FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2019年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2019'03.06 (Wed)

枠がある柄のマスキングテープ

本屋さんと、お隣の文房具屋さんがなんとなく好きで、用事がある場所の駅までは早めに行き、時間まではその本屋さんや雑貨屋さんを見てまわります。

併設する雑貨売り場ととなりの文房具屋さんには、いつ行ってもマスキングテープが置かれています。

以前、マスキングテープで目盛りになっているのをミシンのテーブルに貼っていると書きました。
はがれるかもと思っていたのですが、あれからだいぶ経つのに特に傷むこともはがれることもなく、便利です。

便利なのか、文房具屋さんだからか、この目盛りのマスキングテープがたくさん置かれていましたよ。
定番のデザインなんでしょうか。


マスキングテープはいろいろに使えるので、よく買うし、実際にも使ってます。
昔、無地しかなかったものが、あるときから柄が入ったことによって、ぐっといろんな人が使えるようになりましたね。

無地しかなかった頃から工作のマスキングや図案を止めておくために、買って、使っていました。
いまでも5個がまとまってるのをホームセンターで買うこともあります。

いまでも昔の資料で、図案に留め付けていたマスキングテープがカピカピというかカリカリというか、べたべたはしてないんだけどもはやマスキングテープではない状態になって出てくることがあります。

たくさん買ってしまったマスキングテープって、粘着力は何年くらい持つのでしょうね。
かわいいからと買いすぎないように、買ったら、もったいながらずにどんどん使わないといけないですね。
枠 マスキングテープ マステ フレーム
いちばんよく使うのは、フレーム。
枠の柄のあるものです。

中に何が入っているかをすぐに忘れてしまうので、とにかくいろいろな入れ物に貼るようにしています。

緑茶の缶などは、中身によって知覧、とか、静岡の何、とか、貼り替えてます。
紅茶の缶も、茶葉を袋で買ってきた場合は缶に入れて、見えるところにラベルになっているテープを切って貼り付けます。

ほうじ茶だったり、どくだみ茶だったり.。
ジャムを作ってもビンに貼り付けます。

フレームがあるだけで、ちょっとうれしくなります。
このちょっとうれしいは、他人が見たらなんてこともないのでしょうけどね。


それから、封をするのには「封」の印のもの、縫い物関係は待ち針と安全ピンのものをよく使います。
糊やセロテープとかだけじゃなく、それ一つで、とめてある感がでるところがいいんです。



久しぶりにその本屋さんで自分の本を見つけました。
何度も仕入れていただけるのはうれしいことです。

それから、日本文芸社の刺しゅうの本で、「刺しゅうの基礎」以降に出た本、2018年以降の本は、基本的に、私がこの本で描いた図が刺しゅうのしかたとして使われています。
並んでいる本をチェックして、そのあたりがたしかかな~なんていうのを見たりします。

自分の名前が出てこなくても、元を書いたものとしては、気になります。


こちらの本でも準備のところでちょこっとマスキングテープ使いが出てきますよ。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

 |  文具・事務用品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.15 (Mon)

コクヨ ワンパッチスタンプ

近頃いただくお仕事はPCでする仕事が多いです。
文章を書くのも、デザインするのも、チャートを作るのもどれもPC。

今年はいままでにないほど毎日、洗濯や掃除で手を酷使して、いつもは秋口に痛くなる親指のつけ根が、夏前からずっと痛くて、お箸も左手で使ったりなんかしてたくらいでした。

だから、PCの仕事って、こういうときにはありがたいといえばありがたいのですよ。
ときどき、目や首、肩の方が悲鳴を上げますが。

先日、お仕事というわけではないけど、DMCが新色を出して、500色になったあと、ファイルの色の並びを新しくしなくちゃと思っていて、その色カードも作り直しました。
新色がちらほら、前からある465色の間に入ってきている並びです。

色見本帳のW100B という品番は旧色見本帳のW100Aの改訂版と思われます。

新色も入った並びで揃えるのを自分の2018年版としたのですが、あと2ヶ月ほどで2018も終わっちゃいます。

ちょうど、色見本帳対応の色カードがほしいという方もいらっしゃって、やっと重い腰を上げて作ることにしました。
とはいえ、出版物の仕事優先なので、ぼちぼち進めていて、お届けまでしばらくお待ちいただいている状態です。

このカード、ファイルに挟んでまあ、10年くらいは使うと思うので、補強のパッチを貼ることにしました。
紙も超特厚口というのに替えまして、丈夫にはなってますけど、さらに丈夫にしてます。

この先、刺しゅうを楽しく続けていただきたいので、細かいところも手を抜きたくはないのですね。

とはいえ、この手の痛みで、パンチの穴にシールを貼るのは「つまむ」という作業を何百回とやるのでつらいのですね。
新しい道具で対応しています。
パンチ パッチ シール

ちょっと楽しいですよ。
あっというまに100枚以上を貼ってしまって、なんだか物足りないくらいでした。

はがそうとしてみましたが、糊が強力です。
まあ、うまくできていて、貼るのに失敗することがなさそうだから、いいですけどね。

事務仕事でこういうのをしなくちゃいけない方にはほんとにおすすめです。
そして手が痛いけどやらなきゃいけない人にもですね。
わたしとしては、いまさら、シート状のには戻れないです。

難をいえば、本体はよく手に入るのに、シールの方が店頭に並んでなかったこと、単価がシート状のより高いことです。
まあ、手が痛くない人に「なくてはならない」というわけでもないということと、まだ使ってみてもいない段階で、レフィルを大量に買う人もいませんしね、置かないのでしょう。

アマゾンの商品ページのビデオで、文具王の高畑さんが紹介していて、最初は売りたいだけの動画かと思って見ていたんです。
でも、使ってみて、効率というだけでなく、手が痛い人にありがたい道具ということでここに書きました。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

 |  文具・事務用品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.22 (Fri)

大人の住所録

私の本が発売になってから7ヶ月。
三刷の再版見本が届きましたから、やっとネットのお店でも増刷分が入荷したのでしょうね、在庫無しもなくなりました。

私の本は、私自身も本屋で見かけることがあまりなく、親戚の住んでるあたりも、本屋さんで探してもたぶんないだろうと思うので送ることになりました。

私が押し付けたわけではなく、ほしいと言われたのですよ。
孫のために刺しゅうでも・・・のようですよ。

そんなとき、住所録を見るわけですが、年賀状用にパソコンの中にデータもあるけど、やっぱり、ノートになっているのが楽だなあと思います。
アナログ人間と言われればそれまでですが。

普通のノートでも良いですけど、大きめで老眼にも優しく、クリーム色で見やすいとか、書きやすいとかで選びました。

レビューって、あてになるようなならないようなところがありますけど、この商品に関しては、おおむねみなさん満足のようで、文具関係でそういうのって、たくさんはないと思います。
みなさん、思うところは同じなのかなと思いました。


『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]



テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

 |  文具・事務用品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.14 (Thu)

オルファ テクニックナイフ

リトルスティッチ()さんでは、新しいクロスステッチのチャートが入ってきています。
イタリアのデザインだそうです。

私は、ここのブログで、本を買った感想など書いていますけど、いいなと思う本のを書いています。
お店でも手芸店で応援したいなと思って書いているのはリトルスティッチさんだけじゃないかなと思うんです。
やっぱり、何回も行きたくなるとか、行ってうれしくなるとか、そういうお店って、品揃えなどもあるけどお店の対応なんかもあると思います。

いまは、私の家の事情でワークショップみたいなものも引き受けられないですけど、私がリトルスティッチさん以外ではワークショップやお教室をしません。
やっぱり、リトルスティッチさんならやってもいいかなと、オーナーと話していて思うわけです。

よくインスタで、家から遠いけどとおっしゃる方もいらして、残念だけどしょうがないことなのですが、機会がありましたら、ぜひ行っていただきたいと思います。


さて、この頃、必要なものを買うために探していたのですが、ホームセンターまでいっても見つからないため、ネットで調べることがありました。

そしたら、もう作られていないから、実店舗でも売ってないことがわかりました。
使い勝手など進化してたり、原材料の値上げだったり、結構多く聞くのが作ってくれる工場の閉鎖で、お気に入りの道具も世の中から消えているのですね。
いくらでも代用できるとは思うものの、これがあっての仕事、というのもあって、余分な買い置きをすることもあります。

そんな一つ、オルファのテクニックナイフ。
廃盤商品だそうで、替え刃だけが流通しているようでなんとか買えました。


去年だったか、気に入ってたプリンタ用紙も廃番になって、見つけたと思ったら、お店の方でも気づいてなくてアップしていたみたいで、買えませんでした。
買い置きしても変質したりするけど、変質しないものは少し余分に買っておいた方が良いのかな?とも思うんですが、いつかのプリンタのインクみたいに買い置きして置いたら本体がだめになって大損ということもありました。

買い置きの見極めがむずかしいです。

   

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

 |  文具・事務用品  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.13 (Wed)

のっぽまとまるくんがほそくなっていた

消しゴムはなんでもいいと思えないタイプ。
ふだんはMONOを使っていたりもするんだけど、手書きの原稿の時や、洋裁の作図の時には軟らかく、消しカスが散らないものがいいので、ヒノデワシのまとまるくんを使います。

このまとまるくんにはいろんな種類があって、ずっと気に入って使っていたのがのっぽまとまるくん。
それが、また1個、と買いに行ったら、細くなっていて、ちょっとショック。
なんか細くて、使ってみればそれもいいのかもしれないけど。

たまたま細いタイプものなのかなと思ったくらいだったけど、もしやと思ってメーカーのサイトを見ると、同じ名前では細いものしか作られていない様子。

これは困った、と思って、無謀とも思えたけど前の大きさのを10個まとめ買いしました。

これね。


今度のは細め、まとめ買いなら20個単位?


いままで長く使っていてなじんでいる道具が廃番になるのはよくあることで、他にもいろいろあります。

工具みたいなものではホームセンターにいったらなくて気づいたり。
長く使っているものは廃番になっているかメーカーのサイトで商品を調べてから出掛けるのも大事かなと思いました。
こちらの本を書くのにもたくさん手書きで原稿を書き、消しゴムもたくさん使いました。
おかげでなかなかよい図も描けたと思っているんです。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

 |  文具・事務用品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'03.16 (Fri)

OZmagazine Petit 2018年 3月号


調べ物がいっぱいあって、すこしの間に本をたくさん買いました。

外食はしません。
お酒も飲みません。
お菓子もパンも自分で作ります。
おでかけもしません。
もちろん旅行もしません。
(そういう主義というわけじゃなくて、単に胃腸とかが弱くて、外食するとか旅行に行くとか無理っていうだけです)

その分、本を買うのです。
本は私の栄養なのですよ、きっと。

本に書き込んじゃうこともあるけど、付箋紙や紙を挟んでおくことが多いです。
薄くて書きやすい付箋紙はないかとか、ちょっとした文房具でも機能とかで選んでしまいます。

もちろん、最新文房具チェックもそこそこしています。

老眼の人は読まないでください、と、言ってるような文字の細かいこちらの雑誌も、特集は文房具。

たかが文具、されど文具。

なかなか細かいものまでチェックされててよかったです。
トラベラーズノート()のような文具の定番も載ってますけど。

お店の紹介ついでに近くのカフェなども紹介されてて、街歩きを楽しむ提案も載ってます。
(外食は苦手な私には関係ないけど、読んでいる分には楽しかったです)


こちら↓の本は、著者の希望としては、気がついたことをどんどん書き込んで、わからなくなったときに取り出す自分だけの教科書にしていただきたいですね。
フリクションペンで書き込んじゃうとか、マーカーで塗っちゃうとか、自分にわかりやすい本にして行くのもいいと思います。

わたしは、塗り絵としても楽しんじゃってます。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  文具・事務用品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'01.23 (Tue)

2Way ハサミ ハコアケ

去年の夏だったか、はさみ好きの私に娘が買ってきてくれたのが、このはさみ。

『コクヨ ハサミ 2Way ハコアケ チタン グルーレス刃 ホワイト 』




箱を開けるのに便利な、少し出しただけの刃のカッターのような役割と、はさみが一体化しているのが売りらしい・・・。

引き出しにはカッターもあるし、はさみもあるし、カッターを取り出して刃を少し出せばいいだけなのに、このはさみを買う必要あるの?とおもっていました。

それにカッターの機能は刃を出した状態で止まらないので、指を離すと引っ込んでしまう、というのが、最初、慣れなくて、あんまり便利とは思えないでいました。

それから半年。

箱を開ける作業でもだんだん慣れてきて、たしかにカッターを出すより楽かもしれないと思うようになりました。
組み立て家具を組み立てるときにも、まあ、いろんなパーツが梱包されていて、このときはかなり便利だと思いました。

刃が長く出るわけでもないし、すぐにしまえるし、はさみは普通にはさみとしても使えます。
使っているうちによいと思えるようになる道具って、ちょっとめずらしいかも。

カッターとはさみがあれば、これがなくてもいいけど、すぐに使えるところに1本おいておくとやっぱり便利な道具でした。


さて、こちら、Amazonでは在庫がなく、昨日あたりから今日にかけて1~2ヶ月待ちの表示になってましたが、先ほど見たら残り3点になってました。
1回にたいした量は仕入れないんでしょうか?

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]




テーマ : ハンドメイド - ジャンル : 趣味・実用

 |  文具・事務用品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'06.14 (Wed)

デスクトレーA3

今日も出版関係のお仕事を4種類同時に進ませていました。
2つくらいだったら、いいんだけど、4つとなると、ときどき考えが混ざってしまいそうになります。

今日はさらにお教室の関係の電話があって、頭の中、また、動きが止まりそうになりました。

そんな、動きの悪い頭の中を整理するために使っているのはデスクトレー。

以前にも書いた()のですが、さらに他の色も4個買い足しました。
色分けして使っています。

リヒトラブ/デスクトレーA3
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リヒトラブ/デスクトレーA3 オフホワイト/A718シロ
価格:1387円(税込、送料別) (2017/6/14時点)




もちろんこの大きさでは足りなくて、いつものようにこちらも使っているんですけどね。

[ BUNKA ] 黒ワニ紙ドレスケース1号 手付

どちらも結構積み重ねても大丈夫なのが気に入ってます。

本棚から出してきた本は、積み重ねないでバケツ型のに背表紙を上にして入れてます。



これはふた別売りでスタッキングとかもできるのですが、ふたは買わず、本を入れて運んだりしています。
左腕はまだ、いまひとつなので、本をつかんで持ち上げるより、手に負担がないみたいです。

今日の気分転換は梅干し用に梅を漬けることでした。
梅はとてもいい香りでした。

テーマ : 文房具大好き! - ジャンル : 趣味・実用

 |  文具・事務用品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.20 (Mon)

オキナ プロジェクトペーパー

ステッチイデーVOL.25ではおもにパソコンで原稿を作りました。

紀伊國屋書店→ステッチイデー 〈vol.25〉

楽天ブックス→ステッチイデー VOL.25

今やっている2冊の本の方は手で図を描いて、文章はパソコンで作ってます。
大きな図を描くときもあり、だいたいこの3種類に描いています。

5㎜方眼がよく、10㎜は買ったこともあるけど、私の仕事には向いていないようでした。
青い線はコピーをとっても写らないし、正確なところがいいですね。

今回はおもにA4。
ペンでも鉛筆でも書きやすいですし、消しゴムの摩擦にも強いです。
紙の良さで仕事の効率もアップします。

透け具合もよく、ライトを下から当てるトレーサーを使って、重ねながら次の図を描いたりするので、この前買ったA4の100枚が終わってしまいました。
刺しゅうのお教室で生徒さんに渡すテキストも手書きで、毎回新しいステッチを増やしていきますから、紙はどんどん減っていくわけです。

テーマ : 文房具大好き! - ジャンル : 趣味・実用

 |  文具・事務用品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.18 (Sat)

ブッククリップ

ここのところずっと原稿書きとかしてました。
ひとまず、次の次の本の分、終わりました。
続けて、次の次の次のその次の分をやり、それから、順番を逆にして次の次の次の分をやります。

もう、机は資料の山。
確認のために実際に縫ったりもしてます。
縫ったものを確認しながら図に描いたりもします。

そんなとき、「こんな商品はいかが?」と出たのが、これ。
プラムネット ブッククリップ
ブッククリップ
いつもは余計なお世話と思うものの、ちょうど、楽譜を開いておくために買ったページオープナーが楽譜にはよかったけど本には向いてなくて、困っていたのです。
文鎮を置くとすべっていくし。
キッチンでつかってるプラスチック製の大きなクリップは本に跡が付くし、厚いのは無理でした。

ちょうどよいタイミング。

効率アップのために買ってみました。
クリップのとめるという機能だけでなく、適度の重さですから文鎮の機能もあります。
フェルトが貼ってあって、本も傷まず便利です。

カルトナージュにも使えそうだし、おもりが付いているのでメモスタンドのように挟んで立てておくこともできます。
ボンドなどを塗ったあと、宙に浮かせて乾かしておく作業にもよいですね。

レビューをみると早々に割れてしまったというのもあって心配してたんだけど、ドイツ製のプラスチックのばねのクリップもやっぱり何年かで壊れたし、それはしょうがないのかなと思いました。
ひとまず、しばらくは壊れないでいてくれることを願いながら、まだしばらくは資料の山と格闘です。

テーマ : 文房具大好き! - ジャンル : 趣味・実用

 |  文具・事務用品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'01.20 (Fri)

コンバーターを替えたら

手紙ってもらわなくなったけど、届くとやっぱりうれしいから、たまには手紙も書きたいなと。
漢字を忘れちゃうといけないし、何かきちんと手書きするとよいと思うんです。
寒中見舞いの時期ですし、ちょっと書いた方がいいかなと思ってます。

以前、モンブランのコンバーターがインク漏れするようになったので、新しいのに替えようと思ったらペリカンのコンバーターでもいいと知って、それにしました。
替えてからはとても使い勝手よく、万年筆を使うこともちょっと増えました。

手間のかかる文房具ではあるけど、そこがまたよいのかもしれません。

モンブランのペンとボトルインク

今日のお相撲、宇良がめずらしい決まり手「たすき反り」を決めました。
典型的な形ではなかったようなので、この技の解説の図があれば、ちょっと違うかなと思うかもしれませんね。

この技のを説明する写真は、1951年5月場所3日目栃錦が身長213cmの不動岩をこの技で破ったときのが使われているそうです。
1960年1月に決まり手が制定されてから、十両で決まったのははじめて、幕内ではいまのところないそうなんですよ。

ちなみに弓取式をする聡ノ富士は幕下の力士ですが、7回決めたことがあるそうです。
力士が大型になって反り技などはむずかしく、ほとんどが「押し出し」か「寄り切り」の時代に、舞の海に並ぶかもしれない力士が出てきて楽しみです。

テーマ : 文房具 - ジャンル : 趣味・実用

 |  文具・事務用品  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'08.01 (Mon)

4図案を写すとき使うのは・・・(4)ペンの保管はポッキーの箱

筆記具といっても、刺しゅう用、洋裁用にもなっています。

さて、ペンの保管。
ずっと使わない時もあるし、しょっちゅう使うときもあり、立てておいたほうが取り出しやすい時もあれば、上向きに立てておいてインクが時間とともに下がってしまったのか書けなくなっているときもあります。
油性のボールペンなどは逆に下を向けて暑いところに置いておいたら、さきにぼてっとインクがたまったりしたことも。

ボールペンだとよく、紙の繊維が詰まってしまって先のボールが動かない、乾いてしまって動かない、というのもありますが、インクが後ろのほうに下がってしまって動かないなどで描けなくなって、ということも多いのです。

だから、保管はできれば寝かした状態で保管しています。
昔から、たくさんの同種のペンを分けて保管するのにはポッキーの箱を使っています。
ポッキーの箱がペンケース
金色のポッキーの箱には、メタリックな色のペンのセットです。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  文具・事務用品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'01.14 (Thu)

寒中見舞いと万年筆

寒中見舞いの時期です。
暑中見舞い、残暑見舞い、いちばん書くのは寒中見舞いでしょうか。

というのは、喪中欠礼をいただいた方には年賀状を出さないから、その代わりに寒中見舞いをという日本の心遣いがいいと思うから。
年賀状をもらわないからほっとく、というのではなく、いかがお過ごしですか?だけでももらってうれしいものです。

そんなとき、万年筆で書くことも多いです。
ただ、雨や雪ではがきがもしかして濡れたときどうなんだろうって、天気予報を見て油性インクのボールペンで書いたり、耐水性の水性インクを選んだりもします。

今日はブロッターの吸い取り紙を取り替えました。
ブロッター
↑以前書いた記事()から

文房具好きということで万年筆が私のところに集まってきてます。
洗ってきれいにして保管したり、使ったりしてます。
自分で買ったのはモンブランだけ。

メーカー推奨のインクがよいといわれているので、黒はモンブランと決めていたのですが、気がついたら、セーラーからナノインクなるものが出ていて、これはボトルインクで耐水性もあるそう。
黒のモンブランのボトルインクが終わったら、次はセーラーの万年筆で黒を使おうかと思ってます。

カートリッジは手軽だけど、万年筆のインクはコンバーターでボトルから入れるのが好きです。

モンブランのコンバーターもさすがにインク漏れするので買い換えました。
日本のメーカーのは各メーカー独自の形で共有できませんが、ヨーロッパ共通型のコンバーターはペリカンのを買ってみたのですけどモンブランにもペリカンにも使えて便利です。

それに、水を出し入れしてペン先のお掃除もできるので、やっぱりコンバーターの方がいいなと思ってます。

万年筆に向いてる便箋も他と書き比べると、けっこう書きやすいので気に入っています。

テーマ : 文房具 - ジャンル : 趣味・実用

 |  文具・事務用品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'12.02 (Wed)

2016年のカレンダー 選んだのは



本ではないんですけど、毎日、本を読むように勉強できる優れもの。
大きめのものは場所が決まっているけど、これみたいに週めくりのものはどこに掛けようかと、今、悩んでいるところです。

例年、早めに買っておくカレンダーなのに、忙しがってたら、今年は買うのが遅くなりました。
そんなで、ネットで探して見つけたものです。
なんでも早めがいいけど、出遅れたおかげでほんとにほしいのを見つけることができました。

これは週めくりカレンダーなのですけど、めくると言えば、松岡修造さんの日めくりが大人気ですね。

テーマ : 文房具大好き! - ジャンル : 趣味・実用

 |  文具・事務用品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
free counters