fc2ブログ

All archives    Admin

06月≪ 2023年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2023'07.31 (Mon)

ドレンホースを自分で取り換えてみた

今年の7月の暑さはいつもより厳しい気がします。
梅雨の除湿で年に何日も使っていなかったエアコンも、近年は7月から毎晩使わないと眠れないくらいです。

夜になっても30℃近いヒートアイランド現象。
今年はグリーンカーテンも失敗してさらに暑い気がするのですよ。
グリーンカーテンの失敗は、しょうがないので巨大バスタオル(ふつうよりなぜか幅も長さもある)を濡らして吊るしています。
ん~、焼け石に水というか、それでも0.5℃くらいは下がるでしょうか。

介護に時間が使われ、その手の使い過ぎ、その痛みで針仕事は休み。
暑さもあってPCに向かう本の仕事も、さらに眠気まで加わって進みません。

さて、そんなわけで、いつもより活躍しているエアコンのお話。

安いものを買い替えていくのも一つの手ですし、いいものを直しながら長く使うのもよく、その人の価値観次第であり、ものによってそれもちがってくると思います。

この前話題にした本革のバッグ類もそうなんだけど、直して使った方がいいと思える場合は直します。

私は靴は適当なのを適当な傷み具合になるまで履いて、直すものは直す、そうでないものは処分してます。
でも、靴だけは安くても新しいいつもピカピカのものを履いた方がいいと提唱している人もいました。
逆に、良い靴を何足かだけ持って修理しながら長く履くのがいいという人もいました。

ま、結局はその人の考えでよいわけで、提唱するのはいいけど押し付けはいけませんね。

この頃、針仕事も繕い物が多かったんだけど、エアコンのドレンホースまで自分で修理することになりました。

エアコンはいいものを長くなどということは全くありません。
冷蔵庫などと同じように省エネの度合いが年々よくなりますものね。
この時期に新しいエアコンに取り換えたり、直したりは、業者さんもいっぱいいっぱいの時期だそうで、できる部分であれば自分で直す、ということです。

室外機などは素人がいじるのは大変危険だそうですから、あくまでも外に出ているドレンホース部分だけ。
洋服を直すことを考えたら、袖をはずしてしまったらもとには戻せないけど、ほつれているボタン付けだけは自分でできるよ、みたいな箇所だと思います。

こういうのは家の中では私の担当になってます。

ドレンホースは以前にも取り換えているのですが、このまえは、わりと先の方。
いつも紫外線にさらされてる部分。

今回は壁から室外機の下のぐっと曲がるあたりに負荷がかかっていたようで、朝起きてみるとちぎれて落ちていました。

ドレンホース 修理 取り換え

こりゃ大変ということでホームセンターへ行って買ってきましたよ。
あまりに暑いので、夕方を待って自転車で。


太さの同じ2mと3mの2種類しか置いてありませんでしたから、一般的な家庭用のエアコンではだいたい太さは統一されてるのかなと思いました。
そういえば別の部屋のエアコンのドレンホースも同じ太さでした。

ホースとホースをつなぐのにはジョイントが必要です。

これを探しに行ったのですが、なかったので、こちらを。


そして、配管用の粘着テープ。


ビニールテープでもよいようなことが書かれていたりもするんですが、紫外線の当たる炎天下にビニールテープじゃすぐだめになるだろうと、それ用に売られているものを買いました。
少ししか使わないのにたくさん巻いてあります。

残ってしまった分はビニールテープがわりに使いたいと思います。
ビニールテープの経年劣化でべたべたするのが嫌いだから使わなくて、その代わりとして有効利用できそうな気がします。

さあつなごうとしたら、ちぎれた辺りはかなりボロボロで、さらに上がちぎれました。
カバーのすぐ近くでちぎれたら、今度こそ業者さんを呼ばなくてはなりません。
ちぎれないようにジョイントにそっと差し込んで、あとはテープでぐるぐるに。

ホースの先には虫が入ってこないようにキャップをつけ直しました。


直してから何日か経ちましたが、途中で漏れたりもしてないようです。

紫外線と経年劣化でしょうがないと言えばしょうがないのですけど、耐候性なのだから、もっと持つのかと思ってました。
紫外線てほんとに警戒すべきものの一つです。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

18:01  |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2023'07.16 (Sun)

車のシートベルトが当たらないようにシャツに工夫

これを書いたところであまり役には立たないと思うんですが、必要な人には必要かもしれないと思ったので、少し前の話なんだけど書きます。

ペースメーカーを使っている人は40万人と書かれているのを読みましたが、いろいろ注意が必要なんだそうですよ。
電気、電波、みたいなのには注意が必要なのはなんとなく知っていましたが、他に知らないことがいろいろ。

ペースメーカーは着ているものが薄いとき、シートベルトなど当たるといけないということで、デイサービスなど車に乗るとなったら、さあどうしよう、という話です。

シートベルトをつけるときにはタオルなどのパッドになりそうなものをたたんで当てておく、と言えば簡単そうですが、デイサービスに通うのには、たまに忘れることもあるでしょう。

義母は下に着る肌着の肩にタオルをはさむか縫い付けておけばいいというのですが、それでは一日中6枚重ねのタオルが左胸にあって邪魔ですし、形を保っていられるか不安です。
お洗濯など世話をする私の方としても、毎回洗って乾かすのだって大変。

ということで、デイサービスに行くときはいつもそれをさっと上に羽織れば出かけられる、というものを用意することにしました。
シートベルト一のパッド ペースメーカー
冬だったら、ダウンベストとかまあいろいろあるんでしょうけど、夏はどうしたらいい?

薄手のベストか、羽織るものにタオルを止付けておけばいいと考え、そうとなると、ポケットのようなものがいいかなと思いました。
ちょうど、着物の下着で、鎖骨の下のくぼみに補正のためのパッドを入れるのがあるんですけど、そんな感じ。


それを聞いたのがあまりにも急だったので、処分することになっていた半袖のシャツとサマーセーターを工夫して作ることにしました。
サマーセーターから切り取ったネット状生地のポケットをつけました。
6枚重ねたタオルが入れられます。
シートベルト一のパッド ペースメーカー

ついでに、指がうまく使えなくても止められるよう、ボタンをかけるのをやめて、あきはすべてフリーマジックテープにしました。
シートベルト一のパッド ペースメーカー

こちら、前にも紹介したことありますが、高齢者の服にかなり活用できると思います。


急な要請にがんばったので義母にはありがとうと言われました
喜んでもらってうれしいです。

世の中の、姑の世話をしている奥さんをもっているだんなさんには、形式的にでも感謝の言葉必要だと思いますよ。
そうでないと不満が溜まることをお伝えしたいです。

自分の親も同等の要支援が必要なのに、世話しに実家に行けず姑の世話をしている、しかも頼まれたのを言われてその日に用意してもらったら、ありがとうくらい言ってもばちは当たらないはずです。

休ませながらでないと使えない私の親指、生地をつまんだり引っ張ったりしていて、またCM関節が腫れてしまいました。
たとえ、心からでなくても、ありがとうは言っておいた方がいいと思いますよ。


急な要請だったものの、まず、1枚は確保できたので、そのあと、リネンベストも同じように改造しようとベストを注文しました。
刺しゅうの仕事には締め切りというものがあるので、作っていられそうにもなく、作ってからこんなの嫌と言われるくらいなら、写真を見て注文したほうがお互い気が楽です。

さて、新しく買ったベストには、やはり処分するはずだった白いブラウスの衿ぐり部分、それが適度なカーブだったものですから、それを縫い付けました。

なかには着物の鎖骨下の補正のパッドを2枚入れました。
シートベルト一のパッド

シートベルト一のパッド ペースメーカー

補正のパッドだけの販売もあります。


私も着物用に買っただけで使ってなかったものを複数持っていたので、それを使いました。
昔はやせていて、こういう補正パッドが必需品だったんですけど、いまは綿をくるんだガーゼをちょっとばかりいれればいいだけなので使ってないのですよ。

ウェストの部分がきつくてボタン止めるときついくらいというので、フリーマジックテープを使って着やすいように直しました。
ポケットも大きかったので、ふたがあっても心配なくらいでしたので、面ファスナーでとめる仕様にしました。

シートベルト一のパッド ペースメーカー
シートベルト一のパッド ペースメーカー

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

13:01  |  Sewing ソーイング  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |