fc2ブログ

All archives    Admin

01月≪ 2024年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829

2024'02.06 (Tue)

この冬初めてリビングの床暖房をつけた

近頃、義母のところへはサプリメントやお歳暮や、毎日のようになんだかいろいろ届くんですけど、・・・毛皮って、今の時代、動物愛護というか、動物の命と引き換えのおしゃれは良しとしないこともあって、エコファーが使われることが多いです。でも、毛皮になってしまっているものを捨てて、石油製品であるエコファーを使うより、毛皮の寿命が来るまで活用してあげたいのです。そんなわけで、なるべくお日様の温かさを取り入れ、暖房にガスや電気をできるだけ使わずに過ごしております。
プチプチとゆたぽんと襟巻


1年前の冬の時期、もうちょっと早いうちに床暖房を使い始めていたと思います。
今年は暖かかったのか、寒さに強くなったのか、この冬、初めて床暖房を使ったのが昨日、2月5日、大雪警報の出た日が初めてでした。

さすがに寒かったのでリビングに暖房を入れたんですけど、↑の記事のように、今年もまた、プチプチとゆたぽんと襟巻で暮らしています。

義母は真夏、すごく暑いのにあまり感じないらしく、7月に寒いと言ってダウンのベストを着てたりします。
筋肉がないから寒いようで、ものすごく厚着して、冬は自分の部屋の暖房をずっとつけていて室温が26℃くらいにしてある(でも寒いと言っている)ので、リビングに来るとリビングは20℃くらいだから寒いと言います。

部屋に行くと暑く、冬にこの室温はないでしょと思うのですが、本人が寒いというのでそういうことにしてます。
動かないからますます寒いんだと思います。

TVや照明ならまだしも、ファンヒーターや電気毛布もつけっぱなしで忘れてるので、皮膚が乾燥してしまうということもあって、電気毛布はやめました。
それでゆたぽん。


うちは各自ゆたぽんを持っています。

この前、ちょっと、いろんなものを大移動させていて、私のゆたぽんがどこかに入ってしまって見当たらなくなりました。
結局、翌日探していたLサイズが出てきて大丈夫でしたけど、ほんと、ないとなったら、困りました。

Lサイズ
寝るときに使うだけじゃありません。
針を持つにしても、指が冷たくてだめなんですよね。
お湯でもいいんでしょうが、親指のぱっくり割れだったり、ハンドクリームを縫って刺しゅうとなると油脂分がうっすらでもつくし、できればお湯ではない方がよいと思うんです。

ゆたぽんにはそのサイズに合わせたカバーが付いてるんですけど(首に巻く小豆入りはそれ自体が布製)ふわふわのポリエステル製で、静電気嫌いにはちょっと苦手。
それで、太畝の綿のコーデュロイで作ったのですが、直に熱が伝わらないので手を温めるときは入れずに使っています。


血管がしなやかになれば、冷え性もなくなるとのことで、血管のストレッチ()もがんばってますが、1日2回が1回になってしまうことも多く、まだ冷え性は改善はされてないようです。
冷え性が無くなれば、ゆたぽんがなくて大慌てということもなくなるとおもうので、引き続きストレッチも頑張ろうと思います。

先日は家人に義母の見守りを頼んでウォーキングがてら買い物に出ました。
わざわざ寒い日に。
ちょっとあったかくなりました。

毛皮の襟巻は↑でも書いたように、最後まで使い切りたいということで、今年も家の中で使っています。
刺しゅうの時や料理の時は外しますが、かなり役に立っていると思います。

無駄にたくさんあるマフラーやスカーフもこういう寒いときに活用したいです。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

17:32  |  その他  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |