All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'07.15 (Wed)

鯨尺の竹尺

今日も一日PCの前にいました。
ここ何日かこんな調子でしたので、目が疲れました。

そんな原稿のチェックの一つにインチ表示とセンチ表示の表がありました。

生まれてこの方、mm、cm、mなどの表示、あるいは刺しゅうだとinchの表示で、ものを作ってきました。
尺という単位を使ってものを作ったことはありません。
着物の本も多くはcmですが、古い仕立ての本では寸、尺といった本もあります。

呉服屋さんや仕立屋さん、着物好きの方のお話を読むと○寸、○尺と使われています。
知ってて損はないし、もともと人の体が基になってる長さの単位だから使いやすいのでしょう。
鯨尺を使ってみることにしました。
FTAKE-38竹尺(竹差し) 1尺(鯨尺+cm付)

FTAKE-38竹尺(竹差し) 1尺(鯨尺+cm付)
価格:362円(税込、送料別)


センチと寸がいっしょの竹尺です。
洋裁では竹尺って20cmのものしか使ってないけど、これは38センチくらいなので、30cmの物差しだと短いって思うときにもよさそうです。

【More・・・】

お直しくらいしかしないので、反物の幅だけあるのを買いましたが、母が昔から使ってる長いのもあるといいなとおもいました。



インチとセンチのメジャーがあるように、センチと鯨尺のメジャーもあるそうです。



ちょっとほしいなあ~と思いましたが、普通のメジャーに比べるとあまり使う人はいないからかお値段高め。
(それを見たとき、メジャーなのにマイナーなんだ~、と思いました。)

(majorとmeasureは別物です、念のため)

関連記事

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 針仕事道具  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2683-09fce856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters