All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'02.11 (Thu)

ミセスのスタイルブック2016年 春号

ミセスのスタイルブック 2016年 03月号


紀伊國屋書店→ミセスのスタイルブック (2016年3月号)

楽天ブックス→ミセスのスタイルブック 2016年 03月号 [雑誌]

236ページ
文化出版局 2016年2月12日:発行
日本語

手袋を編もうとか、セーターの袖を編もうとか思っているうちに、年間購読しているミセスのスタイルブックの春号が届いてしまいました。
もうすぐ、春なんですね。
(現在、次の次の出版物の販売促進のためクロスステッチの最中で、編みものができないでいます。)

今回の実物大パターンはジャケットです。
縫いしろ付きのパターンとして切り抜ける余裕のある配置になっています。
ただし、2点のデザインのうち、どちらか1点だけ。
2点とも作りたい場合は、1点は先に写してからということですね。

ジャケットと言えば、裏が付いている方が着やすいですよね。
例年、裏地の説明は秋冬号にならないと出てこないんですが、今回は春号で丁寧にジャケットを例に挙げて説明されています。
衿がない簡単なジャケットであっても裏を付けるとなると敬遠する方も多いと思うんですが、私は裏を付けてしまう方が楽だと感じてます。

裏なしジャケットを脱いだときにロックミシンの始末が見えるっていうのは、ちょっと安物っぽくって悲しいからバイアステープなどで始末しますが、これがなかなか手間なわけです。
くわしく、丁寧に説明されているようなので、ぜひ参考になさって、裏付きの服に挑戦していただきたいですね。

読者参加企画で、きものリメークの洋服が載っていました。
なるべくほどかずに簡単な服にする本も人気です()が、よい部分を活かし、キズや汚れを隠したり、はずしたりして服にするのもまたよいですよね。
私は、小物に縫い直す()か、着物のまま着るほうに向いているところですけど、こういうのもいいなと思いました。

ほかには、はおれるシャツワンピが作りたいと思いました。

ソーイングレッスンでは「コンシールファスナーのつけ方」が載っていました。
私も「ファスナーの本」ではコンシールファスナーを担当しています。
私のやり方とはちょっと違う部分をみつけました。



【More・・・】

1点はBunkaの学生の時教わったことで、当時すでに定年に近かったベテランの先生に教わった「理にかなったやり方」。
何気ない作業も理由があるんですよね。
たしかにこうした方がいいと確信しています。

もう1点は、ほかにもこんなコツがあるよというもの。
長年いろんなやり方の本を探して「試してよかったやり方」です。

というわけで、コンシールファスナーのつけ方に関しては私が考えた末のやり方ですから、自信を持ってこちら↓の本をおすすめいたします。


↑アマゾン

紀伊國屋書店→ファスナーのつけ方がばっちりわかる!ファスナーの本

楽天ブックス→ファスナーの本



こちらの本はミセスのスタイルブックから、スカートのパターンについての特集をまとめたもの。
1のトップス編もそうでしたが、とても売れているようです。

パターンの本が出るたびに、よくわからないというレビューがつくと思うんですが、基礎を勉強してない場合、パターンの勉強はむずかしいですよね。
そこで、あきらめてしまわず、まずは作図して縫ってみることが大事ですよね。
この線はおかしい、って気づくようになるには時間がかかりますが、何事も経験です。



紀伊國屋書店→紀伊國屋書店→文化出版局MOOKシリーズ 誌上・パターン塾 〈vol.2〉 - スカート編

楽天ブックス→誌上・パターン塾vol.2 スカート編



紀伊國屋書店→ほどかず簡単!手ぬいで着物リメイク

楽天ブックス→ほどかず簡単!手ぬいで着物リメイク [ 高橋恵美子 ]
関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ミセスのスタイルブック  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ロックミシンについて

はじめまして。
めめと申します。

2年前にコンピューターミシンを購入して以来、
もったいない母さんのブログを拝見しながら勉強させて頂いております。

ミシンを購入するまでは、学生の頃に家庭科の授業でお裁縫の勉強しただけで、ほぼ未経験ででした。

最近は型紙付のソーイング本を購入し、見よう見まねで、5歳になる娘の洋服を作っています。

一年後には娘が小学校に入学するので、入学式の衣装や通学のお洋服をハンドメイドしたいな♪という夢を持っております。

ただ、家庭用コンピューターミシンでの作品は、すぐにほつれてしまったり、ニット生地の始末が上手くいかない為、ロックミシンの購入を考えております。

このように、ほぼ初心者ですので、ロックミシンを購入したところでお洋服を作る事が出来るのかな?と疑問に感じております。

そこで、初心者がロックミシンを購入、使用するにあたっての注意点はありますか?

また、家庭用コンピュータミシンとロックミシンとの仕上りや目的の違いを教えて頂けると嬉しいです。

そしてロックミシン初心者用のおすすめの本をご紹介頂けないでしょうか?

不躾で初歩的な質問やお願いばかりですが、ご返答頂けると嬉しいです。

これからも、楽しく購読させて頂きたいと思っております。
いつも、心温まるメッセージをありがとうございます。
めめ | 2017年02月08日(水) URL | コメント編集

めめさん♪

記事にしました。
的を得てないかもしれませんが。
もったいないかあさん | 2017年02月08日(水) URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2765-b6bd2053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters