fc2ブログ

All archives    Admin

01月≪ 2024年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829

2019'05.17 (Fri)

手づくり手帖 Vol.21 初夏号


紀伊國屋書店→手づくり手帖 〈21(初夏号)〉

楽天ブックス↓

130ページ
日本ヴォーグ社 2019年5月17日:発売
日本語

青木和子先生のキットが付いているということで、予約したものが届きました。

作らないままのキットがたまっていってしまうので、年間購読はやめちゃったのですけど、必要な時には買います。

やっぱり、いちばんよかったのが青木先生の色をテーマにした作品で、これだけで、買ってよかったと思いました。
キットもそのままとっておくのでなく、なるべく早く形にしておきたいです。


他には着物好きとしてははずせない道明の帯締め、組紐の話。
私も1本だけ持っているのですけど、とても締めやすく、不思議だなあといつも思っていました。

それから、編みもののはおりものも特集されててよかったです。
近頃は冷房もきついし、日差しも強いので、出掛けるときは長袖ばかりです。
こういうのをバッグに入れておくと安心ですね。

吉岡幸雄先生の染色、今回はみょうばんのお話も興味深かったです。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

20:11  |  いろいろが一緒の本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'04.01 (Mon)

すてきにハンドメイドテキスト2019年4月号

今日から4月で、新年度で、新元号も決まって、世の中切り替わった感満載ですし、桜も咲いているんでしょうが、出掛けられるわけでもなく、ただ淡々と家のことをやってます。

TV番組などが新しくなったり切り替わったりして、春だからテキストも4月はちょっと力を入れてるのか、すてきにハンドメイド2019年4月号を見たとき、ちょっとほしいなと思いました。

手縫いのブラウスと刺しゅうのバッグがかわいかったので買いました。



紀伊國屋書店→NHK すてきにハンドメイド (2019年4月号)

楽天ブックス→すてきにハンドメイド 2019年 04月号 [雑誌]


和裁とまではいかないけど、きものなどをいじっていると、やっぱりミシンじゃなくて手縫いよねって思います。

余談ですが、襦袢の替え袖か何かを縫うのに手縫いがいいというのを読みました。
私もそう思ったのですが、理由は全く違いました。

ミシンだとつれてしまってきれいに縫えないから、手縫いがいいというのが理由のようでしたが、私が思うには、ミシンだからきれいに縫えないというのは、ミシンの糸調子などベストの状態で縫ってないからだと思います。

ベストな状態のミシンで縫うのと比べて、それでどちらがと言っていただきたいです。

縫い目の構造の違いなどで手縫いはやわらかく仕上がるとおもいます。
だから、手縫いはいいと思っています。

以前、手縫いで仕上げたブラウスは、気に入ってまだ着ていますよ。
記事はこちら
手縫いのリネンブラウス

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

22:33  |  いろいろが一緒の本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'11.29 (Sun)

手づくり手帖 Vol.07 初冬号




紀伊國屋書店→手づくり手帖 〈7(2015初冬号)〉 特集祝祭の手づくり

楽天ブックス→手づくり手帖(7(2015初冬号))

表紙が水引、ということで、誰でも作れる付録の方も水引です。
お正月を前にちょうどいい企画ですよね。

つまみ細工も載っています。
つまみ細工と言えば、子どもの頃やったくらいで、針も糸も使わないからこのごろは作らないんだけど、またやってみたくなりました。

かぎ針編みのストールは副資材を足している、具体的な例として、そのまま売っていてもイメージがわきにくい副資材の活用のしかたがわかりやすく提案されていると思いました。

日本の色についての読み物ページ、7回目は蘇芳の赤です。
知らなかったことばかりで、興味深く読むことができました。

同じくストッキングについての読み物ページは西洋服装史を勉強したときにもおそらく目にしなかったようなカラーの写真や「ふくらはぎ」の不思議についても書かれていて、これまたおもしろく読めました。

今回の本は若干縫い物感少なめではありますが、「洋裁日和」は茅木真知子さんの初心者でも扱いやすいウールで作ったブラウスやワンピースです。
もちろん作り方も載っています。

水野佳子さんの4ページには小林アイロン(温度調節機能のないもの)や足踏みミシンなどなつかしい道具の写真も多く、また、白いピンタックシャツは作り方も載っています。

刺しゅうは日本刺しゅうの技を絹糸でなく、綿の糸で気軽に始められるように提案されていて、それもまたいいなあと思いました。

詳しくはこちらで。
手づくりタウン→手づくり手帖Web

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

16:46  |  いろいろが一緒の本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'04.02 (Thu)

「ハンドメイド日和」と「ハンドメイド日和 vol.2」



紀伊國屋書店→ハンドメイド日和 - 今話題の手芸がいっぱい詰まった1冊!

         ハンドメイド日和 〈vol.2〉 - 今話題の手芸がいっぱい詰まった1冊!

楽天ブックス→ハンドメイド日和

        ハンドメイド日和(vol.2)

96ページ
ブティック社 2014/8/25 と2015/3/23 :発行
日本語

ある日、TVを見ていて思ったのは、布・糸関係の針仕事を見るとやりたくなるが、もうこれ以上手を広げちゃいけない、ということ。
時間もないし、材料や道具を整理整頓しておけなくなるから。
手も眼も、なるべく使わないようにしてあげたい…。

でも、今やっている仕事は、何か一つのことだけでなく、針仕事全般とそれ以外にも興味を持って、いろんなアンテナを張り巡らしておくことが必要なので、せめて、情報くらいは集めておかなければと思い、この本も買いました。

テーマ : ハンドメイド - ジャンル : 趣味・実用

08:06  |  いろいろが一緒の本  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.09 (Tue)

スウェーデンから届いたハンドワークリネン&ウール



紀伊國屋書店→スウェーデンから届いたハンドワークリネン&ウール―心地いい手ざわりとていねいな暮らしのアイデア

楽天ブックス→スウェーデンから届いたハンドワークリネン&ウール [ ア...

136ページ
NHK出版 2014年7月23日:発行
アンマリー・ニルソン:著
日本語

アンマリー・ニルソンさんの和訳本はニットに関する本だけだったようですが、今回はニットに加え、ソーイングやリメイクといった縫い物も載っています。
リネンとウールという天然素材を使って暮らしの中のものを手作りするアイデアがいろいろです。


テーマ : 編み物 - ジャンル : 趣味・実用

05:10  |  いろいろが一緒の本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |