All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'04.14 (Thu)

急いでいるときにも、四十肩にも

小物も冬のものはしまって、そろそろ単衣の着物も出してきてみたり。
この前着たときの作り帯もこれからの季節にはちょっと重い感じだから、これからの季節に向けて帯も準備しておかないといけないですね。

ただでも帯結びが苦手なのに、四十肩で腕が後ろに高く上げられなくなってから、付け帯(つけ帯、作り帯、つくり帯、軽装帯、文化帯)のお世話になっております。

遠くで行われる結婚式に呼ばれる場合も作り帯がいいと書かれているのを読んで、また、二重太鼓の作り帯にしようと考えているところです。

作り帯に替えるときにどういうところがいいのか、いろいろ考えながら書き出してみました。

フォーマルの場合
・式の前は急いでいることが多いから時間の短縮にもってこい。
・羽織で隠したりできないから、柄の出し方、お太鼓の大きさなどばっちり決めたい。
・着付けを習う前、大事なお葬式だからと美容院で着付けてもらったら、喪服の帯を二重太鼓に結ばれてしまった(→他人は信用できない!)から、なんとしてでも自分で着たい。

普段着の場合
・ベルトを締めるように帯が締められたら、ふだんでも着て出掛ける機会が増えそう。
・柄を出すのにむずかしいのも多いから、楽になる。
・お太鼓の上の部分を、中で折り上げるだけのやり方でなく、帯を結んだときの立体的な形にすることもできる。

共通して
・いろいろ触ることが少なく、白っぽい帯など汚れ防止にも。
・四十肩になったとき腕が後ろに回らなくて帯枕を両手で当てることができないときにもよい。
・短い帯も切ってしまうことによって、着られるようになる。

もちろん、切るなんてとんでもないという帯もあるので、その場合はやはりきちんと締めたいので、ときどき練習はしておくつもりです。
でも、今はまだ少し肩が痛くて、たいへんなのです。

お太鼓でも前で形作ってくるっと回しちゃうことのできる秘密兵器?もありますしね。
いまのところ、切るに切れない帯、針の跡を残したくない帯はこれ↓に頼っています。


冬に日本のおしゃれ展で銀座の松屋に行ったときも、ちょうど和服の催し物をやっていたのですが、前で結んでくるりと回すデモンストレーションの前はお客さんでいっぱいでしたよ。

この商品や、作り帯でもいいから着物を気楽に着る人が増えるといいなあと思ってます。

そう思っていたら、この本が人気らしく、レビューもいいことばかり書いてありました。
だいたいは着物の本や七緒の購読で知っていることなんじゃないかなと思いつつ、買おうかどうしようかと迷っているところです。

紀伊國屋書店→切らずにできる着物の作り帯―帯結びがいらないから着付け楽々

楽天ブックス→切らずにできる着物の作り帯 [ 和らく会 ]



関連記事

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 針仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2053-5f6df330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters