All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'02.06 (Sat)

八寸帯から手提げバッグ

骨董市などで見つける帯。
材料として買ったりすることもあります。
着るのはどうか?という帯でも、バッグなどにしたくなるものってあるのです。
ただ、バッグにするとしても帯って真ん中で折って巻くため、折り目が汚れていたりします。

リサイクルの絹の帯を試しに端を洗ってみたことがあるんですが、色が落ちてにじんでしまいました。
化繊でもなければ洗うのは無理なんでしょうね。

ほかにも、お太鼓の端になる部分が薄汚れていたり(着ているとどうしてもどこかにあたったりして汚れてしまう部分です)、キズになっていたりと、選んで使わないといけないわけで、使える部分が決まっていると、それを含めて考えないといけません。
そして、それは一様ではありません。

で、今回の帯は折り目がある部分は、折って使っていたぞ~って印がはっきりしていて、ほかの部分はまあまあの八寸帯。
八寸帯となるとミシンをかけるのにも厚くて手に負えないときがあるので、ここでもデザインを考えないといけませんね。

今日は、手提げのバッグを縫ってみました。
絹に銀糸が織り込んであります。
いつもそうですが、着物地や帯にはさみを入れるのはとても勇気が要りますね。

普通の布から作るのと違って、いろいろ工夫しなければいけない点もありました。
最後は持ち手を付けるのに一苦労でなかなか付けられませんでしたが、ひとまず形になりました。
軽いです。

写真では見えにくいですが、マチが11㎝でたっぷりはいります。
持ち手は、よくプラスチックのとかあるんですけど冷やっとするのが苦手なので、革にしてみました。
八寸帯のバッグ
これはバッグ作りのお教室の課題のひとつ、ラミネートバッグの応用といったところでしょうか。

お教室の方では、前から着物地などでなにか作れないでしょうかというご相談を受けていたので、これは一つのご提案です。
他にもいくつか作ってみるつもりです。
関連記事

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 針仕事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

今日久しぶりに街へ出て 大型書店を覗いたら 新しいクロスステッチの本がいくつか出ていました。
経済事情とスペースの事情からしばらく本は買っていませんでしたが やっぱり欲しくて買ってしまいました。
「北欧の妖精トムテ」 あんまりかわいくて・・・
トムテってどれを見てもサンタさんのイメージなんですね。 今度のクリスマスまでにいくつか刺してみようと思っています。
うさこ | 2016年02月07日(日) URL | コメント編集

うさこさん♪

かわいらしい本ですね。
1960年代のデザインとのことですが、古い感じが全くありませんね。
クリスマスまでは時間がありますから、楽しみながらステッチしてくださいね。
もったいないかあさん | 2016年02月07日(日) URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2778-22f7cbb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters