fc2ブログ

All archives    Admin

11月≪ 2023年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2023'12.01 (Fri)

家庭用ミシンでコーン巻きのミシン糸を使うとき

この前、発酵バターが新宿のお菓子材料のお店まで行ったけど買えなかった、と書きました。
ふつうの食塩不使用のなら450gのでもあるんだけど、発酵バターとなるとスーパーなどの小さなパンに塗るプラのケース入りなどしか見当たらなくて、お菓子材料のお店で買います。

結局、冬まで待って、ネットで、冷蔵で届けてもらうことにしました。
夏に冷蔵で運んでもらうのがなんだか申し訳ないのです。
それに暑い時期はあんまり発酵バターを使うようなものは作らないからいいんですけど。

いままでお店まで行けば買えていたのが、冷蔵での配送とはCO削減にならず残念なんだけど、ないのでしょうがないです。

バター自体の値段の高さも、飼料代、電気代その他もろもろで高くなったのだろうし、いままでが対価に見合わない安さだったのでしょうから、しょうがないとは思うのですが、焼き菓子を気軽に作ろうという気にはなれないお値段でした。

アーモンドなども円安で、昔、ビスコッティにバンバン入れてたころと違って高くなっていました。
クリスマスに向けて作るお菓子屋さんのお菓子も今年は材料費だけで何割か高くなっているので、価格への転嫁もしょうがないでしょうね。

とまあ、そんなで、なんでもかんでも高くなって、昔は100円ショップで買えたアルミの針金なども、置かれなくなりました。
小分けの材料でなにか使いやすく一工夫みたいなことがだんだんできなくなっています。
100円ショップの材料は品質は悪くても試作するのによかったりしたのですが。

そんな針金に関して、久しぶりにミシンの話を書きます。

職業用ミシンは小さい一般的な巻きのミシン糸も、コーン巻きやチーズ巻きの大きいミシン糸も使えます。
コーン巻きというのはコーンのような少し先が細くなるような形に巻いてある大巻の糸です。

白やグレー、ベージュなどはこういう大きいので持っていると、結構使う色ですし、シャッペスパンの大巻よりもお得なので便利です。


こういうのを家庭用ミシンで使う場合、それ用の糸立てがないのです。
ただ置くのであれば、テーブルに置いたミシンよりはるか下、床に置いてコーン巻きからいったん上に向かって糸を出してそこからミシン本体の糸掛けに掛けます。

でも、床に置けるのって、専用にミシン台のように奥行きのないテーブルってことです。
ふつうは多少奥行きがあって床に置くのは難しいですよね。
専用のミシンテーブルってことであれば、家庭用のポータブルミシンで専用のミシンテーブルを持っている方は一般的ではないと思うし、専用テーブルがあるくらいの使い方をする方は職業用ミシンを持ってたりしますよね。
つまり、床には置かない。

というわけで、そういうときに使う道具も売っています。
日頃、職業用ミシンを使っているので買ったことはありませんが、普通のテーブルで使えるのでたぶん便利なんじゃないかなと思います。


私は職業用ミシンを買う前に使っていた家庭用ミシンも持っていて()、マグカップに立てて床に置くなどしたこともあったのですが、頻繁に使うことがありまして、その時考えたのが針金です。

ミシンの形によってはふたにクリップを止めてそのクリップに通すという手もあるのです。
うちの家庭用ミシンだと、クリップをはめても上に引き上げるという感じの場所にはおさまりません。
ふたがもっと向こうまで倒れるとかすればいける方法かと思うのですが、ふたは90°しか開けられず、よって、ミシンの向こう側に糸を置いても上に引き上げることができません。

それ用のを買っちゃえばいい話なんですが、物を増やすのも嫌だと思ったんですよね。
要するに糸のよじれを取ったり、テンションを整えるのが目的なら針金はどうかと思いました。

針金と言ってもアルミの針金はけっこう自由が利くもの。
そんなわけでこのような、ケースにしまうこともできるのを作ってみました。

針金 ミシン 糸掛け

たまたまあったものを使ったので、太さはよくわからないけど1mmくらいかなと思ってます。

たぶんですが、こんな感じ。

太すぎるとペンチが必要だし、細すぎるとすぐ曲がってしまいますからね。
たまたま持っていたのがちょうどいい感じでした。

糸が引っかかるとか、挟まるというのは糸のテンションが乱れてしまいますから、ペンチなどで傷をつけないのも大事。

スムーズに糸が動くように、針金はまず半分にして切り口が糸の周辺に来ないようにします。
そして、えんぴつなどに巻き付けて引っ掛けて糸を通す丸を作ります。

そしたら、2本を1本にまとめつつ、ちょっと丈夫になるようねじねじします。
これで、ぐねっとなりませんね。

それを糸立ての棒に巻き付けて出来上がり。
アルミ針金のなせる業です。

付けたまま本体の方に寄せれば、プラスチックのカバーもちゃんとかぶせられました。

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

14:48  |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |