fc2ブログ

All archives    Admin

12月≪ 2021年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2021'01.31 (Sun)

La broderie c'est tout simple



240ページ
DE SAXE 2018年10月26日:発売
Marie Suarez:著
フランス語

ちょっと前の本なのです。
たしか予約して買っておいたのだけど、紹介しないでいるうちに買えなくなっていた本でした。

久しぶりにどうかとチェックしてみたら、予約ができるようになっていましたのでお知らせします。

マガジンマート→LA BRODERIE C'EST TOUT SIMPLE - ハードカバー書籍

ハードカバーの厚い本で、240ページあり、写真も1000枚もあるようですよ、数えてないけど。

自由刺しゅう、カウントする刺しゅう→糸を抜いてする刺しゅう(ドロンワーク、ハーダンガー)・糸を抜かないでする刺しゅう(クロスステッチ、アッシジ刺しゅう、スイス刺しゅう、アジュール刺しゅう)、立体になる刺しゅう、カットワーク、Hedebo、アップリケなど、いろんな種類の刺しゅうがひとまとめになった本です。

著者はいろんな刺しゅうに精通している方のようで、たくさんの違う分野の著書があります。

だいたいこういった本は、広く浅く、どの技法もよく見られる頭のところだけ並べて、さあ、どうだ~たくさんあるでしょ~、みたいに見せて、それで終わってしまいます。
ところがこの本は、各技法、頭からつま先までとはいきませんが、腕くらいまでは並べて見せてくれているような作りです。
それぞれ十分に深掘りとは行きませんけど、写真がたくさんあることで、ある程度はわかるように書かれています。

よく知られている刺しゅうの技法が多いですから、この刺しゅうはフランス語では?というフランス語の辞書的なものとして読むのも楽しいですね。
刺しゅうの技法だけでなく、仕立てに使う手法、たとえば、山道テープのとめ方、レースのとめ方、刺しゅうで作る撚り紐の作り方、タッセルの作り方も載ってます。

185ページからは、各技法を使ったサンプラーであり作品としても使えそうなデザインと図案と刺し方の指示が載っています。

フランス語で読まなきゃいけない部分も多いけど、ほんとに写真が多いので、飽きることなく見ていられる本です。

私の本はこれより前に出していますが、私の本も結構、あれも、これもとリボン刺しゅう、ビーズ刺しゅう、アップリケまで入れています。
これは編集者さんの意向でしたが、入れてよかったなと思います。

私は思い入れのあるクロスステッチの特にリネンへの刺し方を原稿でいっぱい書いたので、最初の予定よりもクロスステッチのページが増えました。
これは、結構深く書けたかなと思ってます。
そのほかも、基本はきっちり書いておきましたので、1冊手元に置いておくと何かと便利に使えるかと思います。

年末のようにまたネット本屋さんの在庫は少ないようですが、また、入荷してくると思いますので、定価より高くなってるものは買わずにお待ちいただければと思います。
電子書籍ならいつでも買えます。

刺しゅうの基礎
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

セブンネットショッピングはじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎 

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

11:17  |  Booksフランスの刺繍  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'01.30 (Sat)

あらためてのおすすめ本-作り帯とは気づかれない

四十肩というものになって、痛くなってから治るまでそれなりに時間がかかったように思います。
治ったと思っていたんだけど違和感は残り、やっぱり作り帯がよいわ~となるわけです。

出掛けないので着物を着る機会もないし、2月は乾燥していて、しかも換気もしなくてはいけない時季だから、「作り帯に変えちゃおう強化月間」として帯の改造に励もうかと思っています。


二重太鼓にしか結ばない礼装なら、いっそのこと作り帯にした方が・・・というのをこちら↓の本を読んで、まさにその通りと思いました。
普段の名古屋帯もこちら↓の本を見て縫いました。
原著と復刻版

1994年と、出版が古い本なので、コーディネイトなどは現代とはちょっと違います。
写真も古めかしく感じるかもしれませんけど、何の本だって26年も経ってればそんなものです、気にしません。

作り方のページは、当時の50代より上の方なら図を見て理解できる、縫える、ということができたでしょうが、今ではこの図や解説だけですんなり縫える方はそう多くないかもしれないです。

四半世紀もすると縫い物の一般的なレベルだって変わります。
その頃より前の世代は自分で縫ったという人も多かったでしょうし、そのあとの世代では既製品がいくらでも手に入って、縫うなんて時間の無駄!という雰囲気が漂っていたのではないかと思います。
(実際、あからさまに縫うなんて時間の無駄、みたいな言われ方をしたこと、あります。

そう考えると、縫うのは好きじゃない方にはいまひとつの本かもしれません。
でも、図を見て理解できるし、縫うことが好きな方には、やはりとてもいい本だと思えます。

というのも、たとえば、作り帯一つ取っても、ここに載っているのだとほんとうに結んでいるようにできあがるからです。

近頃出ている本では、簡単だけが売りで、実際にそのようにして縫ったものを着けてみると、背中に絹の箱をしょっているようなお太鼓に見えます。
とくに細身の方などで、帯の幅が体に対して広いものをしている場合、結んでる感はほとんどなく、布箱という感じなのですね。

まあ、結ばないお太鼓の着付けのしかたでも、うまくしないと箱みたいになっちゃうことはありますね。
そして、ほんとに結んで作るお太鼓だとふっくらやわらかなシルエットになるように思っています。
好みだと思いますけど、このふっくらやわらかな感じが好きです。

前に箱みたいになっちゃう作り方で作ったものも、結局、こちらの本を参考にふっくらするようにさらに手を加えました。


こちらの本では前帯とお太鼓の2部式です。

一番最初に直したのはリサイクルで前帯の柄の白い部分にシミがあるものでした。
でも、反対側の柄は、きれいだし、お太鼓も大丈夫だったので買いました。

そんなふうに一見、前帯部分に汚れがあるようなものでも、また、反対に巻くにはどうする?などと考えずに着られるところが二部式の作り帯のよいところでしょうね。

甥の結婚式が遠くで、持っていって留め袖を自分で着るときも袋帯を作り帯にしました。
このときはほんとに作り帯にしてよかったと思いました。


一度だけ、母に習って作り帯にしてみたことはありましたけど、それは理解したとは言い難かったです。
洋裁をやっていて頭の中で平面を立体にするのに慣れているつもりでしたが、ただの四角い帯を立体にするのには、やっぱり実際に手を動かしてやってみてやっと理解できました。

ほかにもいろいろな作り帯の本を買ってみましたけど、やっぱりこの本のがいちばんきれいに仕上がるように思います。

テーマ : 着物 - ジャンル : 趣味・実用

15:19  |  kimono 着物の本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'01.29 (Fri)

堆朱と漆器と絹布巾

ここのところずっと指や手首や肩が痛いです。
だから、食器洗い乾燥機はほんとにないと困る電気製品です。
(お箸とかの木製品、食器洗い乾燥機に使えないプラスチックは手で洗ってますよ。)

リモートワークだったりして、デイサービスの2食以外は毎日家族のご飯を作って片付けてます。
手が痛いとか言ってられないです。

一応ご飯の時間は決めてあるのに、仕事の都合で遅れる人や、こちらのの都合も考えず自分の好きなときにご飯を食べる人には電子レンジで温め直せる食器にしてもらってます。
私は決められた時間においしく食べられるよう逆算して用意するのに、そんなの気にもしない人のは、また電子レンジで温め直して出さなくてはいけません。

漆器は、温め直さなくてはいけないときには不便です。
でも、長く使えるし、軽いし、好きです。

私の祖母も絹布巾で磨くとつやが出る、と言っては、拭いていた気がします。
絹布巾というのは、和菓子で練り切りなどに使いますね。

口に入れるものに接触するので、きちんとした衛生管理で作られたものでしょうね。


一方、ここで言ってるのは、つやを出すために拭くだけだから、いらなくなった絹のスカーフだって、絹のはぎれだっていいわけです。
こちらでも書きましたが、捨てずに利用するのがいいですね。

帯留で堆朱というのがあります。
漆を塗り重ねて作るらしいんですが、一番上が黒いから堆黒とも言うみたいですね。

これも、古いものだと思うんだけど、傷があるのを承知で買いました。
漆の傷は消えるって聞いてたから試してみたくて。

この傷を消そうと絹のはぎれや、ときには指でなでてがんばった結果がこちら。
堆朱 堆黒 帯留め 傷

買ったときはひっかいたような細かい傷がもっとたくさん、無数にあったんです。
羽織紐をチェーンのものなどにして帯留と合わせちゃうと、傷になることがありますし、気がつかないうちに傷になることもあるでしょう。
思った以上に消えるものだということがわかりました。
引き続き、なでなでしてあげようと思います。

そういえば、着物も久しく着ていません。
コロナ禍を機に家で着ているという方もいらっしゃいます。
緊急事態宣言でずっと家にいるなら私も着たいなとは思うんです。

新型コロナウィルスの感染防止の外出自粛などで、高齢者のフレイル対策が叫ばれています。
義母もやはり、デイサービスや集いの機会が失われて、そのような感じでした。

4月の時は迷子になったり、約束の日を忘れたり、勘違いしてたり、いろいろありました。
今もTVのつけっぱなしとか電気製品の消し忘れはありますね。

TVのヘッドホン(コードが長い)を付けたまま出掛けようとしたり(でもマスクは忘れていたり)カーラーを巻いたまま行ってきますと言っていて、びっくりでした。

迷子になったときは、電話を受けて飛びだしていきましたが、着物を着てたら走って行かれなかったと思います。

この堆朱もせっかく傷は消えたものの、こんな毎日で使う機会はあるのでしょうか。

テーマ : 着物 - ジャンル : 趣味・実用

19:45  |  kimono 小物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'01.13 (Wed)

日本刺繍 (シリーズ 趣味のぎゃらりい) 1988年発行


137ページ
マコー社 1988年5月1日(1997年新装版)
今井むつ子:著
日本語

古い本です。
新装版が出たのも、平成9年と書いてありますから、やっぱり古いです。

マコー社というとこの本↓を思い出します
子どもの時買った本だけど、たしか、本棚の中にあるんじゃないかな?

ラタンで籠を編むのが好きな時期がありました。
パンドカンパーニュを発酵させるために作ったこともありましたが、子どもの頃、この本を見ながら一人で練習してたのが、まさか、大人になってからのリーンなパンを作るために、役に立つとは思いませんでしたね。
パンかごにリネン
パンかごにリネン
写真が残ってましたよ。

それはさておき、なんでこの2冊を取りあげたかと言いますと、古い本だからです。

古い本というのは、もう古くて使えない情報もあると思います。
だから処分する。

でも、ここまで古い本となると、いまではなかなか手に入らない情報が載ってたりします。

いつも書いてますが、いまは、新しい本をどんどん出して、どんどん並べ、売る。
少し前に出版された本は並べられるほど本屋さんも置かせてくれない。
だから絶版にしてまた別の新しい本を出す。
新しい本をどんどん出すには急がなきゃいけないから、内容も薄くなる。
読者はとっつきやすい方に流れるし、安い・早い・簡単なのが人気も出る・・・。

先日のタルトシブーストが載ってた本もそうなんですが、古い本は手間を掛けて作ってあるなとつくづく思います。
たぶん、今この本が出ても、こんな手間を掛けたお菓子作る?っていう感じで、細かい字がびっしりの本。

この本を買った本屋さんはもう無いけど、人生を豊かにしてくれた本に出会う機会を与えてくれた本屋さんでした。

そんなわけで、日本刺繍の本に関しても、古い本を見たいと思うわけです。
いまは、手軽に25番刺しゅう糸で刺してみましょうなんて本も出ているくらいですけど、やっぱり、釜糸を撚るところからが日本刺繍の良さだと思うので古い本、好きですね。
日本刺繍はお店によって、やり方も呼び方も違うそうなので、いろんな本を比べるのも楽しいです。

で、この本が気になっていたけど、ずっと高い値段が付いていて買えないなあと思っていました。
でも、気がつくと少し安くなっていることってあるんですよね。

内容は今の時代には手間がかかりすぎるんじゃ?って思うくらい、丁寧に、釜糸の撚り方はもちろん、金糸の巻き取り方、なんてところから書かれています。

たとえば、日本刺繍の持つところが四角い目打ちと長刀目打ちを持っていますけど、さらにその細いのと太めのとどう使い分けるか、とか。
針も私は何種類かしか持ってないのですけど、なんかとってもたくさん、載ってます。
どう使い分けるのか、たぶん、今ではなかなか手に入らないんだろうなあと思いました。

いまだったら、カラー写真と説明文、そして余白をとって読みやすくしてあるところを、昔ですから、写真はまとめてこちら、文章は続けてびっしり、余白はあまりない、という、昔ながらの見せ方です。
作品はカラー写真なのですが、説明の方はモノクロ写真なので、文章をよく読みながら理解しないといけません。

そういう、読み慣れないと読み進めにくい昔の作りの本。
でも、それ以上に濃い内容で、読んでいておもしろいですよ。
だから、いまどきの作りにこの本を直したら、軽く200ページくらいいってしまう内容だと思うので、薄いけどとてもいい本だと思いました。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

22:20  |  日本刺繡の和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'01.08 (Fri)

タルトシブースト

ちょっとまえ、インスタにアップした写真のアップルパイの話です。・・・、焼きたてを食べたい...
紅玉を2回買ってアップルパイを2種焼いてみた


12月の写真が残ってました。
以前、やる気が起きたらタルトシブーストを作りたいと書いたんですけど、久しぶりに作りました。

子どもの頃、ガスオーブンを買ってもらって、母とパンやお菓子を作ってました。
子どもの頃相当読み込んで、使い込んでぼろぼろになってしまった本ですけど、作ってみると、料理研究家、お菓子研究家の本とは違って納得できる内容です。


基本的に卵は何個ってか書いてあるものより、何gって表示のものがやっぱり信用できる気がします。
洋裁でいうと、縫い代を多めでいいから15㎜、あるいは10㎜でもいいよ~みたいな書き方より、適切な幅12㎜って書いてある方がたしか、みたいな感じです。

ま、そんな0.1gの計れる量りが必要な本なんですが、ここにタルトシブーストが載っています。
四角いです。

私が作ったのはそれを参考にしています。
今回は丸型で。
美しい出来上がりではありませんが、よしとしましょう。
タルトシブースト 紅玉

まずタルトの生地を作って、と言っても2番生地で大丈夫です。
それから重しを載せて焼いて、重しをはずして焼きます。

りんごは切って焼き目を付けて、タルトに載せ、アパレイユを流し込んで焼きます。

クレームパティシエ-ルを作り、ゼラチンを加えます。
ムラングイタリエンヌを作ります。(これが苦手)
合わせてタルトに盛ります。

細かいグラニューとを振ります。
こてを熱して表面をキャラメリゼします。(途中で断念してガスバーナーで焦がしました)

そんなで、断面はいろいろ見えます。
タルトシブースト 紅玉

昔から作っていて、他の作り方も見たりして、その中にりんごを紅玉でなくフジで作るというのがあって試したけど、やっぱり紅玉の方が合ってるような気がして、フジはやっぱり生で食べて、紅玉はお菓子に使うというのが、私の人生で定番です。

テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : 趣味・実用

10:12  |  お菓子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'01.07 (Thu)

スカーフの丸洗い

近所のスーパーではベンジンを置かなくなってしまいました。
かろうじて100mlくらいのは売ってたんだけど、それさえ置かなくなったってこと。

まあ、別のスーパーではまだ置いてあったからいいんだけど。

100mlって、ほんとに染み抜きに使うくらいの量です。
よく着物を着る方はさすがにこの100mlでは足りないんじゃないでしょうか。
100mlより大きいのは500mlです。

100mlあれば絹のスカーフが丸洗いできます。
水洗いだとさっぱりするかもしれないけどやっぱり絹に対するダメージがあるので、季節の終わりに汗抜きも兼ねて手洗いします。
でも、まだ春まで使うというとき、ちょっと汚れたかなって時は丸洗いでしょうか。

丸洗いという呼び方は着物を着る方の呼び方なのか、一般的な呼び方なのかわかりません。
着物はほどいて洗うのが解き洗いというのかな?
ドライクリーニングするのを丸洗いと呼んでいるようですね。
そういう点では洋服はほどけないのですべて丸洗いというのでしょうけど。

ネクタイや帯締めや伊達締めなどもやり方は同じです。
使っていて何となくくたびれた感がでてきたものの洗い方です。

まずは、風通しよく、火の気のない場所を選びます。
この時期は静電気とかもイヤなので、手を洗って体にたまった静電気は放電し、念のため途中で手を拭くおしぼりも湿らせておきます。

用意するのは大きな広口瓶とベンジン。
昔から使っているビンで、大きなインスタントコーヒーの空き瓶です。
スカーフ 洗い方 丸洗い ベンジン

くるむようにたたむと中心の汚れが落ちにくいのでじゃばらにたたむとよいように思います。
スカーフ 洗い方 丸洗い ベンジン
スカーフ 洗い方 丸洗い ベンジン

ビンに入れてベンジンを注ぎます。
スカーフ 洗い方 丸洗い ベンジン

蓋をしてビンをゆすって、汚れを液体の方に溶かし出します。
だから、脂汚れは落ちても、ベンジンに溶けない汗の汚れは落ちません。
汗はシーズン終了後の水洗いか、クリーニングの汗抜きの指定が必要です。

雫を切るようにしてから取りだしたら、日の当たらない風通しのよいところに掛けておきます。
すぐに乾いたようになりますが、いつもそのあと半日くらいは風を通してます。

ビンに残ったベンジンには、汚れが移動しています。
このスカーフからはあまり汚れが出ているようには見えないのでまだ使えますね。

1回使ったと書いた瓶に移しておきます。
スカーフ 洗い方 丸洗い ベンジン

以前の染み抜き用ブラシ付きビンの付属のじょうごで空き瓶に移しました。

2回使ったのは、2回と書いたベンジンの空き瓶に移しておきます。
中ぶたの付いているベンジンの空き瓶でならあまり蒸発しないで保管もできます。

色の白いものは新しい液で、濃い色のネクタイなどは2回使った方を使うと無駄がないと思います。
スカーフ 洗い方 丸洗い ベンジン

そして、残ったベンジンの保管には注意します。

めんどくさいといえば、めんどくさいので、ベンジンがあまり売られなくなったのでしょうね。
そしてやはり火気厳禁の危険なものではあるので、クリーニングに出す方が簡単でしょう。
でも、こんなやり方もあるということで、写真を撮ってみました。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

10:27  |  衣類の手入れ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'01.05 (Tue)

お鍋の取っ手が取れた

ドイツ製のお鍋で、フライパンが蓋になって、両手鍋としても片手鍋のようにも使えるって、お鍋。
買って17年。
もう売ってないお鍋です。
フライパンの方は小さいから、ほうじ茶を煎るのに使ってて、お鍋の方は別のサイズの同じ蓋を共用したりしてます。

さて、このお鍋の取っ手は片手鍋の取っ手と両手鍋の取っ手が1つついて、両手で持てるのがよかったのです。
でも、片手鍋用の取っ手は金属のカバーで保護されているのに対し、両手鍋用の取っ手の方はプラスチックが直接付いていて、炎が外に出ないように気をつけていましたが、それでも長年使ったら、焦げて欠けました。
シリットシラルガン 取っ手

少し前からざらざらしてきたのが気になっていて、もしかしてはずれたら危険だし、はずしたいと思ってもはずれないし、すでに廃番だし、ネットで買ったんだけどお店は見つからなくなってるし、で、どうしようかと思っていたのです。

お雑煮を作ってたら、コロンという音がして上の写真のように欠けて落ちていたのです。

中に太い針金のピンが見えるけど、はずせません。
ペンチでぐいぐいやってみたけどダメでした。

どうもまわりはすべてプラスチック素材なので、針金のヨコを割ったらなんとか取っ手全体が取れました。
シリットシラルガン 取っ手

取っ手の付いてた部分は汚れが入り込んでいたので、ちょっと磨いたらきれいになりました。

もともと、この両手鍋になる取っ手は要らないと言えば要らなかったので、なくなっても特に困っていません。
たぶん、フライパンを蓋として載せたときすごく重くなるので反対側にも取っ手が必要だったのではないでしょうか。

ま、いまはそういう使い方はしないでいるので、せっかくいい素材でできてるお鍋ですし、このまま使おうと思います。

片手鍋用の取っ手はチェックしましたが、しっかりしていました。
お鍋って、ときどき取っ手のチェックは必要ですし、近くにドライバーを置いておいて、ゆるんでることに気がついたらすぐにねじを締めておいた方がいいですね。

近頃、銅の片手鍋と銅の卵焼き器の取っ手がすぐにゆるんできます。
どちらも木の柄です。
こちらは木が焦げてないかもチェックしながら使う必要がありますね。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

22:02  |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'01.04 (Mon)

2021年のおせち

早いもので、今日はもう4日。
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

年末に書いたとおり、コロナ禍のお正月は私のいつものお正月と何ら変わりなく過ごしてました。
実家にも帰れない、出掛けられない、誰にも会わない、お酒も飲まない、いつものお正月です。

さて、もう、十数年になりますでしょうか、まずはお正月のおせちの写真アップがこのブログの仕事始めです。
なんでそうなったかと言えば、手間をかけて作るのはいいとしても、食べて終わり、それだけ、だからです。

それに、味が薄いだの(濃いと飽きるでしょ)、食べにくいだの(歯が悪いからではないですか?)冷たいだの(おせちですもの)と言われるばかりで、なんか悔しいじゃないですか。
せめて、写真に残して、自分は今年もめげずにがんばったんだぞ!という記録にしようと思ったからです。

さて、今年は年末から目の疲れから来るのか肩こり、首凝り、胃腸の調子が悪かったです。
手指の痛みも、手を使わなければ痛くならないのだけど使ってしまった~、で、痛い上に、右手首も「いたっ」となるところを見ると、使い過ぎでしょう、両手、不調です。

年末からのいろいろの不調は元旦まで続き、頭痛のまま朝起きて一人で準備し、おせちを並べて、お雑煮とお汁粉を用意して、自分は白湯だけ!という・・・、ああ、なんてかわいそうな、と、自分で思うほどでしたよ。
白湯だけではなかったですね、漢方の胃腸薬は飲みました。

さすがに手が痛いので、焼いたお餅を義母用に小さくキッチンばさみで切る作業だけは夫にやってもらいました。
お餅は危険ですからね、大事です。。。

そんなで、今日になってしまいましたけど記録の写真アップです。
2021年 元旦 おせち 

写真を撮り忘れたのは、お汁粉と焼いたお餅。
今年は小豆250gに砂糖も250gで。
北海道の小豆。
保温鍋で煮て用意しておけばいいので、楽です。

うぐいすきな粉のきな粉餅も食べました。
このときすでに手の痛みは限界だったので、夫と義母の分だけきな粉に砂糖を混ぜてもらったんだけど、塩も入れるんだよねとかいって、結構塩入れちゃってました。
全く料理などしない人って、塩の加減までわからないのかと思いました。
私と娘は海苔とロースハム、海苔とチーズで。

お煮しめ
2021年 元旦 おせち お煮しめ 飾り切り

今年は塩気を少なく、うまみを増やしたので、自分でもおいしいと思いました。
1種類ずつ煮ていくので手間はかかりますが、白いものは白く、黒いものは黒く、それぞれの味がわかるように味付けも少しずつ変えて煮てあります。

緑を入れないと茶色と白と人参の赤だけになってしまうので、何か緑を入れたいのだけど、普通は絹さや。
スナップエンドウにしたこともありました。
でも「地産地消・季節の野菜」となると、ちょっと違うと思い、鉢植えのみかんの葉っぱやフェンネルの葉を使ったこともありました。
今年はみかんの葉はなにかつやがなかったかんじであんまりきれいじゃなくて、月桂樹にしてみました。

今年は蓮根は生協さんの注文で、佐賀県産のもちもちれんこんを4コ。
大きいのをお煮しめに小さいのを酢ばすに。

人参のねじり梅は、毎年恒例、娘のしごとです。
いつもは金時人参を買うのですが、金時人参は生協では予約でしか注文がなく、気がついたら買えないことになってました。
店舗の方でオレンジと言うより赤の強い短い人参が売られていたので4本入りのそれを買いました。
もしかして栽培するのに金時人参は長くて作りにくいから、短い品種が主流になってきたのでしょうか。

里芋は今年はうちで借りてる畑で作りました。
買ったのはいたんで赤くなってるものも多いのだけど、うちのは傷んでなくて今年は楽でした。
傷んだ部分があると、六方にうまく切るのはむずかしいですよね。
秋に掘って紙袋に入れて保存しておきました。

亀に似せた六角形の亀甲椎茸(冬茹 どんこ)。
贈答品のどんこはスーパーの袋入りと厚みが全く違いますから、いいのだけ残しておいたのでカメの形は作りやすかったです。

牛蒡
今年は牛蒡だけ買うのを忘れていて、お店で買ってから、コトコト、干し椎茸といっしょに時間をかけて煮たのでやわらかく、椎茸のうまみもしみこんでおいしかったです。

高野豆腐は、前年ひとくち高野豆腐にしたら楽だったので今年も切る手間無しということでこれに。

は歯が悪いと噛みにくいということで、小さめのやわらかめのところだけ買うつもりが、うっかり大きいのを買ってしまいました。

蒟蒻はことしもねじりこんにゃくを買って、手綱蒟蒻はやめました。


2021年 元旦 おせち なます きんぴらごぼう
紅白なます
今年も注文しておいた三浦大根はいいのが届きました。
よく研いだ菜切り包丁でなます切りに。
きんぴらごぼう
普段の食事のと同じ。
違うのは娘が作ったことでしょうか。
ささがきだと歯の悪い義母にはダメなんだけど、この切り方ならいいそうです。
歯が悪くなったことないから、この辺は聞きながらじゃないとわかりません。

2021年 元旦 おせち 蒲鉾伊達巻き田作り
田作り
お醤油を減らして、減塩は今年も同じ。
本によると、たれをからめたあと、ごまめを端に寄せて、ちょっとだけ醤油だれを飴にして表面にからめる、と書いてあります。
飴にしないと翌日にはごまめからたれが流れ落ちてしまうから、少しだけ飴にするのがいいと。

毎年やってみるんだけど、タイミングがむずかしく、全体にくっつくこともたまにですがありました。
そうなると、くっついてると義母に指摘されるので、今年は太白胡麻油をちょっと加えて、出しておきました。
なかなかの妙案です。
油っぽくもないし、くっつかないし、これで何も言われなくなることでしょう。

千枚漬け
いつもの市販の千枚漬け。
汁に浸ってないと乾くので入れておいたら、入れ物が浅くてこぼれてべたべたに。
ここに印しておかないと来年も同じことを繰り返してしまいそう。

蒲鉾
かまぼこは、近年はたくさんは食べないので気に入ったもの、ということで、籠清をご指名。
が、今年は注文書になくて注文できませんでした。
記録のために書いておきますが、今年はなんか高くて、切ったあとに計算したら、特上蒲鉾は一切れが150円でした。
原料が高くなったのでしょうか。
来年はここを考えねばなりません。

伊達巻き
伊達巻きは自分で作らなくなってからは、COOPの和三盆のものが指定されます。
が、しかし、今年は甘さ控えめっていうのを買ったので、やっぱり和三盆がいいなあという感想。

2021年 元旦 おせち 黒豆 ローストビーフ 鮒
錦玉子 黒豆
20年以上、黒豆は煮ていたのですが、ほかにも甘いのあるし~なんて言われてしまうので、今年は悔しいから作らなかったんだけど、やっぱりないと寂しいんで、急遽、パックになっているのを買いました。
錦玉子も昔はゆで卵作って裏ごして・・・と作ってたけど、要らないと言われて作るのやめました。
でも、彩りを考えて買うことにしました。
ローストビーフ
義母の好きなビーフ、今年はパストラミシュゼットではなくローストビーフにしてみました。
青みやホースラディッシュ、ソースを添える前の写真です。(緑のものを添えないといまいちおいしそうじゃないですね)
鮒や海老を串に刺したのって甘いから、田作りの方が好きなんだけど、縁起物ってことで入れてます。

2021年 元旦 おせち いくら 栗鹿の子 数の子 酢ばす

栗かのこ
さつまいもは使わない、栗100%の栗鹿の子で育ってきたので、栗きんとん、つまり栗の入ったさつまいもペーストは人気がない我が家。
去年手違いで栗鹿の子が手に入らなかったので、今年は義母と私で手分けして、小布施堂の栗鹿の子と、生協の渋皮の栗鹿の子を手配しました。
ふたりで、これで安心、と言いました。
そのくらい、私も義母も栗鹿の子必須です。
かずのこ
義母が数の子すごく好きみたいです。
ここに盛り分け、のこりを器に。

2021年 元旦 おせち 昆布巻き いくら 酢ばす 松前漬け
松前漬け
今年は漬けました、って言っても、漬けだれまで付いていました。
鮭の昆布巻き
今年はニシン巻きと鮎巻きは買いませんでしたね。
いくらの醤油漬けは、今年は娘が買ってくれました。
酢ばすはお煮しめの蓮根と同じ佐賀のもので、小さい方を酢ばすにしました。

2021年 元旦 おせち
二段の器の上に、栗鹿の子、数の子、ロースハム、下の段に紅白なますを入れました。

2021年 元旦 おせち 鮭
焼き鮭
「赤いお魚」は必須なのです。

2021年 元旦 おせち ほたてお刺身
ほたてのお刺身まぐろは大晦日に食べちゃって、お正月は冷凍のほたてを解凍して。
義母がデパートの通販でほたて1kgをすき焼きのお肉といっしょに注文したのです。
2021年 元旦 おせち ずいき 比内地鶏

お雑煮
三浦大根、鶏もも、、梅花人参、ずいき、なぜか?シメジも入れました。
こってり好きの義母は比内地鶏スープで。
娘は鰹だしがいいというので、お雑煮の出汁は2種類用意して、具はいっしょ。
ずいき=芋がらは今年の里芋の収穫の時私が皮を剥いて干しておいたものをあく抜きして使いました。

2021年 元旦 おせち 奈良漬け

奈良漬けは叔父からお餅と一緒に送ってもらいました。
ありがたいです。


過去のお正月のおせちの記事

2020年 

2019年 

2018年 

2017年 

2016年 

2015年 

2014年 

2013年 

2012年 

2011年 

2010年 

2009年 

2008年 

2007年 
黒豆に飾る「ちょろぎ」も苗を買ってきてベランダで育てて梅酢に漬けて作っていました。

2006年 


一年の計は元旦にありと申しますが、計とか言う前に、朝、食べたあと、肩こりだったけどすぐに製図の仕事を始めました。

まずよく考えてからということでしょうけど、締め切りまで日にちもないのに、新型コロナウィルスの感染拡大でまたリモートワークになっちゃったりデイサービスを休むようだったら、また時間がなくなるので、少しでも先に進んでおきたいと思いました。

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

21:55  |  料理  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |