All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'01.22 (Fri)

ファスナーの本 25日発売

表紙を見ると一目瞭然とはこのこと。
「ファスナーの本」は、赤いファスナーが目印です。

ファスナーのつけ方がばっちりわかる!ファスナーの本(記事はこちら★)が、昨日、編集者さんから届きました。
ファスナーの本


↑アマゾン

紀伊國屋書店→ファスナーのつけ方がばっちりわかる!ファスナーの本

楽天ブックス→ファスナーの本

別の本の仕事で、出版社のスタジオでの撮影があり、その行った日は新刊として展示されていたのでうれしくて、撮影が終わったあと、じっくり読んできたんですよ。

今回、私にしてはめずらしく、本業の洋裁の方で出版物の仕事をしました。
いつもは、刺しゅう関係の仕立てで、縫い方や、クロスステッチ、フリーステッチ、ビーズの刺しゅうなどの仕事ですが、今回はワンピースで、1点だけですが作品を載せていただいており、コンシールファスナーのレッスン指導は4ページ担当しています。

フォーマルにも着られる、だけどシンプルな、でもワンポイントのある、コンシールファスナーを使ったワンピース、という依頼。
コンシールファスナーの縫い方もいろいろありますが、私が長年いろいろやってきた中でいちばん良さそうなやり方を提案しています。
初心者でもやりやすく、きれいにできあがる方法という依頼ですので。
背中のファスナーはスカートのより目立ちます。
出版物のコンセプトに合わせて、早く縫うやり方より、慣れない方でもきれいに縫い上げる方やり方にしました。

フォーマルのものなので、縫い方としてもコツはあるのですが、ページ数には限りがあります。
あくまでもファスナーの本なので、コンシールファスナーの部分に重点を置いて説明しています。
うまく縫えないと思ってコンシールファスナーを避けていた方も、ぜひ、参考にして縫ってみていただきたいです。

ちょうど制作期間に帯状疱疹になり、治ってから2日で縫って、そのあとビーズ刺しゅうをして、ぎりぎりに提出したのです。

この本で関わってきた出版物は26冊めになるでしょうか。
そのなかでも、「がま口がいっぱい」、「ステッチイデーVOL.21」「VOL.12」「パリのビスコーニュ」とともに5本の指に入る、予定外のことでたいへんだった本です。
今後も自分の中で記憶に残る本になるのではないでしょうか。

25日はぜひ書店に足を運んで手に取ってみてくださいね。
目印は「赤いファスナー」です。

【More・・・】

日本ヴォーグ社さんといえば、こちら「手づくり手帖」の最新号は2月発売ですよ。


紀伊國屋書店→手づくり手帖   8 早春号

楽天ブックス→手づくり手帖Vol.8 早春号

私は針仕事も含め、いろんな手作りに手を出しているので、どんなのが来てもOKってことで年間購読しています。
毎回買うのはどうもという方は、個々に買っていかれるのもよいかとおもいます。
関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2764-846c6b3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters