All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'08.10 (Mon)

穴のあいたリネンシーツ

今日も好調な滑り出しの「パリのビスコーニュのクロスステッチ」の宣伝といきたいところですが、肝心の本が届いてないので、今朝してた針仕事から。
「四十肩」の次は「穴のあいたシーツ」と、あまり響きのよくない題名が続きます。

ずっとリネンのシーツを使っています。
リネンでも綿でも何年か使っているとシーツの真ん中辺りがだんだん薄くなって、ちょっと爪か何かが引っかかったと思ったら、びりっ!

これをまずはリネンタオルに。
それも使い古したら雑巾として。

よく洗ってやわらかくなったリネンて雑巾にすると、お掃除が楽しくなっちゃうくらい、繊維は残らないし、汚れをかき取るように拭くことができて、ガラス窓もぴかぴかになりますね。

シーツで、だいたい穴のあくのは真ん中。
穴の開いたリネンシーツ

だから、9枚に裂くか、切ります。

【More・・・】

穴の開いたリネンシーツ
1枚がだいたい、75×50㎝くらいのが8枚と穴あき部分のボロ切れが残ります。
8枚をアイロンで三つ折り、それからミシンをかけます。
ボロ切れはボロ切れで使います。

三つ折りにしてミシンをかけると言ってもかなりの量なので、夏休みということですし、お子さんのミシンの練習などにもいかがでしょう。
子どもにミシンの練習をというと、雑巾でもって答える方が多いと思うのですが、綿タオルの雑巾は手縫いの方が絶対いいと思うのです。
雑巾の縫い方ってある?★

が、これはタオルの雑巾とは違うので、ミシン縫いがよいとおもいます。

雑巾にしないシーツの利用もあります。

真ん中で切って…
穴の開いたリネンシーツ
端と端を合わせて中心にして折り伏せ縫い。
新しく端になった部分は三つ折りしてミシンがけ。
穴の開いたリネンシーツ
これで、新たに厚い部分が中心にきて、しばらく使える、ということなのですが・・・

じつは、これだと中心の縫い目が気になって私はよく眠れません。
まあ、こういうやり方もあるってことで。

そういうわけで、おすすめはリネンタオルです。
ちなみに今朝裂いたリネンは、結構厚手のリネンでしたので、裂くのにとても力がいりました。
布目を見ながら切る方が良いみたい。
いいリネンタオルになりそうです。

結構なお値段でしたが、タオルに変身させれば、元が取れます。


それぞれにワンポイントの刺しゅうなどしておくつもりです。
夏休みの手づくりにいかがですか?
リメイク&家庭科。


関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2708-eb6f46c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters