All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'07.11 (Sat)

着物用ほこり取りと、着物用ブラシ、カシミア用ブラシ&鰹節削り器の刃のこと

締め切りのある季節労働者です。
忙しさはまとめてやってきます。
今週末はピンチです。
なぜか、日曜がお仕事MAXです。

仕事の副材料を買いに行く時間も惜しい、ましてや、自分の針仕事のものとなるとわざわざでなく、何かのついででもないと時間がもったいなくて行けません。
少し前の話ですが、仕事の買いものついでに白い別珍も買ってきました。
着物のほこりを取るブラシみたいに使います。
秋から使うので、またつくっておきませんと。(作ったらブラシ2本と一緒に写真撮りますね)

着物も着た後のまめな手入れが大事。
作り方が書いてある本があって(記事はこちら)、こんな簡単なものまで作り方書く?と思ってしまったのですけど、書かないと、編集部に質問が行っちゃうんでしょうね。

ブラシという手もあります。
静電気防止の繊維も使ってるそうなので、普通の服にもよいのではないでしょうか。
小さめで手軽にほこりが落とせます。

昔、服の勉強をしてたとき、手入れに、服より高くてもいいブラシを買っておくといいと言われて、白い馬毛のを買ったのですが、おかげで服も長持ち。
もちろん、ブラシ自体も長持ちしてますけどね。
花粉用のブラシは豚毛です。

まあ、別珍でブラシ代わりのものを作っておけば、手軽にお手入れができてよいですね。

ところで、めずらしく出掛けるついでに、鰹節削り器の刃を研いでもらおうと、持って出掛けました。

【More・・・】

うまく削れなくなっても、でも、鰹節削りのパックはどうも買いたくなくて、早く持ってかなくちゃと思ってたのです。
削り器を買ったお店なので、研ぎは無料なんですよ。

鰹節削り節と鰹削り節は味も値段も違うという話をすると、ほとんどの人がどう違うか知らないとおっしゃいます。

先日取りに行きましたら、また、おもしろいように削れるように戻っていてうれしかったです。

着物の手入れも鰹節を削ることも面倒だということでしない人のほうが多い時代ですが、ほんとの良さを知って、ちょっとの手間をかけることが、人生を豊かにしてくれるのかなと思ってます。
人によってその価値は違いますが…。



着物用のブラシ


白い馬の毛のブラシ


鰹節削り器 弁次郎


ちなみにこの鰹節削り器 弁次郎、私のこの「弁次郎さん」は古いのですが、今のは傾斜が付いていてさらに削りやすくなってるそうです。
鰹節削り器は刃が命。
昔買った本には刃がよい削り器はデパートで1万円以上のものを目安に買うといいと書いてありました。

私は乾物の問屋さんにその話をして買ったので、デパートよりはお安く買えました。
最後まで削るための道具も付いてはいますが、小さくなった鰹節はそのお店に持っていくと削ってもらえるので、使ったことはありません。
関連記事

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 手入れ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

いつも勉強させていただいてます

フランス刺繍の本を探しているときにこのサイトにたどり着いて以来、愛読しております。なかなかコメントを残せず申しわけありません。刺繍だけでなく、お菓子作りやお節づくり、着物のことなど、興味の重なる部分が多くて嬉しく思っております。今日は、鰹節削り器のことが出ていたので、思わず…。削り器は、購入したい道具なのですが、お手入れしてくれる店がないところに持って行っても大丈夫か、どうやって選んだらいいのか、などと逡巡し、いまだ買わずにおります。日本には毎年行ける訳ではないので…。
もったいないかあさんがお使いとうかがって、購入の方にまた心が動きます。
蛙が池 | 2015年07月13日(月) URL | コメント編集

蛙が池さん♪

コメントありがとうございます。
現在、監修させていただいてる本がいよいよ最終段階だったり、スタジオ撮影の準備もあったりして、記事を書いている余裕がありませんし、出版物のこともここに書くわけにいかなくて、鰹節の話になりました。
問屋さんの話ですと、毎日削る人で年に1回くらい研ぐ方もいらっしゃるそうです。
まな板に当てて切る包丁の刃と違って、そんなに切れなくなくなるわけじゃないから、大丈夫なんじゃないでしょうか。
鉋の部分だけお渡しすればよいので、海外にお住まいでしたら、その辺の事情を説明して送って研いでくれるところを探すのもよいかもしれないですよね。
刃は出し過ぎると欠けますので、お気をつけください。(やってしまいました)
本枯れ節があるのと、ないのは、クラシック音楽にモーツァルトがあるのとないのくらいの天地の差があるように思います。

もったいないかあさん | 2015年07月13日(月) URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2672-c2c8768c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters