fc2ブログ

All archives    Admin

2017'12.31 (Sun)

2017年に出版に関わった本

今年は常に何か本の仕事に携わっていた一年でした。

いつものレッスンページと、他にも掲載していただきましたね。
 

紀伊國屋書店→ステッチイデー 〈vol.25〉
          Heart warming life series ステッチイデー 〈vol.26〉
楽天ブックス→ステッチイデー VOL.25
          ステッチイデーvol.26 (Heart Warming Life Series)

ほんとにすてきなフランスのクロスステッチ本。
その日本語版、これもいいのができて、よかったです。

『おとぎ話のクロスステッチfromPari』
『フランスのノエルでときめくクロスステッチ —250点のモチーフがかわいい魅惑の世界—』

 
紀伊國屋書店→おとぎ話のクロスステッチfromPari
          フランスのノエルでときめくクロスステッチ - 250点のモチーフがかわいい魅惑の世界

楽天ブックス→おとぎ話のクロスステッチfrom Paris 270点のモチーフで楽しむノスタルジー [ ヴェロニク・アンジャンジェ ]
         フランスのノエルでときめくクロスステッチ 250点のモチーフがかわいい魅惑の世界 [ ヴェロニク・アンジャンジェ ]

そして、これより先にもあとにもこんな本は作れないぞ!という思いが形になりました。
刺しゅうをやってみよう、やったけどなぜそうするか、こんなときどうすればいいか、などと思った方が手にとってくださるとうれしいですね。
きっと、お役に立てると思います。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版



紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

今年は本の執筆、作品の制作で、ブログの方は滞りましたが、1年間、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

22:27  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.30 (Sat)

シミコ~ムDを試してみる

手のシミが気になる、ってことで、シミコ~ムDというシミ専用のパックを買ってみました。
(シミコームではないんでしょうかね?)
もともと、冬になれば薄くなり、夏になれば濃くなるので、冬はそんなに気にしてないけど、手元の撮影の時に気になってしょうがないのです。

編集者さんには写真を修正してシミを消してもらえませんか~と言ってみたり。

そんなわけで、ネットで評判の、まずまず「よいもの」を探してみました。




きものの話とか検索してて見つけたのですが、着物を着るってことはいろんなことが関連してくるから、そういう方っていろんなことを試されているのですね。

縫い物だったり、シミとりや髪のいろいろや、クリーニングや旅行、染色などなど。


さて、このクリーム状のものは、パックということで、シミをおおうように塗って、乾くのを待って、はがす、のです。
それだけなら簡単だし、表面が乾けば他にくっつくこともないので、手を濡らさない作業の時、たとえば、こうやってPCに向かってるときとかにもできて、そういう点ではいいんじゃないかと思います。

1回目は薄くなったかな?う~ん、まだわからないといったところ。
1回で劇的によくなったら、それはそれで怖いので、わからないくらいがちょうどいいのかと思いますね。

今日は2回目を塗ってPC打ってますよ。

地道にパックすることで、シミが取れるといいんだけど。


こちらも地道に宣伝続けます。

紙書籍版と電子書籍版



紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

22:07  |  おすすめ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.29 (Fri)

はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 電子書籍版

はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎
Amazon  Kindle版

予約をすると2018年1月11日に自動配信されるみたいですね。

出版社から連絡も来てないのでいつとか知らなかったのですが、Amazonをふらふらしていたら、おすすめされましたよ。

101ページというのは、例の見返しのページまでびっしり図案やチャートを入れたからそれも数えてということでしょうか?

こちらは楽天ブックス kobo


電子書籍になったら、小さい写真も大きくみられるんでしょうね。

図はまずまずとして、実物より小さく写っている写真はやっぱり小さかったから、そういう点ではよいですね。
個人的には紙の本を自分の教科書として書き込んでいってほしいですけど、便利に使えるなら電子書籍も多いに活用していただきたいです。

電子書籍の仕様からいうと、図案が必要な場合は紙の本がよいようですね。

紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

14:18  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.28 (Thu)

つくりら 飾り結びのお話

つくりらでは今年最後のお話として、飾り紐について書きました。

つくりら 飾りひも 

このブログ、古くからお読みの方はなつかしいでしょうか?
今年、「2017 私の針仕事展」をご覧になられた方は記憶に残ってらっしゃるでしょうか?

ステッチidees(今はステッチイデー)VOL.12に掲載のお守り袋をデザインしたときの結び紐もまだ取ってあって話に出てきます。
お守り袋
菊結びと八重菊結びはあまりに時間がないので、娘に頼んで作ってもらったものを撮影してもらいました。
初めてでも、結べちゃうということです。

お正月らしい感じもするので、やったことない方も試してみてくださいね。
私が参考にしている本と使った紐です。
 

紀伊國屋書店
はじめてでも必ずできる飾り結び―15の基本結びをやさしく図解
図解 はじめての飾り結び〈1〉 (補訂版)

楽天ブックス
はじめてでも必ずできる飾り結び 15の基本結びをやさしく図解 [ 永井亜希乃 ]
図解はじめての飾り結び(1)補訂版 [ 川島美園 ]

このアジアンコードをコーチングのサンプラーのページで使っています。
ちょうど、紺色のが手元にあって、刺しゅう糸の色に近かったので、糸だけでなく、紐も、ということで、コーチングでとめました。

紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

21:27  |  つくりら  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.27 (Wed)

チャートの作成

なぐさんからKG-chartのお話が出たところで、編み込み模様とクロスステッチのチャートをカラーで表示するお話をしましょう。


仕事でクロスステッチをする前は無料で使えるほうを利用させていただいてました。

KG-chart 

今日は画像がありません。なんだか刺しゅうしている状況じゃなくてPCに向かって半日過ごすこともしばしば。今、ご飯のあととかにステッチしているのは、あちこちから図案を集めて、Excelで作った図案。作り上げたあとにこんなすごいソフトがあるんだって知りました。KG-Chart for Cross Stitch: クロスステッチ図案作成ソフトというわけで、これを使ってもっと楽しいクロスステッチ生活を…と思っています。...
「自分に厳しく」2007年6月29日



このとき書いたように、それまではエクセルでやっていたのです。

しばらくは無料版を使っていてそのあとは仕事としてクロスステッチをすることになりましたので、Pro版を購入しました。
きっと他にもソフトってあるのでしょうけど、無料版で慣れていたので、そのまま、それに決めました。


日本の取扱説明書は図がわかりやすく描いてあるのと同じように、日本のクロスステッチのキットに入っているチャートなどは海外のキットのチャートに比べてカラーでわかりやすいように思います。

そして、そういうわかりやすい説明書やチャートが当たり前でいた私にとって、記号のチャートは苦痛でした。
海外のカラーの本でも記号でというのはあり、それだと見るのがなんとなく億劫になってきました。

ステッチイデーでも、付録の紙が2色刷だったりすると記号で表示されるので、読者のみなさん大丈夫なのかなあと思います。
提出する時点ではカラーと記号で提出するのですが、印刷の段階でそういうことになるので、できあがったものを見ると、小さい図案だったら、カラーのページに入れられたのかなとも思います。

2回ほどピーターラビットを担当したこと()があって、原画の雰囲気を壊したくないから20色くらいは使っちゃうんですけど、そうなるともうたいへんというか、カラーと記号両方ないと私にとってはむずかしいです。

海外の本でも記号だけというのはけっこうあって、そういうのを刺すときは、あらかじめKG-chartに打ち込んで、間違いなどのチェックを兼ねてカラーのチャートを準備してからやっていました。


編みものとなると、基本になる柄をカラーで打ち込んでおくことで、間違いを防げるし、わかりやすいです。

このまえ、30年以上前の編み込みの本を見てみると、やはり記号だけの図でしたが、子どもの私はそれでもやっていたのですね、えらい!
いまは、無理。

そんなわけで、KG-chart、無料の方だけでもフェアアイルなどの編み込み、クロスステッチ、ビーズ織りなどにも使えますから、おすすめです。
今回の本でもクロスステッチのチャートはこれで作ったもので打ち合わせしました。

さらにあとから気がついたのですが、ペンタブを使うとマウスでなくペンで作業できるようになり、効率もいいです。




そろそろ発売から1ヶ月。
本屋さんだけでなく、そろそろ手芸屋さんや手芸売り場にも置いていただきたいですね。


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

14:04  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.26 (Tue)

肩こりの極み?


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]

この本の原稿はずっと手書きで書き続けました。
0.3のシャーペンで下書きしたあと、0.35のゲルインクのペンで書いて、そのあと消しゴムで消します。
消すのもそれなりに力が要ります。

プロジェクトペーパーは原稿の他、透かして描き直したりもして3冊、つまり300枚以上は使いました。

現代ではなんでもPCでやってしまえるはずで、こんな作業は不要なはずなんですけどね、まだ練習してる時間がなくてPCでは解説の図の微妙な線は描けません。
それに手で描けば、あとはプロの方でもっときれいに仕上げてくれるわけで、わたしがPCでやる必要もありませんからなにも時間を割いて習得しなくても・・・というのもあります。

そんなわけで、じっと座って書いていたせいか、ひ弱な左側の腕や肩に負担が来ていました。
右はわりと丈夫でした。

凝ってるだけならまだしもちょっと痛くなりました。
五十肩から来るものかもしれないとか、首が悪いのかもしれないわよとか、わたしもなった・・・というお話をたくさん聞きました。
病院にいくほどでもないし、近頃は行くたびに、年相応ですとか、休ませれば治りますとか、言われるばかりで、行く気になりませんでした。

湿布みたいのは貼るとかゆくなるし、塗るタイプはあまり効き目を感じられないし、におうのはいやだと薬剤師さんに相談したら、こちらをすすめられました。
おかげさまでたいそう助かりました。



1ヶ月以上痛みやしびれが続いていましたが原稿を書き終わったら治りました。
治るのに10ヶ月かかったとおっしゃってた肩もいらっしゃるので、軽い方でしたでしょうか。

ま、そんなで、今年は無理をしたので、いまだ、あちこち体調すぐれず。
長男の嫁として仕事より大事なおせちの準備も、今年はなるべく買って済ませるようにします。
そのくらいは許されるかなあと思っているのです。


ところで、今日は番付発表。
三段目の頃から応援している阿炎は新入幕。
大相撲の別のニュースであまり話題にならないのや、報道されてもリポーターは親方の方に関心があるようで、せっかくの会見なのに残念でした。
主役は力士であってほしい!!

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

21:59  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.25 (Mon)

毛糸だま 2017年冬号 Vol.176

昔買った編み機も、手編みの方が好きだからだいぶ前に処分してしまいました。
だからといって、手で編んでいるかというとそうでもない。

超極太の毛糸なんかは厚く編み上がって重くて着ないから、買ったものの編まずにそのまま。
特徴ある糸は飛びついて買ったものの、いざ着るものにするかというと、疑問で、おしりの下に敷くものになったりして。

そんなですから毛糸は、今、持っているのを使い終えてからと思っているので、とにかく買わないようにはしているのです。
でも、本は・・・買っちゃいますね。

紀伊國屋書店→Let’s knit series毛糸だま 〈no.176(2017 WIN〉 - 手あみとニードルワークのオンリーワンマガジン 40周年記記念企画第2弾「世界の編み込み模様」

楽天ブックス→毛糸だま(no.176(2017 WIN) 手あみとニードルワークのオンリーワンマガジン 40周年記記念企画第2弾「世界の編み込み模様」 (Let’s knit series)

今回は編み込みがテーマということで、見ているだけで楽しくなります。
どれもすてき、だけど編んでいる時間はなさそう・・・、だけど、買っちゃいたくなる本で、買っちゃいました。

編み込み、いいですね。
やっぱりフェアアイルが気になるけど、世界には他にもいろいろな編み込みが。
勉強になります。

編み込み模様と言いますと、カラーでないページはクロスステッチと同じように記号で表されています。
基本の模様など、クロスステッチのチャートと同じようにカラーで打ち込んでプリントアウトしておくとわかりやすいです。
クロスステッチとは■で模様を表すという点で共通しますね。

編む」関連なのか籐のかごの編み方も載ってまして、昔々、籐を編むのにはまっていた私としては久しぶりにやってみたくなりました。

買いたくなる本とならない本の違いは、人それぞれだと思いますけど、編みものの場合、あんまり楽に、早く、簡単に、という本はやっぱり買わなくなりました。

洋裁の本でもそうですけど、ズドーンとウェストのない、誰でも着られるサイズ関係ないのとか、あんまり興味がなくて、どうせ作るなら、サイズはもちろん、体型、とくに肩などはしっかり自分に合っているものを作りたいわけです。

簡単なものを編む本から、私の手に負えなそうな編み図の本までいろいろ並べた本棚では、やっぱり、ある程度手のかかりそうなのが見ていても楽しいです。
私の技術では、マックス、このくらいでしょうか。
単調な編み目はクロスステッチだとベタ刺しの部分みたいで、続くと飽きるというか。

ten oldさんのフェアアイルのキットは相変わらず、身頃までしか編めてないし・・・。
何もできあがっていないのに新しいものをはじめるのもなんだか悪いことのような気がします。


ここのところ、私の手はおもに刺しゅうの本のためにだけ働いていて、お菓子作りもパン作りも、レザークラフトも洋裁も、編みものも、着物関係の針仕事も全然できてないのです。
どれを優先させたいかと言ったら、やっぱり編みものかなとおもうのですけどね。


今年なにもかもを後回しにして、作り上げたのがこちらなので、今年の思い出の一番がこの本です。

紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]

そして、この表紙を作らなきゃいけなくて時間がもうないというときに義母が怪我をして介護となって、この表紙を見るたびに、その時のつらかった思い出もセットで思い出されます。

とにかく、この一年はこの本、というのが、今年のまとめ、ってところでしょうか。

テーマ : 編み物 - ジャンル : 趣味・実用

12:35  |  編み物の本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.24 (Sun)

「刺しゅうの基礎」内容紹介 解説の図のこと


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]

先日書いていただいたレビュー、角の曲がり方など書いてあるのが良かったとのこと。

そうなんですよね、短い、まっすぐのや曲線の図が書いてある、あるいは写真の本は多いですけどね。
図案を刺せば、途端に疑問が出てきます。

著者や出版社の載せたかったことが、読者の方にも喜んでいただけるのが、本当にうれしいです。


曲がるといっても、直角に曲がる時や、鋭角に曲がる時では、先の尖り具合が違うわけですよね。
そんなことも載せてます。

こういうときは実際の写真で見せるより、図のほうがわかりやすかったりします。
実物はサンプラーの方で完成したものを見せればいいことにして、刺していく、段階ごとのは図は自分で手描きしました。
それをトレースしてもらって載せてます。


この図は一つずつ手で描いて、原稿として提出しました。
これは、実際の自分の手で刺しているところをセルフタイマーを使って自分から見た様子を写真に撮って、それを元に図を書きました。

それから図を書いて、けっこう、この手描きでもいけるんじゃないかと自分で納得するくらいまで、清書をしました。
この本の中では55ページ分がステッチの図や説明ですから、かなりの量ではないでしょうか。

それから、何ヶ月か後になって、その図をどのページに割り振るか決まりました。

そしてトレースしてもらって本に載せられるような図になるわけですが、そこで、どうしても微妙に私の手書きで表現したものとは違うものになってくるのですね。

一つの図でも複数回修正してもらってるものもあります。
ここに針を出したい、こうつながっているように描いてもらいたいというのは著者のこだわりで、トレースの方は何回も直すように言われて、時間もなくなってきて、本当に大変だったと思います。

(たぶん、こんなに細かいこと言う著者はいないでしょうね・・・。)

届いた図をPCの画面上で直して送り返すこともありましたが、ペンタブなど使うのが下手なので、プリンターでプリントアウトして、トレース台に別のコピー用紙を重ねて写して、を、A4で何十枚もやりました。
アウトラインステッチの図

一番上は赤ペンで直せばわかるくらいの修正。

その下は、針の角度と出る位置が違いますよ、と直し始めたものの、うまく赤い線が入れられず、別紙、と書いてますね。
トレース台にのせて、手で描いたこういうふうに直してほしいという図が一番下です。


後半のクロスステッチやビーズ刺しゅうなどの方も何回も直してもらうところが多くて、この頃になるとほんとに期限が迫ってきて、トレースの方、編集の方、私、それぞれにかなりたいへんだったとおもいます。


微妙なところを伝えるのには、私などはやはりアナログな方法に頼ってしまいます。
私のトレース台は古いですが、刺しゅうやテキストを書く仕事などには、あると何かと便利です。

機能はわかりませんが、近頃は結構入手しやすいお値段の物も出てきています。


刺しゅうの図案を写すのに、昔、窓の明かりやガラステーブルでやってたころに比べるとかなり効率がよいです。


そんなわけで、激しすぎる直しの嵐にも耐えてトレースしていただいた図は、写真よりも明解で、初めての方が手にする1冊目にふさわしいものになったと思います。

トレースしてくださった方には細かくて申し訳ありませんでした!そして、ありがとうございました!なのです。

普通は、たいへんでも、たいへんだったとは言わないのが美徳というものなのかもしれません。
でも、妥協しないばっかりにほんとにたいへんで、その上でやっと完成したこの本、ぜひ書店に足を運んで見ていただきたいと思います。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

09:51  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.23 (Sat)

つくりら 輪針のお話

つくりらでは編みものについても書いています。

冬ですから、編みものの話で、かぎ針の次は棒針、ということでした。
私はフェアアイルの3本の針で編むとき以外は、ほとんど輪針で済ませているので輪針の話を書きました。

ずいぶん前にこのブログで、ざっくりしたニットを着ているときに棒針で編んでいたら、棒針の編んでいるのと反対側の端がニットに刺さってしまうと書きました。
輪針だと、そういうことはないので、好きですね。

addiのこともこのブログに書いたことがあり、そのとき、私自身、いろいろなことを教えていただいたり、試させていただきました。

以前、編みかけだったものが、本の仕事が忙しくなりすぎてほとんどストップしたままのものがありました。
ペア編み
輪針を使っている状態の写真を撮るということで、なんとベストな状態でしょう!

つくりら 輪針 



つくりらのコラムのお仕事と、「刺しゅうの基礎」のお仕事は全く別の方からの依頼で、たまたま同じ出版社でのお仕事でした。

そのうち、他の出版物と同じように、つくりらでも「刺しゅうの基礎」の中身が見られるようになることでしょう。
ちっとも本屋さんに置いてなくて、中身が見られないわ~、という方には、よいとおもいます。


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]





テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

14:01  |  つくりら  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.23 (Sat)

カリフラワー

小さい区画ですが畑を借りています。
今はどこの自治体の貸し農園も人気なのでしょうね。

先週は立派なカリフラワーがとれました。
直径15センチ。
とれたてのカリフラワー
とれたてはとってもきれいです。

鶏とカリフラワーのホワイトシチューにしました。

私はとれたては、つぼみのところだけ、生で食べるの好きです。
が、家族はゆでるか蒸すかした方がいいといっています。

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

06:41  |  料理  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.22 (Fri)

つくりら キラキラ糸のお話

先日、また、ネットの書店ではレビューが書かれていて、そうなんですよ~、と思いながら読みました。
ありがたくうれしい気分でいっぱいです。

つくりらではいずれ、本の中身を立ち読みのようにできる動画が作られると思いますが、それまでは、そういったレビューなどを読まないと、どんな本なのか判断しにくいですね。

ぜひ、本屋さんに足を運んで、「赤い本」を見つけて、読んでみていただきたいです。


「つくりら」では、『ろう引き』の話に続き、『キラキラ糸』の話をアップしました。

つくりら キラキラ糸 


以前、「刺しゅう糸」ではいろいろの話がありすぎて、金糸・銀糸の話までは入れられませんでした。

「刺しゅうの基礎」でも、やはり紹介するスペースが少なく、だったら「はじめて」の方には必要ないから・・・ということで省かれるかなあと思ったのです。
でも、やっぱり金の糸を使い始めると絶対わいてくる疑問だとおもいまして、金の糸の扱いについてなど、大事なことだけはしっかり載せました。

ただ、どんな種類の金の糸があるかまでは場所もなく載せられませんでしたから、つくりらのほうで内容の補填ができてよかったです。





紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]

にしきいとは、24番から33番までが刺しゅう向きで、1~23番のほうはタッセルなどに使うとよいようですよ。

   

工房によって呼び名や使うものが違うようで、一概には言えないと思うのですが、ぞべ糸は和裁や洋裁では絹しつけ糸のことで、日本刺繍でとじるのに使う糸に使う糸をぞべ糸と呼ぶようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぞべ糸 赤/IK-01
価格:250円(税込、送料別) (2017/12/22時点)




日本刺繍集の本をいろいろ読んでいると、このとじ糸でなく、絹ミシン糸や釜糸を細く撚ってとじ糸とするやり方もあり、必ずしもこれを使うというわけではないみたいです。



テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

10:46  |  つくりら  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.21 (Thu)

つくりら ろう引きのお話


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ] 

ここのところずっと、「刺しゅう以外の知識も活かして『刺しゅうの基礎』を書きました」と書いています。
そんな一つの例が「ろう引き」です。

ミツロウ ビーズワックス このワックスについてはこちら


ワックスペーパー、つまり、紙をろう引きするというのはよく聞くかもしれませんけど、糸に蝋といっても伝わらないことが多いんじゃないでしょうか。

洋裁にもレザークラフトにも、キルトでもろう引きが出てきますが、それぞれにちょっとずつ、やり方や使うものが違います。

そして、刺しゅうでも、特にビーズ刺しゅうなどで利用するととても便利です。


そういうのを本に詳しく載せたかったのですが、何しろ「刺しゅうの基礎」はページ数に限りはあるし、版も小さく、ろう引きについて載せられることは限られてしまいます。
それこそ、削られそうな話題でしたが、ぜひ!といって、小さく載せてもらいました。

書きたいことはもっとたくさんありました。
一つのやり方だけ載せて、他のクラフトでもそうかというと、それぞれにあったやり方になるので、「つくりら」の方にざっくりですが、大きな写真と一緒に掲載してもらいました。

つくりら ロウ引き 

今回も写真に写っているのは全部、私物です。

理由があって使い分けています。

針仕事を何十年もやってますから、持ってるものも古かったりして、ツレデやレザークラフト用のワックスは撮影のために新しく買いました。

手は編集者さんの手ですよ。


つくりらの私のコラムでは、本に載せきれなかったものとか、写真としては小さくしか載せられなかったものとか、実際の私の私物を写真で紹介していますので、よろしかったら参考になさってください。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

13:07  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.18 (Mon)

「刺しゅうの基礎」内容紹介 裏もすっきり


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]

ネットの書店で品切れも出ているようですが、売れていますとも聞いてないし、やっぱり、無名の著者の本だから、たいして仕入れてなかったんだろうなあなんて思いながら気にしてみています。

今日はレビューがついていて、いろいろ詰め込んだ本だというのを感じていただけた様子でしたので、なんだかとてもうれしかったです。


この本では、テーマとか使う技法とかテーマカラーとか、編集者さんやブックデザイナーさんと相談して、決めています。
最初のサンプラーは白地に青で、ということでした。

最初のサンプラーのページはすでにつくりらでも掲載されているように1本どりの線のステッチです。
図案らしい図案でなく、スケッチのようなものを刺しゅうしてもいいんだよ~ってテーマでデザインして、ステッチしました。

次のページは、線のステッチで、今度はいくつかの違うステッチで刺すと同じ線もこんなに違う雰囲気に、2本どりで刺すとこんなかんじで、また違ったニュアンスになる、と見せたくて、デザインしました。

どちらのページもうちにあった物(かつてあった物も)などスケッチして刺しましたよ。
1本どりバックステッチ1本どりバックステッチ

あとから、裏の始末が大事なら、裏をきれいに刺した見本も作ってくださいといわれて、急遽、図案は同じで刺し方や本数を変えたものを作りました。
2本どりアウトラインステッチ2本どりアウトラインステッチ

表はこちら、2本どりのアウトラインステッチ。

裏は玉結び、玉どめ無しでもこういう感じだったら、お洗濯をするハンカチなどにもしっかりとめられてよいでしょうという事例です。
裏の始末2本どりアウトラインステッチの裏

この裏の様子は、紙の本では小さく写ってます。
もし、電子書籍が出るとしたら、そのときは大きくして見てください。


糸の始末については、他の本だったら、一つ載せて終わるところを、いくつか載せてます。
この留め方だとこんなふうに仕上がりますとか、こうすると無駄な糸を使わずに始末できますとか、何種か載せましたよ。
ちょっと余計なお世話かと思うくらい、スペースも使っちゃってます。

私としては、こういった、こういうときにはこの方法がおすすめ、そして、どうしてそうするかっていうのが載ってる方が、初めての方には、わかりにくくて知りたい部分だと思って力を入れました。

初めてでなくて、少しは刺しゅうをされている方には、こういうやり方もあります、洋裁で使う道具など使うとこんなふうに便利ですよ、というのも載せました。

何が正しい、ということはないです。
こういうときにはわたしはこうしていますよ、こんな感じに仕上がればきれいだと思えます、というつもりで書きました。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

12:28  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.17 (Sun)

カーディガンのしみ抜き

大掃除のシーズン。

とはいっても、寒くなると手が痛くなる私は、暖かい時期にちょっとずつやっておいて、こんなふうに寒いときには普通の掃除しかやりません。
だいたい、窓ふきだって、汚れがたまって大掃除するより、いつもきれいで、汚れも少なくてさっと終わらせる方が楽だと思うから。

人によって考え方はいろいろで、汚れをためておいて、一気にきれいになって達成感を得たいという人もいて、びっくりしたこともあります。
価値観の違いですね。


衣類はどうでしょう。

近頃、クリーニングと次のシーズンまでの保管で、お手頃の価格でやってくれるサービスがあります。
安い、の裏には、春のクリーニングのシーズンは忙しく、そのほかの時期は暇なので、預かったものをためておいて、その暇な時期に洗うという業者もあるそうです。

シミなどの汚れって、できれば早く落とした方が落としやすかったりするわけです。
わかっていて利用するなら安くてよいサービスですが、シミなどある場合は注意が必要で、利用する際はよく確認した方がよいようですね。

クリーニングに出さない時も、注意は必要です。
汚れていないようでいても、食べこぼしなどあとで変色してシミになったりします。

義母が冬物を出したらシミになっていたといって、お洗濯して、と、持ってきました。
カーディガンのしみ抜き

ちゃんと糸印をして持ってきてくれましたよ。
これ、めんどくさいけど、お洗濯前の大事な準備。

ついこの前も、黒いセーターにカビが生えていたといって、私のところに持ってきました。
何とかきれいになりましたが、黒なので目立たないだけで、カビに関しては落ちないことも多いです。

色が薄くても、濃くても、そして、着たあとに汚れが見えていても見えていなくても、一度着たら、しまう前にはひとまず洗う方がいいですね。
洗えばそれだけ傷むのは覚悟の上ですが、歳をとると、手の感覚が鈍るので、袖口周辺や、前身頃に食べ物飲み物などを付けてしまうようです。

薄紫のカーディガンも日が経ってなかったら、軽めの方法で落とせると思いましたが、半年くらいは経っているはずなので、ちょっとしっかりめの方法でシミを落としました。

なんとか、きれいになりましたよ。


シミ落としや衣類の管理は学校で洋裁を勉強したことが役に立ってます。

紀伊國屋書店→文化ファッション大系 改訂版・服飾関連専門講座〈1〉アパレル品質論
楽天ブックス→アパレル品質論 (文化ファッション大系) [ 文化服装学院 ]

こちらの本を作るときも、時間をかけて服飾全般の勉強をしたことが、たいそう、役に立ちました。

紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]

どうしても落ちないシミはその上に刺しゅうするという手もありますので、そういうときにも活用していただきたいです。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

07:21  |  衣類の手入れ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.16 (Sat)

糸撚・・・・・・・・・鯛

イトヨリというお魚はイトヨリダイのことで、糸撚鯛と書くそうです。
針仕事に携わる者にとっては、ちょっと気になるネーミングでしょうか。

週末の定番、お魚丸ごと料理、1週間前は、大きなイトヨリでした。
イトヨリを調べると大きくて40センチくらいとのこと。
まな板が50㎝ですから、大きい個体だというのがわかると思います。
イトヨリダイ

これをどう調理したかというと、
①お刺身
②ポアレ
③潮汁
と、まさかの和洋折衷、同時に3つのメニューです。

新鮮ということで、①のお刺身は、よいところだけお刺身にしました。

そして、②は皮がパリッとするとおいしいので、バターではなく太白胡麻油で揚げ焼きに。
これは、バターなどでない方が強すぎなくてよいということですね。

そして、③が残った骨や頭など塩だけで汁ものに。

どれも、シンプルな味付けで十分堪能できました。

前にも書いたように、頭の付いているお魚をさばくときは、命をいただいているなあとあらためて思うわけで、やはり、自分で調理するとそういう感謝の気持ちも再確認できます。

なんとなくじゃなく、きちんと暮らそうと思えます。



話はこじつけのように聞こえますけど、刺しゅうもただ何となくじゃなく、せっかくよい刺しゅう糸や布を作ってもらって、それを買わせてもらって、だったら、少しでもきちんとしたよいものを作り出したいと思います。

お金さえ払えば、材料をどんなふうに使ってもよいことにはならないと思うのですよね。

だから、合理的に少しでもきれいにできあがるよう、努力する義務があると思うのです。


また、売る方も売れればいい、代金をいただけばいいというだけでなく、いかに買った方が喜んで使ってくれるか、が、大事だと思います。

この本も売れればいいというだけでなく、小さいからこそいつも手元に置いて、書き込むなり、確認するなりたくさん使っていただきたいという気持で作りました。

材料を無駄にしないで、少しでもよいものを作りあげるのを手助けするこちらの本。
ぜひ本屋さんで手にとってみてください。

ちなみに「糸の撚り」のことも書いています。
洋裁では糸の撚りを知ってないと困ることがいろいろあります。

糸の撚りについては日本刺繡の本には詳しく書いてあるのに、(自分で撚って糸を作るからそこは大事ですものね)フリーステッチなどの刺しゅうの本では見た覚えがないです。

でも、知っておくと仕上がりも変わりますよ。


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
オンライン書店 BOOKFAN →〔予約〕刺しゅうの基礎/安田由美子【1000円以上送料無料】


テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

06:42  |  料理  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.15 (Fri)

接着芯のはり方も


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
オンライン書店 BOOKFAN →〔予約〕刺しゅうの基礎/安田由美子【1000円以上送料無料】

表紙を開いてすぐのところに、文字数いくつ、で、著者の言葉、を入れてくださいとのことでした。

かんがえますね、文字数少なく、いいたいことを書くのは。

ここで、洋裁や他のハンドクラフトのコツ、と書いたひとつが、接着芯の話です。

接着芯について、1ページ使ってある刺しゅう本は見かけたことがありません。
でも、1ページ使っちゃいました。

いまでも、作図用紙やいらない裁ち端なども当て布として使って貼ってる説明も見かけますが、日進月歩、いいものが出てきてます。
私も教員の仕事を離れたあと、いろいろ情報収集してなかったら、たぶん、知らないでいたと思います。

たとえば、こちら()に書いた剥離紙など。


でも、刺しゅうをする人に、この洋裁用をおすすめするのもどうかと思うわけです。
初めての方、おもに刺しゅうを楽しまれる方に、洋裁用のこんないいものがあるよと言ったところで、著者の自己満足でおわり。
読者のためになってないと思います。

長い間、だてに漏電?()してたわけではないので、代わりにどうするかというのは結構得意です。
勉強もしましたし、買って試したりもしました。

そして、ここは、お菓子作りやパン作りの知識も活かして図も入れて、はり方のコツも図にして、このページ書きました。

この本では、洋裁、お菓子作り、レザークラフトなどの知識も加えて、合理的で便利な方法を提案しています。

すでに、ステッチイデーのレッスンページなどでも接着芯のはり方などは紹介しています。
ステッチイデーの中で、クロスステッチのコツを書いたときや、レッスンページのなかで書いてきたことも、この本のなかで、刺しゅうの基礎としてまとまっているので、そういう点でも一つにまとまっていて使いやすい本にできあがったかと思います。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

10:36  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.14 (Thu)

スカートをただ捨てないで、いすの張り替え


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
オンライン書店 BOOKFAN →〔予約〕刺しゅうの基礎/安田由美子【1000円以上送料無料】

コメントいただいたので、ちょっとここで。

「刺しゅうの基礎」では、Q&Aというコーナーにコツやよく疑問に思うことの答えなどを載せました。

洋裁だと、「裁ち方・縫い方質問集」、「洋裁質問箱」みたいなものでしょうか。

そういう本もあるくらいなのだけど、はじめてのときにそういう内容も載っていたらいいなあと思いました。
最初頭に入ってこなくても、針を持ったら出てくる疑問は、そう思ったときに解決できるといいですものね。

いきなり最初には思わないような疑問も、提出した原稿にいろいろ書いたら、編集者さんが、Q&Aのコーナーを作ってくださいました。

もしかして、クロスステッチの方は自由刺しゅうの方のページをあまりご覧にならないとか、逆のこともあるかもしれませんが、共通して使えるヒントやコツもあるので、端から端までじっくりご覧になってみてくださいね。


さて、「刺しゅうの基礎」からすっかり離れたら、家のことやらなくちゃと思っていたのに、次の作品づくりやつくりら()の執筆で、やはり針仕事から離れられません。
でも、すき間時間に、椅子を張り替えました。

ステープルは針ではあるけど、さすがにこれは針仕事ではないですね。

義母が、買うほどでないけど小さめのいすがちょっとほしいと言うので、こんなのでよかったらと見せた椅子でしたが、以前に張ったローラアシュレイの生地が日焼けしていて・・・
タッカーで椅子の張り替え 

だんなさんがもともと持っていた椅子で、よいものではないんだけど、何回も生地を張り替えては使ってきたもの。
ゆるんだら、「ぐらつきシャット」を使って。
張り替えにはタッカーを使って。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

15:37  |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.13 (Wed)

刺しゅう枠のこと

刺しゅうの基本について書いてある本は、いままでもずいぶんと出ています。
しかも、手芸本で長い歴史を持つ出版社からは何種類も。

そして、刺しゅうを始めた人はまず、なにか1冊は買うか、借りるかすることでしょう。
すでにお持ちの方も多いはず。

私のステッチイデーでのお仕事を担当してくださってる編集者さんが作られた本は、私の本と同じ題名の『刺しゅうの基礎 日本ヴォーグ社刊』は刺しゅう本のベストセラー。
すでに二十何刷になるほどの重版。

そんな本が出ていて、しかもどの書店、手芸店に行ってもほぼ必ず置いてあるのですね。

あっちこっちいってもなかなか見つからない私の「刺しゅうの基礎」が売れるのかなあというのが、今のところの思いです。

まあ、教科書的なつもりで書いたので、じわじわと売れていてくれればいいなと思ってます。
そして、図書館で借りた方もぜひ「いつも手元に置いておきたい本」と思ってくださることを願っています。


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
オンライン書店 BOOKFAN →〔予約〕刺しゅうの基礎/安田由美子【1000円以上送料無料】


さて、刺しゅう枠についてなのですが、結論からいえば、使っても使わなくても、どっちだって、好みでということです。
生地にもステッチの種類にも刺し方にもよりますし、使わなくてもきれいにできるなら、使わなくてもいいです。

こうでなきゃいけないということはないと思います。

だけど、本では、使った方がいい場合、使わない方がやりやすいのではというステッチなど書かれてある方が親切、ということで、大まかの目安として書いておきました。

ただ、お教室でみなさんの様子を見ていると、思うことがあります。
使ったほうがいいかなと思うステッチで、枠をうまく使えないとおっしゃってはずしてされる方の出来上がりより、ぎこちない持ち方でも使っている方の方が、やはりきれいに仕上がっているようです。

特にクロスステッチで、枠は使いたくない、使わない、と決めている方のお話を聞くと、それなりの理由がおありのようなのですね。
その使いたくない点についてはそれぞれ対処法もありますので、本ではそんなことも載せています。

道具は使えばうまくいくというものではなく、手の助けとなるものなわけですから、合理的に使うのがよいと思います。
道具の紹介だけでなく、どう使ったらいいかも書いてある本はあまりないなあと思って、それに少しページを割いています。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

17:36  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.12 (Tue)

重版!おとぎ話のクロスステッチ

今日、はじめて近所の本屋さんで、自分の本が2冊、棚にあるのを見つけました。
やっぱり、小さいけど、他の本と見比べてみたら、密度が濃い!と思いました。

チェーン店の手芸屋さんでは、置いてありませんでした。
一応、本を作るときに、チェーン店の手芸屋さんで手に入る材料で作れること、つまり、特別な材料でなくてはじめられること、という話でしたので、チェーン店の手芸屋さんにおいてもらえるのかと思いましたけど、だめなんだそうです。
そういえば、よく見ると手芸屋さんに置いてある出版社って決まっていますね。

ネットの方はというと、私の本は昨日から楽天ブックスでは注文できなくなっていました。
もしかしたら、売り切ったのかしら?とうれしく思ったり、売れそうにないからもともとちょっとしか仕入れてなかったのかしらと思ったり。

Amazonでは上位に入ってこないから、やっぱり売れてないのかしらと思ってしまい・・・。

それでも紀伊國屋書店では一日あたり10冊くらいずつ在庫が減っていくのを見て、こんな感じで売れていれば、よいほうなのかな?と思って見たりしています。


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
オンライン書店 BOOKFAN →〔予約〕刺しゅうの基礎/安田由美子【1000円以上送料無料】

さて、5月に発売になった、私がチャートのチェックや日本語版の説明を書いているこちらの本、重版が決定していたのは連絡を受けていたのですが、2刷めが手元に届きました。

しばらく入手できないでいた方には朗報です。
おとぎ話のクロスステッチ
紀伊國屋書店→おとぎ話のクロスステッチfromPari

楽天ブックス→おとぎ話のクロスステッチfrom Paris 270点のモチーフで楽しむノスタルジー [ ヴェロニク・アンジャンジェ ]

あらためて中を見ると、やっぱり、いいですよね。

ちょうど時期的にはクリスマスの本のほうがぴったりですけどね。
『フランスのノエルでときめくクロスステッチ —250点のモチーフがかわいい魅惑の世界—』
フランスのノエルでときめくクロスステッチ 表紙

紀伊國屋書店→フランスのノエルでときめくクロスステッチ - 250点のモチーフがかわいい魅惑の世界

楽天ブックス→フランスのノエルでときめくクロスステッチ 250点のモチーフがかわいい魅惑の世界 [ ヴェロニク・アンジャンジェ ]

こちらの本に付録として付けたクロスステッチの目数とできあがり寸法、インチとセンチの表示の一覧、これはとても便利なので自分の本の方でも使いたかったのですが、スペースの関係で、少し簡単にしたものを載せました。

簡単といっても役に立ちますよ。

フランスのクロスステッチ本はメインがデザインとチャートですので、クロスステッチの基本については、私の「刺しゅうの基礎」のほうを参考にしていただくとよいとおもいます。

リネンにどう刺せば、きれいに仕上がるか、
バックステッチのところはチャートの表示がこうなっている場合、実際にはどう刺せばいいか、
一つ一つの×をふっくらした目にするはどうしたらいいか、
裏を縦で揃えるにはどうするか、
クロスステッチの場合の裏の始末は?最初は?終わりは?
などなど、限られたページのなかで、できるかぎりいろいろ書いています。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

17:28  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.11 (Mon)

ひじきと網で考える・・・

高校時代の友人が歯科クリニックをやっているので、もう何年も私の作品の掲載された本を「待合室に置いてね」と送っています。

今回も、送ったのですが、患者さんで手芸好きの方が、待合室で楽しく読まれていると診療の時におっしゃったとのこと。
そういう話を聞くと、とてもうれしいです。

紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
オンライン書店 BOOKFAN →〔予約〕刺しゅうの基礎/安田由美子【1000円以上送料無料】


さて・・・

干した芽ひじきを洗ってザルというか網で水を切る、という作業につきまして。


A:ひじきを洗って水に浸して戻して、細かい網のざるで水を切る。

B:細かい網のざるとボウルを重ねて、ひじきを入れて水を入れて洗ってから水に浸して戻す。


ほんのちょっとの違いだけど、手順が変わると、めんどくささもちょっと変わります。

TVではBをやっていたのだけど、ひじきが乾いた状態で網を使うと、網の細かいところにひじきが刺さり、そのまま水を吸うと膨らんでちょっとすすいだくらいでは取れにくくなります。

網の目の大きさが問題なんでしょうね。
ひじきが刺さったまま乾かせば、簡単にとれるかもしれないけど・・・。

手持ちのザルはそうならないか、まで、見据えて作業をすることが大事かもしれません。
ちょっとしたことで、時間の無駄になりますからね。


こちらの本も、そんな、手順や材料が変わると仕上がりも変わる、ということで、図も何段階かの分を入れて、書いています。

よく、一つの図で刺し方を表しているものがありますが、やはり、途中のところがわかった方がいいと思って、スペースの許す限り、入れてますよ。

ひとつ、スペースとして全部入れられないページがあり、どうしてもこの図を入れたいと交渉して、他のページに比べ、少し図が多くなったページがあります。

ちなみに、それは、義母がこの図とこの図の間にもうひとつ図があった方がいいと言っていたのです。
たしかにそう言われるとそうなのだけど、1ページに入れる図はだいたいこのくらい、と言われていたのですね。

一度はあきらめたのですが、編集者さんに、うちの姑があった方がいいと言ってるので、と言って、入れてもらいましたよ。

本のデザインとしては、どのページも同じようなバランスで行きたいはずですが、わたしもたしかにその図は入れた方がわかりやすいと思いました。

きっと、読者のみなさんもこの図があってよかった、って、思っていただけると思います。


そんなわけで、他の本が、芽ひじきと長ひじきは食べるのにはいっしょだよ、って言ってても、この本は、食べたときの食感が違うよ、なぜならこうだから、って言ってるような書き方のところがあります。

だから、本屋さんで一度、手にとってご覧くださいね。


(いまだ、自分の本が本屋さん手芸屋さんに並んでいるのを見ていません。
ネットの紀伊國屋書店さんをちらちらっと見てます。
220冊くらいで始まった在庫の冊数が減っていくのを、あ、今日も少し減った~とながめています。)

追記:12月14日
78冊まで減ったところで、在庫が増えて178冊になっていたので、また仕入れたのでしょうか?

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

17:30  |  料理  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.10 (Sun)

パーティーと、きものの雨の日対策

こちらの本、中身もわからないのに予約してくださった方に感謝しております。
そして、本屋さんで見て、いいと思った!とSNSで発信してくださる方がいらして、すごくうれしかったです。

本屋さんでぜひ手にとって見ていただきたいです。

新宿の手芸店に行っても、近所の本屋さんに行ってもまだ、自分の本が売ってるのを見つけられていないのが残念です。

紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
オンライン書店 BOOKFAN →〔予約〕刺しゅうの基礎/安田由美子【1000円以上送料無料】

さて・・・

出掛けるときは、なぜか雨。
それを雨女というのです・・・。

めったに出かけないのに、また、雨の予報。
でも、いつもよりはいいと言えるかも?の、小雨。

大きな仕事が終わって、なにか、いろいろ体調不良でした。
元気がなくても、着物を着ようと思うと、ちょっと元気が出るのです。

慣れるまでは準備が面倒とか思ってたけど、むしろ、それが楽しいのかもしれません。
あいかわらず、半衿付けるのには10分くらいかかっちゃうけど、だいぶ、めんどくさいと思わなくなりました。
暖かい時期だと付けられない肉厚の縮緬の半衿も、寒い時期だからぴったりで、ちょっとうれしい。


恒例のお世話になっている出版社の忘年パーティーは、やっぱりきもの、と、考えていたので、雨の予報ではあったけど、着ていきました。

雨というとポリエステルの着物という手もあるのですが、あの、ひんやり感が苦手なのです。

で、とにかく、濡れないようにということで、この日は寒く、羽織を着た上に雨コートを着ることに。

パーティーの会場は暑いことが多く、あまり防寒を考えると、汗が出て逆に冷えることも。
本当にむずかしいものです。

テーマ : 着物 - ジャンル : 趣味・実用

07:21  |  kimono 小物  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.09 (Sat)

490万とカウントされました

4900000とカウントされました。
ありがとうございます。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

23:18  |  その他  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.08 (Fri)

取れなくなった両面テープと強力粘着剤はがし

春からあらゆるものをあきらめて本のことだけがんばってきたつもりです。
それを口実にサボったものもあります。

換気扇の2ヶ月に1回というのだけは、続けたのですけど、ガラス窓に貼ったプチプチをはがすのをさぼりました。
ここは誰が見るでもないし、はがさなくてもいいかな?と。

そして、夏を過ぎまして、気がついたら粘着タイプのプチプチだったせいでしょうか、補強で使った両面テープ共々、がっちがちで、取れなくなってしまいました。
紫外線のせいかな?

それから、粘着タイプでないプチプチは、両面テープで貼っておいて、それははずしたんですよね。
でも、これも、きれいにはがれず、ちぎれてしまったりして、そこでやっておけばよかったのにサボったから、さらに取れにくくなっていました。

オレンジ洗剤とか塗っても取れなかったので、以前に使ってよかったはがし剤をまた買いました。

今度はスクレーパーも一緒に。
これ、けっこう大事。

寒かったからか、一発ではきれいにならなくて、別の暖かい日にスプレーして、ラップしてしみこませて、へらでこすって落としました。

貼った方のプチプチも粘着タイプはそれなりのお値段だったのですが、落とすのにもスプレーを買うことになって、なんだかもったいなかったです。

いくら忙しくても、説明書の通りに季節が過ぎたら、プチプチははがさないといけないですね。


この200円しないヘラですが、あるとないとでは大違い。
金属のへらはあるのですが、ガラスに使うのはどうかと思うし、このスプレーでも変質しないで、しっかりしていて、ガラスも傷つかなくてよかったです。

道具というのは、手でできないことを助けてくれたり、もっと効率よくすることができたり、道具選びって、けっこう、なんでもいいからというものではないように思います。

洋裁に比べると刺しゅうは道具が少なくて楽しめるなあと思うのですけど、それもまた、少ないからこそ、使えるいい道具を選ぶのがよいですね。

こちらの本では、他の刺しゅうの基礎本ではあまり載ってないような、他の分野の道具もちょっと載せました。
どれも、私が日頃使っているもので、メーカーのものを宣伝で載せている、などというものではありません。

はじめての刺しゅうの時の道具選び、ご参考になればと思います。


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
オンライン書店 BOOKFAN →〔予約〕刺しゅうの基礎/安田由美子【1000円以上送料無料】

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

18:19  |  おすすめ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.07 (Thu)

つくりらの取材(2)

本の出版に際して、「つくりら」の「つくり手を訪ねて」の取材を受けました。
前()に続き、後編がアップされています。

その時はまだ、本ができてなくて、作品は一部が印刷所に行ってましたから、手元に残っていたものを写していただきました。
額に仕立てたのもあります。

後編は本を作るにあたって、どうだったか・・・というお話。

リトルスティッチ()さんのご厚意により、店内で撮影させていただき、店内の様子も写っています。
棚の生地もご覧くださいね。

今ちょうどセール中ですよ。
「刺しゅうの基礎」をこちらのお店でお買い上げの方にはビーズワックスを一つさしあげてます。(
ミツロウ ビーズワックス

昨日、アップされました。

つくりら つくり手を訪ねて 後編

つくりら facebook 
つくりら twitter 


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
オンライン書店 BOOKFAN →〔予約〕刺しゅうの基礎/安田由美子【1000円以上送料無料】

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

07:42  |  つくりら  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.06 (Wed)

Bead Art Vol.20と23

刺しゅうのお教室でのこと。
生徒さんがおっしゃるには、先日TVで、フリーステッチングと刺しゅう針でする刺しゅう、どちらが早いか競う番組やっていたそうで、ご覧になったのだそうです。

出来上がりを見て、やっぱり手刺しゅうが針目もきれいでいいですね、私、手刺しゅうの方が好きです、とおっしゃっていました。

それぞれの良さもありますが、わたしも刺しゅう針でする方が好きですね。
時間と手間をかければいいということではありませんし、達成感が得られるからということでもありません。
手間を省くかどうかより、仕上がりを優先させて、技法を選びたいということです。

発売された頃だったでしょうか、フリーステッチングは簡単というので、買ってやってみたことがあります。
たしか、14年くらい前に発売されたらしいとか。
でも、もっともっと昔、お遊び程度で毛糸とストローで似たようなことをやった覚えがあります。
刺すだけでできあがっていくのも、それはそれでおもしろいです。

生徒さんはこのときTV初めて見たとのこと、昔からあると言ったらびっくりしてらっしゃいました。
娘は昔こんなの作りましたよ。


手間を省くと言えば、ビーズ刺しゅうではかぎの針を使ったリュネビルやアアリワークがあり、それらは手間を省くところは同じです。
でも、できあがりはとてもすばらしいです。

たくさんの量をこなす場合にはかぎの針は必須ですし、プロはそちらを使うようで、ドレスに仕立てるにはやはり仕上がりの良さとスピードが大事です。

ビーズの本でビーズ刺しゅうを特集していたので買いました。

刺しゅうの本とはべつのカテゴリになるし、定期刊行誌だからか、あまり見かけず、何かの拍子に見つけるました。

刺しゅうの本で探していたら、こんなすてきなビーズ刺しゅうの作品は見つからなかったかもしれません。

ビーズ刺しゅうとしては特集の一つに過ぎないですけど、ああ、こんなアクセサリーもできるんだと思いました。



こちら、発売から1週間、本屋さんには置かれているようですが、新宿の手芸屋さんではまだ、手芸本の売り場に置かれてなくて残念でした。
置いてもらえるようになるのでしょうか?

この本ではビーズ刺しゅうに関しても基本的なことを書いています。

紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
オンライン書店 BOOKFAN →〔予約〕刺しゅうの基礎/安田由美子【1000円以上送料無料】




テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

16:22  |  Beads&spangle work  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.05 (Tue)

「つくりら」の取材(1)

「つくりら」のコラムでは「毛糸」について書いています。 


それから、先月のことですが、本もまだできていない頃、この本の出版に際して、「つくりら」の「つくり手を訪ねて」の取材を受けました。

本ができてなかったので、実物も一部は印刷所に行ってましたから、手元に残っていた作品だけが写っています。
全編は道具のことなどで、作品は後編で、もう少し紹介されます。
プロのカメラマンさんが撮ってくださってるので、とっても立派な刺しゅうに見えます。

前編は刺しゅう道具についてです。
お気に入りペンケース()や、ロフト限定のおはぎやまのペンなんかも、写してもらってますよ。

リトルスティッチ()さんのご厚意により、店内で撮影させていただきました。
後ろにすてきなクロスステッチ用生地など写っていますので、お見逃しなく。
ちょうどいま、クリスマスセールやってますよ。

つくりら つくり手を訪ねて 前編

つくりら facebook 
つくりら twitter 

白いシャツは、途中でアイリッシュリネンのピンタックのシャツに着替えてます。
手づくりのシャツの方がいいでしょうかと言ったら、そちらでも撮ることになりました。
刺しゅう部分がちょっと写ってます。

途中で出てくるビーズワックスは、また、道具の話で、詳しく書いてますので、アップされるのをお待ちください。


この取材のとき、本の内容について聞かれたことの一つは、こんなにくわしく書いてしまってよいのですか?ということです。

そういうのはお教室で教えるのでは?ということらしいのですが。
本には、このくらいは書いておかないと、と、おもいました。

私のフリーステッチの教室の場合、この本に載っていること以外にものどが痛くなるほどしゃべることがたくさんあります。

わたしのことだから、お相撲のことなんかで脱線してるのかと思う方もいらっしゃるでしょうけど、そういうわけではありません。
一応、針仕事に関連する役に立つことをしゃべっているのですよ。
どうしてそうなるかとか、この場合はこうしたほうがとか、まあ、いろいろ。


前にも書いたかと思いますが、介護や子育て、お仕事その他もろもろで習うどころではない!という方も、多いことでしょう。
そういう方でも、刺しゅうをいやにならずに楽しんでもらいたいので、出し惜しみせずに書いたつもりです。

ページ数は決まっていて、載せたいものを全部載せるわけにはいきませんでしたけど、自分でこういう本が1冊手元にあればと思って作った本です。
いままでたくさんの手芸書も見てきて、掲載もしていただいてきました。

そのなかでも一番、理屈に合っていて適切なことがわかりやすく載せられたと思っています。


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
オンライン書店 BOOKFAN →〔予約〕刺しゅうの基礎/安田由美子【1000円以上送料無料】

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

07:04  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.04 (Mon)

「刺しゅうの基礎」を書くにあたり 初心者のその先・・・

よくわかる、はじめての、と、うたっている本は、最初の段階でどうするか、については、たしかに、わかりやすく書いてあるとは思います。

初心者の目線でどうしたらいいかということで作っているとは思うのです。

でも、実際、いざ、図案を刺し始めると疑問に思うことはたくさんあります。


たとえば、アウトライン・ステッチ(日本で一般的に浸透しているアウトラインステッチのこと)の場合については、基本なのでちょっとだけ詳しく書いています。

幅を広く刺すにはどうするか、
埋め尽くすときはどうするか、
カーブだったらどうするか、
カーブはどちらから刺せばいいか、
丸い場合はどっち向きに刺していくか、
そのカーブがきつくなったらどうするか、
鋭角に曲がる時はどうするか、
枝分かれする場合はどうするか、
糸が終わっちゃったら、どう続けるか、
などについて、初心者向けの本ではそれほどは書かれていないように思います。

初心者向けだからと言って、最初に疑問に思いそうなことだけ提示してあればいいというものではないと思いました。
直線だけ刺しているわけではありませんし、載っている図案だけ刺すのではないですから、いろいろな事例を載せる必要はあるかと思いました。
ですから、上に書いたような疑問が浮かんだ時にも対応できるような本にしました。


最初からいろいろ言われても、という考えもあるとは思いますが、本なので、最初に見てもわからないところは飛ばして行けばいいと思います。

フリーステッチのお教室で配るテキストも、生徒のみなさん、最初、読んだだけでは???な時もあるそうです。

実際にお教室でもやってからお帰りにはなるわけですが、ある生徒さんが言ってくださったのは、家に帰って、一人でやってみて、ちょっと疑問に思ってテキストを見返したときには、ああ、そっか~、と、思うのだそうです。
腑に落ちるというのはそういうことを言うのでしょうね。

だから、本はよいのですね。


教室に行けない方でも、実際針を持って、刺してみて、それから、もう一度本を見ていただきたいのです。
本を見ただけでわからない、というレビューをたまに見かけますが、手芸の本に関しては、手を動かしながら、見ていただきたいと思います。

ついでに、気がついたことを書き込むとよいですね。

先日のビーズのページです。
刺しゅうの基礎~ビーズ刺しゅう・スパングル刺しゅう2
右は、立ち上がったスパングルのお花です。
簡単な手法で立体的なお花になるので、ビーズ刺しゅう初心者の方に特におすすめです。

線の部分はアンティークビーズで、同じ大きさの丸小ビーズとは光り方というか風合いがちょっと違ってるので使ってみました。

紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
オンライン書店 BOOKFAN →〔予約〕刺しゅうの基礎/安田由美子【1000円以上送料無料】

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

10:54  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.02 (Sat)

刺しゅうの基礎  最初にフリーステッチを勉強しておくと・・・

たくさんではありませんが、ビーズ刺しゅう・スパングル刺しゅうについても知識と用具・材料、刺し方、サンプラー、コツ、と、掲載しています。

十分なページ数をとることはできませんでしたが、これだけ載っていればまず大丈夫でしょうというつもりで書きました。

写真はビーズ刺しゅう、スパングル刺しゅうのサンプラーのページ、その一部です。
(ほんとはもっとクリーム色の生地です。写真が下手ですいません。)

特小・丸小・丸大ビーズ、一分・二分・三分の竹ビーズ、大・小の六角ビーズ、スリーカットビーズ、アンティークビーズ、丸型・なつめのパールビーズ、スパングル3~6㎜、そして、キラキラの刺しゅう糸など、を1枚のサンプラーにしてあります。
刺しゅうの基礎~ビーズ・スパングル刺しゅう
写真をクリックで拡大

クロスステッチをはじめとしたカウントするステッチと、フリーステッチ。

両方されている方は多いですが、話を聞いていると、どちらかだけ、という方も、結構多いです。

カウントステッチは針を出す位置が決まっています。
そして、織り糸を数えます。
図案は写さず、チャートを見ながら刺しますね。

フリーステッチは織り糸を数えなくてもいいですが、その分、眼の中に物差しの目盛りを作る(つまり、感覚で長さがわかる)必要があったり、指先の感覚で、ここぞというところに針を出さなくてはいけません。
図案を写すのが苦手、きらいという方もいらっしゃいますから、そこがちょっとだけたいへんでしょうか。

でも、勉強できるときにフリーステッチを勉強しておくとよいと思うのですね。

フリーステッチはいろんな刺しゅうの基礎となるものなので、ある程度できるようになっていると、カットワーク、リボン刺しゅうやアップリケ、スモッキングなどの技法も習得しやすいです。

ですから、学生時代の服飾手芸もまずはフリーステッチをしっかり()、ということだったんだとおもいます。

基礎練習というか、いつもたとえとして挙げるように、ゴルフだったらコースに出る前の練習場でのスイングの練習、フルートだったら、ロングトーンとスケールとアルペッジョ、お相撲だったら、四股・すり足・てっぽうというところでしょうか。

いきなりやってうまくいくこともある、つまり、スケールやアルペッジョの練習をしなくてもフルートでメリーさんのヒツジを吹くことはできるけど、やっぱり、その先を考えると、基礎練習はやっておいた方がいいと思うのですよね。


フリーステッチができるようになると、ビーズ刺しゅうもすぐにできます。

フリーステッチのお教室でも、ビーズ刺しゅうをやったりすることもあります。
せっかく、フリーステッチを習っているのですから、応用として他のものにも取り組んでいただきたいからです。

この本でもビーズ刺しゅうの基礎について、図も入れて書いています。

本の図の書き方として、いろんな本を見ると、いろいろです。
右から進むか、左から進むか、などにしても、ある程度は決まっているものの、原稿の図を描くときはちょっと考えます。

できるだけ、客観的に見てこの図でいいのか?と考えるのですが、さすがに疲労が蓄積、そんなときに、担当者さん、編集者さんのこの向きのほうがいいのでは?というアドバイスで、直した図もあります。

著者本は著者名が前面に出てしまいますが、できあがるまでにはいろんな方のご協力の積み重ねです。

だから、本を買う場合は、だいたい、前から見ないで、一番後ろの、奥付の載っているページから見ちゃいますね。


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
オンライン書店 BOOKFAN →〔予約〕刺しゅうの基礎/安田由美子【1000円以上送料無料】

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

15:28  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.01 (Fri)

デザインを書き留めておくノート

「刺しゅうの基礎」がやっと発売になりまして、先日リトルスティッチさんでは、さっそく、ブログをご覧になった()と購入され、ビーズワックスを受け取られた方もいらっしゃったそうです。
ありがとうございます。

大手書店では平積みされていたそうで、私もそんな光景、見てみたいです。


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
オンライン書店 BOOKFAN →〔予約〕刺しゅうの基礎/安田由美子【1000円以上送料無料】

この本を作るのに、刺しゅうの基礎知識についてまとめる、ステッチの基礎・応用をまとめる、刺し方の図を描く、という作業が3月4月。

その原稿だけでもものすごい量になったので、たぶん、それがまとまる頃を待ってデザインをはじめたら、図案を決めるのと制作にはほとんど時間がないだろうと、思っていました。

案の定、7月後半からやっとデザインして作品を作って、9月の上旬までに終わらせる、ということに決まったとき、書きためていたスケッチが役に立ちました。
これを描きためておかなかったら、「1ページにつき、2.5日でデザインして作品を作って仕上げまでする」などという作業はこなせなかったと思います。

このステッチだったら、こういうデザインが向いているのでは?というようなデザインですから、好きなものを考えればいいというわけでないのですね。
端から、何ステッチ、何ステッチ、と4ページ分ずつ割り振っていって、思いついたら描く、ということをしていました。

スケッチは、こちらのノートに描きました。



一番いいのは書きやすいこと。
紙は裏抜けはしませんが、透けて見えるので、下の図を元に展開してみる、なんてこともできて、便利です。

鉛筆で書いたり、ペンで書いたり、そのときどきで使う筆記具も違いますけど、にじまずきれいに書けます。
クリーム色っぽくて、真っ白すぎないのも気に入っています。

カバーらしいカバーが付いていないので、レザーや刺しゅうした布でカバーを作って使ってもいいですよね。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

17:09  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |