fc2ブログ

All archives    Admin

03月≪ 2024年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2007'12.31 (Mon)

鬼が笑いそうだけど

今年も残すところあと18時間ほど。

おせち作りで一日中手がぬれて荒れたりもしてますが、
時間があると針を持ってます。

夕食後、父子は将棋、姑は年賀状、私は横で刺しゅう。

みんなで温かいリビングに集まって過ごすのは
エネルギーの無駄遣いにもならず、ロハスです。

もともと仕事が洋裁を教えていたので、
仕事は辞めても年中針を持っているんですが、
今年特別、一年、ミシンに向かうよりは
刺しゅう、おもにクロスステッチを楽しんだ年でした。

もとはといえば、昨年ブログ仲間に
刺しゅうの本を買える店を教えてもらったことに始まり、
のめりこんでいった感じです。

ちょっと反省もしておりますが、
本は買える時に買っておいたほうがいいというのが持論で
結構本はいろいろ増えた一年でした。

来年のことを言うと鬼が笑うといいますが、
このごろ物忘れがひどいし、
やりたいことは次から次へと増えていくしで
そういう意味で笑われても書いておこうと思います

【More・・・】

やらなきゃいけないこととか、
やりたいこととか…。

花糸の色見本
DMCのほうは28日朝に完成しました

サモさんのキット
額も買ったから←1月15日完成

グロースターの仕立て屋つづき
周りのデザインもまだですが…

未完成のクリスマス、
フレメのほうのクリスマスは来年やりたい

フェリシモの額のキット
まだ残ってる

ロシアの図案
一番高かった図案だから何かにしたい

丑年に向かって牛を一つステッチしておきたい



イニシャルとモノグラム
もっと上手になるには練習するしかない

日本刺繍するの…忘れてる…

新しいフルートのフルートケース用の革のバッグ
持ち歩かないせいでまだ作ってなかった…

フリーチャートなどのプリントアウトしたものを整理したい
分類分けが難しくてうまく整理できてない

カテドラルウィンドウのパッチワーク
裁断してあるのに縫ってないままだから

エコバッグにでもして
少し在庫生地を減らしたい

本来の洋裁の事忘れずに
コートの1着くらい作らなきゃ

ハーダンガーとかやってみたい

不都合により止まってしまっているホームページの更新
こちらのブログ内容別に一覧にして
まとめて読めるようにしたい

あるある…
できるかな?

今年はこちらのブログが
ホームページよりも本館ブログよりもメインになってました。

好きなことについてならどんどんおしゃべりできるという感じでした。

いろいろな方にお世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願いします。
関連記事

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

05:51  |  その他  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

良いお年を

来年やりたい事リスト、実は私も、
「これ以上は増やせないゾ」と自戒の意味もこめて
ノートに書き出したんですが、笑っちゃうくらいたくさんありました。

ロシアの図案、花糸の糸見本、フレメでクリスマス図案・・いくつかはもったいないかあさんと同じです。
これ以上増やさず、消化する方向で頑張りたいです。
DMCの見本、完成されたんですね!おめでとうございます。
是非またアップしてくださいね。

今年はもったいないかあさんから、たくさんの事を教えていただきました。また来年もこちらのブログにお邪魔できる事、楽しみにしてます。

それでは、良いお年をお迎えくださいね!
たまゆずまま | 2007年12月31日(月) 15:33 | URL | コメント編集

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

物を持つことがいいわけでもないことに気づきながら、
物を増やしていってしまうと、部屋は片付かないし、
いけないなって思います。

今日からブログには、たまゆずままさんが
どんな本を持ってますかってコメントされてた、
花糸の本も載せていきます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

もったいないかあさん | 2008年01月01日(火) 05:29 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/217-704f44af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |