All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2014'12.30 (Tue)

28count


紀伊國屋書店→パリのお店屋さんのクロスステッチ - 480点のモチーフで楽しむお店めぐり

楽天ブックス→パリのお店屋さんのクロスステッチ [ ヴェロニク・アンジ...

128ページ
グラフィック社2015年1月7日:発売予定(1月25日:発行)
ヴェロニク・アンジャンジェ:著
日本語

デザイナーさんによって、あるいは本によって、使う布の目数は傾向があるようで、Veronique Engingerさんの本はけっこう28カウントのリネンがよく使われているような気がします。

本によっては28ct,32ct,40ctといろいろ使われていて、私の仕事の一つとしてできあがり寸法を割り出さなくてはいけないのですが、次に監修する本はその作品ごとに違うのです。
できあがり寸法といっても平面ではないので、平面でどのくらいになるか割り出し、さらに立体にしたら何㎝になるか出さなくてはいけません。

ヴェロニクさんのは平面の作品が多く、立体になったものを割り出すのは5点だけだったし、布の目の大きさはだいたい決まっているので楽でした。

DMCの2本どりで×をステッチすると、×が×であるように見えるのがクロスステッチらしくてよいですね。
リネンはどの目の大きさでも、1 over 1でも2 over 2でもそれぞれによいなあとおもいます。
今やっているステッチはどれも32ctで28ctに比べれば×が詰まった感じになりますけど、同じ25番でも若干細い糸のメーカーのではまた×が見えてきて、いろいろ自分の好みを探すといいですよね。




【More・・・】

今回の本では試しに刺してみたものもあります。
人気の色はわりと在庫無しが多いようで、これからの仕事のことを考えると、ちょっと買ってストックしておいた方がいいのかなと思い、書きだしてみました。






今日あたり届くでしょう。

パリのお店屋さんのクロスステッチ
巻末の掲載作品の詳しい作り方ページは日本語版限定付録です。


紀伊國屋書店→パリのお店屋さんのクロスステッチ - 480点のモチーフで楽しむお店めぐり

楽天ブックス→パリのお店屋さんのクロスステッチ [ ヴェロニク・アンジ...

128ページ
グラフィック社2015年1月7日:発売予定(1月25日:発行)
ヴェロニク・アンジャンジェ:著
日本語

元本はこちら


紀伊國屋書店→LES BOUTIQUES ET METIERS DE TOUJOURS A BRODER AU POINT DE CROIX

マガジンマート→LES BOUTIQUES ET METIERS DE TOUJOURS A BRODER

関連記事

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2568-2a7df79b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters