All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2015'03.16 (Mon)

コッツウォルズと湖水地方を訪ねて

コッツウォルズと湖水地方を訪ねて



紀伊國屋書店→コッツウォルズと湖水地方を訪ねて - 旅の刺しゅう3

楽天ブックス→コッツウォルズと湖水地方を訪ねて [ 青木和子 ]

95ページ
文化出版局 2015年3月22日:発行 3月13日:発売
青木和子:著
日本語

前から楽しみにしていた本です。
その日はうれしくて、寝るころまでながめていました。
表紙からして、もう…大好きな感じです。

旅シリーズは3冊目ですが、今回も旅先の風が感じられるような刺しゅうと写真と文章で、それぞれのページの土台の色と作品を見ると、暖かい季節の気分になれる本です。
ジキタリスの花が咲く頃の旅ということでしたから、夏だったのでしょうか。

湖水地方ということでビアトリクス・ポターさんのお話、つまり、ピーターラビットをはじめとするお話の舞台を旅されて、その思い出などを刺しゅうで表現されています。

いつかTVでピーターラビットのお話についての番組で、ピーターが持っている長くて赤いラディッシュを育てているレストランが紹介されてました。
その、めずらしいラディッシュもデザインのひとつとして取りあげられています。

湖水地方の他の田園風景もまたすてきで、ヒツジなどかわいい刺しゅうの作品になっています。

イギリスの草花や動物たちもとてもかわいく表現されていますし、それが生活の中で使える作品にも仕立てられていて、見たり作ったり読んだりといろいろ楽しめる本です。

いつものように、刺しゅうにはあまり出てこない材料なども使ってあって、おもしろいです。

【More・・・】

やっぱり、表紙のデザインがすてきだなあと思っていたら、キットも出ているそうで、すぐに取りかかりたい方にはキットもよいと思います。




予約が始まっているこちら↓
私の担当はビアトリクス・ポターさんの世界をクロスステッチで表現するものです。

ポターさんの本の著作権を持つイギリスの会社にできあがった作品を見てもらい、その掲載について一発OKもらえたようです。
ポターさんの絵の雰囲気を壊さずに表現することができたのではと思っています。



楽天ブックス→ステッチイデーvol.21

LAWSONほっとステーション→ ステッチイデー Vol.21 【ムック】

「物語」のページのほかにもレッスンページ4ページを担当しており、作品としては計4点を掲載していただいてます。



ところで、昨年出版された方の本は電子版がでている事に気がつきました。
[Kindle版]

紀伊國屋書店→青木和子の刺しゅうダイアリー - 四季を彩る草花とステッチ Kinoppy




関連記事

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  青木和子さんの本  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2603-47bbfc4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters