All archives    Admin

02月≪ 2016年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'03.31 (Thu)

刺しゅうするときのルーペ:メガネタイプかスタンドタイプか

一昨年だったか、眼科でしっかり検査してもらいました。
結論として、この細かい物がますます見えなくなったのは老眼で、年相応だということでした。

ミシンをかけたり刺しゅうをしたりの近さにピントが合うように新しく作ったメガネも、疲れるばかりで、刺しゅう、といってもクロスステッチの際にはハズキルーペで作業することが多くなりました。

刺しゅうでもカウントステッチでない刺しゅうの場合、ハズキルーペだと1.6倍になるので、ステッチの目が小さくなってしまうこともあります。
クロスステッチは刺す場所が決まっているので、そこは問題ないです。
だから、カウントステッチでないときはシニアルーペを使ったりもしています。

スタンドのルーペも使いますが、刺しゅう枠の方がスタンドのときはハズキルーペの方が都合がいいです。
ケースを見ていただくとわかるんですが、大きいんです。
持ち運びもするので、新型の「Hazuki5 クリア ルーペ」を買いました。
Hazuki5 クリア ルーペ
Hazuki5 クリア ルーペのほうは前に比べてずいぶんと小さい感じですけど、この大きさで十分です。
前が大きすぎたのかなと思いました。

このかけるタイプのルーペは頭が痛くなってしまうとか、クラクラするという方もいらっしゃるようです。
試してから買われるのがよいと思います。

ブルーライト対応のタイプだと1.32倍なので、クリアタイプのほうは1.6倍(前のハズキルーペと同じ)と大きく見えてよいかもしれません。

あっちでもこっちでもレンズが必要になるのでメガネのようにかけるタイプを便利に使っているのですが、いつも同じテーブルで刺しゅうすることが多い場合は、アームライトなどもよいとおもいます。

もちろん、いつも紹介しているスタンドルーペ(記事はこちらも活躍していますよ。
首にかけて使うタイプも使いいいそうです。(記事はこちら



4月11日発売です。
よろしくお願いします。
こちらに掲載の作品も、ルーペを使ってステッチしましたよ。
シニアグラスよりずっと長い時間かけているように思います。

↑アマゾン

紀伊國屋書店→Heart Warming Life S ステッチイデー  23
楽天ブックス↓
ステッチイデーVOL.23

ステッチイデーVOL.23
価格:1,296円(税込、送料込)

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.30 (Wed)

ステッチイデーVOL.23 編集者さんにはご苦労をおかけしてます


↑アマゾン

紀伊國屋書店→Heart Warming Life S ステッチイデー  23
楽天ブックス↓
ステッチイデーVOL.23

ステッチイデーVOL.23
価格:1,296円(税込、送料込)


作品の打ち合わせは前号の発売後から始まります。
今回の作品の試作品も出版社のパーティーの前に編集者さんに見ていただきながらの打ち合わせ。
他にも候補があり、それも試作してみましたが、今回は簡単に仕上がる小物にすることになりました。

今回は縫うのがとても簡単なのとは反対に、縫う前に布を折るところが、山だったり谷だったり、あるいは、マチが入ったりして誌面で説明するのがむずかしかったです。
たぶん、VOL.17に始まったレッスンページのなかで、いちばん簡単に縫える作品で、いちばん説明がむずかしい作品かもしれません。

実際に手元を見たり、動画を見たりするのは簡単かもしれませんが、誌面にするには番号や記号を付けて、順番ごとに写真を入れます。
こちらは、いつも縫うように、ああして、こうしてと進めて行ってしまいますが、編集者さんはご自身で縫い方を理解しつつ、ほとんど縫い物をしない読者さんでもわかるように読者目線でも考えてくださいます。
この向きで置いた方がわかりやすいとか、この順番の方がわかりやすい、あるいは数字がいいとかアルファベットがよいなど、いろいろ。

私がいつもしているコツも、読者さんにしてみれば図や文章で説明されるとわかりにくかったりすることもあるようで、載せない方がよいと判断されることもあります。
できあがった誌面を見ると、たしかにそのとおりだとおもいます。
編集者さんの判断はさすがです。

また、読者の方がせっかく刺しゅうしたものを縫う段階であまりきれいにできなかったというのではがっかりですから、きれいにできあがる方法を相談します。
ときには、もっと合理的で早くできる方法があったとしても、慣れない方にはむずかしいと判断した場合、一手間多かったとしても確実な方法を選択することもあります。

いろんなやり方の中から、コンセプトにあったやり方を選ぶのも私の仕事の一つです。
それは、フランスのクロスステッチの本のでも、洋裁の解説の方でも同じで、毎回悩むところです。
そして、的確な判断をしてくださるのが編集者さんです。

読者の納得する誌面作りというのはほんとうにたいへんです。
編集者さんには、誌面ではわからないところで、いろいろご苦労をおかけしています。

4月11日発売です。
どうぞよろしくお願いします。

そして、翌日の4月12日は、ミセスのスタイルブック 2016年 05月号(初夏号)の発売日です。

紀伊國屋書店→ミセスのスタイルブック (2016年 05月号)

楽天ブックス→ミセスのスタイルブック 2016年 05月号 [雑誌]

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.28 (Mon)

ビーズ刺しゅうの針

ステッチイデーVOL.23のほうのお仕事は終わりまして、並行して進めていたクロスステッチの洋書の日本語版の方の作業もいよいよ終盤です。

イデーVOL.23の前にしていたお仕事「ファスナーの本」のワンピース、オカダヤでの掲載作品の展示も終わりましたので、そろそろ手元に戻ってくるそうです。

↑アマゾン

紀伊國屋書店→ファスナーのつけ方がばっちりわかる!ファスナーの本

楽天ブックス→ファスナーの本

「ファスナーの本」の掲載作品の製作の話などはこちら()とこちら()とこちら()こちら()にも。

発売から2ヶ月を過ぎましたが、春物の製作に活用されてもう着ていらっしゃる頃でしょうか。

フォーマル向きの布はちょっと縫いにくいものも多いです。
コンシールファスナーのつけ方もいろいろありますが、この本のコンセプトは「初心者でもきれいに付けられる」ですので、それに合ったつけ方を選んで提案しています。
お式の最中、ずっと後ろが見られている背中のファスナーつけ、きれいじゃないと気が気でないですものね。

ファスナーの本ではワンピースの衿ぐりに簡単なビーズ刺しゅうを施しました。
誰にでもできるようにということで、ビーズ刺しゅうと言っても留めつけるだけにしておきました。

ビーズ刺しゅうは服飾手芸の中でもよく使われるものです。

基本はフリーステッチ、カラーエンブロイダリーでどの刺しゅうにも共通することが多く、学校でもここにある程度の時間をかけて勉強します。
服飾手芸の授業は他にもいろいろ勉強するのですが、習った中でもビーズ刺しゅうはとても楽しく、実際に課題でジャケットの前身頃全体に施したときなどはたっぷり時間をかけて刺しました。

そんなですから、ブログを書きはじめた頃に「ビーズ刺しゅうの針について」というのを下書きしていました。
今日はその後自分で使う針も替わっていたので、それに書き加えてアップすることにします。
現在更新している記事の番号が2800番台なのにこの記事のナンバーが3桁と、かなり早い時期の番号なのはそのためです。

ビーズ刺しゅうの針の選び方としては、普通の縫い針でもビーズが通って、糸が通ればよいですよね。
パイエット(スパングル)は糸1本で、ビーズは2本で留めつけることが多いと思いますので、針に糸を通した状態で2本がビーズを通ればだいたい大丈夫です。

必要以上に長いビーズ用の針は刺しゅうでない場合はよいけど、布の上に刺しゅうをするにはちょっとやりにくく感じる場合もあります。
かといって、短いとビーズはちょっと拾いにくいかもしれません。

今回のワンピースのようなものの場合は、

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.28 (Mon)

麻の長襦袢のシミ落とし

夏の麻の着物を着るために麻の長襦袢が必要でした。
新しいときは肌が負けてしまうと聞いて、それこそ、リサイクルのでいいかもとネットで探してみました。

長襦袢は下着なので、リサイクルというと気が引ける・・・
だったら、しっかり加熱して洗えばいいかなと思って煮洗いすることにしました。
汚れが付いているわけではなく、汚い感じはないのですが、衿部分の色が薄アクというか、うすジミというか、変色していました。

ただ、煮洗いに向く大きなお鍋がありません。
内径33㎝のステンレス製の大きなお鍋を母に借りて、麻の長襦袢を煮洗いしてみました。
煮洗い

入れたのはセスキ炭酸 ソーダ。
前にも紹介している「アルカリウォッシュ」などの商品名のアルカリ剤です。

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 手入れ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.27 (Sun)

紅茶のケーキ

義母のために紅茶のケーキを焼きました。
だんなさんがそれを見て、「なにもケーキに紅茶を入れなくても、プレーンなケーキを焼いて紅茶を飲めばいいんじゃない?」と言いました。

ほんとにそうでしょうか?
そういうご本人は、文明堂の抹茶の入ったカステラを食べます。
だったら、普通のカステラと抹茶を飲めばいいじゃない!と心の中で言いました!
紅茶のケーキ

それはさておき、ロールケーキとかこういうケーキとか切るのに、ナイフは長い刃が使いやすいです。
過去に何本か買ってはみたものの、今使っているのは35㎝のSWIBOだけです。

テーマ : お菓子作り - ジャンル : 趣味・実用

 |  お菓子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.26 (Sat)

牛乳とハチミツの白パン

休日なのでまた、台所仕事の話など。

いつも角食パンを作る週末。
リーンなパンを作ることが多いので、ふわふわの食感で、材料にバターや乳製品が入るのを作るのはどちらかと言えば少ないです。

新しいオーブンになったので、レシピブックに載っている白パンを作ってみました。
ふわふわ白パン
白パンのつもりが、熱が強く当たる部分は、いい焦げ色で、他は白いまま。
まずは、いろいろ作って、オーブンのくせを知らなければいけません。

ちなみにオーブンに付いているレシピブック、子どもの頃のガスオーブン2台のは残ってないけど、その後の自分の3台分の3冊があります。
メーカーさんのレシピブックですが、本棚に並ぶ、プロの、お菓子の本、パンの本、お料理の本と同じように役にたっています。

さて、この「ふわふわ白パン」、水を使わず、代わりに牛乳。
砂糖を使わず、代わりに蜂蜜です。
膨らませるのは、いつもは天然酵母ですけど、この日は耐糖性のサフ。

ふだんは天然酵母なので、イーストをたくさん買っておいても使いきれません。
甘いパンを作るときの耐糖性のほうを冷凍庫に常備しています。

甘いパンというのは糖分が多くて普通のイーストだと膨らみが悪くなります。
クグロフやベルギーワッフルなども耐糖性のほうがよいようです。
普通の方のイーストは甘いパン向きではありませんが、耐糖性の方は食パンなどにも使え、そういう意味で、どちらか選ぶなら耐糖性を買っておこうという考えです。

今使っているのは125g入りなので、においなどが移らないようにビンに入れて保存していますが、ほんとにたまにしか使わない場合、少々割高でも個包装が便利です。

テーマ : 手作りパン - ジャンル : 趣味・実用

 |  料理  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.25 (Fri)

ステッチイデーVOL.23 ~レッスンページで取りあげたものは


↑アマゾン

紀伊國屋書店→Heart Warming Life S ステッチイデー  23

楽天ブックス↓
ステッチイデーVOL.23

ステッチイデーVOL.23
価格:1,296円(税込、送料込)



↑こちらは4月11日発売です。
どうぞよろしくお願いします。

『特集は「刺しゅうの春夏秋冬」。クロスステッチ、フリー刺しゅう、ドロンワーク、シャドーワークなど春、夏、秋までの季節を彩る、額、バッグ、タペストリーなどバラエティに富んだ刺しゅうのアイテムを掲載。他にも動物をモチーフにした刺しゅうや花模様のクロスステッチなど盛りだくさんの内容でお届けします。さわやかなカットワークなどレッスンページも掲載。海外取材はイタリアのウンブリア刺しゅう、スウェーデンの刺しゅうも掲載。他にも人気の青木和子さんの連載や実例取材なども楽しめます。』

VOL.17からここまで、続けて担当させていただいている、小物の作り方のレッスンページ。
表紙に書かれているように、今回はいちばん簡単に作れるふたの付いたティッシュケースと、応用でまちの付いたポーチを、という依頼でした。

この「ティッシュの入る場所」の付いたものは、過去に作ったものをこのブログでもご紹介していますが、特に作り方は書いていませんでした。
というのも、教わったものだったから。
25年くらい前でしょうか、Nさんという方が、「縫い方知ってるかもしれないけど、これ、幼稚園のバザーに出すのにたくさん作ったからあげる」といってくださったのです。

その時初めて、ロックミシンも使わず、裁ち端が全然見えなくて、簡単な作り方があるんだと知りました。
裏は付けなくていいし、何とも合理的です。

そして、すでにNさんの息子さんは成人されていたので、それよりずっと前(つまり40年くらい前)には幼稚園のバザーに関わってるお母さんは、みなさん知っていたということにびっくりしました。
(でも、よく考えれば、Nさんの世代の針仕事力は今よりずっと上のはずですものね、当たり前といえば当たり前だったかもしれません。)

それからずっと、見本として持っていました。
その後、それにポケット付けてみたり、ティッシュを入れるところはないものを作ったり、自分なりに工夫して作ったりしてました。
今はどうされているか、おつきあいがないのでわからないのですが、いまさらながら、Nさんにありがとうといいたいです。

さて、今回はさらに、応用作品としてマチをつけたものを作る、というお題でした。
余ってる布でいくつか試作品を作ったりしました。
オリジナルな部分を加えないといけませんから。

試作といいながら、その後は刺しゅう無しですが、使ったりしていますよ。

この2作品、縫う部分は本当に簡単なので、刺しゅう作品に応用していただけるとうれしいです。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.16 (Wed)

やっと完成

ステッチイデーVOL.23

ステッチイデーVOL.23
価格:1,296円(税込、送料込)


↑楽天ブックス

紀伊國屋書店→Heart Warming Life S ステッチイデー  23

↓アマゾン

↑こちらは4月11日発売です。
どうぞよろしくお願いします。

そして、ほぼ同時期に引き受けていたお仕事。
今回もフランスの手芸書の日本語版の監修です。
発売はもう少しけ先なのですが、また、すてきなデザインがいっぱいなんですよ。

編集者さんからは、このシリーズを心待ちにしていらっしゃる方がいらっしゃると聞いています。
私もその一人です。

こんども、フランスのデザイナーさんのクロスステッチの本です。
販売促進のために、この本の中のひとつのデザインを刺して作品を作っていました。

やっと刺しゅう部分が終わりました。
花粉症がひどくて、家から出られないのですぐに刺せちゃうかと思ったのですけど、手のしびれがあって休みながらだったので、思ったよりかかってしまいました。

それでも、なんともすてきなデザインでしたので、楽しかったです。
フランス語の単語がいろいろデザインの中に入っているのですが、フランス語の辞書を調べて、意味がわかると、刺していていっそう楽しくなります。
たぶん、今回も単語一覧を入れてもらえると思うので、楽しみです。

やっぱり、たくさんのデザインをしてるデザイナーさんは、クロスステッチのツボを押さえてますよね。
刺してて伝わってきます。

モチーフを並べたようなデザインでは、モチーフとモチーフの間隔のとり方、地の部分と刺す部分のバランス、バックステッチの輪郭や文字のバランスなど、いろいろなデザインの要素を考えつつ、クロスステッチの表現も最大のものにするよう、よく考えられています。

元々の絵の良さも大事だけど、クロスステッチの技法のよさをたくさん取り入れているのがよいと思うのです。


さて、これから、形にしていくわけですが、また、防災を考えた飾り方ができるようにしたいです。
できあがったものをブログで公開するのは、その日本語版の予約がネットで始まった頃になります。

じつはまだ、原稿の方も届いてないので、ここからが忙しくなります。
というわけで、先に販促の作品作りました。

壁掛けの時計にしようかなとムーブメントと針を買いました。

ムーブメントと針はメーカーが違うと、時計の針が付かないこともあるらしいです。

ネットで針だけ別に買う場合は、メーカーや機種に注意することと、送料に注意すること。
針より送料が高くなることもあります。
本体とセットになっているものを選ぶのもよいかもしれません。

あと、個人的にはコチコチ、音のしないことが大事です。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.14 (Mon)

FLOWERS―ワイヤーワークの花刺しゅう

FLOWERS―ワイヤーワークの花刺しゅう


55ページ
雄鷄社 2006年12月:発行
アトリエFil:著
日本語

アトリエFilさんの最初の著書。

じつはこの本は欲しかったけど絶版で、中古の値段が元の何倍もしていて、さすがに買えないであきらめておりました。
先日しばらくぶりに見てみると、まだ、中古でも元の値段よりは高いものの、当時1~2冊しか出品されていなかったのが、十数冊になっていました。
数多く出品されたことで競って下げたのだろうと考え、ここぞとばかりに買いました。

10年前の本ですが、やっぱり、いいものはいいと思いました。
なぜ、今十数冊かと考えると、近年、ものすごく詳しく説明の入っている本を何冊も出されているためではないでしょうか。
わたしだったら、それぞれの本にそれぞれの良さがあるから、手放しませんけどね。

この本も詳しいのですが、近年の著書は作り方説明のカット数も多いですし、材料や用具の説明にもページを割いていて、ほんとに初めてやってみようかなと思ったら、新しく出ている本の方がわかりやすいでしょう。
でも、お花の形などは、こちらの方が比較的シンプルかもしれませんから、やはり、両方の本を合わせて参考にされるとよいと思います。

これで、アトリエFilさんの著書は一通り、本棚に並びました。
中でも、「ちいさい刺しゅうのブローチとマカロンポーチ」は本の中でご一緒させていただいてるので、うれしいです!
刺繡通信もすてきにハンドメイドのテキストも並んでます。

明日15日から、アトリエFilさんの作品展が始まります。

くわしくは 


テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  アトリエFilさんの本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.12 (Sat)

レンジストッパー

昨日の防災の話に関連しまして。

今日は新しいオーブンレンジが届きました。
日曜に電器屋さんに行ったときは入荷にしばらく(2週間以上)かかりますとのことでしたが、先日電話が来て、いちばん早くて土曜の配達ができるとのこと。
早いほうがいいということで、今日にしました。

このオーブンは結婚してからはこれで3台目になります。
前の2つでは電子レンジは毎日、オーブンではパンもお菓子もよく作りました。
2台目は12年半使いました。

さすがに、先月になって高温で使ったときにファンの音がおかしくなり、熱を発する家電ということもあり、買い換えることにしました。
残念ながら12年もたつと修理ではなく、買い換えです。
最後に牛乳を1杯あたためて、「長い間がんばってくれたね。ありがとう。」と声をかけました。
生きものじゃなくて、家電なんですけど、そういいたくなるくらいの長いつきあいでした。

さて、今度のオーブンレンジ。
30Lを超えるのは、いろんな料理がボタン一つでできる、みたいなのが多いけど、私としては、パンが上手に焼けるものが欲しかったので、これにしました。
本当は、実家みたいにビルトインのガスオーブンが入れられれば一番いいんだけど、そうもいきません。

理想は、ガスオーブンと電子レンジがいいですけどね。
このさき、パンもお菓子もだんだん作らなくなっていくと思うので、ひとまず、あと何年かはパンが上手に焼ければいいなあという感じで選びました。

ところで、前のオーブンレンジは下にぷにょぷにょした地震対策のを4枚敷いていたのですが、今回は電器屋さんのすすめで、L字のストッパーを付けることにしました。
レンジストッパー

ネットのレビューを見たら、いいこと書いてなかったけど、実際に付けてみたところ、しっかり動かなくなりました。
レビューというのは、気に入らないときは書いて、まあまあかなと思ったら書かない、すっごくよかったら応援してあげようみたいな気持ちで書くといった感じなんでしょうか。

下に敷いていたぷにゅぷにゅは、接地面が少なく、ただ載せてあっただけですから、心もとなかったですけど、今度は安心だと思いました。
べたべたしないでしっかりつき、またはずせるところがいいです。

前のは、左にスチームの水を入れるケースがあって、たぶんL字のは付けられないと思うんですけど、今回のは左右の前後に付けられました。

接着じゃなくて粘着のペタペタとくっつくものをL字で付ける場合、位置をきっちりさせるのがむずかしいところを、ちゃんとお助けグッズが付いていて、ぴったり付くようになっています。
説明書を読んでから付けるときちんと付けられます。

お値段としてはちょっと高いかもしれませんけど、防災だから、しょうがないかと・・・。
ただ、もう少し手に入れやすいお値段になってみんなが付けようという気になるといいのかなと思いました。


明日の朝は早起きしていつもの角食パンを焼く予定で、夜の間に低めの温度で二次発酵させています。

テーマ : キッチン家電・用品 - ジャンル : 趣味・実用

 |  料理  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.11 (Fri)

縫い方指導を引き受ける気になった理由の一つ

「11日」と見たり聞いたりすると、「ああ、11日だ」と思うようになって5年。
9月の11日のこともあるのでしょうね。
「11日」という言葉は、心がざわざわする感じです。

日々の暮らしの中ではお風呂に入ってあったかくて気持ちいいなあと思うとき、震災のことを思います。
あのころ、しばらくぶりのシャンプー、たとえ水であっても気持ちがいいと思った、という話を聞いたから。
なぜか、いまでも思い出します。
今日もいろいろあったけど、こうしてお風呂に入って、お布団で寝られるのはしあわせなことなんだと思い出すのです。

あの年から、防災とエコはさらにおろそかにしてはいけないという気はさらに強くなりました。

もともと日頃からもったいないことはしないよう、エコな暮らし方にも関心がありました。
エコ検定()に合格したのは2006年と、それよりも前のことです。

5年前からは世の中も「節エネルギー」に向いていたようで、たくさんの省エネ対策や防災の製品などが開発されたと思います。
ペットボトルのふたも共通になりましたし。

その一方で、食品ロスなどもそうですが、まだまだもったいないことをしていたり、また無駄に使うようになり始めたり。
夜の街はやたらと明るいです。
当事者以外は忘れるのが早いような気もしています。

そんなでも、やはり、教訓を忘れず、防災意識を高めておくことが必要かと思うのです。
自治会で当番が回ってきたときも、防犯防災部の担当を選びました。
その間、意外と周りの人たちの防災意識が低いのがわかるできごともあり、日頃のからの意識の持ち方が大事だとわかりました。

この5年、備蓄品も、専用のものではなく、ふだんのものを備蓄として保管し、消費期限をチェックしながら、食品庫の食品を前へ前へと出したり、乾物の利用をさらに高めたり、缶詰の食べ方を工夫したりするようにしました。

先月の自治会の懇親会でもマンション暮らしでトイレットペーパーがたくさんは置いておけないという話が出ました。
あの頃トイレットペーパーも売り切れ続出だったそうですからね。
生協さんで売ってる1個に2個分の巻いてあるトイレットペーパーをトイレの中で縦に積んでおきますよ、って話をしたら、とても喜ばれました。

事あるごとにそんな話をすることだけでも、防災で大事なことなのではと思います。

大地震はこれで終わったわけではなく、関東などは数十年単位で定期的に起きていることを考えると、関東大震災から数えればすでに起きていてもおかしくない年月が過ぎているわけですよね。

11日は、火事でも地震でも台風でも、とにかく、そういったことが人ごとではないことを思い出す日、そして、備蓄品の消費期限などチェックする日にしています。

あの日、それまで額はピクチャーレールから吊っていましたけど、激しく打ち付けられるようでした。
ガラスでなくアクリル板でしたが、角張った物体がはずれてとんでくることもあるわけですから、やはり、刺しゅう作品の日本での飾り方は、額でないのがいいようにおもいました。
(もちろん、地震対策の額のかけ方でいいやり方があればそれでもいいとは思います)

それからあとは、刺しゅうの仕上げ方は、額のようにしたかったらパネルに仕立てるとか、なるべく縫って使えるとか、危なくないものがいいと痛感しました。
そういう思いも、そして、エコに暮らすアイデアも発信できると思って、本での縫い方の指導のページを引き受けました。

エネルギーの節約グッズはステッチイデーの刺しゅうの作品にも取り入れました。(
これからも、そのようなことを頭に置きながら作品を作って発表していけたらと思っています。
ステッチイデーでは春らしいクロスステッチの作品を掲載していただいてます。
4月11日発売です。
どうぞよろしくお願いします。


↑アマゾン

紀伊國屋書店→Heart Warming Life S ステッチイデー  23

楽天ブックス↓
ステッチイデーVOL.23

ステッチイデーVOL.23
価格:1,296円(税込、送料込)



日本ヴォーグ社刊 2016年4月11日:発売予定

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.10 (Thu)

ステッチイデーVOL.23の予約始まる

ステッチイデーVOL.23

ステッチイデーVOL.23
価格:1,296円(税込、送料込)


↑楽天ブックス

↑アマゾン

紀伊國屋書店→Heart Warming Life S ステッチイデー  23

『特集は「刺しゅうの春夏秋冬」。クロスステッチ、フリー刺しゅう、ドロンワーク、シャドーワークなど春、夏、秋までの季節を彩る、額、バッグ、タペストリーなどバラエティに富んだ刺しゅうのアイテムを掲載。他にも動物をモチーフにした刺しゅうや花模様のクロスステッチなど盛りだくさんの内容でお届けします。さわやかなカットワークなどレッスンページも掲載。海外取材はイタリアのウンブリア刺しゅう、スウェーデンの刺しゅうも掲載。他にも人気の青木和子さんの連載や実例取材なども楽しめます。』

楽天ブックスでの予約が始まっていましたので、表紙もわかりました。
4月11日発売です。

私もいつものように刺しゅうを小物に仕立てるレッスンページ、4ページ担当しています。
「布をたたんで作るポーチとティッシュケース」です。

今回の私のページ、担当の編集者さんがいつも以上にがんばってくださいまして、記号なども用いてかなり丁寧な作り方を書いてくださってます。

また、おいおい、誌面ができあがるまでのそんな話も書いていこうと思っています。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.09 (Wed)

刺しゅう作品向きの縁編みが載ってる本

エジング
すき間時間にこんな感じの縁編みをしています。
これは、自分で適当に考えて編んだときのもの。

「刺しゅう作品での縁編み」向きの編み方はほかに手を持ちの本のなかでないかな?とブログ記事内で検索しようとしたところ、「縁」と「編み」が文章に含まれているものはすべてヒットしてしまいました。

「エジング」のほうが一般的なのかな?と調べてみると、意外と「エジング」という言葉が少なく、「もしかしてエイジング」と、エイジングケアのサイトがヒットする始末。
たしかに、その方が私の役にはたつと思うのですが・・・

やはり、分類しておくとか、一度書き出しておくと便利かな?というわけで、このブログで取り上げた「縁編み」「エジング」が載ってる本を書き出してみます。

刺しゅうはするけど編みものの本は持ってないという方のお役に立てるとうれしいです。

刺しゅうの映える 縁編みのパターン 

可憐なコーナーパターン

機械レースとかぎ針で作るかわいいアクセサリー―レース・クロッシェのアイディアブック 

ベストセレクション! リクエスト版 レース・かぎ針編みのベストパターン ドイリー・モチーフ・エジング&ブレード 

レース・かぎ針編みのベストパターン PART・2 

レ-ス・かぎ針編みのベストパタ-ンアレンジと楽しみ方実例 

エジングとブレード―かぎ針で編む、とびきりかわいいデザイン106 

はじめてのレース編みパイナップルパターン100
モチーフ エジング&ブレード ドイリー 

はじめてのかぎ針編み/かんたんエジング&ブレード100―長さ自由自在!  

モチーフとエジング―モチーフ模様編み集 

ビーズの縁飾り Vol.3 

おしゃれ時間。 11  

ビーズ編みのエジング―かぎ針とビーズでつくる縁飾り 

ビーズの縁飾り 

ビーズの縁飾り Vol.2 

はじめてのレース&ビーズ 

可愛い!簡単!はじめての小さなレース 

テーマ : レースあみ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Crochet lace  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.08 (Tue)

ジーンズ生地は鍋みがき向き

本や服など減らそうと整理しています。
本はいつものように、本そのままを寄付するんじゃなくて、お金にしてからの寄付()になるように箱に詰める準備をしてます。
着ない服、着られなくなった服は使えそうな部分をはずしたり、あきらめてそのまま捨てたりしています。

その中で、ジーンズは、以前リメイクもしました()が、はぎれ部分が残りますし、サイズや形、素材によって、どれもこれもリメイクできるものでもありません。
それにそんなにたくさんのバッグも必要ないし。

で、ジーンズやデニムの残り切れは、ただ、切って、取っておきます。
目的は、鍋みがき、シンクみがき、など、クレンザー系のものをつけて磨くためです。

スポンジだと研磨剤が入り込んでしまうので、汚れをかき取ってくれないそうです。
だから、布に付けるとよいようなんですが、布の中でも向いているものがデニムで、繊維の構造から言って平織りなどよりもしっかり磨けるそうですよ。

この前の石焼き芋を焼いたお鍋も、かなり高温になるため、うっすら付いていた汚れも焦げになってしまうので、焼き芋の後は鍋みがきをすることが多いです。
ル・クルーゼもシラルガンもときどき磨いています。
デニムで鍋みがき

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

 |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.07 (Mon)

スタンプワークの本いろいろ

スタンプワーク(Stumpwork Embroidery)の本についても、ブログ内検索がしにくいので、書き出しておきたいと思います。
ほかにもスタンプワークの本はあるかとおもいますが、これらは私の本棚のなかの参考にしている本です。

スタンプワークのバッグ記事はこちら
ふっくらかわいい立体刺しゅう  

iPhone5ケースにスタンプワーク 

スタンプワークブック―イギリスからの贈り物 

しあわせの刺しゅう時間 

ちいさい刺しゅうのブローチとマカロンポーチ 

Exquisite Floral EMBROIDERY 

かんたんカルトナージュに刺繍をアレンジ 

大塚あや子のスタンプワーク―素敵な立体刺しゅう はじめてのスタンプワークレッスンつき 

Fleurs brodées de A - Z 

スタンプワークでパリのお菓子 

ちいさな刺しゅう 

スタンプワークでハーブと花を描く―イギリスの立体刺しゅう  

毛糸の刺しゅう 

刺しゅうこものとアクセサリー 

大塚あや子の刺繍の本 スタンプワークStumpwork Embroidery

The Complete Book Of Stumpwork Embroidery 

Broderie au Ruban et en Relief 

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Stumpwork Embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.06 (Sun)

竹の泡立て器

ココアや酒粕で作る甘酒のために、小さな竹の泡立て器を使っていました。
マグカップで使う大きさ。
泡を立てるというより、きれいに攪拌するため。

壊れました。
竹の泡立て器修理

しっかり形を保ってもらうために、たこ糸で編むようにして6本を固定しました。
竹の泡立て器修理

これって、売ってたときはただ差し込んであったのか、それともボンドで止めてたのか、あっけなく抜けてばらばらになったので、たこ糸を使ってすき間を埋めて押し込みました。
ボンドは使ってません。

竹の泡立て器修理
金属でないので、カップと当たってもいやな感じがないので、木や竹のスプーンなど好きです。

そういえば、この冬、麹から造る甘酒を作ってませんでした。
八海山の酒粕を結構買っていたので、酒粕から作ってしまうことが多かったです。
麹から作るのとは別物ですけどね。

酒粕はすぐには溶けないので、料理の本などではすり鉢ですりつぶすなどと書かれています。
でも、お湯に入れて電子レンジにかけると膨らんで、泡立て器などで混ぜるとすぐに細かくなります。
そんなわけで、竹の泡立て器があると、お鍋など使わなくても一人分をマグカップですぐに作れるので、便利です。

ココアもちょっと前まではココアパウダーをお鍋で練って火を加えて作ってましたが、いまは一人分なら、溶かすだけのココアをマグカップで混ぜるだけで済ませてしまいます。
前は、お湯で溶くだけのココアは甘すぎて飲めなかったんですけど、今年は甘くないのを見つけたのでわりとよく飲みました。

この缶入りは何度か買ってます。
たっぷり入ってます。
缶のデザインがかわいくて、中身が空っぽになったら、クッキーや、グラノーラなどを入れたりしています。
バンホーテン ココア ノスタルジック 缶 500g

バンホーテン ココア ノスタルジック 缶 500g
価格:1,502円(税込、送料別)

テーマ : ティータイム - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.05 (Sat)

アトリエFilさんの作品展 15日から

今年もアトリエFilさんの作品展が開かれるそうです。

詳しくはこちら (
もうすぐですね。

出版社のパーティーでお会いしたときにいただいた(記事はこちら)のをまねて作ってみました。
シンブルと比べると大きさがわかるかと思います。
スタンプワークのバッグ

刺し方は↓の本を参考に、バッグのデザインは私が適当に考えたもので、手持ちの糸で作りました。
修行が足りず、へたっぴです。

糸の引き加減が均一でないからだと思われます。
並べて写真を撮ることができません。

本にはもっとすてきな作品が載っています。

紀伊國屋書店→ふっくらかわいい立体刺しゅう - 詰め物や、浮かせるテクニックでふくらみを出すアトリエFil

楽天ブックス→ふっくらかわいい立体刺しゅう [ アトリエFil ]

数あるスタンプワークの本の中で、今回のこの本はかなり細かく写真を撮って説明されている!と、前の記事(本の記事はこちら)でも書きましたけど、実際に刺してみるとどれだけ丁寧に書かれていたのか、よくわかりますよ。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Stumpwork Embroidery  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.04 (Fri)

カットワークの本いろいろ

いまは、初夏のころ発売の本の販促のための作品作りをしています。
クロスステッチです。
クロスステッチをしていると、尖った針でする刺しゅうがしたくなります。
とがった針でする刺しゅうをしていると、カウントステッチがしたくなります。

というわけで、クロスステッチをしていた反動でちょっとカットワークがしたくなり、まあ、やっていられないので、本だけでもと自分の蔵書データをブログ内で検索をかけてみます。
すると、「カット」と「ワーク」が入ってる記事がみんな出てきちゃいます。
この本にはカットワークは載っていませんでした、と書いた記事までヒットしちゃいます。

「Cutwork」で検索してもその言葉を入れて書かなかったので、ヒットしません。
今度からは気がついたら、いくつか後で役にたちそうなのを入れておこうと思います。
一度ユーザータグも使ってみたんですが、使いこなせませんでした。


このブログも9年近くなり、自分でも書いたことを忘れてますから、読み返してそれなりにおもしろかったからいいんだけど、急いで探すのにはちょっと不便、ということで、テーマを決めて書きだしておくのもいいなと思いました。

やり方でなく、デザインを見たかったので、全くそれというわけでなくても、それに近い本を探してみました。
カットワークは楽しいですよね。
やはり服飾手芸として、テーブルセンターみたいにインテリア向けのじゃないのをやりたいです。
Cutwork
★はブログ内の手持ちの本について書いた記事にリンクしています。

白い刺しゅう 花のカットワーク 

清楚な白い刺しゅう 

Contemporary Whitework 

La Broderie Blanche 

La Broderie Richelieu  

Points de broderie blanche 

La Broderie Richelieu 大判図案着き 

biancheria da letto 14 

BIANCHERIA da tavola10 

BIANCHERIA da tavola11  

Monograms 英語版とフランス語版 

ラ・フォンテーヌ寓話とペローの昔ばなし 

White work 

A~Z OF Whitework 

Waverly Honor: A Workbook of Embroidery Design 

Traditional Stencil Designs 

フローラ 

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Cutwork  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.03 (Thu)

ひなまつり

お雛様って、春らしくていいですよね。
遅くなりましたが、先週になって、やっと天袋からおろしてきました。
ひなまつり

近年、つけまつげしてるとかブーケを持った、あるいはゴスロリ風とか、ヘアスタイルも和風でない雛人形が話題になっていますけど、それなら、なにも十二単は着てなくても、正座してなくてもよいのではとおもいました。
何が好きかきらいかは人それぞれ。
私は伝統的なひな人形が好きです。

段飾りを買ってもらったけど、家では飾れず、祖父母の家に飾ることにし、でも最初の年から何年かは飾って、その後はしまいっぱなし、というのを聞きます。

我が家は、場所を取らないものにして、毎年、成長を祝って飾りたいと思っていたので小さいのを私が選びました。
場所さえ許せば、段飾りはあこがれです。
でも、これでよかったと思っています。
三人官女や五人囃子は控えてないけど、毎年出してもらえてたほうが、お人形さんとしてもしあわせだったかと。

まあ、人形がかわいそうとか、心が宿るとか、何とも古くからの日本人の考え方が今の時代にはそぐわないのかもしれないですけどね。

お雛様関連の刺しゅうや手作りはあまりした覚えがありません。
自分のお雛様もそうだけど、人形がどーんとあるから、他は必要なかったのかもしれないです。

唯一、木目込み人形でお雛様を作って、英会語のアメリカ人の先生が帰国されるときプレゼントにしたことがあるけど(私が好きだと言ったら英語のお菓子やお料理本などをよく貸してくださっていたので)、それは、自分や娘のためというわけではなく作ったもの…

お雛様を刺しゅうでというのは立体ではないから、しまっておきやすいし、ちょっといいかなと思っています。
ちなみに義母は、2月後半は自分で描いた日本画のお雛様を部屋に飾ってます。
これもまた、しまっておきやすくて、飾ってもいい感じだと思います。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  クロスステッチ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.02 (Wed)

手が冷たくて

この冬、床暖房は2、3日、しかも、何時間ずつか使ったくらい、そのくらい暖か。
去年の4月にガス給湯器をエコジョーズに替えたのもあって、2月のガス使用量は去年のおよそ3分の2。
食器洗い乾燥機を使う頻度が低かったのを考えても2割近くは使用量が減っているのではないかと。

と、冬は暖かでよかったのですが、例年、コンクリートの建物は冬の間に冷え切ってしまっているようです。
外はぽかぽか陽気でも断熱がよいものだから、外の暖かさは伝わってきません。
(秋は逆で、外が寒くても熱を持ち続けているのかぽかぽかです。)
陽当たりがよくても寒く、窓を開ければ暖かかったりするけど、スギ花粉がこわくて開けられません。

外が暖かいときに、床暖房を入れるなんてもったいないなと思ってしまいます。
でも、指が冷たくて、刺しゅうも編みものもなかなか進みません。

いろいろ方法もありますが、手っ取り早く、ココアとか、甘酒とか飲みます。

紅茶はシナモンスティックも入れて煮だして、ハチミツを加えて飲むことが多いです。
ミルクティー

乾燥させてないショウガはいったん手足の先が温かくなるけどその後、体は冷えていってしまうそうで、スライスして干したものを用意しています。
しょうがスライス

ちょっと面倒ですけど、番茶をその都度焙じて飲むことも多いです。
先日、義母もいいにおいだと喜んでいましたが、お茶を焙じると部屋のこもったにおいもいい香りに消されてよいように思います。

テーマ : ティータイム - ジャンル : 趣味・実用

 |  おすすめ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.01 (Tue)

編み直しのレース糸をまっすぐに

自分でジャムを煮て保存するとき、市販のジャムの空き瓶を1回くらいは再利用します。
ものにもよりますが、ふたが錆びたり歪んだりすると空気が入ってカビの原因になりますから、何回もというのはやめときます。
保存びんなら、ふただけ新しいのを買ってビンは再利用です。
もちろん、よく洗って、ラベルも取って、煮沸して乾かして保管です。

その棚に、ねじぶたのコーヒーのアルミ缶がしまってありました。
何かに使おうと思って取ってあったはずなのですが、思い出せません。
ふただけなら、魚の鱗取りに使うので、引き出しに入っています。
思い出せないので、いったん、捨てました。

ところで、NEEDLEWORK LABオリジナルの刺しゅうお助けグッズがありまして、レース糸で編む部分があるんですけど、ちょっとのすき間時間にはそれをすることにしました。

自分で編み方を考えてやっていたのですが、ちょっと編み目が足りないのか、続きを編むほど縮んでいるのが目立ち始めたので、ほどくことにしました。
でも、最初の方を編んだのはずいぶん前。
しっかり、くせが付いていて、うねうねしてます。

綿のレース糸はウールの毛糸と違って、多少うねうねしていても編めちゃったりするんですけど、やっぱり、まっすぐの方がいいかなと思って、まっすぐに伸ばすことにしました。

前にも書きましたが、ウールの毛糸は蒸気でまっすぐにします。
綿のレース糸の場合、湿気と熱で伸ばせます。

・・・と、考えていて、あのねじぶたのコーヒーの缶の使い道を思い出しました。

アルミ缶にうねうねのレース糸を巻いて、湿気を与え、アルミ缶の中に熱湯を入れて、置いておくと、まっすぐになって乾きます。
レース糸のうねり取り

ウールと違って蒸気だけでは綿の繊維を通り抜けてしまってまっすぐになりにくいですけど、アルミ缶に巻いた状態で、やかんの口の蒸気に当てれば、アルミ缶が壁になって湿気が残ります。

霧吹きにしても蒸気にしてもアルミ缶に巻いておいて、水分を与え、あとは熱で乾かす、というのが、いちばん手っ取り早いと思うのです。

そんなわけで、あっというまにまっすぐになったので、あとは編むだけ。

テーマ : レースあみ - ジャンル : 趣味・実用

 |  knit編み物の道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
free counters