All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2014'07.01 (Tue)

すぐに役立つ! 配色アレンジBOOK

気がつけば7月。
色見本帳は何とか6月に作業したい思ってましたが、出版物は去年と同じくらいの仕事をかかえており、まだ準備ができません。
忘れているわけではないのです。
夏休みに手伝ってもらえるかもしれないのでそこで作業できるかもしれませんから、ご連絡いただいた方、もう少しお時間ください。

さて、しばらくお教室のほうはお休みしてますが、みなさまお元気でしょうか。
今日は、お教室の生徒さんがいいですよ~って教えてくださった本のご紹介です。
私も見ていいなと思ったので、そのあと買いました。

すぐに役立つ! 配色アレンジBOOK

304ページ:オールカラー
17 x 17 x 2.4 cm :サイズ
グラフィック社 2014年5月8日:発行
久野尚美:著
日本語

著者の久野尚美さんの「カラーテイスト配色ブック」がかなり評判がよかったですが、10年経って同じ出版社から出ているこの本もかなりいいです。
今日はこの小さくて分厚い本のほうがやっぱりおすすめなのでlこちらを。
「カラーテイスト配色ブック」は10年経っていますし、お手頃なお値段で買えるので、また、そのうちにご紹介したいと思います。


【More・・・】

カラーテイスト配色ブック


さてこの分厚くて小さい本、「パラパラとめくるだけで膨らむ配色のヒントとアイデアが満載! ! プレゼンテーションに使える言語感覚を養いながら配色センスがアップする、自在に使える実用配色ブックの決定版。・・・・」と紹介されてました。
ほんとにその通りだと思いました。

見やすいですし、イメージしやすいですし、2色だけじゃなく、3色、4色の組み合わせもあります。
理屈じゃなくて、感覚での配色。

学生のとき、まずは理屈でデザイン論を習い、演習、応用、と、ちゃんと勉強しましたけど、その演習の集大成みたいなのがこの本です。
何百枚もの色紙を切って貼ってみたいなことしてたあれが、この本にぎゅっと詰まってます。

だから、配色に悩む方で、勉強したことないって方は、いきなり、ここまで揃っていると、あとは応用していけばいいだけ、みたいな感じです。
もちろん、あの切って貼って、が、ムダだったわけでなく、なぜそれを選ぶとよいのかをわかっていて、自分のイメージで配色を作り上げていく作業は有意義だと思います。
プロのデザイナーはここまでを感覚的にも理論的にもわかっていて、その先のオリジナルなものを作り上げているんですよね。
でも、プロでデザインをするわけでなければ、その段階を飛ばして、このような本にたよることも近道になってよいと思います。

この本、たとえば、クロスステッチで、色を替えたくて、2色、あるいは3色など選びたいときってありますよね。
そんなとき便利です。
イメージで選ぶって作品のできあがりを決めるのにかなり大事ですものね。


ところで、そんな、便利ですよ、って教えてくださった生徒さん、長野に旅行に行ってよかったって言ってくれました。
データでも出ているみたいでした。
またいきたいなあって思ってくださったそうです。

朝日新聞デジタル「長野の旅に満足」94%(

そんな私がもらってうれしい、買って帰りたい長野のお土産は・・・

夏だと栗100%の水羊羹(ようかん)。
一年中だと、おむすびころりん野沢菜茶漬け。
あったかいお茶の時期なら、まほろばの月、栗鹿の子・・・
お子さんにも受けるかな?は、信州限定じゃがりこ野沢菜こんぶ。

もし、長野に行くことがありましたら、探してみてくださいね。


[夏季限定]竹風堂・くりざさ6個入(G06)

[夏季限定]竹風堂・くりざさ6個入(G06)
価格:1,728円(税込、送料別)


太平堂 まほろばの月(6個入)
太平堂 まほろばの月(6個入)

太平堂 まほろばの月(6個入)
価格:1,674円(税込、送料別)


栗鹿ノ子[ミニ・6個] 【小布施堂】

栗鹿ノ子[ミニ・6個] 【小布施堂】
価格:2,506円(税込、送料別)








関連記事

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは ^^

こちらの配色の本、書店で見つけて購入しました。
色の表現の仕方が素敵だったのと、アルファベットなどを
組み合わせるときに参考になりそうですね。
早くキットを仕上げて色見本と配色の本とで
組み合わせを考えるのも楽しい時間になりそうです。

学生時代に習ったカラーサークル(色相環)を思い出して
懐かしく感じましたが自分でも不思議なくらい色の順番
覚えていました。
使わないとダメですね・・・
紗羽 | 2014年07月01日(火) URL | コメント編集

紗羽さん♪

デザインをされる方ならきっと手に取ると欲しくなる、というより、必要と感じてしまう本ではないかと思います。
分厚さといい、ぎっしり詰まっていい感じですよね。
コンパクトで、自分で作った演習のノートより使いやすくてよいと思います。
もったいないかあさん | 2014年07月02日(水) URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2456-c906ac1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters