All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2015'08.07 (Fri)

パリのビスコーニュのクロスステッチ おすすめの点(11)本日発売

いよいよ本日(2015年8月7日)発売ってことで『パリのビスコーニュのクロスステッチ 35種類のかわいいピンクッションデザイン』について今日も書きます。

紀伊國屋書店→パリのビスコーニュのクロスステッチ

LAWSONほっとステーション→ パリのビスコーニュのクロスステッチ 35種類のかわいいピンクッションデザイン / ...

楽天ブックス→パリのビスコーニュのクロスステッチ [ オーレル ]

112ページ
グラフィック社 2015年8月7日:発売予定
オーレル(Aurelle):著
日本語

こちら↓の本の日本語版となります。
フランスのアマゾンでも26人中22人が★★★★★4人が★★★★☆という、クロスステッチ本の中でもまれに見る人気本です。

紀伊國屋書店→LA PASSION DES BISCORNUS. A BRODER AU POINT DE CROIX: A BRODER AU POINT DE CROIX

日本版で作り方など監修をしております。

この本からは、仕立ての確認の試作やサイズ確認のための試作、アイーダを使っての段階標本作りなどもしました。
そのほかにひとつ、試みとして、デザインは掲載されているものを使って、「和のビスコーニュ」を作りました。

「和のビスコーニュ」って私が勝手に付けた名称ですけど、写真で雰囲気は伝わると思うのですが、何だと思います?
日本で育った人なら、ビスコーニュを見たとき思ったのではないでしょうか。
和のビスコーニュパリのビスコーニュのクロスステッチ [ オーレル:著] に掲載しています

【More・・・】

・・・これは座布団型と呼ばれるお手玉の形と同じ。
お手玉とビスコーニュ

私も子どもの頃から作っているこの形ですから、フランスのビスコーニュを見たとき同じだなと思ったわけです。
ビスコーニュってフランス語でどこかおしゃれな響きで今まで知らなかったもののように思います。
だけど、展開したパターンを見れば、昔から日本にあるお手玉と同じ形に仕上がることが確認できます。

その辺のことはどんな本を見ても載ってなかったので、「パリのビスコーニュのクロスステッチ」で紹介したかったけど、著者のデザインはの図柄ではあるものの、著者の制作ではないので参考作品として写真だけが載っています。
だから、原著には載ってなくて、日本語版にだけ載っています。

一応、ビスコーニュってことでボタンで留めていますが、お手玉を意識させるために、中の綿を少なめにして作っています。



作り方は、原稿は書いたけど上のような理由で掲載してないので、ここに載せます。

作り方はよく知られてますよね。
マーク同士を縫い合わせるだけ、といってもビスコーニュの作り方なので、パーツとパーツの縫い合わせ方については日本語版の「基本」、あるいは「応用」のページを見ていただきながら作っていただければと思います。
otedama お手玉 おてだま
並べ方を変えても大丈夫です。
otedama お手玉 おてだま




ところで、この暑さ、寝ている間にも汗をかきますから、寝る前にスポーツドリンクを飲むと脳梗塞の予防にもなるそうです。
10℃くらいのが吸収しやすいそうです。
初めて人間ドックを受けたとき、取れた予約が7月の終わりで、暑いのに胃の検査のために水も控えるようにとのことで、つらかった記憶があります。

昨日はシャツのパターンを作るため、一日クーラーの部屋で作業をしてました。
暦の上では、明日が、立秋。
天気予報によると、暑さのピークは今日だそうです。

本屋さんに足を運んでくださいねと書きましたけど、この暑さと突然の雷雨にはお気を付けくださいね。


関連記事

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2705-87276000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters