All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2012'02.04 (Sat)

野ばら社 花の図案 、図案辞典

こちらの本()を買ったり、
こちらの本()を買っているうちに昭和っぽい図案で、ちょいと味のあるものが欲しくなりました。

それと、「欲しい」以上にまだ勉強が足りないので「必要」もありました。

私のところに来る仕事って、私が「私らしいもの」を持っていないので、こんな感じで、と、「テーマ」みたいのがくるわけです。

私らしさを持っていれば、そういうものをと仕事が来るのかもしれませんが
(そうなると全く来ないかも?…冗談じゃなく)
ないわけですから、そのテーマに沿ったデザインをするべくたくさんの引き出しから探しながら考えていくしかありません。

そんな、いつ、どんなテーマが来てもよいようにと
参考になりそうな本を常に探しているわけですが、
あまり持ってない分野のひとつが昭和っぽいもの。

そこで、図案を探していて見つけたのが
野ばら社から出版されている本↓です。

パッチワークのこたつ上掛け

おこたつに当たってながめておりました。

【More・・・】

モノクロ印刷だからでしょうか、
ものすごくたくさんの図案が載っているのに
お値段的にはとても手頃です。

何冊か集まりましたが、
今日はひとまず、こちらの本を。

表紙の文字からして温かみを感じます。

↑アマゾン

紀伊國屋書店→花の図案

春の花、夏の花、秋の花、冬の花
と分かれているページでは
全部にではありませんが、花言葉も載ってます。

「花の手芸図案」というページでは
手芸的な使い方の提案と、
花をアップリケや刺しゅう向きにデザインしたものが
あれこれと載っています。

ここがいかにも昭和なイメージで
いま、こういう本を普通に書店で見つけようと思っても
なかなかあるものではないので
ネットの本屋さんていうのは
こういうロングテールな商品に関しては
見つけやすかったり買いやすくて、便利だと思います。

「花文字とカット」のページの花文字は
ちょうどフランスの刺しゅうの本でも
Aは・・・、Bは・・・という頭文字と
その言葉のものを合わせたデザインがありますよね。

これはその日本語版。

だから、Eのお花はエゾギク
Iはイタドリ、
Qはキュウリ、
Vなどはビジョザクラ…と
どれも、思いつかなかった花が・・・。

この花文字に限っては
組み合わされてる花の雰囲気はチープな感じではなく、
ひらがなでの花の説明がなければ
フランスやイギリスの図案集ですといわれても
ちょっとわからないかんじのすてきな花文字ですよ。


「花の歳時記」では
1月の花、2月の花・・・というふうに
それぞれにいくつかの花が載っていたり、
月ごとの花の切手、
月ごとの花札の図柄なんてのも載ってます。

今更ながら、花札なんだから
花が載ってるのは当たり前か~と思いました。


びっくりしたのは「誕生花と花言葉」で
365日のそれぞれに誕生花というのがあるらしく、
それぞれに花言葉があるようです。

ちなみに今日2月4日は桜草になってました。


このような図案を拡大するときは
元の図案にマス目を書いて
実際の大きさの方にもマス目を書いておいて
それぞれの線や点の場所が比例して大きくなるように写す、
というやり方が昔は一般的でした。
(他にも方法がありますが)

そのせいか、
図案にはマス目がすでに書かれているものも多いです。

現代だと、コピー機や
スキャンしたあとパソコン上で拡大してプリントアウト
など、もっと楽な方法がありますけどね。


1990年7月初版発行で、
私の本は2006年7月6刷となっています。

1990年にしてはちょっとレトロな雰囲気で
もっと昔のを再編集しているのかな?と思いました。
(私がそう思っただけで、ちがうかもしれません)

野ばら社の図案の本は
いま、書店で見られるデザインの本と違って
手描きの味があって、
見ていても何となく懐かしく、
そして楽しめる本という気がします。

ほかのもなかなか味がある絵でおもしろいです。

この題名の同じ2冊は大きさが違うけど内容はだいたい同じです。

大きい方の表紙は新しいのと古いのがあるようで
私のはこれではなく、古い方の表紙だと思います。

図案辞典、図案の手帖、かわいい挿し絵、図画辞典…


ほかにはこれらの本もなかなかよいと思ってながめています。



関連記事

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/1766-6fd974d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters