fc2ブログ

All archives    Admin

11月≪ 2021年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2021'12.31 (Fri)

2021年も終わり

年末年始、コロナ禍でなくても実家に帰れないので、また今年の終わりも同じように過ごしております。

毎年、年末というと、寒い&締め切り近い、で、年末の大掃除は寒くなる前までに終わらせてあります。

日々のお掃除も、お風呂掃除などは、今年一番のお助けグッズの「汚れ防止マスキングテープ」というものを貼って、シャンプーなどは「空中に浮かせる収納」にしてから、掃除しなくても汚れなくなり、楽になりました。
全く同じではないけど、こんな感じのものです。↓
  
もう一つのホームセンターで見つけたグッズ。
洗面所の蛇口のところ、手を洗うたびに水が下にたまっていやで、タオルを置いたり、スポンジを置いて吸わせてみたりしてたんですが、シリコーンカバーで長年の悩みが解決しました。

ただし、キッチンのほうは、距離が足りなくてカバーしきれず、それでも洗面所だけでも解決したのはよかったです。


それから、お正月用品はだいたい生協さんで予約したり、早めに買ったりしておきまして、寒い中、出歩かなくても済みました。

例年、手作りにこだわっていたおせちも、どうせ、作ってもありがたがられるわけでも、おいしいと言われるわけでもないんで、ひとまず黒豆は煮るのをやめました。

伊達巻きも、鬼すだれっていう巻きすがあるわりには近頃作る気力がないです。
おせちというのはあまり油を使いませんし、買ったものよりうちで作る方が塩気や甘み少なめにしますから、胃腸が丈夫な高齢者には物足りないようです。
買った、甘くてしょっぱい濃い味のものは、おいしい、そうです。
今年も一年を通して、私が作ったものでない市販のお惣菜においしい、と言って、「私が作ったのじゃないから」というやり取りが何度あったことか。

というわけで、まあ、おいしいと言われなくても、出汁のきいた塩味薄めの味付けでおせち作りました。

今年も畑を借りていろいろとれましたが、例年、聖護院蕪の千枚漬けを買うところ、買わないで自分で漬けることに。
大根もいつも三浦大根を買うところ、青首大根ではありますが、うちでとれたものを使いました。

里芋もとれたので、昨日は六方に剥いて煮ました。

こういうとき、やっぱり切れる包丁があると、作ってても苦ではないですね。
道具って大事です。

刺しゅうでも先のとがった反り刃のはさみをクロスステッチで使うのがお気に入りなのですが、この前、なぜか部屋の中で行方不明になり、ほかのはさみを使ったら、×にはさみの先が入らず、なんか楽しくない・・・。

ゲーゾル GOSOL(独)キューティクルシザー(甘皮ハサミ) 先反、先尖 角型グリップ【郵パケット便送料無料】

2022年も「道具」についてはこだわっていきます。


さて、刺しゅうが仕事になって長いので、こんなことが起きたら締め切りが間に合わなくなるぞ!というのがわかってきてます。
だから、いっぱいいっぱいで仕事を引き受けると、ちょっとした手違いで、作業が予定より遅れ、最後は寝ないで仕上げる、みたいなことがあります。
そうならないように、そうなっても大丈夫なように、悪い方になった時でも対処できるよう計画を立てられるようになったのはつい最近です。

今年は自治会の当番になってまして、年始のあいさつポスターの仕事もまわってきました。
一人でやるわけではないはずで、年間の予定表にも誰と誰がと書き込まれているのに、え~私もやることになってたんですか~と言われてしまいました。
私なんか、気になってしょうがなくて、何か月も前からイラストの候補を選んだりしてたんですよ。

結局私一人でやることになったんですが、イラストを入れたりとかしなくちゃいけなくて、時計を気にしながら仕事もしながらの作業。
でも、その限られた時間で何とかしなきゃということで、なんか前よりうまく使いこなせるようになりました。
災い転じて、修行、しました。


修行と言えば、忙しさでパソコン作業やクロスステッチ、楽しいからってビーズ刺しゅうなどに時間を使っていると、ちょっと難しい類の刺しゅうの腕が落ちてきてしまいます。

たとえば、カウントステッチなら、刺す位置は決まっているんだけど、フリーステッチの仲間、とくに、カットワークやほんとのフランス刺繍(白糸でぷっくり刺すサテンステッチなど)手と目で、糸を刺す位置、つまり糸の間隔とか、やらないでいると勘が鈍るのですよね。
こちらも修行続けたいと思います。


オワコンと言われて久しいブログですが、今年もインスタグラムだけでなくブログのほうも読んでいただいてありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

10:56  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'12.28 (Tue)

縮緬の袱紗から数寄屋袋っぽいのを作ってみた

旅行に出掛けなくても、外食を何年もしなくても、人と話さない日が続いてもたいして問題のない私です。やりたいことも、意欲も、あります。が、平日でも休日でも、...
小さい数寄屋袋っぽいのを作ってみた


ずいぶん前でしたが、前に小さい数寄屋袋を作った話を書きました。
これは、縮緬の小風呂敷というか袱紗というか、真四角の縮緬(正絹)ちりめんがたくさんあって、何かにしたいという生徒さんからのリクエストでやりました。

刺しゅう教室といっても、仕立てやお直しなど縫い物関係ならいっしょに習えるという刺しゅう教室です。
だから、そういうものを活かして何かを作るという提案もしています。

ひとまず、この縮緬、昔のもので、今じゃ手に入らないような肉厚で上等なものでしたから、できるだけ使い切る方向で、数寄屋袋風のものを提案しました。
これが作れれば、ほかの生地でも刺しゅうなどして同じように形にできますからね。
数寄屋袋風小物入れ

私としてもリサイクルの着物などを材料として買っちゃいまして、日本刺繍などしてあるのはお手本として眺めていたいと同時に日ごろから使える何かにしたいと思ってました。

とても素敵な刺繍してある着物なのに、目立つところにシミがあったりして材料として売ってるのたくさんあるんですよ。
特にコロナ禍で、出かけないから着物を着ない→手放す、家にいるから袖を通さないものは処分する、といったことがあるんでしょうね。

ちょうどいいところにあるシミなら何かで隠して着ることはできても、唐突に目立つところにあるシミとか、日やけとかは、仕立て直したり染め直したりしないと着られないわけです。
着るための着物は十分あるから買わないと決めていても、その日本刺繍の部分に惹かれるといった場合、小物として活かして持ちたいということで、買うことがあります。

写真の日本刺繍もお手本ということで、時々眺めていました。
ちょうどマスクとか入れるのによい大きさ。
蓋側には使えない大きさの刺しゅうだったので、背側に。
裏地は着物をほどいて洗った八掛を使っています。

後ろの大きいのは木綿の風呂敷でした。
木綿なんだけど、裏はやっぱり絹を使ってます。
A4より大きいので、本を入れて運ぶときとか、A4のクリアファイルまとめて入れるのに使ってます。

クリーム色は生徒さんにいただいた袱紗で、昔のしぼの大きな肉厚の縮緬です。

ピンクのは材料として売られていた色無地をほどいて洗ったもので、裏地には正絹の長襦袢の生地見本を使っています。
生地見本て、30センチくらいのをはぎれなので、こういうときに便利に使えます。

ジッパー付きのフリーザーバッグなど、透明で軽くて便利で、なんにでも使えるけど、バッグからこういう絹の袋物出てきたら、大人な感じでよいですよね。
大人?、いや、十分、歳だけはいってるわけだから、エレガントに見える、とでも言えばいいんでしょうか。
正絹というのはすごいですよね。
つくるのが簡単な割には持っているだけでちょっと上品に見えそうな袋物ができました。

ほんとの数寄屋袋は作るのがちょっとたいへんですけど、こちらは数寄屋袋風ということなので、気軽に作れます。

そういえば、着物の定期刊行誌「七緒」でもVOL.57だったか、なんちゃって数寄屋袋という呼び方でしたが、作り方載ってました。
御朱印帳入れに、なんて書いてありました。
絹の袋から取り出す様子を想像するだけで、たしかにいいなあと思いました。



テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

22:10  |  kimono 小物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'12.27 (Mon)

Whitework Inspirations


140ページ 図案別紙2枚
Search Press 2020年4月14日:発売
Inspirations Studio :著
英語

オーストラリアの出版社が出しているInspirationsという刺しゅう雑誌からの選りすぐりの8点がまとめられた本。

白い刺しゅうにはいろいろな技法があり、カットワーク、ハーダンガー、ヒーダボー、シュヴァルム、シャドーワーク、マウントメリック刺繍など載っています。

巻末にポケットが付いていてい2枚の大きな図案の紙が入っています。

技法については、同じ出版社のこちら A~Z OF Whitework ★ にまとめて載ってますので、それも参考にするといいと思います。

各技法の作品とその特徴的なステッチが、各章ごと。
98ページからは共通のステッチの基礎が載っています。
これは、写真で段階ごとに写真を撮ってわかりやすく説明していますので、A~Z OF Whiteworkを持っていなくてもわかるようになっています。

巻末の大きな紙にも図案や型紙以外に作り方なども載っていて、図解でわかりやすくなっています。

個人的にはこちらのSusan O'Connor さんの本Monograms: The Art of Embroidered Letters★が大好きなので、掲載のカットワークの作品も好きですね。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

22:04  |  Booksフランス以外の刺繍  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'12.25 (Sat)

こもりきり生活

2008年。
13年も前のですね。
2007年から作っていたと思います。
クリスマス2008
Chart : DE FIL EN AIGUILLE 02DEC No.28
fablic: Linen 28ct
Thread: DMC

これを見てふと思い出したことがあります。

まだ子どもが小さいころ、まあいろいろと縫っていたのですが、いまどき、縫う?買えばいいじゃない?とよく言われてました。
近頃はほんとに、縫うより、材料より、買った方が安いなんてこともあります。

料理もお菓子もパン作りも同じ。
どこのお店はおいしい、買えるのにわざわざ作るなんて~、外食しないの?と外食好きの人の話にはついていけなかったな~。

上の写真は完成が2008年となってます。
このころは、手作りの話ができるのはネットの中だけでした。

近頃は、刺しゅうする人は増えたのかな?


外食などで出かけないし、縫い物をはじめとして、ものを作ることに時間をかけるということは、そんなにお出かけしないといういことでもありました。

水疱瘡くらい移りやすいのがデルタ株、と聞いてびくびくしてたのに、オミクロン株はさらに移りやすいのではとも言われて、やっぱり出かけなくなってます。

そういえば、水疱瘡は、身近な人が電車で、なんか様子がおかしいなと思った人がいて、でもそこしか空いてないし座っちゃおうと隣に座った後、水疱瘡が移った気がする、と聞きました。
うちの子が幼稚園でかかった時は、病院では車のほうに先生が来てくれたくらい、ほかの患者さんのそばに行っちゃいけないという話でした。
(予防接種はしていたけどやっぱりかかりました)

今はまとまった時間出掛けられるとしたら基本的に義母がデイサービスを利用する5時間程度が週2回、しかありません。

義母はこの前もストーブをつけっぱなしで(エアコンもあるのですが)出かけてしまいましたし、電気毛布やTVをつけっぱなし、というのもありました。
義母を一人にしておけないので、私は家にいなくてはいけません。

それでも、「う~、どこかに出かけたい!」という気にならないのは、糸や布を触ってるせいかなと思いました。


今年こそクリスマス物を8月から始めよう、とか、刺し掛けを完成させようとか思ってましたが、やっぱり今年も仕事の刺しゅうばかりで、クリスマス物は計画もできませんでした。

友人にお礼作らなくちゃと言っていたのも、いろいろ重なっちゃってまだやってなくて、締め切りまでに間に合わせるべく、仕事優先です。

このクリスマスのクロスステッチを見ると、来年こそはと、毎年思うのです。
ほんとに来年こそは、なにかクリスマス物、新しく完成させたいものです。



テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

11:30  |  クロスステッチ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2021'12.19 (Sun)

Jill Carter :著HARDANGER EMBROIDERY



Batsford Ltd 2000年1月:発行 (1999年と書かれているサイトもあるのですが本の中に2000年発行と書かれています)
Jill Carter :著
英語

小さい作品がとても素敵な本です。
ハーダンガーの本はいろいろ出ていますが、大きい作品でこの技法の良さを見せてくれる本は多いものの、小さい作品でステキなものが載ってるのは意外と少ないように感じていました。

大きいのをドーンと見せられてステキ!って思うのは当たり前なんだけど、小さい作品になると、簡単にできるからと言ってこれつくるのもどうかなあ、っていうことがあります。

古い本ではありますが、これはなかなかよかったです。
何しろ初心者にもわかりやすく説明も丁寧だし、20作品ほど載っていて、どの写真も図も見やすいです。

ハードカバーとペーパーバックがあり、なぜかいつもお値段はペーパーバックのほうが高い状態が続いています。
中古品なので、値段が上がったり下がったりします。
様子を見ながら、予算の範囲内になったら買うのがいいかなと思ってます。



テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

22:00  |  Booksフランス以外の刺繍  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'12.18 (Sat)

和装で困ること③足袋の洗い方

和装で困ること、着始めるといろいろ出てくると思うんです。
最初はよくわからないし、こんなものなのかなあと疑問に思わなかったりしてたのに、ちょっと慣れたら、気になってきます。

そんな和装で困ることシリーズ。

・・・のまえに、NHKの趣味どきっ! では、「自分流にはじめよう! 日々、キモノ暮らし」というのを放送中。

紀伊国屋書店→NHKテキスト NHK趣味どきっ! 2021年12月-202 自分流にはじめよう!日々、キモノ暮らし

楽天ブックス→自分流にはじめよう! 日々、キモノ暮らし (趣味どきっ!) [ 石田 節子 ]

いろんな方のいろんなお話を聞くことはとても勉強になります。

自分は仕立て直しにお金をかけられるとか、介護でめったに出かけられるわけでもないので、「趣味どきっ!」のような楽しみ方を真似しようにもそうはいきません。
なにかヒントを得られるといいなとおもって見ています。


着物関係の本を買っても、着物をたくさん持っていたり、たくさん譲り受けた、着丈が足りない、裄が足りない、仕立て直す、というのはよく書かれています。

それらは、わたしにはほぼないです。
リサイクルのものは私サイズのが未使用品で結構見つかり、そこそこ気に入ったものが買えます。
(小柄で受けた唯一の恩恵)

これ以上増えても収納するところがないのでいただかないようにしてます。
あつらえたものは太ることを見越して仕立てていたのか今ぴったりで、それほど着てもいないから仕立て直しもしないです。

先日、成人式の振袖を祖母、母、と受け継いで3代目、というのを聞きました。
素晴らしいお話ですね。
3代で着られるなら、「趣味どきっ!」も参考になる部分が多いかと思います。
第1回の放送でもおじいさまやおばあさまの着物を仕立て直すお話もありました。

着物の本というのはほかにも、いかり肩、首が短い、胸が大きい、くびれが大きい、など体形による対処法も書かれています。
それもまた、着物向きななで肩の寸胴な体形なので、私に不要な情報なんですよね。

長着や帯のような見えるところのことはいろいろ書いてあっても、長襦袢のこととかは、あまり書かれてはいません。
それでも、参考になることは必ずどこかにあって、本を読んでるとへ~、とか、ふ~ん、とか、思うことも多いです。

だから、私にとっては、七緒が知りたいことが多くてわりと好きですね。


紀伊国屋書店→七緒 〈vol.68〉 - 着物からはじまる暮らし 特集:おしゃれのヒント、あります「映画の着物」研究/名店に太

楽天ブックス→七緒(vol.68) 着物からはじまる暮らし 特集:おしゃれのヒント、あります「映画の着物」研究/名店に太 (プレジデントムック)


さて、本題。

本にはお洗濯とかのことも書いてありますよね。
足袋など、毎日履く人、ほぼ汚れない人、汚れるくらい歩く人、さまざまです。

すぐ洗う、ごしごし洗う、履いたままこすりつけて洗う、などいろいろ。
綿や麻が100%とポリエステルなどのでも、汚れの落ち具合、洗剤液の温度、また違いますね。

というわけで、私の場合は・・・

①熱めのお湯をバケツに入れ、純粉石けんを入れ、よくとかす。
純粉石けんを使っているのは、絹の半襟も洗えちゃうからで、足袋だけの時は石鹸を付けて一晩おく、というのもあります。

②綿か麻100%なら、熱いうちに入れて一晩おく。ポリエステルやナイロンの化繊の足袋カバーなどはある程度冷めてから入れる。
汚れのひどいときは固形石鹸を付けておくことも。

③汚れのひどい部分は馬の毛のブラシでたたいたり、こすったりする。
手洗いするか、洗濯機で白いものだけ洗うときにネットに入れて一緒に洗う。

④糊付けをしてから、バスタオルに挟んでざっと水気をとる。しわを伸ばすように手で引っ張る。手を中に入れて指を伸ばし、しわをとる。

⑤つま先のほうではなく、足首のこはぜで隠れてしまう部分をつまんでピンチハンガーに干す。

とまあ、書けばこんな普通のことですけど、いちおう、自分の中では理由があってそうしてます。

石鹸は汚れ落ちがよい。
こすり洗いをして傷めないよう、時間で汚れを落とす。
アイロンはかけたくないから、しわにならないように干す。

履いたまま足袋の裏をごしごしこすりつけるとか、すぐ洗濯機に入れるとか、アイロンをかけるとか、いろんな方法があるようです。

私は、白足袋しか持っていない、たまにしか履かない、時間はかかっても手を使いたくはない(持病で手が痛いから)ということで、いまはこんな洗い方になってます。


テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

14:42  |  kimono 手入れ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'12.15 (Wed)

アトリエFilさんの「すてきにハンドメイド」にご出演は明日

ステッチイデーvol.35&すてきにハンドメイド12月号&HEDEBOの新刊で書きましたように、16日、アトリエFilさんがNHK 「すてきにハンドメイド」にご出演。

オリーブをスタンプワークで作られています。
ずっと前から楽しみにしていて、今回の作品が表紙になっているテキストも買いました。
みなさまも、ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

すてきにハンドメイド

立体刺しゅうで作る オリーブのブローチ



紀伊国屋書店→NHK すてきにハンドメイド (2021年12月号)

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

17:31  |  アトリエFilさんの本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'12.11 (Sat)

佐藤ちひろさんの新刊 HEDEBO

ステッチイデーは創刊から17年間、年2回発行でしたが、今年から年3回の発行です。9月にVOL.34が出たばかりですし、年3回発行
ステッチイデーvol.35&すてきにハンドメイド12月号&HEDEBOの新刊



11月に、早々に予約してあると書きました。


紀伊国屋書店→HEDEBO―デンマーク伝統の白糸刺繍

楽天ブックス→HEDEBOデンマーク伝統の白糸刺繍 [ 佐藤 ちひろ ]

128ページ
日本ヴォーグ社 2021年12月10日:発売
佐藤ちひろ:著
日本語

佐藤ちひろさんの本は、だいたいいつも新刊が出ると買っていますが、どれもずっと手元に置いておきたい、時々手に取って眺めたくなる本です。
だからこの本も、中身はアマゾンでちらっと見ただけでしたが、予約して買いました。

よいなあとおもったのは、ボッケンのリネン糸を使った作品と、糸についての説明も載っていることです。
作品にコットンアブローダーを使っている本はあっても、リネン糸で刺してある作品の本はあまり見たことがありませんでした。
この太さだとこんな作品が、というのが見られるのはいいですね。

私も、たしか、50/2だったか、買って練習しようと思ったんですけど、けっこう、お値段するものですから、大事にとっといたりなんかしちゃって、そのままにになってるんです。
(代わりにコットンアブローダーで練習したけど、もしかして計算したらボッケンのリネン糸も巻きなわけで、それほど高くないのかもしれません)

いや~、この本見たら、ほかの太さの糸も少し買って小さいものからやってみたくなりました。

この頃、コットンアブローダーを使うことも多くて慣れてきているけど、ボッケンのリネン糸でもやって、その良さを確認したいです。

本の作品は、表紙でもわかるように写真も鮮明で、著者の技術の高さが伝わってきます。
全体像を見せるために刺しゅうしてある部分を見たいのに小さくなっちゃって、というばあいは、部分的に拡大してあるのもいいです。
読者が見たい部分は大きく写真、というのは、著者の過去の本でも見られてとてもよいと思ってましたが、出版社が違ってもそこはしっかり一貫してるところもいいですね。

特に今回のこの本は、刺し方の基礎部分で、その段階ごとに写真でしっかり説明しています。
カラーで、図も併用しながらの説明となっており、非常にわかりやすいです。

そして、いつも思うのが、その洗練されたデザインと、どんなアイテムにどのように刺しゅうするか、というのがとてもすてきで、見ていて飽きないですね。

本の仕様としては、巻末に別冊図案とサンプル集というのが付いていて、切り離せるようになってます。

図案など本そのままだと小さくて見えにくいから、拡大コピーなどして手元に置いて見ようと思うと、厚い本だとコピーがゆがんでしまったりします。
別冊になっているとしっかり開けますし、図案を写すのにも平らになって楽ですよね。

著者のほかの本でもまた違った小冊子の別冊や、図案を写すのが楽な仕掛けがあって、いいなあと思ってましたが、今回も親切ですね。

白糸刺しゅうは人気なのか、和書でもいろんな本が出ていますけど、いろんな点で、この本はとくにおすすめです。


ところで、ステッチイデーは今年から年3回の発行です。
気が付かれない方も多いかもしれませんので、また載せておきます。

ステッチイデーvol.35 は特別号ということで、いつもとちょっと違って、青木和子先生のカレンダーもついてますし、いろんな技法の基礎が載ってますよ。


紀伊国屋書店→ステッチイデー  35

楽天ブックス→ステッチイデー(vol.35特別号) (Heart Warming Life Series)

そして、私の本、ネットの本屋さんを見ていると、年末年始は、入荷が休み明けになってしまうからなのか、在庫なしになっていることがありました。
出版されてしばらくたった本なのでたくさんは在庫を持たないんでしょうか。

在庫なしで定価以上で買わないようにお気を付けください。
会社が始まれば入ってくるのですから。
急がず、その分、材料を買った方がいいですよね。



紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

15:48  |  刺しゅうの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'12.08 (Wed)

ステッチイデーvol.35特別号本日発売 額とパネル

写真入れる前にアップしてしまったので、再びの投稿です。

ステッチイデーはいままで年2回発行でしたが、今年から年3回の発売です。9月...
ステッチイデーvol.35特別号見本誌いただきました


ステッチイデーvol.35 特別号はアマゾンで内容写真が見られ、私のパネルと額も見られます


紀伊国屋書店→ステッチイデー  35

楽天ブックス→ステッチイデー(vol.35特別号) (Heart Warming Life Series)

私のレッスンページは作品を新しくして、仕立ては前に書いたようにVOL.24のときの内容と同じです。
アーカイブスって書いてありました。

VOL.24と同じように一つはクロスステッチ、もう一つはフリーステッチにしてみました。
同じデザインにはならないけど、できるだけ同じように、そして、それぞれの技法が活かせるように考えてみました。

というわけで、フリーステッチではサテンステッチで、つやっつやの花弁を表現してみましたよ。
光が当たるとわかりやすいでしょうか。
ステッチイデー 35 レッスンページ 額 パネル
クロスステッチとフリーステッチで、額とパネルにしました。
真四角の額とパネルは意外と売ってないようですが、イデーの通販では買えますよ。

ステッチイデー 35 レッスンページ 額 パネル

サテンステッチに限らず、フリーステッチにもクロスステッチにもいろいろコツがあります。
私の本では、合理的なやり方を優先して書いてます。
無駄な動きをしたくなかったり、糸や布を無駄にしたくなかったり、時間も無駄にしたくないので、そういうコツなどを書いています。
刺しゅうの基礎
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

セブンネットショッピングはじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎 

とくに、リネンの刺し方についてはVeronique Engingeさんのデザインがきれいに刺せるようにと思って書いたので、参考にしていただけると嬉しいです。

Veronique Engingeさんのデザインをはじめとするフランスのクロスステッチ日本語版シリーズは、今年何タイトルもまとめて増刷されました。

この頃、友人に送ろうと思って、ネットの本屋さんで買って送ってしまおうと見たら、在庫なしになってました。
人気なのでしょうがないですね。
待ちきれないという方も、本屋さんで取り寄せしてもらったり、あわてずに、定価でお買い求めください。

スイーツのクロスステッチ from Paris 42種のモチーフでつくるかわいい小物と雑貨 大型本 – 2012/7/6 発売(

↑アマゾン

楽天ブックス→スイーツのクロスステッチfrom Paris

紀伊國屋書店→スイーツのクロスステッチ from Paris―42種のモチーフでつくるかわいい小物と雑貨

パリのアルファベットのクロスステッチ 380点のモチーフと小物の楽しいハーモニー 大型本 – 2013/8/6発売 (


フランスの庭とお花のクロスステッチ 250点のモチーフが織りなす四季の楽しみ 大型本 – 2014/4/7発売(


これ以降、私もこのシリーズに関わるようになりました。
パリのお店屋さんのクロスステッチ 記事はこちら


紀伊國屋書店→パリのお店屋さんのクロスステッチ - 480点のモチーフで楽しむお店めぐり

楽天ブックス→パリのお店屋さんのクロスステッチ [ ヴェロニク・アンジ...

パリのビスコーニュのクロスステッチ 記事はこちら

紀伊國屋書店→パリのビスコーニュのクロスステッチ

楽天ブックス→パリのビスコーニュのクロスステッチ [ オーレル ]

パリのアトリエで綴るクロスステッチ 記事はこちら


紀伊国屋書店→パリのアトリエで綴るクロスステッチ - 260点のモチーフで楽しむ季節の移ろい

楽天ブックス→パリのアトリエで綴るクロスステッチ [ ヴェロニク・アンジャンジェ ]

おとぎ話のクロスステッチ from Paris 記事はこちら
おとぎ話のクロスステッチ
紀伊國屋書店→おとぎ話のクロスステッチfromPari

楽天ブックス→おとぎ話のクロスステッチfrom Paris 270点のモチーフで楽しむノスタルジー [ ヴェロニク・アンジャンジェ ]

フランスのノエルでときめくクロスステッチ 記事はこちら
フランスのノエルでときめくクロスステッチ 表紙

紀伊國屋書店→フランスのノエルでときめくクロスステッチ - 250点のモチーフがかわいい魅惑の世界

楽天ブックス→フランスのノエルでときめくクロスステッチ 250点のモチーフがかわいい魅惑の世界 [ ヴェロニク・アンジャンジェ ]


テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

05:32  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'12.07 (Tue)

ベルベットを縫うのが得意なミシンの下針の話

先日お知らせした、12月8日発売のステッチイデーVOL.35に掲載していただいた作品は・・・
ベルベットが縫いやすいミシンだったはずが


先日の続き、下針という、ほぼベルベットを縫うときにしか使わない針もちゃんと付きましたし、よかった、よかった、というおはなし。

ブラザー brother 627 ヌーベルクチュール スペシャル
下針というのはここから出てきます。
普通地・厚地や薄地の時はこの針は出てきません。

うっかりで、押さえに傷が付くのも、もう替えがないかもしれない下針をダメにするのもいやですし、ベルベットってそんなに縫うわけではないので、下針は普段は外しておいて、必要な時に付ければいいかなと思ってました。

だから長い間、本体から外した状態にしておいたので、付け方も忘れちゃってました。

今でも針は手に入るのでしょうか。
と、消耗品ということで探してみましたが、見つからなかったので、大事にしないといけませんね。

ほんとに短い針で、ピンセットなどでつまむと、ぴょんと飛んでしまいますから、付けはずしに使うゴムと短い針が入っています。
ブラザー brother 627 ヌーベルクチュール スペシャル

このミシンの説明書を見ると、付いている押えは左の青の矢印のもののように、下針が出ても当たらないものになっています。
ブラザー brother 627 ヌーベルクチュール スペシャル

また、付属のコンシール押えなども間違って下針が出ても当たらない後ろが出ていない形なので使えます。
今回はそれを使いました。

写真の黄色の矢印のような、写真のステッチ用押えや、ほかにも段付押えなど後から買った押えは、形をよく見てそういうのが付いているときは間違ってレバーをベルベットにしないようにします。

コンシールファスナーの付け方には大きく分けて二通りあります。
今回はベルベットワンピースで長い距離、背中のカーブがあったので、こちらの本で紹介したやり方で付けています。
初心者だったり、扱いにくい布の場合はこちらのやり方が安心です。

ファスナーの本 

スカートの後ろあきのようにまっすぐだったり短かったりと簡単な場合は、こちらの縫い方がおすすめです。

工夫されたあきの縫い方 (合理的なテクニックを写真で学ぶ)

先日お知らせした、12月8日発売のステッチイデーVOL.35に掲載していただいた作品は、テープやタッカーで留めるような仕立てでミシンの利用はありませんでした。
縫って作り上げるのと、糊やテープで作り上げるのでは、やはり縫う方が好きですね。

こんな仕立てが知りたいというのをアンケートでいただけるとありがたいです。
Webやはがきでプレゼントが当たりますので、ぜひその際にご一緒に。

ステッチイデーvol.35 特別号


紀伊国屋書店→ステッチイデー  35

楽天ブックス→ステッチイデー(vol.35特別号) (Heart Warming Life Series)

こちらもいろんな技法の基礎やコツが書かれているので、よろしく願いします。


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
17:46  |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021'12.05 (Sun)

ベルベットが縫いやすいミシンだったはずが

先日お知らせした、12月8日発売のステッチイデーVOL.35に掲載していただいた作品は8月に作りました。
今年から年3回発行になりまして、春には秋の、夏には冬の、そして、冬には春の作品を作ることになりました。

夏に見ても冬に見てもいいなあと思うデザインがしたくて、VOL.35ではブルーグレーを使って、夏には涼しく見えて、冬には冬の雰囲気もするものを考えたんですよ。

ステッチイデーvol.35 特別号はアマゾンで内容写真が見られ、私のパネルと額も見られます


紀伊国屋書店→ステッチイデー  35

楽天ブックス→ステッチイデー(vol.35特別号) (Heart Warming Life Series)

こちらも一緒によろしく願いします。


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]

さて、本が並ぶのが通年であることを考えるように、お祝い事に着るものも、素材はできるだけどの季節でも着られるといいなと考えます。
毎年着るとかではないですからね。

お祝いの生地の中でもベルベットは季節を選ぶ生地でしょう。
真冬のお祝い事向きな気がします。
近頃の気候だと、着られる期間が短くなってしまったように思います。

昔のベルベットはシルクだったそうですが、そこまで上質でなくても、お祝い事や式に着て行って品があるし格もあって、ベルベットはよいと思います。

冬でも室内など暑く感じられることも多くなりましたが、レーヨンのベルベットにレーヨンの裏地のものはほどほどに暖かく、ポリエステルのような静電気も起きなくて着やすいです。(とにかく静電気が嫌いなもので)

私の職業用ミシンは30年以上使っていて古いんですけど、薄地を縫うのが得意。
そして、薄地やベルベットを縫うために送り歯を変えられるレバーが付いています。
ブラザー brother 627 ヌーベルクチュール スペシャル

ベルベットは縫いずれしやすいので、、このミシンには、押えの圧を低くするのに「ベルベット」という、文字が入っていたり、送り歯の高さを下げるのと同時に下から針が出て送りやすくできるようになっています。

じつはベルベットを縫うのが久しぶりで、いつも普通地・厚地に設定している送り歯上下調節のレバーが動かなくなっていました。
底板を外しました。

ここは説明書によると油をさす場所ではないのですが、本格的に固まってしまっていたので、少々の油をさして時間を置きました。
それでなんとか動くようになりました。

普通地・厚地の時
ブラザー brother 627 ヌーベルクチュール スペシャル
薄地の時
ブラザー brother 627 ヌーベルクチュール スペシャル
ベルベットの時
ブラザー brother 627 ヌーベルクチュール スペシャル

せっかく、ベルベットを縫うためのミシンがあるのにいざベルベットを縫おうとしたら動かなかったわけで、それが解決したのです。
こういうのは、達成感というか、かなり地味な成功だけど感動です。

下針の話はまた後日。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

22:24  |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2021'12.03 (Fri)

ステッチイデーvol.35特別号見本誌いただきました

ステッチイデーはいままで年2回発行でしたが、今年から年3回の発売です。9月にVOL.34が出たばかりですし、年3回発行に気が付かれない方も多いのでは?もう予約が始まっています。ステッチイデーvol.35 特別号 特別号ってことで、ステッチ別に特集があるそうです。【あらためて基本に立ち戻ることもできる保存版です。】とのこと。VOL.34の発売の前にVOL.35の作品を提出しておりました。私は、額とパネルの仕立て方のレッスン...
ステッチイデーvol.35&すてきにハンドメイド12月号&HEDEBOの新刊



12月8日発売のステッチイデーVol.35。
見本誌いただきました。

左の小さな写真が掲載の作品です。
ステッチイデーVOL.35 額 パネル

アマゾンでは掲載ページが大きくみられるので、よろしかったらそちらをご覧ください。
ステッチイデーvol.35 特別号


紀伊国屋書店→ステッチイデー  35

楽天ブックス→ステッチイデー(vol.35特別号) (Heart Warming Life Series)

発売になりましたら、もう少し大きな写真もアップしようかと思います。

同じデザインをクロスステッチとフリーステッチで刺し、額とパネル仕立てにしてあります。

この号は特別号で、17年間年2回発行だったものが、今年から年3回発行になり、VOL.34がでないうちに、VOL.35の作品を作っていました。
編集部の方もさぞかし大変だったことでしょう。

で、特別号ということで、青木和子先生の2022年の刺しゅうのカレンダーがカラー印刷の実物大図案といっしょについてます。
なんというお得感!

それから、いろんな技法の知識やコツがまとめてあって、保存版としての1冊となっております。


ついでと言ってはなんですが、私の本「はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎」も、フリーステッチ、クロスステッチ、リボン刺しゅう、ビーズ・スパングル刺しゅう、アップリケ、と、服飾手芸の基礎について書いてあります。

特にリネンに刺すクロスステッチについては、個人的に深くはまっておりますので、ほかではあまり書かれないようなコツも書いておきました。
先日もそんな話をしてたんですが、要するに大好きなVeronique Enginge(ヴェロニク アンジャンジエ)さんのデザインはほとんどリネンに刺すので、それがうまく刺せるようになるにはどうするか、というのを自分でまとめたのですね。

ステッチイデーVOL.35と一緒に保存版にしていただけるとうれしいです。



紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

15:28  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |