fc2ブログ

All archives    Admin

01月≪ 2024年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829

2021'01.13 (Wed)

日本刺繍 (シリーズ 趣味のぎゃらりい) 1988年発行


137ページ
マコー社 1988年5月1日(1997年新装版)
今井むつ子:著
日本語

古い本です。
新装版が出たのも、平成9年と書いてありますから、やっぱり古いです。

マコー社というとこの本↓を思い出します
子どもの時買った本だけど、たしか、本棚の中にあるんじゃないかな?

ラタンで籠を編むのが好きな時期がありました。
パンドカンパーニュを発酵させるために作ったこともありましたが、子どもの頃、この本を見ながら一人で練習してたのが、まさか、大人になってからのリーンなパンを作るために、役に立つとは思いませんでしたね。
パンかごにリネン
パンかごにリネン
写真が残ってましたよ。

それはさておき、なんでこの2冊を取りあげたかと言いますと、古い本だからです。

古い本というのは、もう古くて使えない情報もあると思います。
だから処分する。

でも、ここまで古い本となると、いまではなかなか手に入らない情報が載ってたりします。

いつも書いてますが、いまは、新しい本をどんどん出して、どんどん並べ、売る。
少し前に出版された本は並べられるほど本屋さんも置かせてくれない。
だから絶版にしてまた別の新しい本を出す。
新しい本をどんどん出すには急がなきゃいけないから、内容も薄くなる。
読者はとっつきやすい方に流れるし、安い・早い・簡単なのが人気も出る・・・。

先日のタルトシブーストが載ってた本もそうなんですが、古い本は手間を掛けて作ってあるなとつくづく思います。
たぶん、今この本が出ても、こんな手間を掛けたお菓子作る?っていう感じで、細かい字がびっしりの本。

この本を買った本屋さんはもう無いけど、人生を豊かにしてくれた本に出会う機会を与えてくれた本屋さんでした。

そんなわけで、日本刺繍の本に関しても、古い本を見たいと思うわけです。
いまは、手軽に25番刺しゅう糸で刺してみましょうなんて本も出ているくらいですけど、やっぱり、釜糸を撚るところからが日本刺繍の良さだと思うので古い本、好きですね。
日本刺繍はお店によって、やり方も呼び方も違うそうなので、いろんな本を比べるのも楽しいです。

で、この本が気になっていたけど、ずっと高い値段が付いていて買えないなあと思っていました。
でも、気がつくと少し安くなっていることってあるんですよね。

内容は今の時代には手間がかかりすぎるんじゃ?って思うくらい、丁寧に、釜糸の撚り方はもちろん、金糸の巻き取り方、なんてところから書かれています。

たとえば、日本刺繍の持つところが四角い目打ちと長刀目打ちを持っていますけど、さらにその細いのと太めのとどう使い分けるか、とか。
針も私は何種類かしか持ってないのですけど、なんかとってもたくさん、載ってます。
どう使い分けるのか、たぶん、今ではなかなか手に入らないんだろうなあと思いました。

いまだったら、カラー写真と説明文、そして余白をとって読みやすくしてあるところを、昔ですから、写真はまとめてこちら、文章は続けてびっしり、余白はあまりない、という、昔ながらの見せ方です。
作品はカラー写真なのですが、説明の方はモノクロ写真なので、文章をよく読みながら理解しないといけません。

そういう、読み慣れないと読み進めにくい昔の作りの本。
でも、それ以上に濃い内容で、読んでいておもしろいですよ。
だから、いまどきの作りにこの本を直したら、軽く200ページくらいいってしまう内容だと思うので、薄いけどとてもいい本だと思いました。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

22:20  |  日本刺繡の和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020'03.18 (Wed)

コットンの刺繍糸ではじめる日本刺繍 小さな和の文様


紀伊國屋書店→コットンの刺繍糸ではじめる日本刺繍―小さな和の文様

Amazon.jp→コットンの刺繍糸ではじめる日本刺繍 小さな和の文様

楽天ブックス→コットンの刺繍糸ではじめる日本刺繍 小さな和の文様 [ 秋山 博美 ]

95ページ
世界文化社 (2019/2/5)
秋山博美:著
日本語

先日書きましたように、七緒VOL.61に紹介されていた本です。
和の風情ですが、使っているのはDMC。

手芸屋さんで手に入りやすいから、日本刺しゅうの技法を手に入りやすい25番刺しゅう糸で、というコンセプトのようです。

技法は日本刺繍。

たとえば、洋裁でまつり縫いというのと、日本刺繍でまつり縫いというのは別です。
そして、日本刺繍のまつり縫いは、まついぬい、や、まといぬい、とも呼ばれ、アウトライステッチのようなと書かれていることが多いです。

実際には、左撚りの糸では、できあがった糸の並びがアウトラインステッチの向きで、右撚りの糸ではステムステッチの向きです。

それに表からの見た目は同じようでも、進み方は違います。
アウトラインステッチやステムステッチは裏がバックステッチの表のようになります。
それに比べまつり縫いは、表に出た針は先へは進まず戻て裏に出て、次に表に出す針ではさらに刺していく方向の先に出ます。

日本刺繍では右撚りの糸と左撚りの糸を自分で撚って使い分けるのに対して、25番刺しゅう糸はすでに撚られた糸です。

また、日本刺繍では自分で撚った糸を合わせて太さを調節しているのに比べ、25番の刺しゅう糸は太さが決まっているので、引き揃えて何本どりかで刺します。

そのあたりの日本刺繍のたいへ~ん、というところを、25番刺しゅう糸を使うということで一気に乗り越えて、日本刺繍の技法が紹介されています。

絹糸を自分で撚ってからというと始めようかどうしようかとなるところですが、日本刺繍に興味があったら、このような本を参考に始めてみるのもおすすめです。


似たコンセプトの本はこちらにもありました。

紀伊國屋書店→日本刺繍の「いろは」―コットンの刺繍糸でやさしく始める

Amazon.jp→日本刺繍の「いろは」

楽天ブックス→日本刺繍の「いろは」 コットン刺繍糸でやさしく始める [ 沖文 ]
120ページ
日本ヴォーグ社 2020年1月:発売
沖 文:著
日本語

こちらはまだ買ってはいないのですが、おもに綿の刺しゅう糸を使って、絹の糸も使っているようです。


個人的には洋書の仕事が多いのもあって、DMCの糸ばかり使っています。
ただ、今の季節の桜の色や、たくさんの種類のある紫はコスモの色がはずせないなと思っています。

今日は天気もよく、桜も咲いてきました。
いろんな桜色が見えてくる時期ですね。


糸の撚りの話、適した針の話、アウトラインステッチとステムステッチの違いの話、その上手なカーブの刺し方、失敗例の刺し方など、刺し始めて疑問に思うことの答えも、この本↓には載せてあります。

お子さんやお孫さんのためにちょっと刺しゅうしたくって、とか、知り合いの方にプレゼントされている、など、あるそうです。
そんなふうにいわれるのはほんとにうれしいことです。

どうぞ引き続きよろしくお願いします。

刺しゅうの基礎
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

11:05  |  日本刺繡の和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'06.13 (Thu)

繍えども繍えども



紀伊國屋書店→繍えども繍えども
電子書籍 繍えども繍えども

楽天ブックス→繍えども繍えども [ 長艸 敏明 ]

192ページ
講談社 2019年5月11日:発売
長艸 敏明 :著
日本語

著者は有名なので、ここであれこれ書くこともないですね。
刺繍の実物を見ることができないけれども、この本を持っているだけで、うれしくなります。

著者の名前を知ったのは20年以上前の着物の本です。
すてきな帯があって、それは着物関係の会社のプロデューサーの私物ということで、その帯を作られた作者としてお名前がありました。

それからだいぶ経って、こちらの本↓を買って再び感動!
(この本↓もまだ紹介してなかったようです。また、後日。)


で、本の大きさや厚さなどどうなんだろうとまでは考えず、とにかく買うことに決めて、注文。
基本、毎日家にいなくてはいけない(時間的に出られないということではないです)ので、大きな本屋さんまではなかなか行かれないわけで、やはりネットのお店は賛否両論あっても、出掛けることのできない者にはありがたいです。

で、届いたのが厚いのだけど意外と小さい本でした。
それでも内容はすばらしく、写真を見るだけでも勉強になります。

これは本のデザインなんでしょうけど、本は小さいのに、読みものの字がとても大きく、この文字をもう少し小さくした分、1枚でも2枚でも同じ写真でも寄りなどおおいのがよかったなあというのが正直な感想です。

最初から電子書籍版も出ているから、作品の写真を大きく見たい人は電子書籍をどうぞということなのかなとおもいました。

個人的には前のときの本くらいの大きさの本にして、文字は読める程度でいいのでここまで厚くない本がありがたかったかなと、一人の刺しゅう好きとしてはおもいました。

でも小さい本だからこそ、近頃は近くに置いて、仕事の合間にながめています。
私はまだまだ修行が足りません。


こちらの本も電子書籍があります。
電子書籍が出回るようになったから、必要な時は大きくして見られるということで、紙の本が小さくなったのかな?と思うときがあります。
こちらの本も最初から、大きさが決まっていました。
電子書籍も出ると言われて作ってました。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

12:16  |  日本刺繡の和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'01.10 (Wed)

草乃しずか 刺繍の魅力

去年の暮れ、12月29日に発売でした。

Amazonではアート・建築・デザイン のなかの「作品集 」部門、紀伊國屋書店では「刺しゅう」部門、楽天ブックスでは「染織・漆」部門となっています。
だから、もしかして普通に刺しゅうの辺りを見回していたら、発売自体に気づかないこともありそうです。

しかも、作品集であって作り方は載ってないし、その作品も過去に出ている本で発表されているので、あまり興味を持たないという方もいらっしゃるのではと思っています。

紀伊國屋書店→草乃しずか刺繍の魅力―煌く絹糸の旋律

楽天ブックス→草乃しずか刺繍の魅力 煌く絹糸の旋律 [ 草乃しずか ]

でも・・・

出版社からの説明が簡単すぎて気づかなかったのですが、巻末にDVDがついています。
私はこのDVDがとてもよいと思いました。

本の写真も、もちろん、いいですが、TVの大きい画面できれいにいろんな角度から細かいところまで見られますし、なにより、23分あたり以降は動画として、手つきや刺していく手順などがよく見えて、いいです。

日本刺繍の基礎的な縫いが紹介されています。
ちょうど、「花一輪からの日本刺繍」や「草乃しずかの日本刺繍の楽しみ」や「日本刺繍(しゅう)の美しい図案 (NHKおしゃれ工房) 」に載っているような説明の動画、といった感じです。
 
いままでも草野先生の本はいろいろ買っているのですけど、DVDのはなかったと思います。
   
  
いまちょうど、たくさんある手芸書を、寄付など手放す方向で出したり入れたり、並べ直したりしているのですが、手放そうという気にはならない著者のうちのおひとりです。

ステッチショーなどに行っても、必ず作品はチェック、というか、近くから、遠くから、じ~っと見ちゃいますね。


ところで・・・

ここのところずっと「刺しゅうの基礎」を宣伝、紹介し続けています。
自分のブログを開いたとき、Amazon、紀伊國屋書店、楽天ブックスで売れてるのかな~?とチェックするためでもあります。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

インスタグラムなどでもチェックだけはしているのは、まあ、本が自分の子どもみたいなものですからね、気になるわけですよ。
だから、Amazonでの画像などが毎回表示されるのお許しください。

紀伊國屋書店だとあと何冊残ってます、って出てて、2回ほど追加で入荷したと思ったら、連休で売り切れちゃったみたいで、そのあとは提携先に20冊残ってます・・・って出てました。
そのあとしばらくして4冊残ってますって出てたけど、このあと、どうなるのかな?と心配になっちゃいます。


ランキングで上の方に来ていると、見てみようかな?って気持になってもらえるかもしれないですよね。
100位以下だった頃はランキングにも出てこなかったわけですし。

それで、本屋さんに足を運んでもらえたとして、それで本を手にとって見てもらえれば、すごく詳しく書いていて、いままでの基礎本とはちょっと違うってことがわかってもらえるのではないかとおもうのです。

そして、これだけくわしく書かれていれば、周りに教えてくれる人がいなくてもちょっと刺しゅうやってみようかなって、思ってもらえるのではないかと。

そうなったら、一番うれしいです。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

22:36  |  日本刺繡の和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |