All archives    Admin

10月≪ 2014年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2014'11.29 (Sat)

イトヨリ

ちょうど、紅葉も真っ盛り、車では通れない道など自転車で走ると、わざわざ止まってでも写真を撮りたくなる景色・色に出会えます。
毎年この時期は仕事の忙しい時期で、それが過ぎて気がつけば、葉っぱはすっかりなくなっていて、没頭している間に景色が替わっていた!となります。

先日は、それでも忙しさと忙しさの間に時間があったのでピンチヒッターを引き受けました。
その際、なんとなく、「お魚」の話になりました。
休日はお魚を1尾丸ごと買ってさばくことが多いという話になったとき、鱗がとんで困るから…と言われました。
で、今日はそのお話。

このまえ、あまりにきれいな色だったので写真に撮ってみたイトヨリ。
イトヨリ

このブログをお読みの方は気づいておられるでしょうけど、なにかにつけて転用することが多いもったいないかあさんのこと、ちゃんとした鱗取りも2種類ほど持っていたのですが、現在は思いっきり本来の目的とは違うこちらを使っていますよ。

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

 |  おすすめ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.28 (Fri)

しょうががとれました

11月ももう終わってしまいますね。
11月はお料理、お菓子の本を買うことが多く、針仕事系は少なかったように思います。

11月は、仕事はそこそこ忙しいくらいと、すごく忙しい日とありましたが、その仕事の合間に10月に終わらなかった秋の大掃除もやりました。
これで、12月は通常のお掃除くらいで大丈夫…かな?

あと…
11月はしょうががとれました。
だんなさんが作って、私は関与していませんが。
ショウガ
家庭菜園でなら、このくらいできれば十分でしょうか。

一度にとれても普通の家では適度な環境、つまり15℃で一定に保つことは無理。
発泡スチロールの箱に砂を入れてその中に埋めてみています。
北側の部屋で保存。
だいじょうぶでしょうか?

他にはすぐ使えるように、また、ショウガ風味のお酒として料理に使えるように刻んでホワイトリカーに浸けてもあります。
ビンに3つほど。

他にはスライスして、蒸して、干して乾燥させて保存。
これはショウガオールという物質に変わるので、体が温まるのだそう。
干すだけより、蒸してから干した方がよいそうです。
たくさんやったつもりでも、干すと縮んでほんのひとつかみになってしまいます。

ただすり下ろしただけのではジンゲロールという物質の状態だとか。
指先は温まっても深部体温は下がってしまうらしいです。
くわしくはためしてガッテンの方をお読みください。(

ほかにもりんごのピューレと一緒に煮て、お湯に溶かして飲んだりもしています。
これも、大きめのジャムの瓶で3つ分。
いまも、天然酵母のパンを発酵中なんですが、これはパンに塗るより、お湯で溶いた方が好きです。

仕事を引き受けているときは具合悪いといって休んでるわけにもいきませんから、上手にしょうがを摂取していつも体調をよくしておきたいですね。

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

 |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.27 (Thu)

冬の新刊

だいたい、4月、10月くらいに手芸の新刊が出ることが多いと思っていました。
今年は12月発売でもけっこう気になる本がまとまってありました。
刺しゅうやカルトナージュって編みものほど季節に合わせなくてもいいからなのかなと思いました。

まず、絶対買うのはこちら。すでに予約済み。

81ページ
文化出版局 (2014/12/12)
マルティーヌ・バルテュス&中山久美子ジェラルツ (著)
日本語

私もこのフランス刺しゅう(白の布に白の糸で盛り上げて刺す刺しゅう)を教えるときもあります。
(出版物ではクロスステッチのお仕事が多いですが本来は洋裁と服飾手芸が本業です)
当然、お教室では図案もテキストも私がオリジナルのをデザインしたり書いたりして用意するわけですが、一度にたくさんは用意できません。
おうちに帰られてからも、いろいろやっていただきたいので参考におすすめできる本を探していました。

フリーステッチのときもそうだったのですが、みなさん、求めるものが違うので、生徒さんによっておすすめする本も違います。
この白の糸で盛り上げて刺す刺しゅうのおすすめは洋書だと高かったり()、和書でも絶版だったり()、現在手に入る本だと種類としては少なく、どうしたものかと思っていたのですけど、たぶん、この本はおすすめじゃないかと思うのです。
あくまでもただの勘ですけどね。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books 刺しゅうの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.26 (Wed)

手づくり手帖vol.3



楽天ブックス→手づくり手帖(3)

紀伊國屋書店→手づくり手帖 〈3〉

138ページ
日本ヴォーグ社 2014年11月17日:発行
日本語

3号めが発行されました。
今回もよいです。

毎回思うのですが、お気軽な簡単ですぐ作れるを売りにしてる本と違って、「丁寧に時間をかけて長く使えるものを作ってる感」がいいですよね。
それが、またむずかしい感じではないところもいいです。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  刺しゅうの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.19 (Wed)

A~Z ウール刺しゅう


紀伊國屋書店→A~Z ウール刺しゅう

楽天ブックス→A?Zウール刺しゅう [ 成田明美 ]

138ページ:オールカラー
日本ヴォーグ社 204年1月19日:発行
成田 明美:著
日本語

ウールの刺しゅうのこちらの本()があまりにみなさんにツボだったようで、生徒さんたちの間で話題になっています。
私は服飾手芸を勉強したので、ウールのスカートなどにウールをステッチすることや、自分でセーターや帽子などに刺しゅうすることはありましたが、この本のように麻に刺しゅうすることはありませんでした。
麻は刺しやすいですね。
なんか楽しくなって、糸が太いせいもあって、どんどん進んでしまいます。

基本的にフリーステッチのやり方でやりますが、ウールらしいステッチなどはこちらの本がわかりやすいと思います。
サテンステッチやアウトラインステッチだけでなく、いろんなステッチ、ウールの良さを活かしたステッチが紹介されています。
このA~Zのシリーズのほかもそうですが、写真で細かく説明されているので、とてもわかりやすいです。
そして、厚みはあるものの、リング製本でステッチしているときにしっかり開いていてくれるのがうれしいですね。

参考になる作品とその刺し方も載っていて実用的でもあります。
日本で売られているウールの糸、売られてるかちょっとわからないウールの糸などそれぞれのいとで同じ図案を刺してあるページもあり、どの糸でするとどんな感じになるかの比較がとてもいいとおもいます。

ウールの刺しゅうに興味のある方にはおすすめです。

英語で書かれている元の本はすでに中古本の扱いしかないようですが、こちら↓

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  刺しゅうの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.18 (Tue)

penco ドラフティングスケール

初めての本屋さんに行ってみたけど刺しゅうの本はほんの少し。
お手軽ソーイング本が少々、洋裁の本に至っては皆無。
編みものも着られるものの本は毛糸だまくらい?
料理の本はけっこういっぱいあったかな。
まだ、ビジネス書が多い駅前の書店の方が手芸関係もいろいろおいてあったと思います。

昨日寄ったやっぱり初めての本屋さんも、もうちょっと多いくらいで、ネットで買ってしまうせいなのか、手作り人口が減ってるせいなのかわかりませんけど、ちょっとさみしいですね。

さて、昨年に比べると、今年私が携わった出版物は3冊と、冊数にすると半減ですが、実際にはずっとなにやら進めていまして、原稿を書くような作業も以前に比べるとかなり増えています。

図で説明する際も、縦横の比率など間違うといけないので、2分の1、4分の1、あるいは5分の1の目盛りの定規を使って書いてます。
もっと6分の1とか3分の1とかないかなあとおもってたら、文房具屋さんで見つけました。
これで、もっと楽に正確な図など描けそうです。

その文房具屋さんで見つけたのがこれ↓。
思いっきりツボでした。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.15 (Sat)

Rouge du Rhin

お店の大きなテーブルを使ってお教室をさせていただいてるlittle Stitchさん。
オーナーが選ぶものと私が好きなものが似ています。
今回仕入れた商品も大人っぽさとかわいさが同居しているデザインでいい感じです。
フランスからの直輸入で、荷物が届いた時、ちょうどその場におりましたので、全部見せていただきました。
Rouge du Rhinのおもにクロスステッチのチャート類。
渋さだけのやかわいさだけのデザインのメーカーもあるけど、ここはバランスよくて、センスもよいなあと思いました。

糸や布は別売りですから、チャートだけ気軽に買うことができます。
二つずつ、あるいは一つしかないのもあったので、お早めに。
詳しくはlittle Stitchさんのブログで写真をご覧くださいね。
このほかにもまだいろいろありましたよ。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books仏のクロスステッチ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.14 (Fri)

日焼け

こちら()の額の中のリネンに茶色のシミを発見。
気になるので洗うことに。

何かわからないものをうっかり付けてしまったのでしょうね。
額に入れるときになくても何ヶ月か、何年かすると出てくることがあるようです。
シミは簡単に落ちました、というか、わからなくなりました。
真っ白の生地だったら残ってたかもしれませんけど。

アイロンをかけようとすると、日に当たっていた部分と裏に折れていた部分でずいぶんと色が違ってしまってました。
(前にも書きましたようにこのキット裏に折り返す部分がほとんどなくて、こんなに細いのです)
日焼け

南側の二部屋は紫外線カットのフィルムが貼ってあるので、本も変色しなくて済んでいるのですが、リビングはフィルムが貼ってありません。
レースのカーテンは一応紫外線をカットするということでそれにしたのですけど、リビングにかけておいたこれはしっかり焼けてしまってます。

直射日光でなくても紫外線はしっかり届いています。
時間の積み重ねとは怖いものです。
人のお肌もね…。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Cross stitch  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.13 (Thu)

落ちるなら 落としてしまおう 赤い色

色見本帳キットを作ってくださってる方から、DMCの25番刺しゅう糸498の色だけが色落ちするようだと写真付きで教えていただきました。
そう、2007年版をつくったのに2013年版も作らねばと思ったのは(.)ドットの付いている番号が出現し、渋い赤も明るい赤になってしまったから。
その498.が色落ちして、刺しゅう布に色移りしてしまったそうです。

以前498の色落ち実験()のことも書きましたが、その時はほとんど落ちないという結果だったのですが、今回は以前の498と498.とで比較してみました。

まず、498.は20℃の水で6本どり70㎝を1本入れても色が落ちるのがわかりました。
それで、70℃のお湯に入れてみたのがこれ。

左が498.右が498
色落ち実験
写真が暗いですけど、修正したくないのでこのまま。

専門家ではないので、どのくらいという度合いは表せませんが、「ちょっといけない」レベルではないかと思います。
これじゃ布に色移りしますね。

ということで、一束丸ごとでもう一度実験。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  刺しゅうの材料  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.11 (Tue)

アラン、ロンドン、フェアアイル 編みもの修学旅行



紀伊國屋書店→アラン、ロンドン、フェアアイル 編みもの修学旅行

楽天ブックス→アランロンドンフェアアイル 編みもの修学旅行 [ 三國万...

135ページ:ソフトカバー
文化出版局 2014年11月8日:発行
三國万里子:著
日本語

文化出版局の展示ででも内容紹介でも点数が10点しかないことはわかっていました。
その10点の作品も選りすぐりであって、数を揃えてさあどうだ!という本より、いいとおもうのです。
それにこの本は読み物の本。

著者は紅茶よりコーヒーだった、のに、編んであるtea cosy にひかれて飲むようになったとか何とか…、というわけで、コアラのティー・コゼー(ティー・コージー)も、とってもかわいいです。
ミトンも左右合わせて…って、ていうのも、とってもいいです。
ストールも繊細で編みたいですね!

編み糸は日本では手軽に手に入らなそうなんだけど、やはりそれにはそれに向いている糸で編んであると思うから、それでいいと思いました。
手に入る糸で編めるものは別の本に任せるとしましょう。

編むことを楽しみたい、作り上げたい、というより、編みものの奥深くを知りたい、想像したい人向けの本ではないでしょうか。
ほんとに買ってよかったと思った本です。
また、作品を並べた本を出されていくのでしょうけど、また、こういった読み物的な本も期待してます。

テーマ : 編み物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  編み物の本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.10 (Mon)

大人のガーリッシュ・クローズ



紀伊國屋書店→大人のガーリッシュ・クローズ

楽天ブックス→大人のガーリッシュ・クローズ [ 川端さよこ ]

79ページ:ソフトカバー
文化出版局 2012年3月16日:発行
川端さよこ:著
日本語

これも文化祭で出版局の本を見ていて、買いたくなって即、買った本です。
ガーリッシュってところは私のようなおばちゃんには関係ないかもしれないけど、いつも書いてるように襟付けも袖付けもないようなものしか載ってない本は買いたくないから、ちゃんとお洋服になってるところがよいなと思って買ってしまいましたよ。
着る着ないに関係なく、こういう雰囲気も好きだからでしょうか。

私の年齢で着られそうにないものもありますが、例を挙げれば、JK風ニットというのなどはジャケットっぽいというか、カーディガンぽいというか、年齢に関係なく着られるデザインです。
リネンブラウスもお手軽ソーイングの本だと、あきがない分、襟ぐりが広すぎたり、かぶって着るためにゆとりが多すぎたりするパターンになり、太って見えてしまったりしますけど、この本のですとちゃんとあきがあるので、ゆとりは多すぎず、たぶん着たときすっきりした印象だと思います。

コートの衿のしわだけがちょっと気になったものの、テクニックガイドのページを含め、作り方説明もかなり丁寧に書かれていて、わかりやすいです。
ちゃんとお洋服になっていると言っても、全くの初心者でなければ作れそうなものが多く、そういう点で、簡単なのにすてきなものをデザインできるのはすごいなって思います。

著者のお洋服の本、次が早く出ることを期待しています。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books洋裁実用書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.08 (Sat)

それなりに大きな蕪

休日はいろいろあって、まず、針仕事はできません。
で、ベランダで育てたお野菜の話。

今年は小さな畑を借りて野菜を作ってるんですが、だんなさんがベランダで種を扱ったんでしょうね。
私のプランターにいきなり(?)蕪が生えました。
最初、草かな?と思っていたら、蕪っぽい葉っぱになってきて、カブだと確信したので、せっせと水をやって育てました。
蕪

右は先週のヒレカツにも登場したあさつきです。
日当たりはよいのでけっこうよく育ちました。
とくに肥料を与えたとか、そういうことはしてないんですけどね。

30センチの物差しを置いて記念撮影。

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

 |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.07 (Fri)

帽子と髪飾り


紀伊國屋書店→帽子と髪飾り

楽天ブックス→帽子と髪飾り [ 薗部弘子 ]

80ページ:ソフトカバー
文化出版局 2014年6月13日:発行
薗部 弘子,鳥山 涼子:著
日本語

こちらは前に買っていた本ですが、先日の出版局の販売ブースでは実際の作品を見ることもできました。
とても丁寧に作られている様子がうかがえました。
もちろん、文化祭ですから、カリキュラム展示でも学生の作品がたくさん飾ってあって、それを見ることも出来、若い発想はいいなあと思いました。
学生のとき帽子の授業を選択してたけど、あんなに斬新な発想はできなかったなと。
いつも自分で作る帽子は保守的で、実用的で、遊びの部分がないのですよね。

帽子の本はたくさんでてるけど、基本、学校で習ったように仮縫いして自分に合ったものを作るので教科書があれば他はあまり必要と思わず、買ってみようかなと思っても個性的すぎたり、手作り感満載でというのもあるので、選ぶのがむずかしいです。
その点、こちらの本は作りやすいのにきれいなシルエットで、個性的すぎたりはしないんだけどちゃんと遊び心もあって買ってみようという気になりました。

髪飾りもリボンやあまり布を使って作るものだったりするのですけど、シュシュやカチューシャ、ヘアバンドなども簡単なのに表紙のような趣のあるものだったりしていいですね。

モデルさんがかぶるとすてきだけど、そうはいかない私のような者は、ベレー帽などはまず無理なのでクロシュやカスケットなどを作ってみたいですね。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  帽子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.06 (Thu)

シェットランド・レース - 棒針で編む伝統のレース


楽天ブックス→
シェットランド・レース [ 嶋田俊之 ]

紀伊國屋書店→
シェットランド・レース - 棒針で編む伝統のレース

111ページ:ソフトカバー
文化出版局  2014年10月31日:発行
嶋田俊之:著
日本語

銀座でディオールを見たあとは新宿。
Bunkaの文化祭に行きました。
毎年、文化出版局の本をじっくり見て買うのも楽しみの一つです。
10%引きになりますし。
少し前に出た本から新刊まで、本屋さんではこれほどいちどには置いてないですから、一気に見られて買えるのはありがたいのです。
しかも、新刊の実物の展示や、これから出る本の製本してない状態のもの(なんて言うのかな?綴じてない印刷だけしてあるもの)などが置いてあって、発行前なんだけど見られます。

で、迷わず買ったのがこちらの本です。

テーマ : 編み物 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 文化出版局 編み物の本

 |  シェットランド・レース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.05 (Wed)

380万アクセス

おかげさまで3800000をカウントしました。
いつもありがとうございます。

前のブログより、こちらのブログの方がたくさん書いてますね。
7年と7ヶ月になります。
まえのときはそうでもなかったけど、こちらはお針仕事という題名を付けてしまった手前、あまりお料理とかは載せてこなかったんです。
で、縫い物ばっかりしてるんですね、みたいにいわれることがあったのですけど、それなりにお料理もお菓子作りも、毎週作るのは天然酵母の食パンばっかりですが、パンも作ってはいます。

以前のブログでは聞かれることがあって、写真を撮れるときはクックパッドに載せたこともありました。
でも、お料理しながら写真撮るって思ってるよりたいへんなんですよね。
それに洋裁や刺しゅうと同じで、こんなところがこだわり、コツ、と思うと文字数いっぱいまで書いちゃって、わかりにくいレシピになっちゃいます。
料理中は少しでもこうした方がいいと思うところはそうするし、手を抜いても大丈夫なところは抜きます。
理由があってこうする、というところは書いておいた方がいいと思うし…
もう、読んでもらえなくても作ってもらえなくてももはや備忘録ということで。

本妻との方に表示されるコツ・ポイントやレシピの生い立ちは、文字いっぱいですが、よろしかったらご覧ください。
ヒレカツbyもったいないかあさん(
ヒレカツ
ベランダでとれたリーフレタスや浅葱、水菜といっしょに。

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

 |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.04 (Tue)

展示 ESPRIT Dior ディオールの世界

ディオール ドレス
”エスプリ ディオール ディオールの世界を見てきました。
私の写真では良さが伝わりませんね。申し訳ありません。
フラッシュはいけないけど、写真は撮っていいんですって。

銀座松屋向い アップルストア―となりの玉屋ASビルです。
入場料 : 無料で1月4日まで開催中。

たくさんの展示と、週替わりなのかどうかわかりませんが、今日はバッグ作りと香水のビンに詰める作業が見られました。
バッグはフィレンツェの工房からとおっしゃってたと思うのですが、通訳の方が付いての実演。
私としてはバッグづくりの道具に興味津々。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Sewing 洋裁  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.01 (Sat)

ちょっと気になる和書の新刊

今朝の「マッサン」。
エリーさんが刺しゅうしてから編んでいたハンカチ。
やっぱり額に飾っておくのよりこういうのがいいわ~と思いました。
縁の編み方についてはこちらの本が参考になると思いますよ。(

編む時間も作り出せないというのに涼しくなると欲しくなる編みものの本。
他にも気になる本を並べてみるとやっぱり文化出版局の本でした。


文化服装学院の文化祭では文化出版局の本のコーナーもあります。
新刊の作品が展示されてることがあったり、割引もあったり、おすすめですよ。
文化祭は明日から3日間。

テーマ : 編み物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  編み物の本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
free counters