All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'08.16 (Sun)

Tシャツから布ぞうり

ここ数日、資料と道具と材料であふれかえっている部屋を片付けておりました。
まだ、片付きませんが。

ところで、しばらく布ぞうりを作っていませんでした。
ストックがあったから。
そろそろ、作ろうかなと思って、そして「ときめかなくなった」けど捨てられない布や着なくなった服などがあったので、テープ状に切りました。

ものの整理で、「ときめかなくなった」ものを捨てるというのは有名ですけど、「ときめかない」ものでもテープ状にして布ぞうりの材料に形を変えると「ときめく」ものになります。
これとこれを合わせるとよさそう!なんて思ったら、あとは、ときめきまくりってとこでしょう。

布ぞうりをたくさん作ってみて感じたのは、土台の部分は、Tシャツみたいなニット地、フライスとかですけど、これを使うと、布テープの端の部分の始末も楽です。
伸びるので、中に入れ込むのも楽なんですよね。
一方、鼻緒の方は織ってあるものの方がしっかりしていてよいように思いました。

そんなで、以前だいたい作り上げて置いたものに、昨日、鼻緒を付けて仕上げたのがこちら。
布ぞうり2015_1

私が初めて布ぞうりを作ったのが2007年。
今でも本は売ってるのかな?とおもって調べてみると、新しい本が出るくらい、布ぞうり自体、まだ人気のようでした。

本に載せる作品なら新しい布で作るのはしょうがないと思うんだけど、実際には気に入った布ではなく、不要な布をよみがえらせるために作るべきだと思っています。
もともと、これを広めた方も、たしか、不要な布を有効活用するためにって作っていたと新聞で読んだように記憶しています。

今回のは、娘の小さいときのポロシャツ(これは縦に切ってみました)、3mくらいもらってしまった青いフライス、わたしのTシャツ、むすめのTシャツを土台部分に。
高校生の時買った、今じゃときめかないプリント地を鼻緒に、お弁当包みを先つぼに。
あり合わせの生地でつくったので、色合わせがいまひとつ(ふたつ?)ですが、はいてると何となく夏っぽいです。

綿の編み地なので、ふんわりやわらかいかんじです。
今回は、編み地なのであとから鼻緒を付けるのが簡単でした。
平織りなどの布だったら、土台部分を編みながら鼻緒を付けてしまった方が私にとっては楽な気がします。

父曰く、足に比べ、あまり大きいのはかっこよくないそうです。
それから、形もかかとのほうは少し細めがよいと母が言ってました。

PPロープ8㎜50m巻き、2つめを使い果たしました。

【More・・・】

8ミリのロープって意外と売ってなかったりします。
4ミリや5ミリのはわりと多いかな?

たくさん作る方は100mを買ってもよいかも?


いまでも参考にしているのはこの本。

紀伊國屋書店→みんなで楽しむ布ぞうり

楽天ブックス→みんなで楽しむ布ぞうり

こちらはわりと近頃出た本のようです。



紀伊國屋書店→まいにち布ぞうり - お気に入りの布で編む

楽天ブックス→まいにち布ぞうり [ 蔭山はるみ ]

布ぞうりは履いてみると気持ちいいから人気なんだと思います。
素足にこれを履くと、スリッパには戻れない気がします。
関連記事

テーマ : 手づくりを楽しもう - ジャンル : 趣味・実用

 |  handmade 布を使って作る小物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2527-150778bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters