All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'06.08 (Mon)

きくちいまが伝えたい!40代からの新・着物生活

いよいよ、次の出版物の仕事。
現実逃避は着物の本…。



紀伊國屋書店→
きくちいまが伝えたい!40代からの新・着物生活

楽天ブックス→
きくちいまが伝えたい!40代からの新・着物生活 [ きくち...

128ページ
実業之日本社 2015年5年29日:発行
きくちいま:著
日本語

紹介文に「着物は着るだけで三割増し美人に見えます」と書かれてます。
いいこと言いますねぇ。

一応、私、洋裁が仕事なので、普段まで着物を着たりしようとは思わないんですが、お出掛けのときに着るということはしたいですね。
なにしろ、なで肩で寸胴…昔の日本人体型ですから、洋服に比べれば似合うと思います。
若いときは細くて名古屋帯でも二重太鼓が結べてしまうほどだったのですけど、近頃は補正のタオルもいらないかもです。

付け帯の話、工夫した下着の話、きものや帯の揃え方の話、と、きものの雑誌や他の本でも載っているんだけど、あらためてイラストで楽しく書いてもらうと、そうそう、そう思ってたのに忘れてた!みたいなこともあり、おもしろく読めました。
また、旅行には小さいバッグ一つで済ませてしまう話が、意外で、おもしろかったです。

「うそつき」も、このまえ、ちょうど正絹の長襦袢をほどいて袖だけのを縫っていたところで、この本を読んだので、もう一枚作ろうかなと思ってます。
無双なのですけど、袖だけだから、私なんかでも気軽に作れます。

きものは染め直しとか、もらい受けたものでも寸法を直しながらの仕立て直しとか、きものから羽織へ直すとか、いろんなリメイクの方法があります。
どんな物は処分してしまったらよいか、みたいな、洋服と違って判断つきづらいことも教えてもらえて参考になりました。

【More・・・】

昔に比べて着物関係のグッズも充実してるようです。
昔は個々で工夫していたんでしょうけど、いまは、なんとか楽に着てもらいたいという人たちの思いが商品開発につながってるんでしょうね。

通販カタログみたいになってるこちら↓の雑誌、おすすめ商品などは、前に出ているのとかぶっているみたいですけど、まだみたことない方にはいろいろなアイデアグッズなどに出会えると思いますよ。


紀伊國屋書店→買いもの七緒 〈2015年度版〉 - 着物まわり買いもの帖

楽天ブックス→買いもの七緒(2015年度版)


追記:

ミノママさんにまたよいことを教えていただきました。

レビューもほとんどの方がよいとおっしゃってました。
冬もけっこうパーティー会場などは汗をかくので、よさそうです。

着物や帯に汗がしみないってことは、クリーニングなどにお金をかけずに済むので、結局はお安いってことになるんですよね。
関連記事

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 着物の本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

是非、お勧めしたいと思っております
「あしべ燈芯」の下襦袢です。
先生は良い垂れものの時おめしになるそうですが、私は日本舞踊のお稽古にいつも着ます。
「あしべ燈芯」はろうそくの芯がさらしに縫い付けてあり、汗を全部吹い、襟から胸元にかけてとっても綺麗に着れます。是非一度おためしくださいね。
ミノママ | 2015年06月12日(金) URL | コメント編集

ミノママさん♪

そういうのがあるんですね。
よいことを聞きました。
ちょっと調べてみたいと思います。
いろいろ本とかも読んだりしたら、女優さんにも人気の着付けの方の考案で補正もできて早く着られるのが自分で作れるらしくて、それもいいかなと。
もったいないかあさん | 2015年06月12日(金) URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2653-d488ebbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters