたのでVol.2はボトムス、と思っちゃってたんですね。
パンツの方は入ってないようです。

うそを言ってしまいました。
ごめんなさい。

というわけで、予定変更ですね。
ちょっと、どうしたら一番いいか考えておきますね。

それから、ポケット付きのパンツ縫っておきますね。


楽天ブックス↓

誌上・パターン塾vol.2 スカート編

誌上・パターン塾(vol.1(トップ編)) [ まるやまはるみ ]

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books洋裁実用書  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'02.01 (Mon)

きれいな仕立てのプロの技



紀伊國屋書店→きれいな仕立てのプロの技

楽天ブックス↓
きれいな仕立てのプロの技 [ 百目鬼尚子 ]

127ページ 
文化出版局 2016年1月29日:発売
百目鬼 尚子, 牧野 志保子 :著
日本語

この前も書いたのですが、洋裁を勉強し始めたときから、学校でロックミシンは買うように言われてたので、家庭用ミシンだけでの仕立ては、ちゃんとしたものを縫うようになってからはしたことがないわけです。
どんなものか知りたかったので買いました。
(中学生の時はたしかに家庭用ミシンだけでパジャマとか縫った記憶がありますけどね。)

その頃買ったミシンは今でも健在。(
本格的に習い始めてからは職業用ミシンとロックミシンを使っていますけど、どれも修理しながらではありますが、しっかり働いてくれてます。
だから、あらためて家庭用のミシンだけで何か仕立てるということもほとんどないのでどうなのかなと。

中身ですが、途中まではカラーなんだけど、部分縫いの部分からは写真が白黒です。
これだけの量をカラーにすると本の価格が上がってしまうからでしょうか?
せっかくたくさんの写真があるのに残念です。

それから、最後に囲み製図の服が6点、簡単な縫い方説明が付いて載っていたのですが、必要だったのでしょうか。
その分、シャツについてプロの縫い方で10ページ費やしていただいた方が、もしかしたら読者としてはうれしいかもしれません。

と、いうのが最初の印象です。

でも、じっくり読んでみると、たとえば、私も「ファスナーの本」()で、コンシールファスナーの裏なしの場合のつけ方を書いたわけですが、こちらの本では裏付きの縫い方が出ています。
それから、コンシールファスナーの場合、ファスナーの途中に切り替え線があると縫いにくいのですが、そういう場合の対処法も載っています。
そこだけ見てもいろいろ丁寧に書かれているということです。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books洋裁実用書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'01.26 (Tue)

ファスナーの本からワンピース

この本に掲載されたワンピースは、初心者でもきれいにできる方法でコンシールファスナーのあきを作ってもらいたいとの依頼。

学校で洋裁を習ったとき、教えたときの順番だと、原型を習ったあと、つまり1年生の4月、一番最初に縫うのは、綿で裏なし、普通のファスナーあきのワンピースでした。
コンシールファスナーあきは、ウールの裏付きのワンピースで1年生の1月頃の課題だったと記憶しています。

でも、コンシールファスナーってコンシールファスナー押さえさえあれば、普通のファスナー付けより楽な気もするのです。
まだの方は一度試してみてくださいね。

さて、この本のワンピースのデザインですが、フォーマルにも着られて、裏は付かなくて、初心者でも縫えて、シンプルでもポイントもどこかに作ることという要望。

最初選んだ生地は、在庫があるから注文したのですが、頼んだのに届かないから、問い合わせると在庫が少ないということが発覚。
というわけで、今回の無地の生地になりました。
自分で好きな生地を買いに行って買ってきていいなら話は早いんですけど、いろいろ事情ってものがあります。

この時点で思った以上の時間のロスでしたが、このようなことはよくあることで、そういうことがあるかもしれないなと思いながら仕事の進め方を計画しておかなくてはいけないのです。

最初のデザインとはイメージが変わったのですが、この点は時間をかけずにクリア。
裁断の際の柄合わせはなくなった分、また何かワンポイントを考えなくてはいけなくなりました。

その後、パターンを起こして、トワル、つまり別の布で仮に縫って形やゆとりなどをみました。
それから、パターンを作って…とそこで、背中と脇がちくちく痛み出し、痛いままパターンを作り、痛いまま裁断をし、そこで水ぶくれになって帯状疱疹とわかり、作業ストップ。

治ってから一気に縫い、縫い上げてからビーズ刺しゅうをしました。
ランダムに配置する加減がいまひとつ納得いかず、提出の前日にほどき、当日もう一度刺しゅうして締め切りに間に合いました。

縫い方の説明はの早い縫い方を選ぶこともできたのですが、あえて、初心者でも確実にきれいにできる方法を選んでいます。

むずかしいところがあるとすれば、胸のパネルラインのカーブをいせ込んで合わせるところでしょうか。
いせ込む分を無しにすれば、縫うのは楽ですが、きれいなラインになりません。
上手にいせ込めば、立体的な、きれいな胸のラインになることでしょう。

布の選び方、アイロンの使い方がポイントでしょうね。

記事はこちら()とこちら()とこちら()にも。


↑アマゾン

紀伊國屋書店→ファスナーのつけ方がばっちりわかる!ファスナーの本

楽天ブックス→ファスナーの本

ところで、突然ですが、色の本をみてたら、牡丹色、というのがありました。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Sewing ソーイング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'01.23 (Sat)

文化出版局の近刊

「きれいな仕立てのプロの技」と「誌上・パターン塾 Vol.2 スカート編」が近く発売されるそうで、予約が始まっていました。

長年、ミセスのスタイルブックの後ろのページでよく名前をお見かけしていた百目鬼(どうめき)さんの著書。
ミセスのスタイルブックは学生の時から20年以上買っていまして、ちょっと変わった衿やポケットなどの縫い方の説明ページなどを書いていらしたと思います。

洋裁の勉強を始めたときからロックミシンありきだったので、家庭用ジグザグミシンだけで仕立てるということに興味もありますし、買ってみたいと思っています。

このような本は、やはりきちんと勉強して活躍されてる方のを買いたいですからね。(こちらもよかったです。

「誌上・パターン塾 Vol.2 スカート編」はVol.1に続く、第二弾。
Vol.1がうまくまとめられていてわかりやすかったし、実際パターンを頭の中で整理するときに活用しているので、こちらも買う予定です。



紀伊國屋書店→きれいな仕立てのプロの技
文化出版局MOOKシリーズ 誌上・パターン塾 〈vol.2〉 - スカート編

楽天ブックス↓
きれいな仕立てのプロの技 [ 百目鬼尚子 ]
誌上・パターン塾vol.2 スカート編

あれれ、探してみたけどVOL.1のトップ編の内容についてこのブログの中で書いている記事がないかもしれません。
2年前の発行なのですが、書いてなかったのかな?

いまさらながらですが、パターンを考えて作りたい方にはぜひおすすめします。
すてきなデザインが載っているというのではなく、パターン基本的な考え方をわかりやすく説明している本なので、実物大パターンを使って縫うだけのがいいとか、そっくりそのまま同じものを作るための本ではないかなと思います。
これをもとにあとは自分の好きなようにデザインしていこうという方向けですね。


楽天ブックス→誌上・パターン塾(vol.1(トップ編)) [ まるやまはるみ ]

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books洋裁実用書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'12.22 (Tue)

理想のコロコロ(ほこり取り)

いわゆる「ころころ」。
「ロールクリーナー」「衣料用クリーナー」「粘着ローラー」、れっきとした洋裁用具だと思ってます。
アイロンマットに糸くずが付いていても、接着芯の間に何か入っちゃっていても困りますからね。

以前、繰り返し洗って使えるローラークリーナーというのを使っていたのですが、寿命が来たのか洗ってもなかなか粘着力が戻らず、処分しました。

その後は縦型が欲しかったということもあって、テープをはがして捨てるタイプにしました。

そのコロコロするタイプのクリーナ-、テープを新しくするときに横にはがすとかのやり方が好みでなかったり、色が好みでなかったり、それに幅も狭かったりで、これぞというのが無く困っていたのです。
それにケースに入っていた方が、何かにくっついて、そのくっついた物がだめになってしまうこともなく、いいと思いました。

そんなわけで、理想のコロコロが組み立てられました。
理想のコロコロ
これが、ケースが付いていて、白い柄で、幅も適度にあり、はがすときは斜めにはがせる、理想の形です。
右がもともと付いていた方で、ちょっとテープの幅が狭いのです。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'12.21 (Mon)

ミシンの台に目盛り付きマスキングテープ

私の職業用ミシンのほうはブラザーのヌーベルクチュールスペシャルというミシンです。
去年だったか一度修理してもらって、使い続けています。

職業用ミシンには付属のテーブルが付いていることが多いと思います。
もし、本体のみで使っている方がいらっしゃったら、もったいないですよ。
しまっておかずにぜひ使ってくださいね。
作業がとてもやりやすくなるはずです。

さて、このテーブルには目盛りがついているのですが、あくまでも目安なので5㎜間隔の目盛りです。
ミシンのテーブル

1㎜単位だったらよかったのにと思ったことがあります。

たまに行く文房具屋さんはおしゃれな小物が置いてあり、あれこれ買いたくなるのを我慢しているのですが、マスキングテープを買いました。

そのテープをテーブルに付けました。
いい感じです。

テーマ : 文房具大好き! - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'12.07 (Mon)

ミシン関係のものを入れる整理ケース

「ソーイング」と「洋裁」のカテゴリを分けています。
言葉としては同じかもしれませんが、あくまでもブログを書くときの私の中での分け方です。
洋裁を勉強する前に一人で本を見てできていたようなお気軽ソーイング程度を「ソーイング」、ファッションの学校で習ったようなレベルのは「洋裁」としています。

その境目として、手持ちのミシン糸の量や質も分かれ目かと思います。

小さな巻きだけ、また、ロックミシンの糸がベーシックなものだけだったらソーイング。
色数がたくさんになったり、コーン巻きや絹ミシン糸、目的別の専用のミシン糸が加わったりしてきたら、洋裁かな?とも思います。
まあ、どうでもいいことなんですけど。

どちらにしても、出しっぱなしにしておくと、ほこりになったり日に焼けたりしますし、数が増えてきたら取り出しやすさも大事ですよね。

その、保管するツール、昔、作ってはみたけど使いにくかったのが、棒に差して壁に吊るすタイプ。
ほこりになるし、光に当たるし、糸でなくラベルが見えるだけで色がよくわからないし、掛けておける数だって全く足りません。
それにボビンは別に保管しなくてはいけません。

それからボビンとセットにしてケースにも入れておいたりしたんだけど()、いまは、引き出しに入れています。
ミシン糸を引き出しに収納

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'11.06 (Fri)

高齢者のパジャマも改造

肌着の改造()に続き、パジャマも前あきにしました。
衿がなくて前あきのものがほしかったのに、衿はないものの、かぶるタイプのものでもまあいいか、という感じで買ってしまったそうです。

でも、肌着のように前あきにできるならそうしてもらいたいとのこと。
柄や色が合わなくても外に着ていくわけでもないしと思い、手元にあった布を足して直してみました。
高齢者のパジャマを改造  高齢者のパジャマを改造
とても着やすくなったと父はごきげんでした。

今回は肌着もパジャマも新しいものなので縫いやすかったですが、何回か洗濯したものだと針の通りが悪いこともあります。
ロックミシンなどはあまりパワーがないせいか、止まってしまったりします。

そんなときは洋裁用品のシリコーンオイルなど利用するのもよいかと思います。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Sewing ソーイング  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'11.02 (Mon)

高齢者の肌着の改造

今日の「お題」の高齢者っていうのは父のことなんですが、肩が痛いそうです。

このまえ「だれでもその病気になるまでなかなかその痛さを理解できませんから、健康な人に伝えようと思っても無理な話です。」って書きました。(
申し訳ないことに今年、肩が痛くなって()やっとわかりました。

私の叔父が亡くなってからしばらく経ちます。
叔父と父は顔も似てるけど体型もほとんど同じなのでもらってほしいと、まったく新しい服や肌着がたくさん届いたそうです。

でも、肩が痛いと、かぶって着るものって、結構たいへんなんですよね。
たとえ、それが、ヘンリーネックでも、です。

だから、U首でかぶるタイプの肌着を前あきにしてボタンで開け閉めするように改造しました。
高齢者のための肌着

別の着なくなった綿麻の白の半袖シャから細長い布が8枚とれました。
前立て部分そのものも使えるので、U首の肌着5枚を改造することができます。
細長い布から作ったものはボタン穴かがりをして、いろんなワイシャツを捨てるときに取っておいたシャツボタンから薄いものを選んで付けました。

(この辺がいかにも【もったいないかあさん】だと、自分でも思いました)

面倒といえば面倒な作業なのでファスナップを利用するのもいいと思います。
1m500円、1着分250円くらいとすると、肌着に付けるのには少々高く感じられるかもしれませんけど、簡単に利用できてよいです。

娘のベビー服をつくるのに結構使っていました。
まだ商品として売られているのかな?と調べたら、まだ健在。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Sewing ソーイング  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'10.27 (Tue)

製図用紙

学生の頃からずっと使っている製図用紙。
学校の購買で買って、持ち帰ったり、ネットから注文して送ってもらったり。

[作図用紙] 純白紙代表ブランドの製図用紙 文化服装学院で使用される代表的作図用紙

線が透けて、丈夫なのがいいです。

先日スタジオでの撮影のとき、ロールタイプのトレーシングペーパーを光の加減を調節するのに用意されていました。
これも製図の線が透けて見えるので、使えますね。
割高かな?

ロールタイプは紙の丸まったくせがちょっと苦手です。
だからいつも使ってる製図用紙も買ったときは丸まっているけど、学校でやってたときと同じように、丸めたくせが付きにくい状態で保管しています。

でも、コートなど長いもののときは貼り合わせなくていいので、そこはロールタイプが便利ですね。
毎年、黒いコートを作ろうと思って、次の本の仕事の時期になってしまいます。
着物用のコートも作らないと、着物でお出掛けできませんし、果たして今年は作れるのか?
 

製図用紙(ハトロン紙)ロールタイプ地球印 純白ロール紙

[ 作図用紙 ] マーキングペーパー2.5cm間隔にドットの入った作図用紙 

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
free counters