All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2015'06.29 (Mon)

汗取り襦袢 あしべ織

ミノママさんに教えていただいた汗取り、いろんな着物サイト・ブログでも評判がよく、以前に買った雑誌をあらためて見ても絶賛されてましたので、かなりいいんだろうなと思い切って買いましたよ。


着物関係の本を読んでいますと、下着に汗を吸わせて着物や帯まで汗を吸わせないのが大事とのこと。
下に着るものをしっかりさせておけば、クリーニングに出す回数も減るので、結果、お財布にも優しく、結果、着物自体を洗わずに済むことが生地にも優しいそうです。

秋も暑いですしね、冬も暖房が効いてるし、年中活躍するんじゃないでしょうか。
いちばんは正絹の夏物に向いているんでしょうね。
麻だと着ない人もいらっしゃるようです。
麻は洗えますから。

というわけで、楽天でいちばん安かったのがこちら。

Mでも大きめということで、紐を付け直すことで、細めの人でもちょうどに合わせられるという工夫がレビューに書かれてました。
ついでに紐の切りっぱなしになってるところもちょっと留めておくといいですよね。

汗取りの袖だけはずして、袖がたくさん重なるのを避けるという工夫をされてる方もいらっしゃいました。

汗取りの話ついでに・・・
銀イオンの汗止めスプレーを使ってたんですが、絹の着物に付いてあとで変色したとき、かなり落ちにくいそうです。
制汗剤があるからちょっと大丈夫かも?なんて勘違いをしておりました。
制汗スプレーがダメなら、汗取り、やっぱり大事なんですね。

そういえば、あちこちのブログなど読んだのですけど、夏の麻の着物についてリネンだと思ってる人、あるいは、洋服のリネンはチクチクすると思ってる人、いろんな、勘違いと思われる記述を見ました。

麻についてはこちら()に書いているように、日本の表記ではリネンもラミーも麻なんですよね。


関連記事

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 着付け  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

着物に憧れてるどらねこです。着物のホームクリーニングは無理ですか?染み抜きを頑張る?のがベストですか?祖母、母、の着物を虫干しして、悩みます。
どらねこかーちゃん | 2015年07月04日(土) URL | コメント編集

どらねこかーちゃんさん♪

洗える着物としては、木綿の着物、麻の着物、化繊の着物で、絹はプロに任せましょうというのが普通だと思います。
小千谷縮などは自分で洗えると思っていたのにプロに任せましょうと書いている方もいらっしゃいました。(けど、私は自分で洗います)
洗うのが得意な方はほどかずご自分で洗ってしまわれるそうですが(生洗い)、縮むのがいちばんの問題で、袷などは裏が裾から出てきたりしてしまうこともあるそうです。
絹は濡れているときの摩擦に弱いので、上手に洗わないとつやがなくなったりもします。
洗い張りするとかなり新品同様になりますが、ほどくことと仕立て直しをお願いすることになりますね。
家では着た後の汚れ落としに力を入れ、後はプロにお任せが着物のためにはよいと思ってます。
もったいないかあさん | 2015年07月04日(土) URL | コメント編集

アドバイスありがとう

ユウズドショップで購入したお安い紬をエマールで、洗濯したら、20cm縮んだことがあります。(笑)結局それは、スカートに変身しましたが。一重の喪服、黒の呂をリフォームしようか、考え中です、洗って一度縮ませて、刺繍でもすればとか
どらねこかあちゃん | 2015年07月04日(土) URL | コメント編集

どらねこかあちゃん さん♪

あちこち読んでいると、たしかに1割くらい縮むこともあるようです。
単衣の絽もきっと縮むでしょうね。
一度縮ませてから縫う場合、保管や着ているときに伸びてしまうということもあるみたいで、悩ましい問題です。
生地にはさみを入れるのはためらわれますから、なるべく着物として着たいとは思ってますが、ただしまわれているだけなら別の形になって頻繁に着られるようになるのがいいですよね。
もったいないかあさん | 2015年07月05日(日) URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2665-6e3c1587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters