All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'03.15 (Wed)

細畝コーデュロイのワンピースからワイドなパンツ

ステッチイデーVOL.25の発売まであと4週間ほど。

紀伊國屋書店→ステッチイデー 〈vol.25〉

楽天ブックス→ステッチイデー VOL.25

ステッチイデーでの手の撮影の時、爪は伸びてるし、ささくれはあるし、で、困ったものだと書いたのですが、できあがったページなど見てみると、指先のひどい部分は全然写ってなかったです。
よかった!
今後、いくら忙しくても撮影の前の手のお手入れは気をつけたいと思います。

原稿を書き続けてて、ペンだこ盛り上がってきましたよ。
刺しゅうしてる手の写真を写してもらうころは、今度は作品づくりでペンは持たないでいる時期でしょうから、ペンだこはなくなってるかもしれませんね。

現段階では針よりペンを持つ時間が圧倒的に多いです。

さて・・・
もうだいぶ前の話ですが、生地はよかったのでちょっとリメイクしたお話。

家の中で着るホームドレスです。こちらの本から、パターンに手を加えて作ってみました。リネンの服作り...
細畝コーデュロイのワンピース


2008年に作った服。
図書館で借りた本から作ってみたこちらは結局、家の中で1回着たきり。
綿100%で冬でも静電気が起きなくてよかったんだけど、なにしろ腕が上がらないのが気に入りませんでした。

ずっとリメイク用にしまわれていました。
ヨークのあたりからばっさり切って、下の広い生地だけ使って、家の中用のパンツにしました。
パターンも何もなく、またぐり部分をチャコナーで適当に印を付けざっと縫っただけ。
細畝コーデュロイのワンピースからパンツ

題名にパンツと書いたものの、短いガウチョというか、スカンツというかスカーチョというか、古いと言われてもキュロットが1番合うような形のものができました。
この冬活躍して何度か洗ったけど、白っぽくもならず、生地としてはわりとよいもののようでした。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.13 (Mon)

竹のかごの修理

関東の冬は晴天の日が多く、干し野菜を作るのにはよい天気が続きます。
そんなで、もう、15年くらい使ってるかごも、頻繁に使うのでときどき、壊れます。
そして、直します。

いつもは、ほつれた、はずれた、程度だったのに、こんどは、竹が折れてしまいました。
干しかごの修理
さあ、どうしよう。
2つ買ったので、もう一つあるわけですし、網部分だけはずして、台だけつかってもよいけど、やっぱり、捨ててしまうのはもったいない。

ということで、竹部分を何とか補強してみようと。

竹って・・・

どこかにないかと思って探してみると、

テーマ : 和文化あれこれ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.04 (Sat)

カーディガンの衿の繕い

ほつれなどは、気づいたら早めに直す方がいいに決まってます。
私がいつも忙しいと言ってるので、遠慮してくれてたみたいなんですが、穴などはさらに広がるから、早めに言って、と念を押しておいたら、今度は早めに修理に出してもらえましたよ、こんな穴。

ウールのカーディガンの衿部分。
カーディガンの衿の繕い裏面
用意するのは毛糸。
中細くらいでよさそうでした。
紺も持ってたけど、どちらかと言えば黒が近く、黒で直しました。


テーマ : 編み物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'11.18 (Fri)

シャツの白さを長く保つには

台襟付きシャツカラーをお教えする機会がありまして、オリジナルのテキストなど書いたり、パターンを起こしたり、お手本になる見本(これは学校で教えていた時は標本と呼んでいたんですけれども)を作ったりなどしました。

生徒さんの希望を聞いてからパターンを起こして試しに縫って、半分は完成させて、半分は途中段階で縫うのを止めておいたり、別に部分縫いを用意したりします。

刺しゅうのお教室でも洋裁でもそうですけど、オリジナルのテキストを書いてお渡ししています。
だから、準備には手間と時間ががかかるのですけど、おうちに帰って一人でもできるようにするには、必要かなと思っています。

そして、台衿付きシャツカラーを教えるのであれば、教える日は自分でもそういう衿のを着て行きます。
ここがこうですと、見せることもあったりするので、このときはうっすら黒ずんでいるようなものを着て行くわけにはいきませんね。

このシャツは買ったもので、すでに6年は着ているのですけれども、まだまだきれいです。
白地のシャツ
白いシャツ、しかもすこしポリエステルの入ったものって、だんだん、グレーになっていったりしますよね。

だから、白いシャツは、ほかと一緒に洗わないのが長持ちさせるコツでしょうね。
ほかのものと一緒に白くなる強力な洗剤を使って洗うより、普通の洗剤を使って、白いシャツだけで洗うほうがいいと思います。
たったひと手間ですが、めんどくさがって一緒に洗っちゃってたシャツとは、ずいぶん違います。

こちらのシャツも、洗剤液を作った一番最初にたらいの中で手洗いし、取り出した後の洗剤液はほかのものを洗うのに使っています。

絹、ウール、などはまったく別にして、弱アルカリ洗剤に耐えられる洗濯物は、白いもの、白っぽいもの、黒っぽいもの、と分けて洗うのがだいじですね。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  衣類の手入れ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'11.17 (Thu)

裾バンド

ステッチイデーVOL.24も発売から1か月過ぎました。

表紙の作品はUVカットのアクリルケースに入れ、リトルスティッチ(★)さんに飾っていただいてます。
ステッチイデーVOL.24 表紙作品 ソーイングケース フラワーバスケット
内側も見られるようにしておきましたよ。

ところで、今週、リトルスティッチさん(★)に入荷したのはフランスのチャートだそうです。
オーナーが大好きっていうデザインだから、上品さとかわいさを合わせもっているものが多いです。

アマゾン→ステッチイデー VOL.24

紀伊国屋書店→ステッチイデー vol.24

楽天ブックス↓


さて・・・

少し前の話になりますが、スカンツの裾がトイレで床についてしまいそうになる、と、娘が言ってました。
私も昔、若い頃、これに似た形のを履いていたこともあったし、全体に幅の広いパンツでも、化繊のものなどは、テロン、テロンとしてて、スルッと落ちてしまうこともありました。

昔はマジックテープともっとしっかりした幅広ゴムで作ったかな?
たしか、母がバス旅行に行ってトイレに行くときに困ると話していたので作ってあげたという記憶があります。

そんなわけでで、幅広パンツの仲間、ガウチョパンツが流行りだしたころ、娘のためにありあわせの材料で作ったのがこちら。
裾用ベルト

ゴムテープ部分を縫っただけですが。

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016'11.14 (Mon)

子どものフルジップジャケットからポットカバー

昨日はスーツを作るのに裁断して残った布を使って作品を作った話を書きました。
今日は子どもがたった一度しか着なくてとっておいた冬のふかふかのはおりものから、ポットカバーを作った話です。
ジャンパーからホットカバー
※ 写真は裾つぼまりですが、ふつうに寸胴です。

ほんとに娘が小さい時のだったんですけど、一冬で着られなくなり、たしか一度しか着ないのを、捨てるのはしのびないのと、チェック柄がちょっとかわいかったので、ぬいぐるみでも作ろうかと思って取っておきました。

そしたら、実家のポットカバーが、もっと厚手だといいのにと思ったことがあり、そのとき作ろうと思いました。

ファスナーがついてるまま作ろうと思ったら、いちいち開け閉めは面倒という話になり、つまむ部分もいらないから、がっとつかんで、外せるのがいいということで、ファスナーも外し、つまむ部分もつけないことにしました。
こういうのは、その場で作ったほうがいいので、袖などの部分は切り落として、ロックミシンをかけて実家に持っていきました。

ジャンパーからホットカバー

ポケット辺りを外したりするのは手間がかかるので、付けたままにしてあります。

かなり保温性の高いカバーとなりました。
以前の青っぽいポットカバーより、見た目もあったかい感じです。
真冬仕様ですね。

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'10.07 (Fri)

腕時計の電池替えに続き革ベルトの取り換え

壁掛け時計、目覚まし時計も含めて置時計、腕時計、いくつもが立て続けに電池が終わりました。腕時計も自分のもの家族のものと止まってしまったので、電池を取り換えました。傷んできたベルトも取り換えました。・・・時計の電池替え



電池の取り換えの話の続きです。
ボタン電池もいろんな種類があり、なかなか売ってない電池もあります。

ときには電池交換の際、パッキンも切れているのに気が付いたりして、パッキンを取り換えることもあります。
これは取り寄せてもらったりしたこともあります。

でも、いまは、スマホなどで時間を確認する人も多いですからね、腕時計をする人が減ったのでしょうか、そういった取り寄せてくれるお店も、近くではなくなってきてしまいました。
同じように革ベルトの置いてあるところも減ってしまいました。
ん?革バンドというのかな?

で、革ベルトはいつもいい状態にしておかないと、私のように時計自体をなくすという最悪の事態になります。

忘れもしない、革が傷んだ状態ではめていて落としたことがあり、もう、それは一番いい時計でしたのでショックでした。
それ以降、傷み始めたら迷わず取り換えるようにしています。

まずは、ベルトの幅を測って、あるいは時計そのものを持って行って腕時計の幅に合った革ベルトを購入します。
腕時計の革ベルトの取り換え
このとき、時計の縁の色と金具の色が同じになるように気を付けます。
ゴールドならゴールド、シルバーならシルバー。(あえて、変えてもよいですけどね、普通同じかと。)
なかにはそこを換えられるよう金具だけシルバーとゴールドがセットになっていてどちらにでも合うようにしてあるものもあります。


テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.27 (Tue)

時計の電池替え

壁掛け時計、目覚まし時計も含めて置時計、腕時計、いくつもが立て続けに電池が終わりました。
腕時計も自分のもの家族のものと止まってしまったので、電池を取り換えました。
傷んできたベルトも取り換えました。

お勤めしていた頃、腕時計が好きで、高くはないけど、服に合わせていくつか持っていました。
当然、はめていてもはめてなくても電池が終わってしまいます。

はじめは電池はお店にもっていって取り換えてもらってましたが、数が多いと出費もかさみます。
そのころから、自分で取り換えるようになりました。

ボタン電池はお店で買えるので、道具を一つ買っておけば、手順は簡単。
腕時計の電池替え

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

 |  手入れ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'08.30 (Tue)

リネンのシーツからピローケース

去年も今頃、リネンのシーツからリネンタオルにした話()を書いたのですが、今日は、そこまでばらばらにしないでピローケースにした話を。

枕カバーと書いてもよかったんですが、、枕をくるむ感じが枕カバーで、袋状のリネンに入れるのがピローケースのイメージなんです。

去年リネンのシーツについて書いたときはシーツを9等分してリネンタオルを8枚とりましたが、こんどは、こんな感じ。
リネンシーツをリメイク

ピンクの部分はいつものように薄くなってしまいぼろきれに。
薄緑の部分はまたリネンタオルもできますけど、表1枚、裏も1枚のピローケースに。
水色の部分は片面2枚、片面は1枚の袋状に縫ってピローケースを2枚作りました。

ほんとは4枚のピローケースを裁ちだすことができるのですが、頭に触れる面を2枚にしたほうが、肉厚になってよさそうと思いまして、そのように作ってみました。

枕カバーってひもで結んだりするけど、ピローケースだと取り外しも時間がかからなくていいようにおもいます。
ただ袋状に縫うだけだから、手間でもないし。

リネンは熱伝導率が高い、大げさに言えば金属に触ってヒヤッとするようなものだといいますが、たしかに金属に触ったみたいに熱を取ってくれるので気持ちいいのですね。

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'08.17 (Wed)

レースの衿の黄ばみを取る

白いシャツやブラウスの衿の折れる部分、わきの下など、気が付くと変色してることって多いです。
しっかり洗ってるつもりでも、半年保管している間に落としきれなかった汗や汚れが変色して黄色っぽく、茶色っぽくなってたりします。

日ごろから漂白剤を併用したりもしますし、衿だけ固形の洗濯石鹸で汚れを浮かせてから洗ったりもしますが、夏によく着ていたものなどは、春に出してみたら黄ばんでいた、ということがありますね。
これがそうでした。
レースの黄ばみ
このブラウスは、台襟付きシャツカラーで、上衿のほうはレースを載せてあります。
ちょうど折れる部分が首に当たりますから、汚れがたまりやすいですよね。

とはいえ、台衿のほうも少し変色していました。
やはり落としきれなかった汚れが蓄積したのでしょう。

そこでいつものように液体の酸素系漂白剤と重曹を塗って蒸気を当ててあとは普通にお洗濯。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  衣類の手入れ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.15 (Fri)

このボンドなら・・・

眼科にまた行ってきまして、これで、ひとまず眼科は終了。
予備軍の結石のほうは、しばらく放っておいて大丈夫のようです。

老眼の方は以前、年相応といわれただけあって、いまや、ルーペ無しで針仕事ができなくなりました。
細かい作業が多いので、ハズキルーペは壊れるほど使い、鼻パッドがどうしても直らないので、新しい方()を使っています。

でも、古い方だって、レンズは大丈夫なんだから、鼻パッドだけどうにかなれば、使えるだろうと。
鼻パッドは2つのうちの、片方の爪の部分が折れていて、くるんと回ってしまう上に、抜けてしまうのです。
取れた鼻パッド

いろんなボンドを試してみました。
これで何個目でしょう?
鼻パッドは軟らかいプラスチックで、レンズの方は硬いプラスチックです。
よくあるタイプのボンドだとすぐに取れちゃうって感じ。
アクリル樹脂とポリエステルエラストマーという素材をくっつけたいのだけど、付くのかどうかはわからないまま買ってみました。

もしかしたら、こっちがよかったのかも?

でも、ひとまず、くっつきましたよ。

ただし、「皮ふや飲食物が直接触れる部分の接着・補修には使用しないでください。」とのことなので、はみ出さないように、くっつけてみました。

追記:

      なんとまあ、ヘビーに使っていたら、また取れました。
      再度、挑戦しましたが、また取れました。
      というわけで、ポリプロピレンなどもくっつくこちらで。
      今度はどうかな?
      

ところで、熊本の方の地震大きかったそうで、心配です。
昨日の夜は、熊本より少し前に、東京でも下からずしんと来るかんじのがありました。

ほかにも台風、それに50年に一度という激しい異常な雨の降り方や竜巻、突風、それらによる水害や崖崩れや・・・。
日本に住む限り、どこにいても同じようなことが起こると言われていますから、改めて防災についてもう一度よく考えておかないといけないと思います。


テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.08 (Tue)

ジーンズ生地は鍋みがき向き

本や服など減らそうと整理しています。
本はいつものように、本そのままを寄付するんじゃなくて、お金にしてからの寄付()になるように箱に詰める準備をしてます。
着ない服、着られなくなった服は使えそうな部分をはずしたり、あきらめてそのまま捨てたりしています。

その中で、ジーンズは、以前リメイクもしました()が、はぎれ部分が残りますし、サイズや形、素材によって、どれもこれもリメイクできるものでもありません。
それにそんなにたくさんのバッグも必要ないし。

で、ジーンズやデニムの残り切れは、ただ、切って、取っておきます。
目的は、鍋みがき、シンクみがき、など、クレンザー系のものをつけて磨くためです。

スポンジだと研磨剤が入り込んでしまうので、汚れをかき取ってくれないそうです。
だから、布に付けるとよいようなんですが、布の中でも向いているものがデニムで、繊維の構造から言って平織りなどよりもしっかり磨けるそうですよ。

この前の石焼き芋を焼いたお鍋も、かなり高温になるため、うっすら付いていた汚れも焦げになってしまうので、焼き芋の後は鍋みがきをすることが多いです。
ル・クルーゼもシラルガンもときどき磨いています。
デニムで鍋みがき

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

 |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.06 (Sun)

竹の泡立て器

ココアや酒粕で作る甘酒のために、小さな竹の泡立て器を使っていました。
マグカップで使う大きさ。
泡を立てるというより、きれいに攪拌するため。

壊れました。
竹の泡立て器修理

しっかり形を保ってもらうために、たこ糸で編むようにして6本を固定しました。
竹の泡立て器修理

これって、売ってたときはただ差し込んであったのか、それともボンドで止めてたのか、あっけなく抜けてばらばらになったので、たこ糸を使ってすき間を埋めて押し込みました。
ボンドは使ってません。

竹の泡立て器修理
金属でないので、カップと当たってもいやな感じがないので、木や竹のスプーンなど好きです。

そういえば、この冬、麹から造る甘酒を作ってませんでした。
八海山の酒粕を結構買っていたので、酒粕から作ってしまうことが多かったです。
麹から作るのとは別物ですけどね。

酒粕はすぐには溶けないので、料理の本などではすり鉢ですりつぶすなどと書かれています。
でも、お湯に入れて電子レンジにかけると膨らんで、泡立て器などで混ぜるとすぐに細かくなります。
そんなわけで、竹の泡立て器があると、お鍋など使わなくても一人分をマグカップですぐに作れるので、便利です。

ココアもちょっと前まではココアパウダーをお鍋で練って火を加えて作ってましたが、いまは一人分なら、溶かすだけのココアをマグカップで混ぜるだけで済ませてしまいます。
前は、お湯で溶くだけのココアは甘すぎて飲めなかったんですけど、今年は甘くないのを見つけたのでわりとよく飲みました。

この缶入りは何度か買ってます。
たっぷり入ってます。
缶のデザインがかわいくて、中身が空っぽになったら、クッキーや、グラノーラなどを入れたりしています。
バンホーテン ココア ノスタルジック 缶 500g

バンホーテン ココア ノスタルジック 缶 500g
価格:1,502円(税込、送料別)

テーマ : ティータイム - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'02.25 (Thu)

かけはり器の修理

かけはり器。かけはり、掛け針、掛針器。くけ台とセットで使うことが多いわけですが、...
かけはり器とくけ台


以前、かけはり器の黒いゴムが劣化していて、白い三河芯をはさんだら、黒い跡が残ってしまったことを書きましたが、、バネの方もしっかりしているので、直すことに。

直すって言っても、ゴムを取り替えるだけなんだけど、ゴムはどうかなと思って、本革の裏側が、すべらなくてよいのでは?と牛革にすることにしました。
豚革は普通出回っている物は薄いですし、端っこはたくさん残っているこちら()、つまり、ある程度の厚みのある革の端を使いました。
もちろん、色落ち色移りは困りますからね、タンニンなめしなんですが、染めたりしてなくて、水につけても色落ちしないのを確認しています。

黒いゴムは目打ちをブスッと刺して、押し出せば簡単に取り出せました。
かけはり器の修理

ボンドでくっついているわけでもなく、はめ込まれていただけのようでした。
(もう一つのいつも使っている方は硬いプラスチックが入っているので、これは取れないでしょうけど)

本革は8㎜の丸いのを2個用意すればいいだけです。
レザークラフトに使っている、8㎜の丸のくりぬけるパンチとゴム板を使い、木槌で打ちます。

テーマ : 和裁 - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'12.10 (Thu)

ブラウスのウェストがきつくて

以前は7号を着ていたけど、今は9号。
特におなかと背中にぜい肉が付いたのはたしか。

十数年ぶりに会った友人は、いまだ7号だそうで、たしかに細い。
彼女は運動してるから…えらい!

さて、運動をしてない私は、ウェストが細く見えるから気に入って買ったブラウスも、きつくなりました。
縫い代は1㎝~1.2㎝くらいしかないけど、切り替え線を含めて6カ所×2で、0.1㎝ずつでも1.2㎝は幅が出る計算。
0.2㎝とすると2.4㎝。

うまいつながりの線にするように考えながら縫い直してみました。
ブラウスのウェストの幅出し
ブラウスのウェストの幅出し

このほどいた方のミシンの跡(穴)はアイロンで消します。

6本縫ってみたら、何とか着られました。

太って着られなくなったとあきらめるのも思い切りがよくてよいけど、直せるものは直して最後まで着てあげたいと思うのですよね。
もったいないですから。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  衣類の手入れ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'09.19 (Sat)

キッチンエイドの修理

洋裁より、刺しゅうより、お菓子を作るのが好きだった時期や、そのお菓子より自家製天然酵母のパンを作るのが好きだった時期があります。
でも、お菓子はつい食べてしまうし、パンのほうも、和食の方が好きだし、その頃に比べるとずっと作る機会が減ってます。

そう、子どもが小さい頃は毎日のようにお友達が遊びに来て、いろんなおやつを作ってあげたり、パンも焼いてあげたりしてました。
楽しかったです。
お友達の一人はインフルエンザにかかってうなされているとき、○○ちゃんのおかあさんのハムマヨパンが食べたいと言ってくれたそうで、いまでも思い出すとうれしいエピソードの一つです。

さて、そんなお菓子作り、パン作りを支えていた、よくあるキッチンエイドよりパワーのあるキッチンエイド。
ボウルを腕で支える形が家庭向きのに比べ壊れにくいと聞いたのも買った理由の一つでした。
家庭用ミシンと職業用ミシンくらいのパワーの差があるといった感じです。
(かといって工業用ミシンほどではないというか…)

買い物に出る時間がないから仕事しながらパンを作ろうと思い、パン生地をこねていると、突然、回転が止まり、さわっただけで白いふたみたいなところと、下の写真の銀色のギアの軸部分が下に落ちました。
kitchenaidキッチンエイド写真は本体をひっくり返し、銀色の部分をはめて戻したところ。

こういうのって説明書みても載ってるものじゃありません。

そういえば、前に別の部品がはずれたとき連絡しようと思ったら、買ったお店がネットから消えていました。

いつかネットで調べたら、正規輸入品じゃなくて並行輸入品のを直してもらうのって送料やらなにやらすごくかかってしまうとのこと。
その時は工夫して乗り切りましたが、今回もしょうがないので、半分あきらめモードでしたけど、じっと観察してみました。

そしたら、どうもこわれたというより、はずれただけということに気がつきました。

でも、下からのぞいたくらいでは気づかない溝があって、それをきっちり合わせる事に気づくまでは、どうやっても元の形にさせられなくて、困りました。
本体をひっくり返すことではめることができました。

そのあと、白い部分をはめるのには力が必要でした。
ま、ここも、なんとかクリアしました。

キッチンエイドは単純にできているときいてたのですが、機械って、そういうものの方がながもちするんでしょうね。
はずれただけなので、またしばらくは大丈夫かと思います。

私の職業用ミシンも、自動糸切りもなく、今時普通の機能はないですけど、長持ちです。
小林アイロンもサーモスタットはあるけど、30年現役。
その間に蒸気の出るスチームアイロンは2台壊れましたけどね。

ミシンもアイロンも私の手より長持ちしそうです。

以下、キッチンエイドがまた壊れたときの記録として、はずれたのを戻している、途中からの写真。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'08.10 (Mon)

穴のあいたリネンシーツ

今日も好調な滑り出しの「パリのビスコーニュのクロスステッチ」の宣伝といきたいところですが、肝心の本が届いてないので、今朝してた針仕事から。
「四十肩」の次は「穴のあいたシーツ」と、あまり響きのよくない題名が続きます。

ずっとリネンのシーツを使っています。
リネンでも綿でも何年か使っているとシーツの真ん中辺りがだんだん薄くなって、ちょっと爪か何かが引っかかったと思ったら、びりっ!

これをまずはリネンタオルに。
それも使い古したら雑巾として。

よく洗ってやわらかくなったリネンて雑巾にすると、お掃除が楽しくなっちゃうくらい、繊維は残らないし、汚れをかき取るように拭くことができて、ガラス窓もぴかぴかになりますね。

シーツで、だいたい穴のあくのは真ん中。
穴の開いたリネンシーツ

だから、9枚に裂くか、切ります。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.09 (Thu)

白いシャツのお洗濯

ここのところずっと雨。
洗濯物もなかなか乾かないから、お風呂場の乾燥機を使ったり、ふんわりさせたいタオル類のときはドラム式の洗濯機の乾燥機能を使ったりしてます。
ここだけは省エネじゃないかもしれないけど、夏もエアコン使わない生活でその分を節約です。

洗濯物がにおう!ということの対策の一つです。
他にも対策を考えますが、お洗濯に関しては毎日試行錯誤で、さらによりよい方法を探るのがおもしろいです。
つけ置きした方がいいもの、濃い色のもの、手洗いした方がいいものいろいろあるので、日によって洗うものやその日の予定は違うので、順序や方法はいろいろ。
お洗濯って毎日が実験みたいなものですね。

今日は、白いシャツのこと。

白いシャツ、ブラウス、多いです。
オフホワイトのものも多いです。

基本的に白いシャツは、他のものと一緒には洗いません。
だからといって、何枚も白いシャツだけをためて洗うというわけにもいかず、手洗いになることも多いです。

最初の洗濯液で白いシャツを、たらいで洗います。
以前にも紹介している白いタブトラッグスです。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  手入れ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.17 (Wed)

傘にアイロン

まえに20年も同じ傘を使ってるというのを書きました。

どちらかというと折りたたみを使うことが多いからでしょうね。

使っていると傘の布の織れてる部分が、水をはじかなくなります。
防水スプレーをかけるのも一つの手かもしれませんが、もともと防水の布だからアイロンがけで復活します。
そのほうが楽だし、経済的だと思うんですよね。
防水スプレーはアイロンをかけてもダメになったときにすればいいのかなと思ってます。
いまのところ、どの傘もアイロンがけで復活してますから、何とも言えませんけど。

ちょうどこての形の小さいのを使っているところでしたので、ついでにかけました。
もちろん、アイロンの方が大きいからいつもは普通の大きいのを使ってます。
傘にアイロン

霧を吹いて確かめます。
ちゃんと買ったときのように水をはじくようになってたら、アイロン終了。
霧を吹いてみなくても、折り目がわからないくらいになってたらOKです。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.02 (Tue)

ジーンズのリメイクでバッグ

去年秋、NHKのTV番組「すてきにハンドメイド」で、ジーンズからバッグを作るリメイク作品を見ました。
ジーンズは裾に向かって広い方がいいと言ってたけど、ストレートのを処分したくて作ってみました。

TVでは、ひざがすり切れたりしてなかったけど、私のはすり切れてました。
ひざあたりをよけたりしてパターンも縫い方もずいぶん違うし、全部裏付きにして作りました。
ジーンズのリメイクバッグ

TVの作品と同じ刺しゅうじゃ芸がないかと、幅を広げるついでにヘリンボーンの応用やインサーションステッチを麻の刺繍糸でしています。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.27 (Wed)

スカートのウェストの寸法直し

手の怪我もだいぶよくなったので春の大掃除もしたりしてます。
それに、仕事の針仕事を優先させていてできなかった自分と家族の針仕事などをしているので、いつも以上に縫い物している感じです。

衣替えと同時にいろんなものを捨てました。
ときめかないもの!を。
ときめいたとしても、やせたらまたはけると思っていたものも、やっぱり無理だろうとさすがにあきらめました。

構造上、直しにくいものは処分、でも、直せるものは直すことに。


さて、ウェストの寸法直しもいろいろありますけど、太ることもあれば、やせることもあるのゴムも合わせて調節できるようにしました。
いつか書いたの()と同じような直し方です。
前のはとっても高かったスーツでしたので直したわけですが、これは自分で作ったものですから、共布もありますし、直しやすいです。
これは、脇で0.5㎝×2(前後)×2(両脇)で2㎝出せます。
スカート脇・幅出し
前後にある8本のダーツでもそれぞれ出せますけど、たくさん縫うのは面倒なので全部はしません。
バランスを崩さない程度でほどほどにほどほどに。
裏付きなので、裏のダーツも直さなきゃいけないからです。

このゴムも先頃のパンツで入れた3㎝の広幅ゴムの残りを使いました。
1m切り売りだったものからウェスト分を使って余った部分。

お教室の生徒さんからは、「そういう端切れまで持ってるから物が減らないんでしょう」と言われてしまいました。
ほんの何㎝かでもこのようにして使えるので、やっぱり取っておきます。
服を作ったときの共布も残してますね。
すぐ取り出せて使えるように整理・保管しておくのがたいへんですが。

使えないものを持っていることは無意味ですが、使えるのに捨てちゃうというのはもったいないです。
作り替えられる腕があるのに、ただ捨ててしまうのも、もったいないです。
それでもやっぱり時間は限られています。
いまのところ、処分してしまうのが、いちばん賢い方法なのかなと思います。

ミセスのスタイルブック、6月になったら夏号が発売されます。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.23 (Sat)

革の手袋を洗う

この前の冬物の洗濯の補足です。

私は冬の間、革の手袋を使っています。
一番新しいのはお出掛け用。
次のは近所での買い物とか用。

そして、運動の自転車用は薄いスエードで、指無しの自転車用グローブと重ねて付けてます。

先週ご紹介のドライニング()で洗っていますよ。
古い方のは20年は自分で洗いながら使っています。
黒い革なので、まだ洗うときには色落ちします。
だからといって、洗い上がって乾いたときに色落ちがわかるほどかというと、革は黒いままで、色が落ちた感じはしません。

ドライニングですとウールなど洗ったとき仕上げに柔軟剤は要りません。
でも、この革の手袋を洗うときだけは、革にハンドクリームなどを塗ります。
私は馬の脂を塗っていますけど、それで、しなやかさが保たれます。
いらないタオル(色が移りますから)に挟んで水分をとったあと、乾かす前に手袋を手にはめて、指の間にまでしっかりクリームを塗ります。

レザークラフトをやっているので革用のオイルもありますが、手袋には普段も使っている↑を使ってます。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  衣類の手入れ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.12 (Tue)

楽クリーン

先日のお洗濯の話は冬物のことだったのですが、今日は近頃買い換えた便利な洗濯グッズの話です。

普段のお洗濯で衿や袖口の汚れは、固形石けんで洗ってから洗濯機へというのが多いですよね。
なるべく手を使わず、楽したいので、使ってるのがこちら↓。
石けんとブラシが一緒になった商品です。

TVで見たとき、そう、その番組では少年野球のユニフォームなどを洗うという普通レベルでない汚れにたいして使っても便利ということでしたので、すごくいいと思いました。
洗濯のブラシって硬すぎるのを使うと生地が傷みます。

ネット+やわらかいブラシという発想、TVを見てすぐに買ってから、毎日のYシャツ、色の薄い靴下などにずっと使ってました。
ずいぶん長く使ったので、近頃、新しいのを買いました。

洗濯用石けんを入れておくことが多いですけど、小さくなった化粧石けんも入れたりして、そんなふうに無駄なく使えるところがいいです。


洗濯用石けんはやっぱりウタマロという方が多いでしょうね。
なぜウタマロなのか、名前の由来についての記事()を読んで、ああそうなんだ~と、ちょっとすっきりしました。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  衣類の手入れ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.09 (Sat)

冬物の洗濯

今年は4月がまだ寒くて、そのうち一気に暑くなって、クリーニング屋さんは一斉に冬物を預かることになり、大忙しだそうです。
我が家もそこそこの枚数の厚手のウールものを出しました。
アンゴラやカシミヤなどの獣毛の製品は割高だったりして、家族で合わせると結構なお値段になります。

さて、それら以外のセーターなど自分で洗えるものは、ドライニングというオレンジオイルが入ったものを使っています。
つけ置きできれいになるので、洗うのも楽です。
柔軟剤を入れなくてもふんわり仕上がりますよ。
ふだんでも洗えるスラックスなどに使っているので、年中活躍していますが、この時期はいちばん使います。
ブラシがよいと思っていっしょに買ったので、使い始めて15年くらいは経っているでしょう。


ブラシは以前にもご紹介したように馬の毛のブラシが生地を傷めなくてよいと思います。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  衣類の手入れ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.07 (Thu)

メンズシャツの袖から

リメイクとして何かちゃんとしたものに作り替えるのもいいにはいいんだけど、自分としては見えない部分に有効に使う方がよいような気がして、今回はパンツのポケットの袋布をシャツからとりました。
状態のいいものはそのまま古着として資源回収に出してしまうのはなんだかもったいなく…。
綿シャツの活用

だんなさんのシャツの袖の利用です。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'02.27 (Fri)

傘の修理とリメイク…と、ダウンジャケットの穴

昨日は雨でしたが、新しい傘を差したかったので、ちょっとうれしかったです。

雨女なので折りたたみ傘を持ち歩くことが多く、長い傘はしばらく買ったことがなかったのです。
どのくらいしばらくかというと、近所の買い物などに使う長い傘は20年ほど前、車を買ったときにおまけでもらった長い傘をいまだ使っていて…
よく考えたら、結婚以来買ったことがないことが判明。

先週、前から気になってい色柄のかさが、お店で最後の1本になってたのを見て、あ、これは、私のために残っていた1本だ!という気がして、買いました。

だから、ちょっと雨がうれしかったのです。

折りたたみ傘は、軽いのから、折りたたみでありながらジャンプ傘まで、かなり買ったとは思うのですが、軽いものほどよく壊れ、一番短かったのは超軽量というもので高価だったのにもかかわらず、台風でもないのに2回目で壊れたことがありました。
これは、カーボンファイバーの骨部分が細すぎて、修理不可能といわれ、あきらめました。

普通の金属製の骨のは、たいていは修理して使ってます。
結婚前に買った折りたたみの傘も先日修理して使いました。
これを常備しているのです。


穴が開いたら、シートを貼ったことも。


先日、電車の中でダウンの袖にかぎ裂きができていて、ダウンがふわっと出たまま着ている人がいました。
このシートを教えてあげたかったです。
傘以外でも、ナイロン製のエコバッグの地面をこすって擦れちゃったところに貼ったりもしていますよ。

ちなみに、傘の最後は布の部分をはずして、つぎはぎのエコバッグにしてみたり、バッグの雨よけのカバーにしてみたりして、また再利用してます。
軽くて、撥水性があって、けっこういい生地だったりするので、もったいないですものね。


テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'02.13 (Fri)

カーディガンからリメイク

もうすぐ、こちらのブログを始めて8年になりますけど、はじめの頃書いた記事が下書きとして残っていたので…
写真を撮れなくて、そのままにしておいたんでしょうね、だいぶ使ったので、ほつれてきたちょっとリボンを切り直して、撮りました。
------------
とっくの昔に着られなくなったけどかわいい刺繍がもったいなくて、何かに作り変えて持っていたいと思ってとっておいた娘のカーディガン。

リメイクは、なるべく形を活かして、と思っています。
できるだけ手を加えないのがよいのではないかと。

短いちょっとボレロ風の半そでのカーディガンからはなかなか思いつかず、もう何年も経ってしまっていました。
ちょうど、レース編みの糸を入れるために口をキューっと結ぶ袋も欲しかったので、かなり適当に作ってみました。
カーディガンのリメイク

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.23 (Fri)

肘用サポーターで

手が悲鳴を上げています。
手首と親指のつけ根。
右手と左手、交互にいたくなり…

病院へ行っても、「使わなければ痛みは治まります」といわれるだけ。
手を使わないでいられないから病院へ行くので、解決にはならないのですよね。
腱鞘炎とかと違って治るものではないそうですからね、どうにもなりません。(

ひとまず、親指の分かれたサポーターが何枚かあると便利なのですが、指が分かれているせいかそれなりのお値段します。
何枚か買ってから気づいて、肘用を買って自分で手に合わせて縫うようにしてます。
手首用サポーター

これは、ちょっと薄手ので作りました。
親指の横に縫い目が来ています。

テーマ : ハンドメイド - ジャンル : 趣味・実用

 |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.13 (Tue)

ファスナーが噛んでしまうとき

ファスナーが噛んじゃうことってたまにありますよね。
服の場合ですと、そのへんは縫い代が倒れてこないようにおさえてあるので、ちゃんとした縫製のものならそんなにはないと思います。
もし、そうなってしまった場合は、反対方向に引けばとれますし、それでもダメなら、シリコンのスプレーでもしてからやれば、摩擦が減ってすんなり元に戻ります。

と、まあ、なってしまう前に予防したいところ。
以前、バッグ()でそういうことがあって直しましたけど、こんどは、洗濯ネット。
パンツ、スラックスなどを洗うときに使うものなのですが、便利です。
ただ、そのスラックスを巻き込むためのネットが、たまにですが、ファスナーが噛んでしまうのです。

ミシン2本で解決します。
ファスナーが噛まないために

テーマ : ハンドメイド - ジャンル : 趣味・実用

 |  衣類の手入れ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.31 (Fri)

黒豆とネット付き干しざる

雨の予報だったのが、ちょっと晴れ間も見えたので、今日も自転車で走ることにしました。
空の様子をうかがいながら、結局28kmちょっと走りました。
今日もまたおなかが空いて、食べてしまったものの方が消費したカロリーよりずっと高く、いいのだろうかと。
それでも、自転車以外でもがんばったためか、ぽよよんのおなかも多少引き締まった気がします。
腰のあたりはたしかに引き締まりました。

ま、そんなで、家にはいなかったのですが、かぎコメさんからおせちの話が出たので、ちょっとその話を。

フルーツケーキ()で材料を選んで準備するところからやるのが好きと書きました。
今年はだんなさんに、借りた畑で黒豆を作ってもらいました。
ほんの一区画借りただけですから、ほんとにちょっとですけどね。
黒豆の枝豆でも食べたんですけど、残りは干しました。
黒豆

前は草石蚕(ちょろぎ)もベランダで育てて()お正月のおせちのときに使ってました。

で、黒豆を干しているこのざるですが、あまりにも重宝に使いすぎてぼろぼろです。
糸が切れてしまいました。
これから修理して、冬の野菜干しにまた一役かってもらいます。
あ、これが針仕事?

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
free counters