fc2ブログ

All archives    Admin

03月≪ 2024年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2010'12.11 (Sat)

バックステッチ

バックステッチがいっぱいあるフランスのチャート、
ちょっとやってみようかなと思って
本を開いてみました。

本に載ってるチャートには
見やすいものとそうでないものがありますよね。


バックステッチのあるチャートは
ちょっと大きくしていただきたいです。

線はいったいどの部分までなのか…

たとえば、3目いって、半分上がる、とか
2目半行って1目上がるとか
けっこうわかりにくいのもあり、
またレンズの登場となりました。(こちら

で、よく見ると
クロスステッチの×のど真ん中で曲がってる。

刺してない部分のど真ん中だったら
織り糸2本の間ということになりますが、
×の真ん中ってはたしてうまく刺せるんでしょうか。

この場合、糸を割って真ん中を刺すんでしょうか?






【More・・・】




洋書から全く同じに作るように頼まれれば
何とかその通りにやりますけれども
今回のように個人で楽しむときは
雰囲気を変えない程度に半目(織り糸1本分)動かして
少し刺しやすくしちゃってます。


逆に自分で起こしたチャートにバックステッチを入れていく場合は
チャートの方でも一応決めておきますが、
実際にステッチしてからチャートの方を直したりもしてます。

バックステッチ、なるべく×の角を通るようにがんばりますが、
どうしてもこの半目の場所でないと、というときもあります。

ステッチする側からするといやなのはわかってるんですけど
そこはゆずれないときもあります。

バックステッチも考えて考えていれるほうです。


このまえは初心者の方向けに
バックステッチも分数ステッチもないデザインでって頼まれましたが、
わたしもできれば半目の存在するバックステッチなど
入れたくはないですね。


いま、始めようかなと思っているのは
こちらの本から。

Amazon.frからの本の買い方の記事はこちら

紀伊國屋さんで買うなら
ENCADREMENT POUR NOUS LES BRODEUSES

アートブックショップ(内容画像あり)
刺繍のための手作り額装:Encadrement pour nous les brodeuses

この洋書からのデザインはすてきですが
半目のバックステッチどっさり、
×のど真ん中をバックステッチするデザインもあります。

個人で楽しむものなので
少しやりやすいバックステッチで、
雰囲気を壊さないようバックステッチをいれたいと思います。

こちらの本について書いた記事はこちら 
関連記事

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

09:19  |  クロスステッチ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/1607-1e62bb96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |