All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015'12.04 (Fri)

着物地でのれん

母が、夏ののれんが浴衣地みたいなのでできてるのを見て、正絹の縮緬の着物を解いてあるのでそれで作ると言い出しました。
が、何も作ってあげてない負い目があるのでせめてのれんぐらいはと、私が縫いました。
朝の光がまぶしすぎて、どう撮ればいいのかわからなかった写真なのですけど。
着物からのれん
きものの身頃で長いのが2枚、両袖を使って短いのが1枚できます。

「衣」として着るにはちょっとと思う柄や色、素材でも、「住」のほうで何かに使えますね。
無駄になるところがないのには、改めて感心してしまいます。

暖簾というと、やはり麻や綿が多いです。
絹で作ってもちょっといい感じです。

【More・・・】









ところで、暖簾は一垂れ、と数えるそうです。

ちなみにこの絹を生み出す「お蚕」は一頭と数えるそうです。
蚕には野蚕と家蚕があって、家蚕(かさん)は家畜と同等扱いだからなんだそうです。
ただの虫だったら一匹。

日本のものの数え方ってむずかしいけど、そのわけを知るととてもおもしろいですよね。
関連記事

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 針仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2735-7202ba9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters