All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011'11.24 (Thu)

クロスステッチの基礎BOOK

【送料無料】クロスステッチの基礎BOOK

クロスステッチの基礎BOOK
価格:1,260円(税込、送料別)

↑楽天ブックス

アマゾン → クロスステッチの基礎BOOK

紀伊國屋書店→クロスステッチの基礎BOOK

128ページ:64ページまでカラー、65ページから1色刷り
日本ヴォーグ社 2011年12月13日:発行(実際には11月30日発売予定)
日本語

11月30日(水)の発売だそうです。

ステッチイデーのVol.1~12までの作品で
人気のあったデザインを集めたものだそうです。

だから、副題の
「刺したい図案が必ず見つかる!」は
本当だと思います!

私の作品もVol.9とVol.12から2点
載せていただきました。
(私の作品はこの2冊に載ってるだけなので)

刺し方のコツは残念ながら
Vol.14の続きまで載らなかったです。

綴じ込みで「クロスステッチの基礎ノート」というのが
その表紙を除いて7ページ分ついていて
基礎とかステッチの裏の写真とか
いろいろ詳しく載っています。

だから、図案も豊富、お仕立ても多種多様、
基礎についても載っているので
はじめてさんにもちょっと慣れてきた方にもおすすめです。

【More・・・】

ステッチイデーは私が行く本屋さんでは
いつもガーデニングなどの本も置いてある
月刊誌のほうに並んでいます。

この本は単行本なので
手芸本のコーナーにおかれると思います。

たとえば、クロスステッチのよい本はないかなあと
はじめてさんが手芸本のコーナーに寄りますよね。

普通、月刊誌の方に
刺しゅうの定期刊行誌がおいてあるとは思いませんから
ステッチイデーに気づかないこともあるでしょう。

そんな方にも今度のこの本は手にとってもらえると思うので
クロスステッチをはじめられる方が増えるとよいなあと思います。


チャートや作り方ですが、
スステッチ idées は大判の紙が挟み込まれていて
そちらにチャート、
本の方の途中のページに作り方説明と分かれていました。

こちらの本はチャートと作り方が作品ごとに並んでいて
とても見やすくなっています。

たとえば、私の作品ですと
写真の方は掲載の関係から、
1ページで掲載されていたものが1ページに2作品と
小さくなっているものの、
作り方とチャートは
1作品が半ページの作り方説明だったのに対し
こちらの本では2ページまたは3ページに
余裕を持ってゆったりと掲載されています。


表紙に小さく書いてあるのは

※イニシャルからイラストまでかわいいワンポイント刺しゅう

※北欧・東欧のモチーフがいっぱい!
 連続模様&ボーダー刺しゅう

※特別な日に贈りたい
 とっておきのサンプラー刺しゅう

※アレンジいろいろ
 クロスステッチの布小物



175点の作品と図案、
見やすい仕様、
この厚さにしては濃い内容と
おすすめですので、
ステッチイデーの最初の方を買ってなかった方、
これから始めてみようと思う方は
ぜひ店頭で手に取ってみてください。

11月30日(水)の発売です。

【送料無料】クロスステッチの基礎BOOK

【送料無料】クロスステッチの基礎BOOK
価格:1,260円(税込、送料別)

↑楽天ブックス

アマゾン → クロスステッチの基礎BOOK

紀伊國屋書店→クロスステッチの基礎BOOK


もったいないかあさん流のクロスステッチのコツは
こちらの本で。

↑アマゾン

楽天ブックスならこちら↓
【送料無料】ステッチIdees (vol.14)

ステッチIdees (vol.14)
価格:1,050円(税込、送料別)



紀伊國屋書店→ステッチidee14

関連記事

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

よいですね。

やっとひと仕事が片付き、クロスステッチにも手をつけたいと思っていました。本当に初心者なので何所から手をつけたらよいか考えあぐねていたところなので、いいことを聞くことができました。
30日と言ったら、もう間近ですね。本屋さんに行くのが楽しみです。

ところで、刺繍枠って学生の頃に買わされた小さいサイズのものしかないんですが、使い勝手のいい、悪いってありますか?刺繍の種類、大きさなどにもよるのかもしれませんが、始めるにあたってこれがおすすめなどありますか?
mihoppe | 2011年11月24日(木) URL | コメント編集

mihoppe さん♪

コメントありがとうございます。

服飾手芸の授業で使っていたあのくらいが私はいいと思っていますが、人によっては小さいのがよいという方もいらっしゃいます。
mihoppe さんや私のようにすぐにミシンが使える環境にあれば、小さい布の周りにシーチングで余白部分を縫い付けて大きくすればよいですけど、そうでないと、周りの余白がたくさんいることになるので小さい枠の方がよかったりすると思うんです。
小さい方が持ちやすくてよいですからね。

もっといろいろ刺したいという段階になって台に付けて使う場合は、大きくても小さくてもよいとおもいます。

もっと大きい作品になるとしわや持ちにくいといったことがないスクロールフレームを使うと楽ですよ。

もったいないかあさん | 2011年11月24日(木) URL | コメント編集

No title

やっと発売なんですね!
最初の方の雑誌は買っていないので、どんな図案が採用されているか、とても楽しみです♪

あんこ | 2011年11月24日(木) URL | コメント編集

あんこさん♪

いつもコメントありがとうございます。

アマゾンでは28日って書いてあったけど、編集の方からのお手紙では30日って書いてありました。
だから、30日だと思うんですけどね。
私がステッチイデーを買ったのはVol.3が出たときお店で見て、よかったので、棚に並んでいたVol.1とVol.2も買ったのですよ。見比べると、こちらの本だとチャートや作り方がまとまっていて見やすく感じます。
本屋さんで手にとってみてくださいね!
もったいないかあさん | 2011年11月24日(木) URL | コメント編集

買わなくては~

ステッチイデーを全部持っている私ですが
これは買わないといけませんね(^ω^)

30日!出かける予定なので見つけてきま~す
楽しみが増えました~~~~♪
ハナゾ | 2011年11月24日(木) URL | コメント編集

こんばんわ

私も予約しています。初期?のステッチイデーは持っていないのでこちらでどんな図案があるのか、楽しみにしています!
明日から寒くなるとのことですので、かあさん様もお体お気をつけください。
こばちゃん | 2011年11月24日(木) URL | コメント編集

ハナゾさん♪

コメントありがとうございます。

ステッチイデー全部お持ちなんですね。
クロスステッチで1冊にまとまってるのって、クロスステッチ好きさんにはよいでしょうね。
175点というと、かなりの量ですよ。

本屋さんに並ぶの、楽しみです。
もったいないかあさん | 2011年11月25日(金) URL | コメント編集

こばちゃん さん♪

まだ、暖房なしで過ごしていますが、いよいよ寒くなってきましたね。
コメント&お気遣い、ありがとうございます。

私は母のところに届くように予約しましたよ。

表紙に書いてあるように4つのテーマで175点載ってます。
いろんな方の作品が集まっているのでとても楽しいと思います。

もったいないかあさん | 2011年11月25日(金) URL | コメント編集

刺繍枠

アドバイスありがとうございます。
小さい?と思いましたが、やっぱりあの位が丁度いいんですね。
買ったときはもっと白っぽかったのですが、年月を経てくすんだものになってきました。でもまだ十分使えるので当分はこれで間に合いそうですね。
スクロールフレームというのもあるんですね。刺繍は学生の時以来やってないので、本当に初心者です。とても参考になります。
ありがとうございます。
mihoppe | 2011年11月25日(金) URL | コメント編集

mihoppe さん♪

洋晒を巻いて使っていたので、気にしてませんでしたが、たしかに年月を経ると汚れではなく、色が変わってきますね。
割れたり、金具がこわれたりしなければ、ずっと使えますよね。

私、学生の時もすごく服飾手芸の授業は好きでした。
あのときの練習の布、まだ教科書にはさんでありますよ。
もったいないかあさん | 2011年11月25日(金) URL | コメント編集

こんにちわ

先週、本が届きました。本当にたくさんの素敵な図案が載っていますね。北欧風などもかわいいなあ、と思いながらみています。図案だけでなく、お仕立ても色々な方法があり、とても参考になります。
かあさん様の作品も、カラフルで素敵ですね。沢山の色の組み合わせにさぞかしお悩みになったのでは?と思ったりしました。
こばちゃん | 2011年12月05日(月) URL | コメント編集

こばちゃんさん♪

コメントありがとうございます。

客観的にみても、生活にクロスステッチを活かすアイデアやいろんなものがぎゅっと詰まったよい本だと思います。

多色のは30色の糸を使ってデザインして欲しいという依頼で、30となると、サンプラーがよいかなと思いました。一度に使うというのがとてもむずかしかった作品です。
モチーフを一つずつ取りだしても使えるよう、また、糸を交ぜて中間の色を出すなど工夫しています。
もったいないかあさん | 2011年12月05日(月) URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/1707-0fb4a05d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters