fc2ブログ

All archives    Admin

03月≪ 2024年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2020'12.11 (Fri)

一日一花を愉しむ 花の歳時記


楽天ブックス→一日一花を愉しむ 花の歳時記366 [ 金田初代 ]

紀伊國屋書店→一日一花を愉しむ花の歳時記366

Amazon→一日一花を愉しむ 花の歳時記366

383ページ
西東社 (2020/11/7)
金田 初代 (監修) 金田 洋一郎(写真)
日本語

うちにはいろんな図鑑があります。
花や木などもいろいろあります。

でも、花の名前、木の名前、なかなか覚えられません。
自転車でお出掛けの時など、ポケットタイプのものなどは持ち歩くのにはいいんだけど、老眼になるとその本自体見るのもつらい・・・。

図鑑というのは、たいてい、字が細かいからです。
見ていてつらくなる。

これは図鑑という感じではない本なのだけど、図鑑のように楽しめるし、季節もわかるし、写真もお花にとってのベストショット。
何科の植物、花言葉は?などというのは図鑑の方にまかせて、この本は、花とその花にまつわるお話を楽しめます。

日本の花だけでなく、生活の中で比較的よく見かける花など多いです。
花屋さんの、というわけでなく、野山に咲いてる姿の写真。

ほんとに写真がいいのでおすすめの1冊です。

日本の花の本でもまた別におすすめがありますので、それはまた次の機会に。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

22:03  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.06 (Sat)

世界のかわいい小鳥



紀伊國屋書店→世界のかわいい小鳥

楽天ブックス→世界のかわいい小鳥 [ アフロ ]

159ページ
パイインターナショナル2014年10月10日:発売
上田恵介 :監修
日本語

この前の仕事、「フランスの花々と小鳥のクロスステッチ(記事はこちら)グラフィック社刊」のチェックをしながら、いや~、小鳥がこんなふうにクロスステッチになるなんてすばらしいとおもいました。

鳥のデザインは苦手、という方も小鳥は大丈夫、と、伺いました。
鳥は全部ダメという方もらっしゃいますから何とも言えませんが。
どなたもお聞きすると、鳥の目がだめなんだそうですよ。

私は鳥は見るの好きですし、デザインにも使いたいなあと思います。
この写真集を見ると、「フランスの花々と小鳥のクロスステッチ」は、よく特徴を捉えていてかわいい小鳥になっていると思いました。

こちらのかわいい小鳥の本も木や枝もいっしょに写っていて、全体的に鳥が小さめに思いましたけど、その分かわいさが出ています。

以前ご紹介したこちらの本の小鳥は写真が実物大しかなくてお手本としてみるにはちょっと小さいので、このような写真集を参考に羽根の様子など確認するとよいと思います。

やはり、刺しゅうでは小鳥や動物など羽根や毛があるものは、その流れに沿った方向に刺す方がしっくりいきます。
ただ、横に、あるいは縦にベタに埋めていく方法もありますが、本来の鳥の様子を知っておいても無駄ではないでしょう。


世界の美しい鳥も、まだご紹介してませんでしたが、いい本でした。
すでに絶版のようですが、それぞれの鳥が大きく写っていて見応え十分なので、もし手に入るようでしたら、鳥好きさんには今のうちに買っておくことをおすすめします。

英語名やフランス語名なんかが載ってたらうれしかったんだけど、図鑑ではないので、それはしょうがないですね。
鳥の日本名や大きさや写真の撮られた国の名前などが巻末に載っています。



まだ買ってはいませんが、ほかにもこのような鳥の写真がたくさん見られる本があります。



過去にブログに書いた鳥のクロスステッチの本はこちらなどがあります。

モダーン クロス・ステッチ 

Animaux de compagnie à broder au point de croix

デンマークのクロスステッチ Ⅱ花と小鳥 

Le grand livre des oiseaux au point de croix 

Les coeurs des 4 saisons 

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

22:23  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'03.09 (Sat)

〈折り〉の設計 - ファッション、建築、デザインのためのプリーツテクニック



紀伊國屋書店→“折り”の設計―ファッション、建築、デザインのためのプリーツテクニック

楽天ブックス→〈折り〉の設計ファッション、建築、デザインのためのプリーツテクニック【電子書籍】[ ポール・ジャクソン ]

304ページ
ビー・エヌ・エヌ新社 2018年3月16日:発売
ポール・ジャクソン:著
日本語

近頃買ってよかった本はありますか?と聞かれまして、よかった本はいっぱいあるんだけど、内容もいっぱいだし、興味あるし、おもしろかったのは、こちらの本。

洋裁も平面を立体にしていくものですし、折り紙も好きです。
20年以上前は折り紙建築がおもしろくて、はまってました。
紙が好きなのか、切るのが好きなのか、折るのが好きなのか、立体が好きなのか?

とにかく、平面から立体を想像するのが好きな人にはたまらなく、たのしく、おもしろい本です。

洋裁としては、全体の割合から見れば多くはないけど、興味深いプリーツもあります。

著者のポール・ジャクソン氏の本はたくさん出ていて、
「本書は、ペーパーアート&クラフトに関する書籍を30冊以上執筆経験があり、30年以上にわたり世界中の学生にプリーツテクニックを教えてきた著者、ポール・ジャクソンの折りのノウハウを詰め込んだ集大成とも言える1冊です」
という言葉で、この本を選びました。

読み応えというか、食べ応えというか、プリーツで頭いっぱい、おなかいっぱい満足~という本なので、質問の答えとしてはこの本がよかったですね、というところでしょうか。

ただ、発売から1年なのですが、楽天ブックスなどは紙の本は購入できなくて、電子書籍版のみが買えるようになってました。
紀伊國屋書店で買いました。

他の本は在庫があるものが多いので、集大成の1冊を買わなくても、いろいろあるとおもいます。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

22:43  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'12.14 (Fri)

気になる色から探せる! 配色セレクトBOOK

すぐに役立つ! 配色アレンジBOOK 以前、この本↑がいいよ~ってご紹介しましたけど、第2弾になるのでしょうか、さらに配色に役立つ本が、今日、発売になりました。アイデア広がる!配色バリエーションBOOK...
アイデア広がる!配色バリエーションBOOK



紀伊國屋書店→気になる色から探せる!配色セレクトBOOK

楽天ブックス→配色セレクトBOOK 気になる色から探せる! [ 久野尚美 ]

240ページ(色系統別セレクトカラー・インデックスと配色マスクシートの付録つき)
グラフィック社 2018年12月10日:発売 25日:発行
久野尚美:著
日本語

グラフィック社の配色BOOKシリーズ、第三弾です。

すぐに役立つ! 配色アレンジBOOK 記事はこちら 
アイデア広がる!配色バリエーションBOOK  記事はこちら

配色の本というのはそれまでもあったけど、このシリーズの第1弾が出たときは、配色の見せ方が独特で、とてもわかりやすく、画期的でした。

すばらしい本だと思っていたところ、その後、他の出版社からも、似たような見せ方、似たような名前、似たような内容の本が出るようになってきていました。
それだけ、影響力のあった本なんだと思います。

その本の第3弾は、気になる色から探せる!とあるように、テーマになる色と他の組合わせ、というまとめ方で、刺しゅう等をはじめとした手芸にも多いに役に立つ本になっています。

たとえば、私などはカラーリネンにデザインする、というのが多いので、つまり、地の生地の色が決まっていて、地の色がだいぶ見えているという前提で、その色に合わせたデザインを考える仕事の依頼が比較的多いです。

こうなると、土台の色はこれだから・・・とデザインしていきます。
テーマカラーが先に決まっているということです。

デザインを考えるという方もいらっしゃいますが、私にとっては、感じた何かを表現するのにまとめる・整理することがデザインするということのような気がします。

その表現は明確に、こう、と、出てくるときもあれば、なにかもやっとしてるときもあって、そのもやっとしたのを頭の中で整理してデザインにするのには、このような本があるとイメージが形になってきて、まとめやすいです。


着物の帯との配色を考えるとき、同じようなものを持って来るより、わりと補色など持って来ることも多く、そんなことを考えるのにもとても便利です。
きものって、形が同じだから、常にどういう色の組合わせにしようかと考えますよね。

そして、そこに帯揚げや帯締め、草履や羽織、羽織紐なんかも入ってくる。
常に配色を考えるのは、洋服以上です。

もちろん、ただめくってみているだけでも、いい本です。
しっくりくる色の並びは楽しく感じますね。


ところで、刺しゅう糸では私は色見本帳を作って、全部の色をながめてデザインしていきます。
とても便利です。

そして、この本にも付録として、色系統別セレクトカラー・インデックスが付いていて切り取ってたくさんの色を見比べることができます。
この一度に見るのと、めくってみるのとではやはり、使い勝手の良さが違ってくるでしょう。

ぜひ、手元に置いておくといいですね。

そして、配色マスクシートもついていて、他の色が目に飛び込んでこないよう、ひとつだけとりだしてしっかり確認できる「配色マスクシート」もついています。
的確な判断ができてよいです。

それから、もっと仕事として色を扱う方々にも納得の作りとなっているようです。
私はそこはあまりよくわかってないのですが、本文に出てくる色が一覧でわかり、印刷やWebで必要なCMYK, RGBそしてHEX (Web Safeカラーといわれる16進数カラーコード)値も全て掲載されています。


似たような本が出ている中で、どれを選ぶかと考えたら、やはり、色彩の専門家でカラープランニング・ディレクターとして実績のある著者が手がけ、地道に作り上げたこのシリーズの本が一番いいように思います。





テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

22:58  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'03.04 (Sun)

ボタニカル図案集


紀伊國屋書店→ボタニカル図案集 - 消しゴムハンコで作った素敵な手作りに役立つ珠玉の植

楽天ブックス→ボタニカル図案集 消しゴムハンコで作った素敵な手作りに役立つ珠玉の植 (レディブティックシリーズ) [ HUTTE. ]

80ページ
ブティック社 2018年2月27日:発売
HUTTE.(加藤絵利子):著
日本語

こんな細かい線を彫り出すことのできる方って、どんな方でしょうね?
365日の誕生花がスタンプされていて、英語名や花言葉も載ってます。

到底、このはんこを彫ることはできなそうですが、刺しゅうの図案にはいいですね。
はんこだから、1色、黒だけで押されてるのをどんな色にしようかと悩むもよし、はんこのように1色で刺すもよし。

本の中では刺しゅうの図案として使うと・・・という実用例も載っています。

スタイに結構渋いお花が自由刺しゅうで刺されているのですが、意表を突くというか、赤ちゃんこものなのにかわいすぎなくて上品でいいです。
大人っぽい雰囲気の図案は大人のアイテムにはもってこいだけど赤ちゃんこものにも合うっていうのは、図案の良さにあるんだと思います。

手描き → はんこ ということで、温かみのある線がとてもいいですよね。
表紙の雰囲気が本全体に一貫してありますから、表紙がいいなあと思った方にはおすすめです。


はんこの図案集ということで、詳しい刺しゅうのしかたは載っていません。
ステッチのしかたがわからない場合、あるいはやってみたけどうまくいかない方は、ぜひこちらの本をどうぞ。

基本の本とは言っても、アウトラインステッチの直線かカーブくらいしか説明されない刺しゅうの本も多いですけど、角を曲がる場合や、枝分かれする場合、刺しやすい方向、刺し方で線の雰囲気が変わることなど、他ではあまり触れられてない刺し方のコツを多く載せました。

今日もネットの3社をチェックしてみましたが、紙書籍版は相変わらず買えない状態が続いています。
ぜひ、本屋さんに足を運んで、赤い小さい本を見つけていただければと思います。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

テーマ : ハンドメイド - ジャンル : 趣味・実用

11:25  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.07 (Tue)

アイデア広がる!配色バリエーションBOOK

すぐに役立つ! 配色アレンジBOOK 記事はこちら

以前、この本↑がいいよ~ってご紹介しましたけど、第2弾になるのでしょうか、さらに配色に役立つ本が、今日、発売になりました。
アイデア広がる!配色バリエーションBOOK


紀伊國屋書店→アイデア広がる!配色バリエーションBOOK

楽天ブックス→アイデア広がる!配色バリエーションBOOK [ 久野尚美 ]

304ページ (ソフトカバー)
グラフィック社 2017年2月7日:発売 2月25日:発行
久野 尚美/フォルムス色彩情報研究所:著
日本語

前の本(すぐに役立つ! 配色アレンジBOOK )はデザインを考えるときに、なんとなくながめる本です。
オリジナルをデザインしなきゃいけませんからね、この本を見て同じようなものを考えるのではなく、自分がどういうデザインをするか、方向性を確認するためです。

新しい方の今日ご紹介のこちらの本、まず、手にとってぱらぱらめくって、何となくいいなあと思ったら、買い、ですよ。
その、何となくいいと感じる理由は色合わせにあることも多いかもしれません。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

13:05  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'07.15 (Tue)

切り絵作家 gardenの素敵な切り絵図案集



表紙が違うように見えるのは帯あり↑帯なし↓

紀伊國屋書店↓
切り絵作家gardenの素敵な切り絵図案集

楽天ブックス→切り絵作家gardenの素敵な切り絵図案集 [ garden ]

72ページ
朝日新聞出版  2012年5月18日:発行
garden:著
日本語

前にご紹介したこちらの本()より前に出ていた本です。
著者の本は気に入っていてこちらと2冊ときどきながめています。

レビューでもいっぱい、★★★★★という、文句なしな、素敵な本。
夏休みのお子さんの工作の参考にもよさそう。
集中力を養うのによいんじゃないでしょうか。
達成感もありますし。

夏休みの工作って、あとは保管にも困る、とか、ゴミになるはずのものをリメイクしてさあ、どうだ~、みたいなのが提案されてること多いと思うんだけど、あれもね、と思うのですよ。
工作ってそういうのが工作なんだとは思うんだけど。

同じ紙でもこちらは、飾って光を当てても、吊しても、贈ってもいい、のです。
この本で切り絵がもっと身近に利用できるってわかりました。

とてもすてきな絵なので、刺しゅうの図案としてもおすすめですね。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

14:50  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'07.01 (Tue)

すぐに役立つ! 配色アレンジBOOK

気がつけば7月。
色見本帳は何とか6月に作業したい思ってましたが、出版物は去年と同じくらいの仕事をかかえており、まだ準備ができません。
忘れているわけではないのです。
夏休みに手伝ってもらえるかもしれないのでそこで作業できるかもしれませんから、ご連絡いただいた方、もう少しお時間ください。

さて、しばらくお教室のほうはお休みしてますが、みなさまお元気でしょうか。
今日は、お教室の生徒さんがいいですよ~って教えてくださった本のご紹介です。
私も見ていいなと思ったので、そのあと買いました。

すぐに役立つ! 配色アレンジBOOK

304ページ:オールカラー
17 x 17 x 2.4 cm :サイズ
グラフィック社 2014年5月8日:発行
久野尚美:著
日本語

著者の久野尚美さんの「カラーテイスト配色ブック」がかなり評判がよかったですが、10年経って同じ出版社から出ているこの本もかなりいいです。
今日はこの小さくて分厚い本のほうがやっぱりおすすめなのでlこちらを。
「カラーテイスト配色ブック」は10年経っていますし、お手頃なお値段で買えるので、また、そのうちにご紹介したいと思います。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

09:19  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'06.17 (Tue)

ten to senの模様づくり



紀伊國屋書店→読む手しごとBOOKS ten to senの模様づくり

楽天ブックス→ten to senの模様づくり [ 岡理恵子 ]

160ページ
グラフィック社 2012年10月5日:発行
点と線模様製作所 岡 理恵子:著
日本語

アマゾンでは,
コンテンポラリーアート または手芸部門、紀伊國屋書店では工芸部門、 楽天ブックスでは染織・漆部門。
シリーズ名が「読む手しごとBOOKS」だそうですから、「おしゃべりKnit―ニット大好き、ときどきクロッシェ」(記事はこちら)と一緒のシリーズです。
読み物の要素もあり、捺染などの作業の取材などは写真も多く、見ても読んでも興味深いことが載ってる本です。
巻末の模様の紙も私にとってはながめるだけでも楽しいです。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

09:32  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'06.13 (Fri)

切り絵作家gardenの草花と動物の切り絵図案集


紀伊國屋書店→切り絵作家gardenの草花と動物の切り絵図案集

楽天ブックス→切り絵作家gardenの草花と動物の [ garden ]

72ページ
朝日新聞出版 2014年6月6日:発行
garden:著
日本語

アマゾンだと俳画・切り絵 あるいは作品集、紀伊國屋書店だとイラスト・カット、楽天ブックスだと ちぎり絵・切り絵の部門にはいっています。
だから、実用書、手芸、刺しゅう、洋裁などの分野の本でうろうろしているだけだと、見つけられないこともあるのですけど、おすすめのなかにあって、これは…と思って買いました。

切り絵もプロの作家さんの1日体験みたいなところに習いに行ったことがあって、とてもおもしろかったのですけど、その時もやっぱり花の柄を切りましたよ。
その作家さんは建物のある風景画みたいのが得意だったようですけど、こちらの本の切り絵作家さんの作品は刺しゅうの図案としてもとてもすてきだと思いました。
もう1冊も「切って、吊して…」とあるように飾ってある写真もステキで迷わず買いました。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

10:46  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'03.13 (Thu)

配色事典 大正・昭和の色彩ノート

配色事典―大正・昭和の色彩ノート


紀伊國屋書店→配色事典―大正・昭和の色彩ノート

楽天ブックス→配色事典

281ページ
青幻舎 2010年7月1日:発行
日本語

小さい本です…15.2 x 10.8 x 1.8 cm と。

今まで買った配色、色辞典みたいな本はある程度の大きさがあったので
意外に思うのかもしれませんが、
必要最小限の大きさでムダがない作りになってます。

紹介によると
本書の原本『配色總鑑』(全六巻)は、昭和八~九年にかけて刊行された。モダンで多様化する色彩の時代に、色の重要性にいち早く着目し、現在の色彩研究の礎をつくった和田三造によって考案された三四八の配色を収めた、知られざる名著『配色總鑑』を新装・改訂版として復刻。
とのことで、敗戦で多くがなくなってしまう前の文化的にいちばんすぐれた時代ともいわれているころの本の復刻版のようです。

びっくりすることに、後ろに切り取って使える色見本も付いていて、
印刷もきれいですし、かなりお得な本だと思いました。

というのも、学生時代のカラーコーディネイトなどの教材は切ったり貼ったりするんですが、
まず印刷はかなり上質でないといけませんし、
そういうのを勉強する学生、つまり需要がものすごく多いというわけではないので
教材の単価はものすごく高かったんですよね。

そういうのを覚えているから、このお値段でこの色見本を持っていられるのは
すごくいいことだとおもいました。


内容としては
2色の配色、3色の配色、4色の配色とあり、
2色は考えやすいかもしれないけど
3色、4色というのはけっこう悩むところなので、参考になっていいですね。

今まで紹介した、色の本は

日本の色辞典(
フランスの配色(
フランスの伝統色(
日本の伝統色(

などですが、
今まで紹介した本はけっこう読み物的なところも多いのですが、
この本は、それぞれの色合わせに対してコメントなどもないので
ちょっと、寂しくは感じます。

でも、なんどもなんどもめくってイメージを膨らませるのには
文章はなくてもよいと思いました。





テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

10:35  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'03.12 (Wed)

日本の色辞典 [ 吉岡幸雄 ]


紀伊國屋書店→日本の色辞典

楽天ブックス→日本の色辞典 [ 吉岡幸雄 ]

302ページ
紫紅社 2000年6月1日:発行
吉岡幸雄:著
日本語

日本語、染色、植物、古典、日本史、服装史…
などの興味のある方はお持ちになっていれば
時間があるとき手にとって、楽しむことができる本だと思います。

紹介で
万葉から江戸時代の終わりまでの染職人が行っていた、自然の植物から日本の色を出す業をたどる。日本の伝統色を、自然の恵みから得た染料や顔料をもとに再現し、色名にまつわる逸話や歌、物語などにもふれた色名解説の集大成
と書かれているように、他の色辞典に比べ、内容も濃いです。

レビューもおおむね好評ですし、
買ってだいぶ経ちますが、私もリビングに置いて時間があるとながめたりしてます。

これも、だいぶ前に発行された本なのでレビューもたくさん書かれてて
そちらを参考にされた方がいいのではと思います。


日本の代表的な色は何色かな?と思うとき
一つに桜色があるとおもいますけど、
もうすぐ桜の季節。

日本の色を意識して、お花見するのもよいかなと思います。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

08:36  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'03.10 (Mon)

いちばんかんたんな料理・雑貨・花の撮り方手帖

いま、色見本帳キットや色見本帳の写真を撮りたいと思っているんですが、まだ表紙もステッチできなくて、糸のカードにも掛けてなくて、作業は停滞しており、販売するとしてもまだ先になります。

キットの再販をお待ちになってる方…忘れているわけではないのです。

しばらくお待ちください。

さて、今日の本は…

いちばんかんたんな料理・雑貨・花の撮り方手帖 スタイリングを決めてテーブルフォトを楽しむ


紀伊國屋書店→いちばんかんたんな料理・雑貨・花の撮り方手帖―スタイリングを決めてテーブルフォトを楽しむ

楽天ブックス→いちばんかんたんな料理・雑貨・花の撮り方手帖 [ 窪田千紘 ]

144ページ:オールカラー
毎日コミュニケーションズ 2011年6月25日:発行
窪田千紘 :著
日本語

ちょっと別の本を買って、やっぱり写真が上手に撮れるといろいろいいことがあると思って買った本。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

09:37  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'01.22 (Wed)

すてきにハンドメイド 2014年 02月号

昨日の記事()の
「ちょいと書店まで行って買ってきます…」で
買ってきたこちら。


↑アマゾン

楽天ブックス→すてきにハンドメイド 2014年 02月号 [雑誌]
120ページ
NHK出版 2014年1月21日:発行

アトリエFilさんのすみれを見て
絶対買おうと思って買ってきましたが、
内容を見ると
かわいきみこさんのジャケット、
ほかにもビーズ刺しゅうや
かぎ針で編むリストウォーマー、
人気が出てきている水引細工など
今月は私にとって興味がある分野の放送が多いみたいです。

TVの放送以外にも
「風工房さんの身にまとうニット12か月」
「佐藤ちひろさんのステッチでつづるおとぎ話」
の新連載、
下田直子さんの「風呂敷に刺す小粋な刺しゅう」
海外竜也さんの「花柄とブラウス&チュニック」
などほかにもいろいろ載っていて、
手芸雑誌として楽しめる部分も多いです。

簡単だけどかわいいのが多くていいですね。

下田直子さんといえば、
京都でハンドクラフト展があるそうです。

パンフレットをもらったのですが、
それを見ただけでもちょっとワクワクする作品です。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

21:12  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'08.03 (Sat)

フランスの伝統色


↑アマゾン

紀伊國屋書店→フランスの伝統色

楽天ブックス→フランスの伝統色 [ 城一夫 ]
191ページ:オールカラー
パイインターナショナル 2012年9月10日:発行
城一夫:著
日本語

日本には日本らしい色があるように
フランスにもフランスらしい色がある、ってことで
よく知らないから買いました。

もともと、日本らしい色もよく知らずにいて
仕事で日本らしい色や柄のテーマで苦労したので
次はもっといい仕事をしようと日本の色の本を買いました。
(その時の出版物はこちら)、

すると、来る仕事は
東欧の色だったり(その時の出版物はこちら)、
北欧の色だったり(その時の出版物はこちら)。

それ以来、日本の色を使うお仕事は来てないんですけどね。

今回、自分で色のテーマを決めるとき
アイテムからいって、フランスがいいと決めたので
買っておいたこの本が役に立ちました。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

15:52  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'08.02 (Fri)

フランスの配色


↑アマゾン

紀伊國屋書店→フランスの配色

楽天ブックス→フランスの配色 [ 城一夫 ]

200ページ:オールカラー
パイインターナショナル 2011年4月27日
城 一夫:著
日本語

以前買った同じ著者のこちらもまだ紹介してなかったよう…

どちらもとてもよい本です。


2冊は似たように見えるけど
それぞれに違う視点から解説されていて
見るだけでなく読み物の部分もおもしろいです。

今日は、「フランスの配色」の方を。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

21:31  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012'02.04 (Sat)

野ばら社 花の図案 、図案辞典

こちらの本()を買ったり、
こちらの本()を買っているうちに昭和っぽい図案で、ちょいと味のあるものが欲しくなりました。

それと、「欲しい」以上にまだ勉強が足りないので「必要」もありました。

私のところに来る仕事って、私が「私らしいもの」を持っていないので、こんな感じで、と、「テーマ」みたいのがくるわけです。

私らしさを持っていれば、そういうものをと仕事が来るのかもしれませんが
(そうなると全く来ないかも?…冗談じゃなく)
ないわけですから、そのテーマに沿ったデザインをするべくたくさんの引き出しから探しながら考えていくしかありません。

そんな、いつ、どんなテーマが来てもよいようにと
参考になりそうな本を常に探しているわけですが、
あまり持ってない分野のひとつが昭和っぽいもの。

そこで、図案を探していて見つけたのが
野ばら社から出版されている本↓です。

パッチワークのこたつ上掛け

おこたつに当たってながめておりました。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

14:17  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'10.25 (Mon)

日本の伝統色

お守り袋の投票ありがとうございます。
現在トータルで26票。

ひきつづき、やっておりますので、
まだの方はよろしくご協力お願いします。

こちら、ステッチイデーVol.12の記事の一番下

コメントの中で、色がよかったというのがありまして、
これにはとても苦労しましたので
とてもうれしいコメントでした。

このデザインをするのに、テーマが日本ということで
いろんな資料を探したり、本を買ったりしたのですが、
その中の1冊がこれです。

日本の伝統色 配色とかさねの事典日本の伝統色 配色とかさねの事典
(2007/12/19)
不明

商品詳細を見る

176ページ:オールカラー(ソフトカバー)
ナツメ社 2007年12月19日:発行
長崎 巌 :監修
日本語

日本の色についての本はいろいろ出ているのですが、

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

10:05  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009'01.06 (Tue)

フランスのアンティークファブリック―フランスから届いた、色鮮やかな布

フランスのアンティークファブリック―フランスから届いた、色鮮やかな布フランスのアンティークファブリック―フランスから届いた、色鮮やかな布
(2008/11)
SUCRE CUIT

商品詳細を見る


ほとんどが写真ばっかりのページで
売っていたら買いたいなあと思う柄ばかりで
眺めていて飽きない本です。

結構厚い本なので、このお値段でも納得です。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

05:21  |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |