All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016'12.31 (Sat)

お汁粉、その前に

今日もお正月の準備で、ちっとも刺しゅうの仕事が進んでません。

今年最後の話題は、きもの、テキスタイル、料理の3つのカテゴリにまたがった手作りのお話です。

近年は娘を助手としておせちを作るので、以前ほど一人でずっとやってなくてもよくなりました。
しかも、なますやきんぴらごぼうのたくさんの千切りや、ねじり梅に切るニンジンの飾り切りなどは、娘がやるほうが上手で丁寧です。
持つべきものは娘、と、こういうときだけ思ったりします。

そういうわけで、26日から豆を煮る。
30日午前にひたすら野菜を切る仕事。
30日午後はおもにお煮しめを煮含める。
30日夜、すき焼き。
31日午前は田作り、お汁粉の小豆を煮るなど。
31日午後は盛る。
31日夜、天ぷらそば。

というのが、ここのところ何年かのスケジュールです。
15年くらいつけているおせちノートには毎年のおせち仕事と食べたものが書かれています。
せっかく作ったところでいらないと言われるきんとん(栗鹿の子のほうがいいと・・・)や酢ばす(なますがあれば、酢の物はそんなになくても・・・って)は作らなくなりましたし、伊達巻も昆布巻きも作らずに買うことになりまして、ちょっと楽させてもらってます。

さて、この、31日午前のお汁粉の小豆を煮る。
小豆から煮ていくわけですが、最初のゆでた汁は捨てます。
渋抜きといいますが、これ、けっこういい色なので、染め物をすることに。

少し黄色くなってしまったり、赤い染料の色移りのある、失敗しても惜しくない正絹の半衿2枚を染めました。
半衿と言っても、細かいしぼのある白生地を、幅を半分に切って半衿にしたものです。
小豆の渋抜きのゆで汁で染めた半衿
上が5回繰り返し染めたもの。
下は1回だけのもの。

夜撮った写真なので、色がちょっと違って見えます。
もうすこし桃色っぽい、というか、きれいな色です。
また後日に昼間の光で撮るつもりです。

さて、夕飯の片付けも終わりましたので、やっと仕事の刺しゅう始められます。
今年の暮れも仕事終わめと仕事始めがつながった大晦日の夜となることでしょう。

来年もよろしくお願いいたします。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  テキスタイル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'06.20 (Thu)

特撰 みやこ絞り器

日曜にTVで伝統工芸の有松絞りを見ました。

再放送のある地域もあるようです。

NHK 小さな旅

麻の葉の模様の角が尖っている、そのできばえに感動!

染める前に縫いしぼるのですが、
その縫われる方が70年針を動かしてきたその右手親指に感動!

多いものは1反で10万針も縫うそうですから、
針の当たる親指の爪は短くなって
針の当たる場所だけさらに奥に入ってしまったそうです。

ふと、思い出したのが
テキスタイルを勉強していたときの絞り染めの道具。

小学校などではろうけつ染めとかやると思いますけど
ロウで染料を入れないようにするのと同じで
糸でくくって鹿の子絞りなどをする道具です。

みやこ絞り器

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  テキスタイル  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
free counters