All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'04.05 (Tue)

ザ・ワンピース 篠原ともえのソーイングBOOK



紀伊國屋書店→ザ・ワンピース―篠原ともえのソーイングBOOK

楽天ブックス→ザ・ワンピース [ 篠原ともえ ]

87ページ
文化出版局 2015年4月24日:発行 2016年2月10日6刷
篠原 ともえ:著
日本語

ゆとりたっぷり、お気軽ソーイング本ばかりが本屋さんに並んでいる、昨今。
そのなかで、いわゆる「きちんとした洋服、きちんとしたシルエット」の本が、なかなか人気のようです。
中でも、この本のレビューは近頃まれに見る、レビューの数と高評価。

ゆとりも適度でベーシックなワンピースをアレンジといったところでしょうか。
シルエットは似た感じでも衿や袖で変化を付けていくという、よく考えられたデザイン。

レビューにもいっぱい書いてあったように、「衿も袖付けもない、かぶるだけの仕立てで、きちんとしてたとしてもルーズなシルエットの本」はたくさん出てても、こういう本はしばらく姿を消していたから、レビューの評価が高いんでしょうね。
しかも、個性があって楽しい。

真っ赤な表紙の縫い物の本というのは、何十年も縫い物関係の本を見てきたけど記憶にないくらいだから、その表紙に負けない服と篠原ともえさんの笑顔はかなりのパワーを持っているってことでしょう。

私は、娘のワンピースを作ろうと思ったとき、原型からパターンを作る時間がなく、手っ取り早く作ってしまいたかったことと、ソーイング本ではレビューが多いだけでなく高評価でしたので、買いました。
そんなに評判がいいって、本を作る側として気になりますし。

6刷りというとこの分野の本ではヒット作でしょう。
それに6刷りまでになれば、まず、間違いなどが初版にあったとしてもすっかり訂正されて、安心して買えるかなというのもありました。

若い方向けで半袖ばかりではあるものの、あれこれ選んで組み合わせ、さらに生地を替えることによって、さまざまな表情のワンピースができあがります。

作品のそれぞれがポップに感じられたとしても、生地の選び方で、印象は変わるので、大丈夫。
20代のお嬢さんに縫ってあげたい方、もちろん、ご自分のを縫いたい方におすすめしたい本です。

襟付けもファスナー付けもあるのでむずかしいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。
作り方はきちっと、しかもとても丁寧にカラーの写真も付いて説明されています。

コンシールファスナー付けも私が「ファスナーの本」()でご紹介した方法と同じやり方が載っています。
このようなワンピースの場合、「急がば回れ」な、一手間かけた付け方のほうが確実です。
前にも書きましたが、長く、傾斜やカーブがあったり、縫いにくい生地だったり、慣れていない方にはおすすめのやり方です。


20代はこの本として、上の世代向けはどうなのでしょう。

【More・・・】

見てないのですが、やっぱり若い方向けなんでしょうか。

昔の本ですと、こんな感じの本もちょっといいかなと。


茅木真知子さんの新刊は今週発売です。

楽天ブックス→きれいにみえる服 [ 茅木真知子 ]

こちらは来週の月曜には発売になります。
どうぞよろしくお願いします。

↑アマゾン

紀伊國屋書店→Heart Warming Life S ステッチイデー  23
楽天ブックス↓
ステッチイデーVOL.23

ステッチイデーVOL.23
価格:1,296円(税込、送料込)

関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books洋裁実用書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2822-8bef53ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters