fc2ブログ

All archives    Admin

05月≪ 2022年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2022'06.25 (Sat)

フランスの自然をいろどるクロスステッチ 予約始まりました



楽天ブックス→フランスの自然をいろどるクロスステッチ 色あざやかな山の風景と野菜のモチーフ350点 [ ヴェロニク・アンジャンジェ ]

紀伊国屋書店→フランスの自然をいろどるクロスステッチ - 色あざやかな山の風景と野菜のモチーフ350点

←アマゾン

120ページ
グラフィック社 2022年7月8日 発売予定
ヴェロニク アンジャンジエ:著
日本語

Veronique Engingeさんの本を2冊を1冊にまとめた日本語版。
「フランスの自然をいろどるクロスステッチ 色あざやかな山の風景と野菜のモチーフ350点」は7月8日発売予定です。

予約始まりました。

いつも見つけた間違いを直してから日本語版を作っていますが、それでもたまにあとから間違いが見つかっちゃったりして、このブログでも報告させていただいてます。
今回の本も私がチャートを全部チェックして間違いをたっくさん見つけて直しておきました。


野菜の本のほうは、すでに原著を購入済みでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、ヴェロニクさんが売るためのデザインを起こしたというわけでなく、ご自分のために書き溜めた野菜の水彩画がもとになっているそうです。

だから、できあがるとほんとに水彩画が描かれてるように仕上がります。
そういう点で、いつものとはちょっとちがったクロスステッチです。
野菜はフランスのお野菜だったり、植物だったり、フランスの香りが漂ってきそうな雰囲気ですよ。

山の風景がたくさんの方は、クリスマスのもあるので、皆さん7月ごろからクリスマスに向けた作品を何にするかわくわくしながら探してらっしゃると思いますので、ちょうどいい時期かと思います。






昨年8月にフランスで発売されたMontagne au fil des saisons à broder au point de croixとこちらの2018年2月に発売の本↓の合本になっています。


だから、こんなにたくさんの図案が載っています。
うまく入れてもらって、2冊分を1冊にしたのにすべてのデザインを載せていますよ。


巻末にはリネンに刺すときの刺し方のコツも載せています。

私の本はVeronique Engingeさんのデザインをリネンに刺すにはどうするか、というのを念頭に置いて書きましたので、ぜひ、こちらの本↓も参考になさってください。

こちらもどうぞよろしくお願いします。

刺しゅうの基礎
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

セブンネットショッピングはじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎 

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

10:34  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2022'06.24 (Fri)

オートクチュール刺繍のきらめき リュネビル針でつくるアートなアクセサリー

ときどきビーズやスパングルを買っている「小さな手芸屋さん」。
そのオーナーの著書です。

いつもネットで買っているので、新宿のオカダヤで4月にビーズ等のコーナーが期間限定でできていて、行く気満々だったのですが、仕事と介護とでやっぱり行けそうになくて、がっかりしていました。

材料を売るだけでなく、いろいろなものを作られて、お店のHPで紹介されていて、それを見るのも楽しみの一つでした。
本を執筆中とは読んでいて知っていたのですが、いよいよ発行だそうです。

手芸本がたくさん置かれてる本屋さんにはとうてい行けそうもないので、予約です。
7月15日発売予定とのこと、たのしみです。



楽天ブックス→オートクチュール刺繍のきらめき リュネビル針でつくるアートなアクセサリー [ フィロザ美南 ]

紀伊国屋書店→オートクチュール刺繍のきらめき - リュネビル針でつくるアートなアクセサリー

←アマゾン

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

08:13  |  Books 刺しゅうの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2022'06.23 (Thu)

ダニ取りシートの交換

気がついたら桜は葉っぱばかりになっていたり、大掃除をしないうちに梅雨に入っていました。
ほんとは大掃除を梅雨に入る前にやりたかったんだけど、なんだかんだと先延ばしにしていて、とうとう梅雨になっておりました。

洗える布団、ダニの入っていかないお布団にはじまり、ダニが通らないお布団カバーだのまあ、いろいろ、よいと言われるのはためしてみていたんです。
それでも近頃はこれもいいということで、においの少ないのを選んでます。

生協さんでは、いくつかのダニ取りシートを買ってみました。
どれがよいかというのは正直わからないです。

だから、判断基準は、シートのにおい。
ダニ取りのためなのに本人がダニ取りシートのにおいでいやな気分になるのも困りますし。

以前、よく売れてますって書いてあったから注文したら、甘い匂いが強すぎて・・・というのがありました。

いま定期的に買っているのは、気にならない程度なので、押し入れの中にも使っています。

ダニの繁殖時期は梅雨時とのことですが、3か月で交換ということなので、9月になったら忘れず取り替えたいと思います。



テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

14:49  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2022'06.22 (Wed)

30cm方眼定規:古いの新しいの別のメーカーの&壊れてもまだ

また、壊れたものの話です。
道具も,、それを使ってる人間もガタが来てるんでは?と思ってる方、当たってます。

睡眠時間も、食事をとる時間も、お風呂に入る時間も削って頑張っていた4月、5月。
他に削れるものはないかと思いながらの毎日でした。

手抜き料理は許されないので、手間抜き料理で保温鍋を活用して煮込み料理や蒸し料理。
バターや揚げ物、中華好きな義母は、煮物や蒸し料理だと不満そうなので、味変で対応。

6月になって、関東は梅雨入り。
天気が悪いと頭痛になるというのに、床掃除とトイレ掃除ばかりしなくてはいけなくて、頭を下げるたびにズキズキします。
過去の切り傷も傷みますし、やっぱり気圧が低くなるとき、雨の日、いやですね。

天気痛という名前がやっと世間に広まってきて、怠け者だからではないと、だんだん知られてきてよかったです。


さて、そのとくに忙しかった間、ほぼ毎日使っていた道具の一つがこの30cm方眼定規でした。

今まで使ってた定規、古いものは30年もの。
割れたり欠けたりしないのでずっと使ってました。

線が赤いせいでしょうか、紫外線に弱いのかもしれません。
古いものはだんだん、オレンジ色の線になり、見にくくなってました。
まあ、30年も使っているんですから、そんなものでしょう。

このオレンジの方は昔のものなのに意外と丈夫です。
ずっと使っているのに壊れないのもあります。
すこし欠けたくらいで済んでいるものもあります。

一方、赤が鮮明なそこそこ昔に買ったものは、乱暴に扱った覚えはないのですが、割と早く、はがれてきました。
何枚もの薄いフィルム状のものが貼り合わされているようでした。
赤い線が刻まれているのは1枚だけで、あとは透明なのが何層にも重なっていました。

このはがれる現象は、50cm方眼定規でも何本かに起こりましたね。

方眼定規 30sm 洋裁定規

左から3本:薄くなってオレンジ色になったものは30年もの。

そのとなりは、はがれてしまったものの目盛りの部分だけ残しておいたもの。
薄いのがわかるでしょうか。

右から2番目は、改良されたっぽいくっきり赤い目盛りと壊れない丈夫さのあるもの。
全然壊れることもなく、赤い線も鮮明で見やすいです。
ここまではどれもスミレマークで、2.5cm幅です。
これになりますね。



いつも学校で使っていたときと同じものは、購買部に行けば買えてたんですが、ここ何年かは介護で家から出られませんから、何かのついでにネットででも買おうかと思っていたのですよ。

で、この前やってた仕事が赤字で直すことが多く、赤いペンをすでに2本使い切ってたので、その近所では買えないゲルインキのボールペンを買うついでに別のメーカーの方眼定規も買ってみることにしました。

上の写真の一番右の、違うメーカーの洋裁定規30cmで、幅が3cmあります。


使い心地は、30年以上使い続けている方が、やはり慣れというのがあります。
文化学園のスミレマークのをずっと使ってるんですけど、まだどちらも使ってない方ならほぼ同じなのではないかと思います。

新しく買った方は厚みが1mmあってしっかりしています。
丈夫そうですが、カーブを測るにはちょっと硬いように感じました。


ところで、薄くはがれてしまったとき、捨てようかと思ったけどもったいなくて、不透明になるのを覚悟でボンドで貼ってみました。
でも、うまくくっつかなくて、やっぱりはがしてとっておいたのが出てきました。
方眼と文字の書いてある1枚は、せっかく線も入ってるんだからもったいないと。

で、これが、薄く、よく「しなる」上に目盛りは正確、ということで、きついカーブを測るのにとても重宝しました。
きついカーブを測るのにメジャーより正確に測れて、とてもよかったです。

こわれてしまったことも、まんざら無駄ではなかったようです。

久々にこちらも宣伝しておきます。
コンパクトながら、さらっと流してしまうような細かい部分もちょっとおせっかいかなと思うくらいに書いておきました。
お役に立てると嬉しいです。

刺しゅうの基礎
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

セブンネットショッピングはじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎 

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

13:51  |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2022'06.20 (Mon)

550万をカウントしました

今日、5500000をカウントしました。

いつも読んでくださってる方、検索で見つけてくださった方、ありがとうございます。
550万ヒット

ちかごろ、ちっとも更新できてないのにありがとうございます。

4,5,6月は本にかかわる仕事が3冊。
その3冊、最初はそれぞれ別の時期だったので何とか大丈夫、なんて思っていたら、途中でスケジュールが3つで重なることになってしまいました。

介護しながらというのは、仕事がとぎれとぎれになって思うように進まず、まとめてやるなら夜中、となり、仕事が手際よく進まないとちょっと甘いものなど食べたくなり、かといって外出もできず、、健康にもよくない2か月でした。
5月は大相撲中継さえ見ないで仕事してたら、家族から「お相撲も見ないなんて大丈夫?」と言われたくらいです。

3冊の本は縫い物という点では共通しているものの、それぞれ違う国、違う分野・技法なので、資料の本が山済みで、出力紙も山済みで、デスク周りは大変なことになってしまいました。
過去の資料も必要だったし、ファイリングの技術も大事と実感しました。

3冊とも、今月末には山を越えることでしょう。
7月8月にはそれぞれの内容をお知らせできると思います。

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

11:13  |  その他  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2022'06.03 (Fri)

リュックのナスカンが壊れた

リュックの金具が突然壊れまして、手持ちのパーツがサイズぴったりだったので、取り替えました。
世の中、いろんなものが値上がりしてますが、この金属の小さなパーツだって昔に比べて、そのものの値段、送料ともに上がってます。

1個だけ買うのに商品より高い送料払うのもなんだかもったいないし、ぴったりのが手芸屋さんにはなかったりします。

バッグを処分するとき、ものによっては使えそうなパーツをとっておくことがあります。
必ず役に立つ日が来るとは限らないし、捨てればよかったかななんて思うことはしょっちゅうなんです。

それでも、帰りにナスカンが壊れて、明日の朝にはまた使いたいバッグなんだそうで、夜のうちに直すことになりましたから、そういうときはとっておいてよかったと思います。
ナスカン レバー付きナスカン

リュックの下の脇のパーツで、左右の色が違うことになってしまっても問題なし。
アンティークゴールドでしたが、バッグとなじむ色だったのでよしとしました。

ちょうど、先日整理したばかりで、すぐに取り出すことができたので、夜のうちに直すことができましたよ。

これ、新しいパーツを付けるだけとはいっても縫い直したりそこそこ手間がかかるので、修理に出したらそれなりなお値段するはずです。
修理って、新しく作る以上に大変なことも多いから。

早く直ったからって簡単というわけじゃないんだけど、そういうところ、わかってもらえなかっただろうな~。
どんなふうにたいへんだったかなどはまったく興味がない様子。


さて、種類がたくさんあって、名前がよくわからないバッグのパーツも、このナスカンはわりとメジャー。
ナスカンとは?と思いますが、茄子の形だからみたいだからでしょうね。
(だから、同じようにカニカンはカニのはさみってことでしょうか。)

ナスカンもいろいろあるので知っておくと便利です。

レバー付きナスカン→上部のフックが、横についてる小さいレバーで開け閉めできるナスカン
今回壊れたのはこのかたち。


鉄砲ナスカン→上部のフックが鉄砲みたいな細くて長い円筒とレバーがくっついてるナスカン
止鉄砲ナスカンというのは、脇にリベットが打ち込まれていて丈夫なタイプのもののようです。


網ナスカン→上部のフックが内側に押し込ようになっているバネのナスカン
どこを網って言ってるのでしょうね。


網ナスカン丸→紐を付けるところが丸い形のもの。網ナスカンの一種。


イナスカン…網ナスカンの開閉の部分がが板状になったもの。網ナスカンの一種。
薄い板だからひっかける金具に普通のナスカンでは入らないときもスリムな形のこれならはいるのがいいですね。
イナスカンのイって、なんのイなのかわからなくてもやもやしてます。



ところで、ミシンは太い針に替えて、糸も太く。
糸を通す補助具も大事。

今回もいい仕事してくれました。
私が買った頃より、安くなってましたよ。

マジックカケ 糸調子安定器具MK-10特許出願済み(2010-127908PAT)マジックかけ


テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

17:19  |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |