All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'02.23 (Mon)

オーブン粘土のボタンとアクセサリー

今やってる仕事は今までで一番自分の良さが出せてる仕事だと思いました。
親からはあれこれやりたがるんじゃない!といわれるほどあれこれ勉強させてもらい、だんなさんからは充電期間が長いけど、(ちっとも発揮しないところをみると)漏電じゃないのといわれてきました。

今回は洋裁、フリーステッチ、カウントステッチ、ビーズ刺しゅう、その他ハンドクラフトとちょっとだけフランス語とあちこちの分野でため込んできた知識が少しずつ役に立ちました。
製図や図説はお勤めしてたときの延長、そして、料理やお菓子といった趣味の知識でさえ役に立ち、文房具好きであることも仕事の進みを助けてくれました。

そんな何でも作ってみようとする性格ですから、これもやったことがありました。
娘が小さいときジェニーちゃんの小物を樹脂粘土で作ってたり、服に犬のボタンを付けてあげたくて自分で考えて作ってましたので。
本の表紙がかわいかったのと、これだけかわいいのが作れるのにはコツがあるのだろうと思って買いました。

紀伊國屋書店→オーブン粘土のボタンとアクセサリー - こねて、まるめて、コロコロかわいい
楽天ブックス→オーブン粘土のボタンとアクセサリー [ 相馬美穂 ]

これぞというボタンが作れると、たとえ服がシンプルでもオリジナルになるのです。

【More・・・】

こちら()も買ったのですが、こちらは、レジンやプラバンで作るのも載ってます。

紀伊國屋書店→カラフルかわいい手づくりボタン - オーブン粘土・レジン・プラバンでできる
楽天ブックス→カラフルかわいい手づくりボタン

どちらの本がよいというのではなく、ぐっと掘り下げたオーブン粘土のボタンの作り方を知りたかったら、上を、簡単でいいから、あるいは、レジンやプラバンの作り方も知りたいと思ったら下の本を選ぶとよいと思います。

こちらの本のボタンの方が本格的です。
カタツムリやイカリのマークのボタンまでできちゃうなんて、金太郎飴みたいですごいと思いました。

使う粘土はフィモソフト。




こういうのもありますよ。

私のもってるボタンの型はすごく大きいのができます。


さて…

やっと試作とそれに基づく原稿書きが終わり、いよいよプロセス撮影の準備です。
各段階ごとに撮影していきますが、必要なそれぞれの場面まで縫っているものをいくつも用意します。
イデーではいつも2種類、十数セット準備します。

今回の単行本は、3種類。
それぞれに数カット分、やはり十数セットは準備します。
いつもはミシンが多いところ、今回は刺しゅうということで、全部手縫いというところが違うところです。

量からするとこれから1ヶ月くらい縫い続ける予定です。
関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Booksその他手芸の和書  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2595-65ae218b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters