All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016'03.30 (Wed)

ステッチイデーVOL.23 編集者さんにはご苦労をおかけしてます


↑アマゾン

紀伊國屋書店→Heart Warming Life S ステッチイデー  23
楽天ブックス↓
ステッチイデーVOL.23

ステッチイデーVOL.23
価格:1,296円(税込、送料込)


作品の打ち合わせは前号の発売後から始まります。
今回の作品の試作品も出版社のパーティーの前に編集者さんに見ていただきながらの打ち合わせ。
他にも候補があり、それも試作してみましたが、今回は簡単に仕上がる小物にすることになりました。

今回は縫うのがとても簡単なのとは反対に、縫う前に布を折るところが、山だったり谷だったり、あるいは、マチが入ったりして誌面で説明するのがむずかしかったです。
たぶん、VOL.17に始まったレッスンページのなかで、いちばん簡単に縫える作品で、いちばん説明がむずかしい作品かもしれません。

実際に手元を見たり、動画を見たりするのは簡単かもしれませんが、誌面にするには番号や記号を付けて、順番ごとに写真を入れます。
こちらは、いつも縫うように、ああして、こうしてと進めて行ってしまいますが、編集者さんはご自身で縫い方を理解しつつ、ほとんど縫い物をしない読者さんでもわかるように読者目線でも考えてくださいます。
この向きで置いた方がわかりやすいとか、この順番の方がわかりやすい、あるいは数字がいいとかアルファベットがよいなど、いろいろ。

私がいつもしているコツも、読者さんにしてみれば図や文章で説明されるとわかりにくかったりすることもあるようで、載せない方がよいと判断されることもあります。
できあがった誌面を見ると、たしかにそのとおりだとおもいます。
編集者さんの判断はさすがです。

また、読者の方がせっかく刺しゅうしたものを縫う段階であまりきれいにできなかったというのではがっかりですから、きれいにできあがる方法を相談します。
ときには、もっと合理的で早くできる方法があったとしても、慣れない方にはむずかしいと判断した場合、一手間多かったとしても確実な方法を選択することもあります。

いろんなやり方の中から、コンセプトにあったやり方を選ぶのも私の仕事の一つです。
それは、フランスのクロスステッチの本のでも、洋裁の解説の方でも同じで、毎回悩むところです。
そして、的確な判断をしてくださるのが編集者さんです。

読者の納得する誌面作りというのはほんとうにたいへんです。
編集者さんには、誌面ではわからないところで、いろいろご苦労をおかけしています。

4月11日発売です。
どうぞよろしくお願いします。

そして、翌日の4月12日は、ミセスのスタイルブック 2016年 05月号(初夏号)の発売日です。

紀伊國屋書店→ミセスのスタイルブック (2016年 05月号)

楽天ブックス→ミセスのスタイルブック 2016年 05月号 [雑誌]
関連記事

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2816-01b57285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters