All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'03.08 (Tue)

ジーンズ生地は鍋みがき向き

本や服など減らそうと整理しています。
本はいつものように、本そのままを寄付するんじゃなくて、お金にしてからの寄付()になるように箱に詰める準備をしてます。
着ない服、着られなくなった服は使えそうな部分をはずしたり、あきらめてそのまま捨てたりしています。

その中で、ジーンズは、以前リメイクもしました()が、はぎれ部分が残りますし、サイズや形、素材によって、どれもこれもリメイクできるものでもありません。
それにそんなにたくさんのバッグも必要ないし。

で、ジーンズやデニムの残り切れは、ただ、切って、取っておきます。
目的は、鍋みがき、シンクみがき、など、クレンザー系のものをつけて磨くためです。

スポンジだと研磨剤が入り込んでしまうので、汚れをかき取ってくれないそうです。
だから、布に付けるとよいようなんですが、布の中でも向いているものがデニムで、繊維の構造から言って平織りなどよりもしっかり磨けるそうですよ。

この前の石焼き芋を焼いたお鍋も、かなり高温になるため、うっすら付いていた汚れも焦げになってしまうので、焼き芋の後は鍋みがきをすることが多いです。
ル・クルーゼもシラルガンもときどき磨いています。
デニムで鍋みがき

【More・・・】

デニムで鍋みがき
デニムで鍋みがき
↑磨く前。


ル・クルーゼのホーローやシラルガンのガラスセラミック製の表面にも、ステンレス多層鋼鍋の鏡面仕上げにも、普通のクレンザーだと粒子が粗いようです。
専用の細かいものを使うとつやが消えたりするようなことはありません。


関連記事

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

 |  Remake リメイク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2805-a49e0883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters