All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'07.19 (Wed)

日本文芸社 「つくりら」オープン

7月14日に美しい手工芸と暮らしのサイト「つくりら」(こちら)オープンしました。

------------
美しい手工芸と暮らしのサイト「つくりら」がオープンいたしました。
「つくりら」は手工芸を中心に美しいことやものを紹介するwebメディアです。
豊かな暮らしのエッセンスを詰め込んだ手工芸やお料理、お菓子の本の紹介をはじめ、つくり手のインタビューなどをお届けします。
------------

もちろん出版物の紹介もあり、アトリエfilさんの本もあります。

「つくりら」では、いろんな分野が紹介されているのですけど、手工芸の方ではお店に取材に行ったりしてお話も聞いてきてくださってます。
私が行ってみたかった関西のお店が載っています。

私も「読みもの」の方で、手芸の分野について書かせていただいてますので、よろしかったら読んでくださいね。
このブログに書いたこともあったり、あちこちに散らばってた話をまとめたり、新しく追加したりしてます。

私が書いてる話の中で写っているものは全部私の私物です。
このブログにもときどき出てきているものもあります。
きれいに撮影していただいて、うちに転がってるときと別物みたいです。

ちなみに、写ってる手は編集者さんの手です。


テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.14 (Fri)

「ファスナーの本」繁体字版

少し前に届いていた本です。
ファスナーの本繁体字版
この「ファスナーの本」(記事はこちら)のときも6月頃でした。

この本では、一手間かかるけれど、慣れなくてもきれいに付くやり方を載せました。

たぶん、私が出版の仕事をしたことがなかったら、ファスナーのメーカーに載ってるようなやり方を提案していたと思います。

でも、ターゲットが初心者で、コンセプトが「初めてでもできること」でしたし、一つだけ載せるとしたら、この一手間かかる方がよいと判断しました。

コンシールファスナーをスカートの後ろの短い直線の部分に使う場合は、そのメーカーのサイトのような方法がよいは思いました。

でも、脇のカーブに付ける場合や、後ろ背中心の長く、カーブもある場所に初心者でも上手に付けるにはこの本の付け方の方が
いいというのが、編集者さんと私の判断です。

本の仕事を続けてきて、すこしばかり、何が読者にとってよいのかわかってきている気がします。
これからも、読者に合わせたものを書いていければと思っています。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.07 (Fri)

あの本はいま・・・Kindle版 に

近頃、都内でも神保町周辺に行くことがことのほか多いです。
神保町周辺は古本屋さんも多いですが、出版社も集まっているようです。

以前、こちらの金色のはさみ()を買ったのも神保町。
そのお店もいまはもうないとカメラマンさんに教えていただきました。

編集者さんとお話しすると思い出すのが、アートブックショップで、ときどき洋書を買っていました。
そのお店の出版社、カラーフィールドがなくなってしまって、あの本はどうしたろうとちょっと検索してみたら、全部ではないようですが、Kindle版で見られるようです。

10年近く経ってしまっても、こんな形でいま見たい人に届くのはいいですね。

マイ・イニシャル・ミニブック1・2(記事はこちら

アンティークDMC復刻図案シリーズ  刺しゅうで旅するヨーロッパ2 小さなフラワーガーデン: 刺しゅうで旅するヨーロッパ (アートアンドランゲージ) (記事はこちら

アンティークDMC復刻図案シリーズ 刺しゅうで旅するヨーロッパ 5 エキゾチックなユーゴスラビア: 刺しゅうで旅するヨーロッパ (記事はこちら

アンティークDMC復刻図案シリーズ  刺しゅうで旅するヨーロッパ4 クラシックな装飾模様(記事はこちら

アンティークDMC復刻図案シリーズ 刺しゅうで旅するヨーロッパ3 エレガントなトルコ: 刺しゅうで旅するヨーロッパ(記事はこちら

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books仏のクロスステッチ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.04 (Tue)

iPadの充電ケーブルの補強

今年は着物を着る回数を増やすのが目標だったけど、家にこもっているのであまり増えません。
それでも、たまに出掛けるときに持って出るのがこの二つ。
袂クリップ

このクリップを和装で羽織を着て、きものの袖丈が短くてたもとが飛び出てしまうのを止めるために使っています。
透明なだけだとかわいくないので、桜のシールを貼って使っています。

さて、本題です。
iPadの充電ケーブルが壊れやすいと聞いたので、補強しなくちゃと思いました。

これは、自転車に乗っているとき、帽子が飛ばされないようにするびよ~んと伸びるコードとクリップのもの。



↑のを作ったので、クリップをはずしたら、びよ~んと伸びるコードが残ってしまいました。
何かに使おうと取ってはおいたのを覚えていました。

で、巻く!
iPadのケーブルを補強
これは端が細いコードを使ってクリップが止められていました。

テーマ : 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.01 (Sat)

ズッキーニとボイルバスケット

ズッキーニがたくさんとれて、どうやって食べたらいいかということになり、最初はオリーブオイルで調理することが多かったんだけど、油の取りすぎになるかなと思いました。

で、お味噌汁に入れたら、不評。

じゃあということで、べつにゆでて、食べようということになりました。

ゆで汁においしいのが出ていてゆで汁は捨ててしまうのがもったいないので、お味噌汁の具を煮ているお鍋でゆでます。
ボイルバスケット

こういうときは煮干しの出汁はやめておいて、あとから顆粒の和風だしを投入すれば、ズッキーニに出汁の味は付きません。
ほかの具材の味がちょっと移るかもしれないけど、じゃがいもなど、野菜同士だったらそれほど気にもならず・・・。

蒸しゆでという方法や電子レンジで加熱という方法もありますが、朝の忙しい時間にはザルの利用も便利です。

ただ、似た形でストレーナーや麺用のすくいザルもありますが、これだとお鍋の底までズッキーニが浸りません。
持ち手のないのではちょっと熱くなるので、ボイルバスケットをなにかと便利に使っています。

足のない方が洗うの楽かな?とシンプルなのを生協さんで購入。

こんなかんじのです。

シンプルバスケット 細目 18cm

テーマ : 家庭菜園 - ジャンル : 趣味・実用

 |  料理  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
free counters