All archives    Admin

05月≪ 2015年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2015'06.29 (Mon)

汗取り襦袢 あしべ織

ミノママさんに教えていただいた汗取り、いろんな着物サイト・ブログでも評判がよく、以前に買った雑誌をあらためて見ても絶賛されてましたので、かなりいいんだろうなと思い切って買いましたよ。


着物関係の本を読んでいますと、下着に汗を吸わせて着物や帯まで汗を吸わせないのが大事とのこと。
下に着るものをしっかりさせておけば、クリーニングに出す回数も減るので、結果、お財布にも優しく、結果、着物自体を洗わずに済むことが生地にも優しいそうです。

秋も暑いですしね、冬も暖房が効いてるし、年中活躍するんじゃないでしょうか。
いちばんは正絹の夏物に向いているんでしょうね。
麻だと着ない人もいらっしゃるようです。
麻は洗えますから。

というわけで、楽天でいちばん安かったのがこちら。

Mでも大きめということで、紐を付け直すことで、細めの人でもちょうどに合わせられるという工夫がレビューに書かれてました。
ついでに紐の切りっぱなしになってるところもちょっと留めておくといいですよね。

汗取りの袖だけはずして、袖がたくさん重なるのを避けるという工夫をされてる方もいらっしゃいました。

汗取りの話ついでに・・・
銀イオンの汗止めスプレーを使ってたんですが、絹の着物に付いてあとで変色したとき、かなり落ちにくいそうです。
制汗剤があるからちょっと大丈夫かも?なんて勘違いをしておりました。
制汗スプレーがダメなら、汗取り、やっぱり大事なんですね。

そういえば、あちこちのブログなど読んだのですけど、夏の麻の着物についてリネンだと思ってる人、あるいは、洋服のリネンはチクチクすると思ってる人、いろんな、勘違いと思われる記述を見ました。

麻についてはこちら()に書いているように、日本の表記ではリネンもラミーも麻なんですよね。


テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 着付け  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.27 (Sat)

オールシーズンのメンズ服



紀伊國屋書店→オールシーズンのメンズ服

楽天ブックス→きれいに縫える オールシーズンのメンズ服 [ 金子俊雄 ]

95ページ
日本ヴォーグ社 2015年6月27日:発売(7月27日:発行)
金子俊雄:著
日本語

メンズ服の本はそんなに出ていませんよね。
編集者さんは良いところに目を付けた!と思いました。

著者が、しっかり学校で学んでからメーカーで縫製技術やパターンを磨いているというプロフィールの欄が予約での購入の決め手。

着用した写真が良さそうで買ったお手軽ソーイング本があり、パターンが理解しがたい「線」だったり「ゆとり」だったりで、結局処分。
そういう本から学んだのは、買う前に内容までわからないなら、まずプロフィールを見ることがけっこう大事ということ。

この本は、中の縫製の記述は、たしかでわかりやすく、きれいに縫えるコツも載っていて、お手軽ソーイング本とはちょっと違ってよいですね。


以前、ご主人の服を縫いたいとおっしゃる方がいらっしゃいましたが、S~3Lまでのパターンも付いていますし、お勧めしたいと思います。

メンズ服を縫わない方にもスカートやワンピースがないというだけで、レディースでもシャツ、パンツ、ジャケットなどで同じようなディテールのものを作る場合は参考になります。

あきなし、袖付けなしのトップス、ゴムのパンツ、チュニックといったもので止まっていた方もぜひ、ファスナーあきのパンツ、台襟付きシャツカラーや短冊とカフスの付いたシャツ、ボタンの前あきのカバーオール、箱ポケットのベストなどを参考に、服らしい服を作っていただきたいと思います。

私もステッチイデーではプロセス撮影を3ページ、毎号1日がかりで撮影しますが、この本はプロセス撮影だけでもすごい数ですよ。
撮影だけで何日もかかってるはず。

開くたびに、まだ、まだ、いろいろいいところが見つかる本ですが、いま締め切り前であたふたしているところですので、この辺で。
後日追記したいとおもってます。
ひとまず、書店に足を運んでいただければとおもいます。
 

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books洋裁実用書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.26 (Fri)

410万アクセス

おかげさまで、今朝、カウンターの数字は4100000となっておりました。
いつもありがとうございます。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  その他  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.25 (Thu)

ウール刺しゅうの糸についてのご質問

いろいろ調べたけど答えが見つからないということで、こちらにご質問をいただきました。

>ウール刺繍の糸について
いろいろと探しましたが、自分の質問に合うサイトがなく、教えていただきたくコメントいたしました。
私はニットを編む用の毛糸(残毛糸)を持っているのですが、刺繍するのには向いていないのでしょうか?こだわらなくてもよいのならば使いたいなと思っています

お忙しいところ申し訳ございませんよろしくお願いいたします。


私などが答えてよいのかと思いますが…

一言でいえば、こだわらなくていいのではないでしょうか。
本の図案を指定どおりに刺すわけでないのであれば、手持ちのものなどで刺せばよいと。
私も残り毛糸を刺しゅうに使ったりしてます。

ただ、刺しゅう用の毛糸は撚りなど刺しゅうしやすくなってると思うんですが、編みもの用として売られている糸には甘撚りのもあったりしますし、逆にしっかりしすぎてて使いにくいというものもあるので、目的にあったものを選んで使うとよいでしょうね。

そして、それに合った毛糸が通る刺繍針を使っていただきたいと思います。
糸に比べて細いと擦れて切れてしまったりしますから。

刺しゅうしにくくてもオリジナルのおもしろいものができてよいかもしれませんから、いろいろ試してみるのがよいでしょう。

越前屋さんのオリジナルの糸は「刺しゅうにも編みものにも織物にも」と書かれていました。
技法の垣根のない材料ですね。

だから、編みものだけできて刺しゅうができない、あるいは刺しゅうだけできて編みものができないというのはちょっともったいないことだと思います。

毛糸の刺しゅう
これは自分で作ったものではないのですが、毛糸の刺しゅうのカーディガンです。
昔はこういう手仕事のセーターとかの本もよく見かけたものですが、いまはシンプル、あるいはワンポイントくらいが主流なんでしょうね。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  刺しゅうの材料  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.24 (Wed)

幅が狭く、巻いて売ってる接着芯

刺しゅうしながら、レッスンページの原稿を考えています。
洋裁や他の縫い小物と違って、クロスステッチの布で小物を仕立てるときに効率的で生地にも優しい方法を探してます。

効率優先だと生地がしわになってしまうし、かといって手縫いの部分を増やすのもどうかと、いちばんよい加減を探します。

そんななかで、接着芯も登場するわけですが、読者のみなさんはそんなに使わなかったり、どんなのが便利かなとそんなことも考えながら試作してますよ。

接着芯というのは折り目が付いてもアイロンで消すというわけにはいかないので、できればロール状で保存できるといいですね。
アイロン接着万能接着テープ 350mm×10m 白 クライムキ (kuraimuki) 接着芯 バイリーン

たくさん使うものではないので、残ったときに保存しやすいのがいいですね。
長くおいておくと樹脂が変質してアイロンをかけてもくっつきにくくなることも多いです。
使う予定があまりないのに一度にたくさん買うのはよくありません。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Sewing ソーイング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.22 (Mon)

ユアサアイロンの活躍

傘のお話で洋裁のこてが出てきたところで…

こちらもまた、なつかし道具にされてしまってますが、いまだ現役の「ユアサアイロン」(記事はこちら)。

気になってたまに検索することがあるんですけど、オークションに出されたりもしているようです。
もし、使う目的で、買われる方がいらっしゃったら、出品者に、水を入れて、立てた状態でスイッチを入れ、水の量にもよるでしょうがしばらくしてから水平にしたときに蒸気が出るかどうか、を、確かめてから買った方がいいのでは?と思いました。
(このアイロンは頭の方を極端に下げると蒸気でなくお湯が出たりしますが、それは故障ではないです)
他のアイロンと違って水を入れずにスイッチを入れると空だきになって、壊れてしまいます。

壊れているものも、形がレトロだからと売られているようで、使えない前提で売ってるものもあるみたいですね。
使うつもりなら、無駄な出費にならないように注意が必要です。

さて、そんなユアサアイロンは、また、絹で活躍。

水洗いでどのくらい縮むかはぎれで試していたのですが、この生地は横にはあまり縮まないようでした。
一般的にもわりと縦に縮むことが多いようです。
縦には3%縮んだものが、元の長さに戻りました。

ゆのしみたいなものですね。
はぎれくらいの大きさだからできることで、仕立てとなったらダメでしょう。

ユアサアイロン

普段用の絹の長襦袢までは自分で水洗いしちゃいます。
フォーマルのはしないです。

やはりこのアイロンで仕上げてます。
縮むのが心配でも、これがあるから、自分で洗おうという気になれます。
さっぱり気持ちよく着られます。

絹のパジャマを水洗いするけど、それ以外はクリーニングに出す=プロに任せる、という感じで、自分で洗うかどうかを決めてます。

ティファールのスチームアイロンもあり普段使ってますが、昔、ユアサアイロンの会社の方がおっしゃってたように、このアイロンは優しい蒸気なのかなと思います。
当時は売るためかと思ってたのですけど、長年使ってたしかに優しい蒸気なのかなと思います。

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.20 (Sat)

クロスステッチの帯が載ってる本

今やってる仕事の材料をごそごそと探していたら、「コキ」が出てきました。
おおっ、着物に合うバッグ、まだ作ってなかった…
着物関係の針仕事(もちろん和裁じゃなくて)も、お教室でリクエスト受けてるので、秋頃になるかな?やりますけどね。

「クロスステッチと着物」というと、下田直子さんの本(記事はこちら)で紹介されたくらいで、他ではめったに見ません。

「日本刺繡じゃない刺しゅうと着物」だと、こちらの本など。(記事はこちら

そして、着物の雑誌でも下田直子さんのクロスステッチの帯が見られます。
すてきな赤と黒の糸のデザインです。

128ページ:オールカラー
プレジデント社 2013年3月7日:発行
日本語

材料を用意して、クロスステッチまでしたら、仕立ては専門店へ。

ということなんですけど、きちんとしたところに着ていくような帯はむずかしいけど、二部式などの作り帯なら、ネットやこちら↓の本を参考に作れます。

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 着物の本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.17 (Wed)

傘にアイロン

まえに20年も同じ傘を使ってるというのを書きました。

どちらかというと折りたたみを使うことが多いからでしょうね。

使っていると傘の布の織れてる部分が、水をはじかなくなります。
防水スプレーをかけるのも一つの手かもしれませんが、もともと防水の布だからアイロンがけで復活します。
そのほうが楽だし、経済的だと思うんですよね。
防水スプレーはアイロンをかけてもダメになったときにすればいいのかなと思ってます。
いまのところ、どの傘もアイロンがけで復活してますから、何とも言えませんけど。

ちょうどこての形の小さいのを使っているところでしたので、ついでにかけました。
もちろん、アイロンの方が大きいからいつもは普通の大きいのを使ってます。
傘にアイロン

霧を吹いて確かめます。
ちゃんと買ったときのように水をはじくようになってたら、アイロン終了。
霧を吹いてみなくても、折り目がわからないくらいになってたらOKです。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.16 (Tue)

輪ゴムが変質して

以前、透明ゴムが経年劣化でぼろぼろになった話を書きました。(こちら

それはポリウレタンだったわけですが、今日は普通の輪ゴムの話です。
うっかりしてましたね。
ファスナー

ファスナーは種類も長さもいろいろなので、一応、種類ごとにわけて、髪留めの輪ゴムや、針金の入った、ひねって留めるビニタイとかツイストタイというもので止めておきました。
でも、ひとつだけなぜか普通の輪ゴムを使っていました。

いつも、消しゴムとか輪ゴムとか気がつけば周りを溶かしたり、なにかにくっついたりするってわかっているのに、すぐ使うんだからと思って使ったりして、なのに、時間が経ってこんなことになってしまいます。
くっついてしまったものはとれないので、捨てるか使ってしまうか…

ビニールコーティングのプリント地でポーチを作りました。
やっぱり、もったいないので…。

これから雨の季節なので、濡れたものを入れるのにもよいかと。

ファスナーを使ったポーチ←実際にはもっと薄い優しい色合いです。

はぎれセットとして入っていた生地なので気に入って買ったわけでなく、こちらもずっと眠っていましたけど、なんとなく、和の雰囲気にも見える織りのうえにプリントしてあって片面コーティングもされてます。
出掛けた先で着物の足袋カバーなど入れるのによいんじゃないかと思いました。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Sewing ソーイング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.14 (Sun)

パッチワーク通信社 6月10日事務所閉鎖

出版不況と聞いて久しいですが、また、残念なニュースです。

帝国データバンク 大型倒産情報 パッチワーク通信社


テーマ : パッチワーク - ジャンル : 趣味・実用

 |  Patchwork パッチワーク  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.14 (Sun)

休日は野菜三昧

材料が揃ったら、クロスステッチを刺し始めます。
それと同時に縫い方のプロセス撮影をどうするか、まとめていきます。
そして、それと同時に別の本の原稿をチェック。
かなりのページ数あるのですが、いよいよ発行まであと少し、と思うと大変でもうれしい時間です。

締め切りはあるものの9時~5時で働くというわけではないので、土日もやれそうな気はするのですが、土日はキッチンにいることが多くなかなか進みません。

そんな理由の一つはいきなり一度にとれてしまう野菜。
収穫した野菜

次の週はもう花が咲いちゃうんです。
急いで収穫しないと。
収穫した野菜

5月の写真ですけど、たまたま生育時期の環境がよかったらしく、あっという間に大きくなってしまったそうです。
こんな感じで野菜はいっぱい食べてます。

テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

 |  料理  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.12 (Fri)

ミセスのスタイルブック 2015年盛夏号(07月号)

ミセスのスタイルブック 2015年 07月号


紀伊國屋書店→ミセスのスタイルブック (2015年7月号)

楽天ブックス→ミセスのスタイルブック 2015年 07月号 [雑誌]

226ページ
文化出版局 2015年6月12日:発売
日本語

真夏を前に夏らしく、そして作りやすくて着やすそうな服が並んでいます。
それでも、近年の暑さはちょっと耐えられないほどだから、「冷房が強くなる→長袖または重ね着が必要になる」からか、あき口まで行けそうなデザインもあります。

一時期、簡単ソーイング路線にいくかに見えましたが、夏素材で作るスーツやワンピースもまた掲載されるようになりました。
Aラインとかチュニックとか、体のラインを考えなくてもいい、作る方にしてみればあまりおもしろくないデザイン(そう思うの私だけかな?)は、ミセス世代にはあいかわらず人気のようで、それも掲載されてます。
いろんな縫う腕のレベルが高くても、そんなに高くなくても選べるようにバランスよいラインナップだと思いました。

白いシャツは好きなので、特集があってよかったです。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ミセスのスタイルブック  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.10 (Wed)

お教室について

講習についてお問い合わせの件。

現在、出版の仕事を2冊並行して進めております。
近年は年中どの時期も、何かしら出版に関わっています。
講習は余裕のある場合にお受けしています。

しばらく忙しい日が続きますので、つぎにお受けできるのは9月、10月くらいの予定です。
基本は出版物の方に重点を置いており、急に出版物等の依頼がありました場合は、予定の変更もございます。

こちらのブログではお教室については、予約などはお受けしておりません。
リトルスティッチさんにおまかせしています。
電話でお問い合わせください。

現在はリトルスティッチさん以外の場所での講習はお断りしております。

どうぞよろしくお願いします。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  お教室  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.10 (Wed)

防湿・防虫・防カビ

この前の虫干しの追記です。
結局、全部干す前に梅雨に入ってしまいました。
カビ対策をしないといけません。

汚れていなければ絹の着物は虫に食べられず、ウールの着物は食べられるので、一緒にしまわないようにといわれますよね。
ウールの着物は1枚しか持ってなくて、これは別にしています。
(モスリンの腰紐も別にしたほうがいいんですよね、きっと。すき間があるからって入れておいたことがありました)
うちの場合、防カビの対策のほうが重要かもしれません。

普通の防虫剤にはカビ防止の効果はないですが、きもの用などはカビ防止の効果があるものが大事です。
桐のタンスにしまっておけば虫干しをしなくても大丈夫と思ってるという方がいらっしゃいましたが、1年に1回くらいは干さないといけませんね。

あと、輪ゴムのようなものがうっかり入っていると金箔などが変色するそうです。
この前も書きましたが、畳紙が和紙でないと湿気を吸ったまま着物が湿った状態でかびてしまう、茶色のシミになってしまうので、和紙を挟む、洋紙でなく、和紙の畳紙にする、などします。
和紙がなければ、薄い木綿、知り合いから教えてもらったのは、よく洗ったお古のシーツでくるむなどするとよいそうです。

・・・などと手をかけて虫干ししたりすればいいのですが、忙しいなどでできない場合、わたしのようにやったつもりが、あと引き出し一つ分忘れてしまった、というような場合は・・・

空気を遮断してというものもあります。
ただ、お値段高めなのと5年で交換だそうです。
しばらく着ないとか、虫干しできないというのであればよいかもしれません。

シート状で、防カビ・防湿・防虫のものもあります。

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 手入れ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.09 (Tue)

ステッチイデーの作品が戻ってきて

ステッチイデーVOL.21掲載作品写真はGallery Paletteさんでの展示のときのものです。   

4点のうち2点はDMC、2点はコスモの糸を使っています。
コスモの方はずっと使ってきたDMCの糸でなかったために、慣れなくてやり直しが多く、刺すだけで60時間もかかってしまいました。
たぶん、色やデザインを直さないで進めれば、3分の2くらいの時間で刺せると思います。

いつも、かかりそうな時間の予定は×の数とバックステッチの量で計算してみます。
残されたメモによるとやり直しのことも予定に入れてあったようで、ほぼ予定通りに刺し上がったことになります。
それでもぎりぎりだったことを考えると、風邪など引いたりしていたら、締め切りに間に合わなかっただろうということです。
やっぱりちょっとたくさん引き受けすぎてしまったのだなと思いました。

レッスンページはクロスステッチの生地に裏をつけて作る手提げ、小さなバッグの作り方を説明しています。
額に飾っておくのもいいですけど、バッグに仕立てて持って外に出ましょう!と提案したつもりです。

個人的には小さな手提げというと、お散歩…さらに言えば、犬のお散歩のイメージ…
犬と言えば、猫ということで、犬と猫を初心者の方でも刺しやすいようにデザインしてみました。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.08 (Mon)

きくちいまが伝えたい!40代からの新・着物生活

いよいよ、次の出版物の仕事。
現実逃避は着物の本…。



紀伊國屋書店→
きくちいまが伝えたい!40代からの新・着物生活

楽天ブックス→
きくちいまが伝えたい!40代からの新・着物生活 [ きくち...

128ページ
実業之日本社 2015年5年29日:発行
きくちいま:著
日本語

紹介文に「着物は着るだけで三割増し美人に見えます」と書かれてます。
いいこと言いますねぇ。

一応、私、洋裁が仕事なので、普段まで着物を着たりしようとは思わないんですが、お出掛けのときに着るということはしたいですね。
なにしろ、なで肩で寸胴…昔の日本人体型ですから、洋服に比べれば似合うと思います。
若いときは細くて名古屋帯でも二重太鼓が結べてしまうほどだったのですけど、近頃は補正のタオルもいらないかもです。

付け帯の話、工夫した下着の話、きものや帯の揃え方の話、と、きものの雑誌や他の本でも載っているんだけど、あらためてイラストで楽しく書いてもらうと、そうそう、そう思ってたのに忘れてた!みたいなこともあり、おもしろく読めました。
また、旅行には小さいバッグ一つで済ませてしまう話が、意外で、おもしろかったです。

「うそつき」も、このまえ、ちょうど正絹の長襦袢をほどいて袖だけのを縫っていたところで、この本を読んだので、もう一枚作ろうかなと思ってます。
無双なのですけど、袖だけだから、私なんかでも気軽に作れます。

きものは染め直しとか、もらい受けたものでも寸法を直しながらの仕立て直しとか、きものから羽織へ直すとか、いろんなリメイクの方法があります。
どんな物は処分してしまったらよいか、みたいな、洋服と違って判断つきづらいことも教えてもらえて参考になりました。

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 着物の本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.05 (Fri)

超撥水風呂敷 ながれ

関東地方の梅雨入りも間近です。
これからちょうど2冊の出版物が忙しくなるので、出掛けられなくなるってことは、ちょうどよいって言えばちょうどよいのかもしれません。

梅雨だからというより、雨女なので、とにかく年中、折りたたみ傘や傘を入れる袋、レインコートや雨の日靴、いろんな便利グッズを使ってます。
バッグのカバーにもエコバッグにもなるものを縫いたいと思ったけど、それらしい生地は売ってるのが見つからず、商品としては売ってたけど、サイズもうまくなかったり、柄の好みもあったり。

そんなとき、着物の便利グッズとして知ったのは朝倉染布株式会社「超撥水風呂敷」というもの。
メーカーがいうにはバケツ代わりに水も運べるとかで、そうそう運ぶこともないでしょうけど、それだけ撥水がしっかりきいているということ。

これはサテンタイプの生地です。
風呂敷というより、肉厚スカーフという感じで、バッグに入れておけば、雨のときの革バッグの雨よけカバーにもなります。
超撥水風呂敷

柄も大きさも、いろいろあります。

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 小物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.04 (Thu)

バイアス半衿

明日にも梅雨入りかということで、きものの虫干しも、もう終わり…
次は11月か2月ころか…

ところで、刺繍枠に洋晒をバイアスに切って巻くようにお教室ではおすすめしています。
テープですから面積にしてみたらたいしたことない量ですけど、90°45°で平行にカットしていきますから、生地の最初と最後に大きな三角が2枚無駄に残ってしまいます。

↑何を勘違いしてか90°と書いておりました。ご指摘ありがとうございます。

テープ状の物を切り出すということは90㎝幅で1m買っても数本とれるくらいですから、個人では相当無駄が出ます。
だから、お教室をしているお店の方にも切ったものを置かせていただいてます。

それと同じように、きものの半衿もバイアスで作る場合、1枚だけだと無駄が出ますから、家族、お友達、などと分けあった方がよいかと思いますよ。
もちろん、市販のもあり、バイアスに切ることを考えるとかなりお得なのですが、自分の好きな生地で作りたいときによいです。
私が作ったのはお手入れが楽なポリエステルのジョーゼット。
正絹の半衿に比べれば、見劣りするかもしれませんけど、フォーマルでなければ十分かと思います。
おもしろくないかもしれないけど、やっぱり顔が引き立つ白です。

正絹だと洋服地を買って作るより、できてる市販品を買う方が安いので、どうしようかなと思ってるところです。

バイアスの半衿は縫い付けたときなじみがよく、しわが出ません。
ですから、半衿を付けるのが苦手な方でもごまかせるんじゃないでしょうか。

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 着付け  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.02 (Tue)

ジーンズのリメイクでバッグ

去年秋、NHKのTV番組「すてきにハンドメイド」で、ジーンズからバッグを作るリメイク作品を見ました。
ジーンズは裾に向かって広い方がいいと言ってたけど、ストレートのを処分したくて作ってみました。

TVでは、ひざがすり切れたりしてなかったけど、私のはすり切れてました。
ひざあたりをよけたりしてパターンも縫い方もずいぶん違うし、全部裏付きにして作りました。
ジーンズのリメイクバッグ

TVの作品と同じ刺しゅうじゃ芸がないかと、幅を広げるついでにヘリンボーンの応用やインサーションステッチを麻の刺繍糸でしています。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.01 (Mon)

手づくりの腰紐

今日も虫干ししてます。

着物のリメイクをしようとおもうたびに、やはり着物地にはさみを入れるのはどこか心苦しく、そして、こうして虫干しをするたびにやっぱりなるべく着ることにしようと思います。
洋服にせず、着物として着てしまう方が私の体型にも合ってることだし…
(とてもなで肩ですし)

ずいぶんと前の話ですが、シルクのプリント地、ワンピースか何かを仕立てた残りの布をもらって、何にしたらいいかわからなくて腰ひもを作りました。
腰ひもは正絹がいいと聞いてましたし、その布を見て他になにも思いつかなかったもので。
シルクの洋服地で腰紐
横地でとることになりましたけど、ほんとは縦にとれればもっとよかったんでしょうね。

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 針仕事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
free counters