All archives    Admin

12月≪ 2015年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'01.31 (Sat)

天然生活 2015年 03月号


天然生活 (2015年3月号)

楽天ブックス→天然生活 2015年 03月号 [雑誌]

天然生活は1号からずっと買っていて、途中は年間購読していました。
近頃はめっきり買わなくなってしまいましたが、樋口祐美子さんの刺しゅうが載ってるということで買いました。
いつもとてもすてきな刺しゅうで大好きです。

ブローチなどが載ってました。
色も図案もいいですね~。
大人かわいい。

最初買ったとき気づかなかったけど、ユキ・パリスさんのページがあってよかったです。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books 刺しゅうの和書  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.30 (Fri)

アルファベット刺しゅう



紀伊國屋書店→アルファベット刺しゅう

楽天ブックス→アルファベット刺しゅう [ 佐藤ちひろ ]

176ページ:小さなハンドブック「基本ステッチ集」付き
NHK出版 2015年1月22日:発行
佐藤ちひろ:著
日本語



フフフ…
これは買ってよかった本ですね。

こんなに増やしてどうすんの?ってくらい本は買ってますが、お酒飲むとか、外食するとかより、私には栄養になってると思うので…
裏表紙のアブローダーのつや、きれいですね。
こういうの見るのが栄養です。

いろんな書体のアルファベットが、いろんなステッチで載ってます。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  刺しゅうの和書  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.28 (Wed)

パリのお店屋さんのクロスステッチ~手芸屋さん

こちらの記事()にいただいたコメントで、DMCの刺しゅう糸の表示で間違っている部分のご報告をいただきました。
担当者に連絡したところ、訂正記事をHPに載せ、誌面は再版の際に直すとのことでした。
HPにアップされましたらご連絡いただけるとのことでしたので、その時はまたこのブログでもお知らせします。

内容としては、P.74に74という糸が記載されていますが、744の間違いです。
他にも気になる点などございましたら、コメント欄でけっこうですので、お知らせいただけるとありがたいです。

『パリのお店屋さんのクロスステッチ』の誤植についてはグラフィック社のHPで 

さて、今日はお裁縫道具のモチーフです。
パリのお店屋さんのクロスステッチ~手芸屋さん
このフランス語は何が書いてあるのか、も、知りたいとリクエストしましたところ、翻訳家の方がちゃんと書きだしてくださいましたよ。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.27 (Tue)

予約

3月の発売ということでずいぶん先のようですが、なにかと忘れることが多いので、これまた覚え書き。


楽天ブックス→イヴ・サンローラン [ ピエール・ニネ ]

<イヴ・サンローラン財団初公認作品>ということで、ヒットしたらしいですよね。
公開中は結局、何だかんだで観に行けなかったし、きっと一時停止させて何回も観たくなるだろうということで、DVDが発売されるのを待ってました。

楽天ブックスで消えそうなポイントが残っているので、予約しようかと…
2015年1月24日以降2015年2月28日までのご注文は2015年4月15日までに発送完了が条件となります。」
という予約商品がポイント2倍というのにもひかれまして。

こちらも現物見たら、とってもよかったので→予約。

テーマ : ハンドメイド - ジャンル : 趣味・実用

 |  刺しゅうの和書  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.26 (Mon)

390万アクセス

3900000をカウントしました。
いつもありがとうございます。
 |  その他  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.25 (Sun)

オルファ セーフティロータリカッター L型と替え刃

同じものをたくさん裁断しました。

いろんなロータリーカッターがありますが、洋裁はカーブが多いから28㎜、直線ばっかりだったり、厚手だったら45㎜かなあとおもってます。

45㎜のロータリーカッター、私の使ってるのは握ると刃が出るタイプなので、使わないときは引っ込んでいてくれるので安全です。
やっぱりこれにしてよかったと思いました。

そろそろ切れ味が悪くなってきまして、刃を取り替えました。
円形28㎜はわりとどこでも手に入りますけど、円形45㎜径のってなかなか売ってなかったりするから、つい、もったいながって長く使っちゃうけど、切れなくなったらあきらめて取り替える方が作業ははかどりますね。
45㎜はけっこう高いです。


それから、近頃買ったのが、ポキというもの。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.23 (Fri)

肘用サポーターで

手が悲鳴を上げています。
手首と親指のつけ根。
右手と左手、交互にいたくなり…

病院へ行っても、「使わなければ痛みは治まります」といわれるだけ。
手を使わないでいられないから病院へ行くので、解決にはならないのですよね。
腱鞘炎とかと違って治るものではないそうですからね、どうにもなりません。(

ひとまず、親指の分かれたサポーターが何枚かあると便利なのですが、指が分かれているせいかそれなりのお値段します。
何枚か買ってから気づいて、肘用を買って自分で手に合わせて縫うようにしてます。
手首用サポーター

これは、ちょっと薄手ので作りました。
親指の横に縫い目が来ています。

テーマ : ハンドメイド - ジャンル : 趣味・実用

 |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.22 (Thu)

気になってる本

気になってる本。買うつもりの本…の覚え書きです。



この1ヶ月はクロスステッチがほとんどで、ミシンがちょっとだったので、編みものしたい…と思ってました。
洋裁も刺しゅうもレザークラフトもみんな好きだけど、編みものが人生の中で一番長いから、やっぱりどこか、やらずにいられない…のかもしれません。

そんなときにten oldさんからもはがき()が届きましたしね。
2月なら何とか行けそうです。(

こちらの本を参考にして、ついでにあちこち寄れればいいのですが。

テーマ : ハンドメイド - ジャンル : 趣味・実用

 |  編み物の本  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.18 (Sun)

オーブン料理:キッシュ

忙しいからパンは作らないことにしたのに、ピザが食べたいということで、イーストでしたが、生地をこねて生ハムのピザを焼いてしまいました。
(寒くてベランダのルッコラが大きくならず、ルッコラかなり少なめ)

休日は平日に比べるとキッチンにいる時間が長いです。
自治会の方もあるし、仕事はあまり進みません。

作品1点分の期間で2点分作るとなると、普通の進め方だと終わりません。
それでもご飯は作らなくちゃということで、冷凍しておいたものに登場してもらってその場をしのいでいます。
これは、年末だったかな?忙しいからオーブン料理でと思って作ったもの。
たまがかからないということで、写真を撮っておいたものです。

タルトの生地は成形して冷凍しておけます。
焼いてからだと割れるので、生の生地の状態で型にはめて型ごと冷凍できます。

玉ねぎをあめ色に炒めたものも、オニオンスープやカレーにも使えますから、ちょっとたいへんだけど多めに炒めておいて冷凍しておきます。
切り方や切る道具で不思議と味が違ってくるようで、面倒でも切れる包丁でがんばってスライス。
ここから炒めるのに40分ほどはかかるので、メモを片手に、考え事をしながら混ぜる手を休めないようにします。
もちろん、この炒める時間を短縮する方法もいろいろ試しています。
味を落とさず、時間と手間をかけないようにと。
時短とかいって味まで縮めるレシピも横行してる時代ですが、それは納得できません。

と、まあ、この凍っていた二つとベーコン、一般的にはほうれん草を入れるところは人参に替え、いつものように作ったのがこちら。

重しをしてから焼き、はずしてもう一度、アパレイユを流し込んでさらに焼くことで、焼くのに1時間以上かかってしまうのでエコな料理とは言い難いですが、オーブン料理はつきっきりでなくてもできる料理なので、意外と手間がかからない料理の種類に入るかもしれません。
キッシュキッシュ

大きいのを作るときは金属の型を使います。
これは陶磁器の型で小さいです。
金属の方に一番生地、陶器の方に二番生地を使います。
陶器だとアパレイユが器の中にあふれても焼けるので、二番生地で少々足りなくても大丈夫なので、そうしてます。

パート・シュクレは甘いから余って焼いてもクッキーのようにおいしいけど、キッシュに使うパート・ブリゼはそれだけ焼いてもねって思っちゃう味なので、使い切るとうれしいです。

二番生地を使うときは、洋服を一番生地としたら、洋服を作ったあとになにかはぎれ、つまりに番生地で小物を作るみたいな気持…。
クッキーだと一番生地は型抜きクッキーにして、二番生地はスノーボールに、みたいな感じです。

どれも、使い切るとすごくうれしいです。

つきっきりでいなくていい、保温鍋、オーブン。
あとは炊飯器を使いこなせればよいですね。

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

 |  料理  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.16 (Fri)

パリのお店屋さんのクロスステッチ~砂糖菓子屋さん

クロスステッチで、バックステッチが入らないと引き締まらない図案があります。
今やっているものもそういうもので、どこまで入れるか悩みながら進めています。

作品4点とレッスンページとなれば、自分はデザインをしたら刺すのは他の方にしていただくのも一つの手なのですが、バックステッチなどは最後まで悩むのです。
チャートを提出したあとに変えたくなってもいけないですから、やっぱり自分で刺すのがよいようです。

こちら↓の本から取り出したモチーフも必要最低限のバックステッチが入っています。
入ってないと引き締まりません。
ここがデザイナーの腕の見せ所ですね。
パリのお店屋さんのクロスステッチ~



紀伊國屋書店→パリのお店屋さんのクロスステッチ - 480点のモチーフで楽しむお店めぐり

楽天ブックス→パリのお店屋さんのクロスステッチ [ ヴェロニク・アンジ...

128ページ
グラフィック社2015年1月7日:発売予定(1月25日:発行)
ヴェロニク・アンジャンジェ:著
日本語

『パリのお店屋さんのクロスステッチ』の誤植についてはグラフィック社のHPで 

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.15 (Thu)

刺繍台Delphes(デルフ)

このブログを始めたのが8年くらい前です。
だから、それより前のブログで刺しゅう枠を自分で台を作ってスタンドタイプにする話とか書いてたのはもう少し前でした。

この頃は、丸枠ばかりでした。
何年か前にロールタイプというのかな?巻いて使うタイプのを買いましたけど、これも「ぱかっ」とはめる留め具が付いていて楽なのだけどずれる、しっかり糸で縫いとめるならずれないけど途中ではずせないというものでした。

何年か前、国産の台付きの刺しゅう枠みたいのでいいのがあると知って、同じようにできないかと考えてみました。
でも、枠に溝を彫る道具も、きっちりに組み立てる技術もないし、丸枠のシッティングフレームへの改造のときみたいにうまくいきそうにありません。
こればかりは職人さんが作ったものを買うしかないなと思っておりました。
木製で、脚もただの棒じゃなくて、部屋に置いておいてもすてきですしね。

去年の夏ぐらいにアマゾンでも楽天でも買えるようになって、しばらくどうしようとおもっていたのです。
アマゾンでは大も中も小もみんなおなじB4サイズとか書かれていたので、なんか変だなと思っていましたが、楽天の方を見たらそれぞれ、B4,A4,B5だということがわかったので、買いました。

この刺繡台、いまは、新しい枠のはずせるタイプも出たり、そちらを買えばよかったかなとも思うんですが、一番最初の形のでも十分すぎるくらいよいとおもいます。

しっかり張れますよ。
それにほんとに簡単です。
日本刺繡なども枠に張るのたいへんじゃないですか。
薄い布だと、アアリワーク(Aari work)、リュネビル(Lunéville )、日本刺繡、ほかの刺しゅうにもいろいろと活躍できますね。
多少厚い布もコードを替えて張ることができるそうです。

静岡のApollonという会社の製品。
こんどのキルトフェスティバルでは新しい刺しゅう枠もお披露目されるそうです。
毎年キルトフェスティバルのころは締め切りに追われていて出掛けてられないので、(今年も残念なのですが)見られませんけど、きっとまた一段と使いよくなってるんだと思います。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.13 (Tue)

ファスナーが噛んでしまうとき

ファスナーが噛んじゃうことってたまにありますよね。
服の場合ですと、そのへんは縫い代が倒れてこないようにおさえてあるので、ちゃんとした縫製のものならそんなにはないと思います。
もし、そうなってしまった場合は、反対方向に引けばとれますし、それでもダメなら、シリコンのスプレーでもしてからやれば、摩擦が減ってすんなり元に戻ります。

と、まあ、なってしまう前に予防したいところ。
以前、バッグ()でそういうことがあって直しましたけど、こんどは、洗濯ネット。
パンツ、スラックスなどを洗うときに使うものなのですが、便利です。
ただ、そのスラックスを巻き込むためのネットが、たまにですが、ファスナーが噛んでしまうのです。

ミシン2本で解決します。
ファスナーが噛まないために

テーマ : ハンドメイド - ジャンル : 趣味・実用

 |  衣類の手入れ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.12 (Mon)

クラフト用はさみ

カッターを使うときの定規と折りたたみカッティングボードでも書きましたように、段階標本ということで、いろいろ切っているわけですが、それと並行して作品づくりも4点しています。
2点はやっと終わって提出したのですが、あとの2点はまだまだで、何をいつまでにどうすればいいのか、常に優先順位を考えながら進めています。
そんなで、手の方も悲鳴を上げているわけで、少しでも使いやすい道具をと、選んで使ってます。

そんな一つがはさみ。
いい裁断ばさみは力も要らず、よいのですが、接着芯やキルト芯は切ったりしないので、少しランク下のハサミできるのですが、これが、手にはちょっとつらい…
それに、ミシンかけてる途中で、カットするときも、刃が長い裁ち鋏は邪魔だったり、芯みたいなのを一緒に切るのもどうかと思うわけでクラフトばさみをつかっておりました。

右側のは革用と一緒に前にも紹介したでしょうか。
もう少し先が細い方がいいなと、思っていたのですが、秋頃から手が痛いのがずっとになってきたので、使うようになったのが左です。
クラフト用はさみ
使い心地はとても軽く、よく切れます。
キャップがないので、自分で作ってつけて使っています。

テーマ : ハンドメイド - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.10 (Sat)

カッターを使うときの定規と折りたたみカッティングボード

いま、何枚も同じものを裁断しています。
紙とか、布とか。

昔はカッターを使うときは金属製の定規を当ててを使ってましたけど、気がつけば金属の透明なカッティング定規を使ってました。
よく考えてみると、金属製のは厚みがないからロータリーカッターを使うにはちょっと不便。
そこで、厚いプラスチックのカッティング定規を買ったら、厚すぎて、ロータリーカッターの刃が浮いちゃって、切れないということで、しょうがないから、また別にメーカーのロータリーカッターを買ったりしました。

でも定規がちょうどいい厚さなら、前のロータリーカッターも使えるはずと、買ったのが、今使ってる透明なカッティング定規でした。
とまあ、30cmはこの2本の定規を使い、50cmはちょうどいい厚さのを使っていたのですが、余りに頻繁に使うので、線が消えてきてしまいました。

現在使っているのは、前のと同じメーカーのですが、さらにすべらない工夫もされていたり、目盛りも見えやすくなったり方眼になっていたりして、さらに便利になってます。

すべらないカッティング定規

ちょっとした道具の善し悪しで効率が違ってくるので、急ぎの仕事をしているときは特に、道具って大事だなと思います。

カッターボードも仕事柄何枚も持ってはいますが、便利な大きさのは長年使っているので傷だらけ。
目盛りが入ってる方が何かと使いやすいかなと、折りたたみ式のを買いました。
半分に折っておけるので、ぱっと取り出して使えます。
何より感心したのは、つなぎ目がないに等しいくらいでした。
MADE IN JAPANでした。

ナカバヤシ 折りたたみカッティングマット A2

テーマ : ハンドメイド - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.09 (Fri)

パリのお店屋さんのクロスステッチ 和訳のこと



紀伊國屋書店→パリのお店屋さんのクロスステッチ - 480点のモチーフで楽しむお店めぐり

楽天ブックス→パリのお店屋さんのクロスステッチ [ ヴェロニク・アンジ...

128ページ
グラフィック社2015年1月:発売(1月25日:発行)
ヴェロニク・アンジャンジェ:著
日本語

『パリのお店屋さんのクロスステッチ』の誤植についてはグラフィック社のHPで 

和訳の本て、たぶん、わりと簡単にできる印象をお持ちの方が多いと思います。
和訳って言っても、フランスの文化とか習慣とか歴史とかいろいろ知ってないとできませんよね。
それでもって、日本語の文章でも日本語をどのくらい深く理解しているかが試されるのではないでしょうか。
今回もそうですが、とくにこのシリーズの前回の本『フランスの庭とお花のクロスステッチ』(一番下参照)の文章はとてもすてきでした。
この本の日本語訳をされてる方は、いままでもかなりの本を訳してらっしゃる方で、さすがだなって思いました。

今回の日本語版のよいところは、題名や文章のところは、①フランス語が書いてあって②フランス語の読み方・発音が書いてあって、③日本語が書いてあるところです。
フランス語のつづりが載ってなかったたり、発音がわかならかったりだと、洋書を合わせて見てみないといけませんからね。(元の言葉は何だろうって思っちゃいますから。)

そして、題名や文章以外、つまり、チャートの中に出てくるフランス語も①単語②読み方・発音③日本語が書かれてあります。
これは、いつも私が和訳される本がこうだったらいいと思っていたことが形になって、とても満足している部分です。

そして、ま、締め切りまで時間がないのだから、普通だったらここで終わるんでしょうけど、編集者さんのやる気はハンパなく、関連する単語も訳してもらい、載せたそうですよ。

というわけで、クロスステッチの本なのに、フランスの習慣、いわれ、エピソードなどの知識も増えてしまうという本になっています。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.08 (Thu)

パリのお店屋さんのクロスステッチ~「ル・バザール・ドゥ・ブラージュ」のモチーフ



紀伊國屋書店→パリのお店屋さんのクロスステッチ - 480点のモチーフで楽しむお店めぐり

楽天ブックス→パリのお店屋さんのクロスステッチ [ ヴェロニク・アンジ...

128ページ
グラフィック社2015年1月:発売(1月25日:発行)
ヴェロニク・アンジャンジェ:著
日本語

この本は前半は大きな絵で構成されてます。
「海辺のマーケット」という一つの海の家のデザインもあります。
そこからモチーフとして取り出したらなにかになるかな?と、夏頃、刺したものの一つ。
パリのお店屋さんのクロスステッチ~「ル・バザール・ドゥ・ブラージュ」のモチーフ
かわいいですよね。
クロスステッチって、どうしても人物とかは目が粗いときはむずかしいですから、気持ち悪い顔になっちゃってるのもたまに見かけますが、Veronique Engingerさんの描く人物はすてきですよね。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.06 (Tue)

パリのお店屋さんのクロスステッチ 作り方説明ページ(3)



紀伊國屋書店→パリのお店屋さんのクロスステッチ - 480点のモチーフで楽しむお店めぐり

楽天ブックス→パリのお店屋さんのクロスステッチ [ ヴェロニク・アンジ...

128ページ
グラフィック社2015年1月:発売(1月25日:発行)
ヴェロニク・アンジャンジェ:著
日本語

『パリのお店屋さんのクロスステッチ』の誤植についてはグラフィック社のHPで 

元本には製図はありません。
何㎝×何㎝の布の端から何㎝を縫う…といったような書き方です。

しかも輪に縫った側面の布に四角の底になる布を当て、ピンを底布の角が丸くなるように打って縫う…というような書き方です。
これが、ぴったりならいいのですが、計算すると底布がほんの少し大きく、タックでも取るか適当に余らせないと寸法が合いません。
テキトーというのは慣れていないとむずかしいですよね。

そのようなことがあるので、丸くなる部分も計算して製図のページを書きました。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.05 (Mon)

パリのお店屋さんのクロスステッチ 作り方説明ページ(2)



紀伊國屋書店→パリのお店屋さんのクロスステッチ - 480点のモチーフで楽しむお店めぐり

楽天ブックス→パリのお店屋さんのクロスステッチ [ ヴェロニク・アンジ...

128ページ
グラフィック社2015年1月:発売(1月25日:発行)
ヴェロニク・アンジャンジェ:著
日本語

『パリのお店屋さんのクロスステッチ』の誤植についてはグラフィック社のHPで 

作り方の説明ページはいつもお教室で使うのに書いているテキストとはちょっと違う書き方をしています。
私が書くのはBunkaで習ったとき、教えてたときの書き方ですから、文化出版局の本に載ってるような書き方です。

これが、別の出版社となると、その出版社のやり方で書いてくださる担当者がいらっしゃって、ざっくり書いて作品をお渡しするだけで、製図、作り方説明を書いてもらえます。

今回の場合は、また別の出版社ですので、このシリーズで前に出ていた本にならって書くということで、いつもの書き方と違っている点があります。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.02 (Fri)

2015年のおせち料理

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

おせちノートも1冊書き尽くしました。
毎年、もっとこうした方がいいとかいろんなことが書き足されていくノート。
最初は義母と一緒に作っていたけど、今は娘を助手に作り、3人でお重に詰めます。
こういうなんでもないこと、義母も達者で一緒にできることはしあわせですね。
いずれこのノートは娘に渡すつもりですが、はたして作ってくれるんでしょうか?

おせち料理には料理自体、素材、切り方、一つ一つに込められた意味があって、包丁で切って手間をかけて作ります。
自然の恵み、健康でいられることへの感謝の気持ちを込めて丁寧にやっているつもりです。

お正月の祝い箸は両口箸(りょうくちばし)。
いつも折れにくいという柳ですが、今年はいい香りの檜にしてみました。
両口箸の反対側は神様のためだそうですよ。

立派な神社にお参りするのもいいですが、感謝しながら神様と一緒に食べるなら、すばらしい年になるようにという願いが、お参りに負けず劣らず込められるのではないでしょうか。

元旦のおせち

さて…

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

 |  料理  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
free counters