All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'05.27 (Wed)

スカートのウェストの寸法直し

手の怪我もだいぶよくなったので春の大掃除もしたりしてます。
それに、仕事の針仕事を優先させていてできなかった自分と家族の針仕事などをしているので、いつも以上に縫い物している感じです。

衣替えと同時にいろんなものを捨てました。
ときめかないもの!を。
ときめいたとしても、やせたらまたはけると思っていたものも、やっぱり無理だろうとさすがにあきらめました。

構造上、直しにくいものは処分、でも、直せるものは直すことに。


さて、ウェストの寸法直しもいろいろありますけど、太ることもあれば、やせることもあるのゴムも合わせて調節できるようにしました。
いつか書いたの()と同じような直し方です。
前のはとっても高かったスーツでしたので直したわけですが、これは自分で作ったものですから、共布もありますし、直しやすいです。
これは、脇で0.5㎝×2(前後)×2(両脇)で2㎝出せます。
スカート脇・幅出し
前後にある8本のダーツでもそれぞれ出せますけど、たくさん縫うのは面倒なので全部はしません。
バランスを崩さない程度でほどほどにほどほどに。
裏付きなので、裏のダーツも直さなきゃいけないからです。

このゴムも先頃のパンツで入れた3㎝の広幅ゴムの残りを使いました。
1m切り売りだったものからウェスト分を使って余った部分。

お教室の生徒さんからは、「そういう端切れまで持ってるから物が減らないんでしょう」と言われてしまいました。
ほんの何㎝かでもこのようにして使えるので、やっぱり取っておきます。
服を作ったときの共布も残してますね。
すぐ取り出せて使えるように整理・保管しておくのがたいへんですが。

使えないものを持っていることは無意味ですが、使えるのに捨てちゃうというのはもったいないです。
作り替えられる腕があるのに、ただ捨ててしまうのも、もったいないです。
それでもやっぱり時間は限られています。
いまのところ、処分してしまうのが、いちばん賢い方法なのかなと思います。

ミセスのスタイルブック、6月になったら夏号が発売されます。

【More・・・】



楽天ブックス→ミセスのスタイルブック 2015年 07月号 [雑誌]

6月12日発売予定


ところで、寸法直しって、思っている以上に手間と時間がかかる作業です。
縫い物をしない人ほど、軽く、「直して欲しい」なんて言ってくれちゃいます。
日頃は「縫う人の気が知れない」とか言ってるのにです。
(縫うのに手間暇掛けるなんてばかばかしく、買えばいいじゃないという、ご意見)

「お直しはお店に頼むと高いんだもの。」とか言われると、ますます直してあげたくなくなります。
だから、やんわり断ります。

お店の直しの作業って、知識も経験も技術も必要だし、労力もほどくことも含めてたいへんです。
人様の大事な一点物を扱うってことでも気を遣いますしね。

自分で直せないなら、↑みたいなことを言わずに、お店に正当な工賃を払って直してもらうのがよいと思います。

関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2641-5bee9d90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters