All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'02.11 (Wed)

CREATION POINT DE CROIX - 15JAN/FEB#47

CREATION POINT DE CROIX - 15JANFEB#47
CREATION POINT DE CROIX - 15JAN/FEB#47
マガジンマート→CREATION POINT DE CROIX15JAN/FEB#47
65ページ
フランス語

久しぶりにCREATION POINT DE CROIXについて書きます。
ずっと定期購読で買っているので、届いてはいるのですが、ここのところ書く機会を逃していました。

マガジンマートの年間購読はこちら→CREATION POINT DE CROIX
6回の発送で送料は1回分払うだけでいいのでお得です。

今回は犬がいろいろ載っててかわいいです。

他にもスコッチテリアや文字と組み合わされた子犬なんかもかわいいです。
やっぱりVeronique Engingerさんのは配色にしろ、デザインにしろ、好きですねぇ。

とくにドアのすきま風を防ぐぬいぐるみのようなのがあって、なんかごつごつした縫い方だけどかわいくって、犬のクロスステッチもかわいいです。


【More・・・】

いま、フランスのクロスステッチの本を和訳してもらったものから、図にしたり、できあがり寸法を割り出したりしているのですが、作り方の図はなく、もともとかなりおおざっぱな文章で書かれているものなので、布のサイズも、縦横も、できあがり寸法もわからず、写真をみて、試しに作ったりして説明用の図を描いたりしています。

この犬のぬいぐるみのようなものも、かなりざっくり書かれていて、フランスの方はこれで作ってしまうし、出版社に対しての問い合わせもないのでしょうね。
前にも書きましたけど、日本だったら、丁寧な取扱説明書のようなものに囲まれて暮らしているから、こういった書き方では不親切といわれてしまうかもしれませんね。

私は、自分で考えていいように作ればいいという考えですが、一般的には本と全く同じものが作りたいというニーズの方が多いのではないでしょうか。
ま、そこが日本の手芸書のよいところでもあるのでしょうけど、本を作る方はたいへんです。

で、洋書はいつもそんな書き方なのかというとそうでもなく、この号に関していえば、わざわざコードを挟んだパイピングを縫い込んだクッションの作り方、ぽんぽんのつながったブレードを周りにつけたクッションの作り方が段階を追った写真付きで載ってました。
いままで、あまりりこういうのはフランスの雑誌では見かけたことがなかったので、親切だなと思いました。


ところで、ten oldさんの作品展に行くためにがんばって仕事進めたのですが、自治会の用事も、そのほか、話せば長いもろもろがあり…
最終日にもぎりぎりまで行くか行かないか悩んでいたものの、残念ながらあきらめました。

また、2年後くらいなのでしょうか。
なかなか進められないフェアアイルのセーターをこんどこそ作って着ていけるといいのですが。

手描きで図を描いたり、PCで文章を書いたり、試作したりと、やっぱり編み針をさわっていられる時間がとれません。
毛糸にもレザーにもさわれないまま、また春が来てしまう…
関連記事

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  雑誌Créations Point de croix  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2593-28464bfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters