All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'09.21 (Wed)

雨の日の着物の準備

雨でも着物で行かなきゃいけないことってないだろうと思っていましたが、ありました。
となると、雨対策の準備もしなくては。

足元は透明な草履用のカバーもあるけど、雨の日でも歩けるという菱屋さんのカフェぞうりで。
と、ここで、草履はよくても足袋は汚れることに気が付きました。

だから、「雨まち足袋」。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

雨待ち足袋 白(女性用) 4枚コハゼ 晒裏 22.0〜25.0cm
価格:3024円(税込、送料別) (2016/9/13時点)




そして、雨コート。

【More・・・】

着物は絹、雨コートも絹。
もう一枚、二部式の化繊のコートもあるけどどちらもこの時期は絶対に暑くて着られそうもない。

単衣の時期だから、紗のコート、つまり、紗布コートと呼ばれるもの。
着物をすっぽり覆ってくれそう。


ただし、振りから長着の袖が出そうなので、クリップで留めてでないように。
このクリップは生地が傷まなそうだったのですが、味気ないので花のシールを貼りました。

それと、傘と荷物で手がふさがっているわけだから、風が吹いたら手で押さえられません。
膝辺りを帽子用のクリップで留めておきませんとね。
こんな感じのびよ~んと伸びるクリップで留めます。


それから、傘。
見た目は和傘がいいんでしょうけど、今回は折りたためるものと思い、そういうときは男性用の大きな折り畳み傘が便利とどこかで読んだ記憶が。
撥水もばっちりなものを。



バッグはビニールコーティング、いわゆるビニコの縦長トート。

お教室で教えてるのと同じ作り方で、縦長にしたもの。
これを和の着物にも合いそうなソレイアードの生地で。

ちょっと明るい色を持ちたいですよね。




と、ここまで用意して、曇りの予報だったので、傘だけ持って出ました。
台風ほどだと着物では行かないわけだから、雨の準備というのはどこまでしておけばよいのやら。

これが10月になるとまた紗布コートから雨コートになるわけですね。

10月といえば発売のステッチイデーVOL.24もよろしくお願いします。

表紙はキルト&ステッチショーでパネルが展示されたくらいで、まだ一般には見られないと思いますが、秋のお花です。
結構、悩んで色を決めましたが、刺しゅう糸を並べてみると、たしかに秋の感じがします。

今日、図案のチェックとかしてたのですけど、花だけでなく実もデザインに入れたので、秋の雰囲気が出たかなと思います。
発売まで3週間を切ったので、そろそろ、一般にも表紙が見られるようになるのではないでしょうか。

↑アマゾン

紀伊国屋書店→ステッチイデー vol.24

楽天ブックス→ステッチイデーVOL.24

関連記事

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 着物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/1088-07b20e7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters