All archives    Admin

06月≪ 2016年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'07.31 (Sun)

Monograms and Antique Linens

Monograms and Antique Linens


紀伊国屋書店→Monograms and Antique Linens

マガジンマート→MONOGRAMS AND ANTIQUE LINENS
206ページ:オールカラー
Hoffman Media 2016年5月:発行
Phyllis Depiano :編集
英語

フリーステッチのお教室のみなさん、おうちでもステッチ楽しんでらっしゃるでしょうか。
宿題はないのですが、みなさん、自習されたものを持っていらっしゃいます。

いずれはこういうのをしたいってお聞きしまして、私も標本作ろうといろいろ考えております。
(標本というのは、私がファッションを勉強し、教えていた学校では、お手本というか、見本というか、サンプルというか、そういうのを標本と呼んでおりました。)

本棚を整理しておりますと、まだ紹介してなかった本が出てきます。
いままで、気に入らなかったけど紹介した本というnは1冊で、あとは自分で判断して買って(いただいた本も何冊かありますが)、それでよいと思った本を紹介しています。


この本は今年出た本で、いままでなかなかありそうでなかった本のように思うのですが、とても気に入っています。
アンティークリネンにモノグラムが刺してある写真がこれでもかってくらい、そう、206ページもありますからね、載ってまして、オールカラーですし、見ていて飽きることがありません。
そればかりか、お手本にもなり、大変参考になります。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Booksフランス以外の刺繍  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.30 (Sat)

小千谷縮と下に着るもの(1)ステテコ

やっと出版物、ステッチショー関係のお仕事、ほぼ終わりました。
危うく赤紫蘇で染まりそうになった手の撮影も、無事、染まらない手で撮影できました。

このあとは、着物とお教室の準備、両方にかかわるものを作ろうかと思っているところです。

さて、7月の刺しゅう(フリーステッチ)のお教室。
生徒さんが入ってらして、開口一番、「日にちを間違ったかと思いました~」
・・・というのは、私がきもの姿で座ってたからだそうです。

雨の日と、荷物が多い洋裁の日などは無理ですが、少ない荷物の日は着物を着て行くこともあります。
洋裁が本業だけど、洋服を勉強して和服の良さもわかりました。

とは言っても夏の着物は、絹のは喪服しか持っていません。
あとは木綿の浴衣が2枚と残りはすべて麻の小千谷縮。
なぜかといえば、自分で洗えるから。

でも、浴衣は1枚で着ても綿だからか、やっぱり暑く感じてしまうほど暑がりな私です。
麻の長襦袢と小千谷縮を重ねて着たほうが風が通って涼しく感じるので、浴衣はあまり着なくなりました。
昼間向けに濃い色と夜向けに白っぽい浴衣を2枚用意してあるというのにもったいない話です。

絽の着物もすてきですが、手入れと着る頻度と暑がりで汗っかきなのを考えたら、やっぱり小千谷縮になりました。

麻も「ちぢみ」ですと、洗ってキモノハンガーに干しておけば、アイロンもいりません、というか、かけたら縮がなくなってしまいます。
麻の長襦袢も洗えるのでさっぱり。

麻の半衿はいつも刺しゅう教室で刺しゅうに使っているのと同じリネン。
切ってロックミシンをかけて使っています。
麻の長襦袢も水洗いできるので、半襟を外さないまま洗えるので、衿を替えたいわけでなければ作業が半減、楽です。

和装でいう麻、本麻は苧麻(ラミー)のことが多いです。
日本ではリネン、つまりフラックスは北の国の植物で、基本的に栽培できませんからね。

前にも書きましたが、家庭用品品質表示法で麻と表示していいのはラミーとリネンです。
ほかにもヘンプなどいろいろな麻がありますが、こちらは指定外繊維になるのだとか。(
リネンはチクチクすると書いてらっしゃる方もいらっしゃって、もしかしたら勘違いしてるのかなと思うときがあります。

「麻」は総称みたいなもので、「青菜」のようなひとくくりにしたときのことば。
亜麻、苧麻、大麻、が、小松菜、ほうれん草、春菊、みたいなものですね。
こういうのは「繊維学」っていう授業で習ったんですが、和装に対してもとても役に立っています。


ところで、麻の着物だとカジュアルな部類の着物ですから、下はステテコでもよいかと。
ステテコだけだとちょっと・・・ですが、きちんと長襦袢も着ることですし。

暑い日でも着やすく、便利。
綿の楊柳や麻の楊柳です。
女性用をわざわざ探して買わなくても普通に衣料品売り場で売ってる男性用のは安くて丈も長く、ゆとりもあって着やすいとどこか読んだことがありました。

実家に男物の新品が何枚もあったので2枚もらいました。
蒸し暑い日に1日着てみて、改めて、やっぱり楊柳(クレープ)ってすごいなと思いました。

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 着物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.29 (Fri)

図案を写すとき使うのは・・・(4 )インクジェットに使えるトレーシングペーパー

関東地方も梅雨が明けました。
これからしばらくはアイロンをかけるのはできるだけ早朝に。
暑い時間にかけるのがいやなんです。
エアコンをつけてアイロンをかけるなんて、冷やしながら温めるのか~と考えてしまうと、もったいなくてできないのです。

ファッションの仕事も出版の仕事も夏に冬のウールを扱ったりなんてことも多いですからしょうがなくすることはあるのですが、早起きで解決できるならそうしています。
朝は4時くらいに起きれば、やれることも多いです。

ところで、今週はこちら()の投票をしてみようかなと思った理由について書いています。

何がいい、何がいけないということはありません。
ご自分でいいと思うものでいいでしょう。
何十年もフリーステッチをしてて、刺しゅうを仕事にしたり、筆記具が大好きだったりで、「私はこういうの使ってるけど、いかが?」というだけのお話です。




刺しゅうのお教室では毎回2種類以上の写し方や道具を紹介しているのですが、技法や布の素材や色に応じて、まだほかにもいろいろ方法はあって、全部紹介できるのはまだ先です。
なんでも同じ方法で写すのではなく、少しでも楽でなおかつ布に合った合理的な方法を試していただきたく、お試しの素材をお渡ししたりもしています。

この前もピーシングペーパーとスマプリをちょっとずつお渡ししました。
次のお教室までの間になにか試していただけると嬉しいですね。

スマプリに描くのは水性インクを使います。
だから、(2)で水性インクのペンをおすすめしたのも、その水性ゲルインクのペンが1本あれば、スマプリに描くときにもいいということで、自分で図案を描くとき、図案を写すとき、に、そして普通に字を書くときにも使えるということでおすすめしました。

そして、投票でもお答えいただいたようにほかにもいろいろ方法があります。

「トレーシングペーパーにコピーする」というお答えがありました。
いいですよね。
正確です。
インクジェットでプリンターで印刷すると専用のトレーシングペーパーでないとにじみますが、トナーならにじみませんね。

近所のコンビニのコピー機は自分で持って行った紙を差し込むのは禁止なんです。
うちのコピーできる複合機はプリンターとの複合機でインクジェットで印刷されますから、ふつうのトレーシングペーパーだとにじんでしまうのです。
だから、トレーシングペーパーに図案をコピーするときはインクジェットのプリンターが使える紙を使っています。

このメーカーのは厚いのと薄いのがあって、薄いほうを使っていますが、別のメーカーの紙ではプリンターによっては紙送りの機能がうまくいかないのもあるという人も。
一度にたくさん買わずに試してみるのが大事ですね。

「油性細マジック」というお答えもありました。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.28 (Thu)

図案を写すとき使うのは・・・(3)水性ゲルインク ボールポイントペン

というわけで、ミリペンがおすすめということでしたが、イラストを仕事にしてるわけじゃないし、たぶんそんなに使わない・・・という場合、違う筆記具は何がいいかということです。

お教室の時、いつも持ち歩いている文字を書くためのペンで、図案を描くのにも向いているものを生徒さんに試しに使っていただきました。
そしたら、ご本人もびっくりするくらいとてもきれいに描けました。
失敗して消さなくてはいけないような線を描くこともないようでした。
紙との相性や、書き方、持ち方にもよりますが、筆記具がいいと、いい線が描けるのかもしれません。
筆圧が弱くてお困りだったというかたもいらっしゃいます。

そのペンは、文字を書くために買ったものですが、図案を描くのにもとてもよく、ほかにも何種類か書きやすいものがあります。

生徒さんにもおすすめするには、
手に入りやすいこと、
にじまないこと、
一定の線の太さで描けること、
濃い色であること、
色あせないこと、
なめらかな書き心地であること、
裏写りりしないこと、
力を入れないで書けること、
普段にも文字も書きやすいこと
油性の細いペンもミリペンのような感じですが、紙によってはにじむこともあります。

そして、油性のボールペンもいまはさらさらした書き心地の油性インクも出ていますが、やはり水性ゲルインクのほうがにじまず、インクがたまるようなこともなくいいように思います。

uni >油性・水性・ゲルインクの違いは何か (

そして、この水性ということで使えるスマプリのような刺しゅう用品もあるので、1本持つならということで、水性ゲルインクのをおすすめしています。

線の太さとしては、何十年もやってきて、ミリペンも使って、それと同じように使えるものと考えますと、個人的には0.4前後がいいような気がしてます。

ミリペンは0.3くらいがいいと書きましたが、水性ゲルインクのボールペンの場合は0.3くらいだとちょっと細く、0.5だとちょっと太いように感じます。
もちろん、好みなどで決めていただいていいと思います。
水性ゲルインクボールペン
下の4本は、図案を写すのに、あるいはデザインしたものの図案を描くのに生徒さんにもおすすめしているものなのですが、どれも比較的手に入りやすいと思います。
この4本はそれぞれに特徴があり、欠点と思われる点はほとんどなく、どれも甲乙つけ難いです。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.27 (Wed)

図案を写すとき使うのは・・・(2)通称「ミリペン」

どちらかというと私にとっては洋裁用具なのですが、今日は刺しゅうの道具のカテゴリに入れておきます。

前回、鉛筆やシャーペンよりはペンを使ってる、と言ったそのペンは、イラストや製図を描くときにによく使われている通称「ミリペン」。
とても便利です。
「ミリペン」、「ドローイングペン」、「グラフィックペン」、「「イラストペン」、「製図ペン」、と呼んだり、商品名で「ピグマ」や「ピグマペン」と呼ぶこともあります。
(商品名で呼ぶのはラップをサランラップ、ティッシュをクリネックスと言うような感じでしょうね。)

大げさに言えば、人生はこのペンとともに歩んできた(?)とも言えます。
学生の時はデザイン画は授業も多く、それ以外でもとにかくたくさん描きましたからね、使いました。
教員の時は授業で使うプリントの製図なども当時、原稿は手で書いてましたから、いろんな種類そろえてました。
いまも出版物の原稿、お教室のテキストの手書きの時などにもバンバン使ってます。

ケースはポッキーの箱。
新しいのに取り換えながら使っています。
ミリペンのケースはポッキーの箱

なぜ、このミリペンがいいかというと、




テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.26 (Tue)

図案を写すとき使うのは・・・(1)鉛筆とシャーペンの場合

ステッチイデーの次号とステッチショーの作品合わせて5点、すべて完成しました。
あとはスタジオで段階ごとのプロセス撮影のみとなりました。

毎年この時期は赤紫蘇の季節と重なるので、うっかり素手で扱って指先に色がつくと撮影に響いてしまいます。
手の撮影は、冬は手荒れ、夏は赤紫蘇に注意!

梅干しと赤紫蘇ジュースは毎年作る方も多いからご存じと思いますけど、葉をむしるくらいなら平気と思わないよう、お気を付けください。
梅干し用にしそをもむときも、ちゃんと手袋したほうがいいですね。

さて・・・

フリーステッチで図案を写すとき使うのは?の投票、ありがとうございます。

アンケートの結果、皆さんいろいろ使っていらっしゃるのがわかりました。
何がいい、何がいけないということはありません。
ご自分でいいと思うものでいいでしょう。
何十年もフリーステッチをしてて、刺しゅうを仕事にしたり、筆記具が大好きだったりで、「私はこういうの使ってるけど、いかが?」というだけのお話です。


なぜ、この「投票」を作ってみたかといいますと・・・
なんだかんだと長くなりそうなので、いくつかに分けて書きます。
鉛筆と消しゴム

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.22 (Fri)

「Nature par Marie-Thérèse Saint-Aubin」についてのご質問

Nature par Marie-Therese Saint-Aubin 80ページ:オールカラー(ハードカバー)MANGO PRATIQUE 2008年10月31日:発行Marie-Thérèse Saint-Aubin:著フランス語この鳥の雰囲気、どこかで見たなと思われる方…それは虫とか猫とか魚…ではありませんか?...
Nature par Marie-Thérèse Saint-Aubin


↑こちらの8年前の記事のコメント欄にご質問をいただきました。
ハンドルネームでなく実名かなと思われたので、非公開にしておきますね。

紀伊国屋書店→NATURE. ENTRE TERRE, CIEL ET MER (BEAUX LIVRES)
Marie-Thérèse Saint-Aubin(Marie-therese Saint-aubin)さんの2008年10月の本です。

さて、この本ではすべて1 over 1でステッチされているのですが、巻末の説明では織り糸2本の説明となっており、ちょっと不親切なんですね。
そこがわかりづらい原因かなと思います。

1 over 1につきましては、過去に書いておりますので参考にしていただければと思います。

1 over 1(★)

使われている布はたぶん、28ctか32ct、つまり1センチに11目か12目の粗さのクロスステッチ向きのリネン。
出来上がり寸法などは書かれていないので、計算してはっきりと判断することはできません。
ちなみに私が監修のクロスステッチの本では元本になくても編集者さんの意向で、きっちり計算して載せてますよ。
(おせっかいなくらいの親切が売りの本です(

写真を見ると粗い感じのと細かい感じのがあるけど、これもメーカーが違うのかもしれないし、糸の太さが違うことで穴の大きさが違って粗さの加減が変わってるのかもしれません。
   
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

○ツバイガルトカットクロス カシェル 茶/3281-53
価格:1512円(税込、送料別) (2016/7/22時点)





このくらいの粗さの布だと25番の刺しゅう糸1本どりでちょうどいいと思います。
私もいつもこのくらいのでやってます。

現在、本の仕事締め切り間際で今日はこのくらいしか書けませんが、答えになりましたでしょうか。


テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books仏のクロスステッチ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.21 (Thu)

450万アクセスありがとうございます

4500000とカウントされました。
ありがとうございます。

現在、秋のステッチイデーの4作品の制作と、レッスンページの撮影の準備。
それとステッチショー()への出品を依頼されていて作っているのが1作品、これも締め切り近し!

全体として、それらの4分の3くらいが終わったでしょうか。
あともう少しというところまで来ております。

そんなわけで、なかなかブログを書いていられないのですが、だいたい終わりましたら、筆記用具の件についてもまた書きたいと思っています。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  その他  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.09 (Sat)

図案を写すとき使うのは?

明日が選挙だからというわけではないですが、久しぶりに「投票」の機能を使ってアンケートみたいのをしたいと思います。
もしよろしかったらご参加ください。

刺しゅうのお教室では、目的に応じた図案の写し方をいろいろご紹介しています。
その中でわりとどこでも紹介されていて一般的なのがトレーシングペーパーに写してチャコペーパーで布に写すというものですよね。
チャコペーパーを使わなくても、本の図案から写したりする作業もよくあります。

この前、元の図案からトレーシングペーパーに写すときに、何が一番書きやすいかという話になりました。
みなさん、まだ始めたばかりなので、写すのが苦手できれいに書けないとおっしゃいます。

私は文房具好きなのでいろんな書くもので試してみて、よかったものをいつも持ち歩いているので、試していただきました。
書きやすいって言っていただけましたし、たしかにきれいに書けてました。
後日、その筆記具についても書きたいと思います。

「投票」の選択項目は増やすことができます。
ペンの場合は商品名や太さなど書いていただけたらと思います。
ボールペンだったら油性インクやゲルインク、線の太さでもいろいろちがいがありますし、ドローイングペンなどもいろいろありますから。

追記:シャーペンの太さは0.5mmのつもりで選択項目を作っちゃいました。
すでに投票された方がいらっしゃったので、項目変更できませんが、シャーペン0.3mmや0.7mmなどありましたら、追加で濃さも入れて項目を作っていただければと思います。

例:シャーペン0.3ミリHB
  サクラ ピグマ 0.2(02)
  パイロット ドローイングペン 0.05(005)
  ペンテル スリッチ 0.3 など  





テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.08 (Fri)

水で消えるチャコペンの印を消す

今作っている作品のうち、2点をフリーステッチで作っています。
今回は義母と同じ生地なので()トレーサーで透かして、水で消えるチャコパーで図案を写しました。

が、しかし、途中でやっぱり変えようと思うところも出てくるのです。
図案を消すときは水彩色鉛筆で絵を描くときに使う、水の入った筆ペンで消します。
過去に洋裁道具で紹介しています()が、改めて便利だなと思ったので、もう一度。

まだ刺している途中ですからね、霧を吹くと、全体に濡れてしまう。
指に水を付けたくらいじゃ、ピンポイントで消せない。
綿棒だと水の補給がめんどうだったり、うまく消せなかったり。

というわけで、20年近く前に水彩色鉛筆で描くのにはまったころ買った、水を入れて使う筆ペンをずっと使っています。

そのころ、どれが描きやすいかわからなくて3本買った、そのうちの1本。
ちょっと、色鉛筆の絵で使ってしまったほうは、筆にちょっと色がついてしまっているので、消すのには使いません。水筆ペン みず筆、ウォーターブラシ
印を消す場合は、筆の先の書き具合というより、水漏れしないことが大事ですね。

いろんなメーカーのが出ていますが、もし次に買うことがあったら、絵を描くときのように水をたくさん使ったりしないので、小さいのがいいかなと思いました。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.06 (Wed)

実物大パターンの紙はたたみなおして

フリーステッチの図案を原稿として提出するのに、どう書けばわかりやすいか、いろんな本の図案の書き方を参考に、実物大の型紙や図案の大きな紙を広げたり畳んだりしているところです。

刺しゅうの本でも、洋裁実用書やバッグの本もそうなんだけど、実物大パターンがついていることは多いです。
屏風だたみの後、山折り谷折りしたのをくるむようにたたんで本に挟まれているのが多いように思います。

このパターン、買ってみて、やっぱり、ん~という本はパターンを広げることも切り離すこともなくそのままにしていることが多いです。
逆に気に入って何回も開くのもあります。

とじ込みでも、挟んであるだけのでもそうですけど、閉じるのに手間取ることが多く、気に入った本に関しては、買って早いうちに、たたみなおしてから、しまっておきます。

どのようにたたみ直すのかといえば、地図のようなたたみ方です。

山折りは山折り、谷折りは谷折りのままなので、紙が傷まないらしいです。
山折り、谷折りを繰り返せば、確かに傷みますから、図書館で借りた本に挟まっているものなどは、いろんな人がいろんな方向に折ったのか、薄くなっていたり、破れかけているのもありますよね。

地図の折り方といえば、ミウラ折りが有名ですが、ミウラ折りは、ただ直角に折っただけではなく、わずかな傾斜がついています。
だから、端と端を持って広げれば一気に広がり、畳むのも一瞬なわけです。

そこまでの難しい折り方ではなく、屏風畳みにして、また屏風だたみ。
これだけで、パターンの書かれたあの大きい紙は長持ちしてる気がします。
実物大パターン

十数年、いやもっと昔から、開いたり閉じたりしている本の実物大パターンもまだ大丈夫。
切れた図案やパターンの線は、ゆがみの原因ともなってよくないですね。

もし、これからもずっと使いそうで実物大パターンがついている本があったらお試しください。
そして、いつも同じ方にだけ、折るように気を付けるとよいと思います。

私の持ってる手芸書の中でも、下田直子さんの本()についてるパターンはいろいろ参考になるので、開いたり閉じたりが多いです。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books洋裁実用書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.04 (Mon)

Clover ソーイング用品 ぬいしろガイド 位置決め プレート付

まだ、忙しく縫っていたり、原稿書きをしていたので、過去に書いておいた記事のアップです。
-----------
お教室では必ずと言ってよいほど縫い代付きパターンを使います。
だから、ミシンをかけるときにはステッチ定規やマグネット定規(↓参照)を使います。
これはもう、30年前から使っていて、家庭用のミシンでも使っていました。


また、端にステッチをかける場合はそれに合わせた押さえ金に替えることもあります。


ただし、これは工業用・職業用のミシンの押さえ金なのですね。
教室でミシンを使う場合は、私はステッチ定規などは複数個持っているのでお貸ししているのですが、お家でされる場合は家庭用ミシンだったりする場合もありますし、ご自分のミシンでされる場合、どうしたらいいかなと思っていました。

刺しゅうの道具も作ってみる()もったいないかあさんですから、当然、作ってみようと試行錯誤したのですが、いま一つでした。
厚紙を重ねたり、プラスチックの薄い透明な箱などでも試しました。
サイズ、素材、くっつき具合、縫った時の感じ、どれをとってもどこかに不満が残りました。

そしたら、売ってたんですよね。
「Clover ソーイング用品 ぬいしろガイド 位置決め プレート付」です。



ステッチイデーに連載していただいているレッスンページでも、ほとんどの場合、縫い代付きのパターンを提案します。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'07.02 (Sat)

待望の復刻版や新刊

私も秋に発売の本の担当の5ページはちょっと秋らしいデザインをしてみました。
現時点でまだ制作中。

さて、夏の終わりに発売される、秋からの手づくりシーズン向けの新刊、早くも予約が始まっています。

「下田直子のビーズ編み―きらきら光るビーズは私のスペシャル」は絶版になって手に入りにくかった本。
復刻版が出るようです。
10年前の本こちら復刻版

それから、春に下田直子さんの新刊がアマゾンでも楽天ブックスでも予約できるようになっていたので楽しみにしていたら、それから少しして、消えちゃってたことがありました。
発売の延期かな?と思ってたんですけど、もしかしたら、こちら↓だったんでしょうか?
下田直子 アトリエスタイル
「下田直子ファンであれば一冊は持っていたいフォトブック」とのこと。
楽しみです。

こちらの記事()で、あべまりさんのステッチイデーのブローチについて少し書いておりますが、新刊が出ます。
ビーズと刺しゅうのブローチ


同じく刺繍では川畑杏奈さんはステッチの種類を5つに絞って。
表紙をよく見ると、紙にも刺しゅうしちゃうようですよ。
5つのステッチでできる annasの刺繍工房

がまぐちでは越膳夕香さんの新刊。
口金使いのバッグ

手づくり手帖も、はや、10号めとなります。
ハンドメイドの材料セットは 井口佳世子さん監修のニードルポイントのピンクッションです。
手づくり手帖 Vol.10 初秋号

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  刺しゅうの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
free counters